2018年8月10日

タイ

ちょっと待った!【ザ ペニンシュラ バンコク】予約前に宿泊記を読もう

by Fish & Tips

ホテルの船着場

「ザ ペニンシュラ バンコク」を選んだのは、最高級と言われるペニンシュラが物価の安いタイなら他国よりお得に泊まれること、全室リバービューであること、世界最高とも言われるスパが魅力だったことなどからです。今回は仕事でのバンコク滞在だったのですが、時間に余裕がありました。そこで、街中より川を挟んだエリアにあるホテルにし、無料のシャトルボートでチャオプラヤ川を渡るという、日本ではなかなか体験できない移動方法で非日常を味わってみたいと思いました。また、帰りは夜発の飛行機であったため、18時まで無料でレイトチェックアウトが出来た点も理由の1つです。

こちらにも掲載中!
絶対失敗しない【バンコクホテル選び】のおすすめ人気ホテルランキング!

ホテルまでシャトルボートを利用する場合

BTS(高架鉄道)サパーンタクシン駅からチャオプラヤ川のボート乗り場に行くとペニンシュラ宿泊者専用の船が迎えにきてくれます

BTS(高架鉄道)サパーンタクシン駅からチャオプラヤ川のボート乗り場に行くと、ペニンシュラ宿泊者専用の船が迎えにきてくれます。船着場はマンダリンオリエンタルの宿泊者も利用するので「ペニンシュラ」とスタッフに伝えます。トランシーバーで「こちらに迎えの船を寄越してください」とすぐ連絡して船を呼んでくれます。

ペニンシュラホテル専用の無料シャトルボート

ペニンシュラホテル専用の無料シャトルボート

対岸のペニンシュラホテルまで専用シャトルボートで行けます

シャトルボートの椅子も1つ1つがゆったりサイズでした。

対岸のペニンシュラバンコクまで5分もかからない程ですがこうやってスタッフがお水をサービスしてくれます

対岸のペニンシュラバンコクまで5分もかからない程ですが、こうやってスタッフがお水をサービスしてくれます。

専用シャトルボートで配られるお水もペニンシュラのマーク入り

専用シャトルボートで配られるお水もペニンシュラのマーク入りです。

チャオプラヤ川で渡し船を待ちます

チャオプラヤ川を渡って対岸に行きます。

ホテルの船着場

ホテルの船着場

象の置物がタイらしい入り口

象の置物がタイらしい入口

船着場へ向かう通路

船着場からの通路

ロビーからグランドフロアへ向かう階段

船着場のあるグランドフロアからフロントデスクなどのあるロビーに繋がる階段

グランドフロアからロビーへ行けるエレベーター内部

もちろんエレベーターもあります。グランドフロアには、船着場の他、プールやスパ、中庭があります。

ホテルロビーへ向かう通路

船着場はメインエントランスとは反対にあるので、船着場からホテル内に入る場合には、ロビーに続く廊下を通って行きます。

ザ ペニンシュラ バンコク    各予約サイトの価格比較
Booking.com 最安値保証!世界最大のホテル予約サイト
Hotels.com ギリギリの予約でも大丈夫!直前割引がお得!
エクスペディア 会員価格でさらに10%以上お得!
アゴダ アジア最強ホテル予約!格安プラン多数
HotelsCombined 世界中のホテル予約サイトを一括検索

ホテルの外観は?エントランスとフロントをチェック

中庭から見上げるホテル外観

ホテル外観

ホテル正面玄関前。ボートで移動する人が多いのかこのクラスの大きさのホテルとしては車の出入りは少なめに感じました

こちらは、ホテルメインエントランス前。ボートで移動する人が多いのかこのクラスの大きさのホテルとしては車の出入りは少なめに感じました。

車の出入りが少なめなのでゆっくりと乗り降り出来る正面玄関

車の出入りが少なめなのでゆっくりと乗り降り出来ます。

正面玄関にはペニンシュラのシンボルの大きな獅子

メインエントランスにはペニンシュラらしく大きな白い獅子がお出迎えしてくれます。エントランスに待機しているスタッフは、近づくとニッコリ微笑んで挨拶をしてくれ、何か用事はないかと尋ねてくれます。こういったサービスの良さはさすがペニンシュラだと毎回感心しました。

ロビーラウンジ『ザ・ロビー』

一歩中に入ると高い天井からさがる大きなクリスタルのシャンデリアに重厚なカーテン、そしてピアノの生演奏で迎えられます。クラッシックで落ち着いた空間でここに決めて良かったと思わせてくれます。

ピアノの生演奏も聴ける『ザ・ロビー』。カテゴリとしてはオールデイ・ダイニングですが特に評判が良いと聞くのはランチとアフタヌーンティー

ピアノの生演奏

チェックインカウンター入り口

フロントデスク

チェックインを受け付けたスタッフがそのまま部屋まで案内してくれます

チェックインを受け付けたスタッフがそのまま部屋まで案内してくれます。

宿泊フロアに向かうエレベーターホール

宿泊フロアに向かうエレベーター

大きなフラワーベースが飾られていたエレベーター正面

エレベーターホール前には、大きなフラワーベースが飾られていました。

宿泊フロアに向かうエレベーターのフロアパネル

エレベーター内階数ボタン

グランドデラックスルーム・キングの部屋は?

宿泊部屋の入り口。ワンフロア最大12部屋というゆったりした造りなのでエレベーターから部屋まで割と歩きます

客室入口ドア横にあるナンバープレート。ワンフロア最大12部屋というゆったりした造りなので、エレベーターから部屋まで割と歩きます。

部屋から出入り口ドアを開けると向かいのドアが見えます

客室入口ドアを開くと向かいの客室ドアが見えます。

部屋から見るミニバーとバスルームやクローゼットに向かうドア

部屋から見るミニバーとバスルームやクローゼットに向かうドア。メインの部屋とクローゼットやドレッサー・スーツケース置き場が分かれているのも部屋の中で荷物が目に入ることなく過ごせました。

スイッチオンオフもペニンシュラらしい

コントロールパネル

ベッドから見るソファコーナー

ベッド側から見た室内の様子

かなり大きめサイズのソファとテーブル

ベッド向かい側には、ソファーとテーブルがありました。ソファの上に飾られた絵もクラッシックな雰囲気です。テーブルの上にはウェルカムフルーツが用意してありました。

ウェルカムスイーツ。こちらは部屋に入ってしばらくしてから運んで来てくれました

部屋に入ってしばらくすると、ウェルカムスイーツも運んで来てくれました。

ワークデスクの後ろがチャオプラヤ川で景色が気になって仕事どころじゃなかったです。それぐらい綺麗な夜景でした

窓際にはデスクと椅子が設置されていました。チャオプラヤ川の景色が気になって仕事どころじゃなかったです。それぐらい綺麗な夜景でした。

ワークデスクにはパソコン用コネクタがあります

デスク上にはパソコン用コネクタがありました。

キングサイズのベッド横にも窓があります

キングサイズのベッドなので広さは十分で、マットレスも柔らか過ぎず、私にはとても寝心地が良かったです。

ベッド左側にも右側と同じようにお水と電話、コントロールパネルがあります

左右のベッドサイドテーブルにはお水と電話、コントロールパネルがそれぞれありました。

こういうオリジナルのコントロールパネルがいかにもペニンシュラらしいです

こういうオリジナルのコントロールパネルがいかにもペニンシュラらしいです。

ベッド右側にセットされているスリッパ

ベッドの両端にはスリッパが準備されていました。

ベッド左側にセットされているスリッパ

色違いです。

ベッド脇の窓。最初窓があるのに気付きませんでしたが開けてみてベッドから景色が見れるのに気づいてからはずっと開けてました

ベッド脇にも窓がありました。最初、引き戸が閉じていたので窓があるのに気付きませんでした。ベッドから景色が見れるのに気づいてからは、ずっと開けていました。ベッドに寝ていても景色を楽しむことが出来ました。

大型テレビはNHKが写りました

テレビも設置されていました。日本の番組では、NHKを視聴することができました。

この角で2面になった窓の部屋に泊まりたくてグランドデラックスルームを選びました

全室リバービューのホテルで、今回は特に景色にこだわってグランドデラックスルームを選びました。角部屋で窓が2面なので景色が色んな角度から見え、毎日見ても飽きなかったです。今回は、予約後に直接ホテルに電話して出来るだけ高層階をお願いしたのですが、わざわざリクエストして良かったと思えるほど綺麗な夜景が楽しめました。

ペニンシュラは全室リバービューなのですが、今回は特に景色にこだわりたかったのでインターネットで予約後に電話し出来るだけ高層階をリクエストしました

目の前がチャオプラヤ川で、遮るものがなく眺望がとても良いです。

部屋から見下ろすチャオプラヤ川。ライトアップしたディナークルーズの船が行き交うのが見えるのも夜の楽しみの1つでした

昼間の景色も良いですが、暗くなってからチャオプラヤ川を行き交うライトで飾られたクルーズ船や向かいのホテル、バンコクの街並みは毎日見ても飽きませんでした。

バスルーム

バスルーム正面には大きな浴槽

バスルームにはバスタブがありました。バスタブを挟んで両サイドに洗面台があるので、2人で泊まっても洗面台を待ったり待たせたりと気を使う必要がないのでとても良い造りだと感心しました。

浴槽は足を伸ばしても先に届かないぐらい広いです

バスタブがあるのは知っていたので、入浴剤を持参し、足を伸ばせるサイズの浴槽にゆっくり浸かりながらお風呂タイムを楽しめました。

お風呂の水圧・湯温も十分満足できました

テレビがついていたのでNHKを観ながら入ったりもしました。お風呂の水圧・湯温も十分満足できました

浴槽からバスルーム出入り口を見たところ。右手がシャワーブース。左手がトイレ。両側にバスローブが掛かっています

バスタブからバスルームドアを見た様子。右手がシャワールーム。左手がトイレ。両側にバスローブが掛かっています。シャワールームが独立しているのは良かったですが、向かい合った洗面台の間を通って、バスタブとシャワーを行き来するので、床が濡れるのが少し気になりました。

バスルーム入って左手にあるバスルーム

シャワールームにはオーバーヘッドシャワーとハンドシャワーがありました。古くからあるホテルですが水圧も湯温も一定していました。

シャワーブース。ハンドシャワーでヘッドを動かせます

こちらはハンドシャワーで、取り外しができます。

トイレスペースもかなり大きいです。そしてトイレの蓋が大きくて重厚なので慣れないうちはバタンと勢いよく閉めてしまい最初のうちは自分で閉めておきながらびっくりしました

トイレ

バスルーム左手にはシャワーブースと洗面台

バスルームに入って左側にある洗面台とシャワールーム

バスルーム右手側の洗面台

バスルーム右側にある洗面台

こちらもペニンシュラのロゴ入り石鹸

洗面台の上には石鹸が用意されています。

シャワーブースに置いてあったアメニティ。シャンプー・コンディショナー・シャワージェル

『オスカー・デ・ラ・レンタ』のペニンシュラホテル限定アメニティが用意されています。シャワールームには、シャンプー・コンディショナー・ボディーシャワージェルがありました。私は1人で泊まったのでシャンプーなどが各一本でも足りましたが、2人で泊まるのでしたら髪の長い人は少し足りないかもと思う量でした。

バスルームに置いてあったアメニティ3種

洗面台のこちらの引き出しの中には、歯ブラシ・ネイルケアセット・ソーイングキットがありました。

ボディローション・シャワーキャップ・コットン・ジェル。どれもペニンシュラのロゴ入りです

洗面台の上には、ボディローション・シャワーキャップ・コットン・ジェルがありました。どれもペニンシュラのロゴ入りです。

ドレッサーの引き出しの中にはドライヤーが入っていました

ヘアードライヤーもありました。

こちらのタオルももちろんPマークが入っているペニンシュラオリジナルでした

バスタブの上にはタオルが準備されていました。こちらのタオルももちろんPマークが入っているペニンシュラオリジナルでした

バスローブ。グランドフロアの『ブティック』でも売っていました

バスローブは、グランドフロアの『ブティック』でも売っていました

ザ ペニンシュラ バンコク    各予約サイトの価格比較
Booking.com 最安値保証!世界最大のホテル予約サイト
Hotels.com ギリギリの予約でも大丈夫!直前割引がお得!
エクスペディア 会員価格でさらに10%以上お得!
アゴダ アジア最強ホテル予約!格安プラン多数
HotelsCombined 世界中のホテル予約サイトを一括検索

クローゼット、セーフティボックス、靴磨きボックス

クローゼット内。ハンガーは滑り止め付きも2つありこれは女性には特に嬉しいサービスだと思います

クローゼット部分は寝室と分かれており、とても使い勝手が良かったです。クローゼット内に多めのハンガーがありました。ハンガーは滑り止め付きも2つあり、これは女性には特に嬉しいサービスだと思います

クローゼット右手にはメニューとランドリーバッグとボールペン

クローゼット右手には、ランドリーなどのメニューとランドリーバッグ、ボールペンがありました。

クローゼットに入っていたメニュー一覧。何を何点出すのか、ドライクリーニングなのかアイロンはどうするかなどが記入できます

クローゼットに入っていたメニュー一覧。何を何点出すのか、ドライクリーニングなのかアイロンはどうするかなどが記入できます。

クローゼット左側。セーフティボックスと靴べら・シューケアの布があります

クローゼット左側には、セーフティボックスと靴べら・シューケアの布がありました。

靴をここに入れておくと磨いておいてもらえるサービスがありました

靴磨きサービスボックスというものがありました。靴をここに入れておくと磨いてもらえるサービスです。

靴磨きサービスのスタッフ受け取りドア

こちらが、靴磨きサービスボックスのスタッフ受け取りドア

ミニバー・カフェ

湯沸かしポットとお茶のセット

カフェコーナーには、電気ケトルとティーセットがありました。

冷蔵庫の中。ビールはタイのシンハービールにアサヒビールとハイネケンと3種類ありました

室内には冷蔵庫が設置されおり、中には様々なドリンクが用意されていました。全て有料です。

冷蔵庫のドアポケットにはポッキーもありましたよ

冷蔵庫のドアポケットにはポッキーなどの菓子類もありました。

スナックはチョコレート以外のものが冷蔵庫の上にありました。チョコレート類は冷蔵庫の中です

スナックはチョコレート以外のものが冷蔵庫の上にありました。チョコレート類は冷蔵庫の中です。

冷蔵庫横の引き出しに収められていたグラス類

冷蔵庫横の引き出しにはグラス類が収納されていました。

ミニバーのメニュー

ミニバーのメニュー表

ミニバー

アルコールもありました。VSOPが880バーツ、ウイスキー680バーツ、ジンとウォッカは480バーツ。ビールはアサヒとハイネケンが290バーツ、シンハービールが250バーツ。ミネラルウォーターとジュースは150バーツ。コーラ・スプライト・ソーダ・トニックウォーター・レッドブルは90バーツ。スナックはチップスが150バーツ、チョコレートが110バーツ、ポッキーとナッツは90バーツ。スニッカーズは60バーツ。今回はどれも利用しませんでした。

ホテル内のレストラン

『リバーカフェ_テラス』入り口

『リバーカフェ&テラス』入り口

『リバーカフェ_テラス』のオープンキッチン

『リバーカフェ&テラス』のオープンキッチン

涼しい風が吹き抜けるレストラン『リバーカフェ_テラス』

涼しい風が吹き抜けるレストラン『リバーカフェ&テラス』。朝食もこちらのレストランでいただけます。

グランドフロアにある中国レストラン『メイジャン』。伝統的な広東料理メニューが揃っています

グランドフロアにある中国レストラン『メイジャン』。伝統的な広東料理メニューが揃っています

グランドフロアにある中国料理『メイジャン』入り口

グランドフロアにある中国料理『メイジャン』入り口

ロビーラウンジ『ザ・ロビー』

ロビーラウンジ『ザ・ロビー』

全てがゆったりとしている『ザ・ロビー』

全てがゆったりとしている『ザ・ロビー』

ピアノの生演奏も聴ける『ザ・ロビー』。カテゴリとしてはオールデイ・ダイニングですが特に評判が良いと聞くのはランチとアフタヌーンティー

ピアノの生演奏も聴ける『ザ・ロビー』。カテゴリとしてはオールデイ・ダイニングですが特に評判が良いと聞くのはランチとアフタヌーンティーです。

『ザ・ロビー』のソファ席

『ザ・ロビー』のソファ席

『ザ・ペニンシュラ・ブティック』ではペニンシュラオリジナル商品やロゴ入り商品があります

『ザ・ペニンシュラ・ブティック』では、ペニンシュラオリジナル商品やロゴ入り商品があります。

ペニンシュラのグッズがあれこれ売ってます

こじんまりしたお店ですが、取り扱い商品は多く見ていて楽しいです。ペニンシュラのグッズがあれこれ売っています。

こじんまりしたお店ですが取り扱い商品は多く見ていて楽しいです

ペニンシュラに泊まるのであれば、やはりロゴ入りや関連商品が置いてある『ザ・ペニンシュラ・ブティック』は覗いてみた方が良いと思います。お店自体はドアがなく、スタッフも入店の際の挨拶以上は尋ねない限り声を掛けてこないので、ゆっくり選ぶことが出来ました。

ショッピングアーケード

ショッピングアーケード

タイ・シルクの名店として有名な『ジム・トンプソン』。店内は大きくはありませんが限られたスペース内でも十分な品揃えでした

タイ・シルクの名店として有名な『ジム・トンプソン』。店内は大きくはありませんが、限られたスペース内でも十分な品揃えでした。

タイらしい工芸品のお店

タイらしい工芸品のお店

ショッピングアーケードには宝飾品店もありました

ショッピングアーケードには宝飾品店もありました。

ザ ペニンシュラ バンコク    各予約サイトの価格比較
Booking.com 最安値保証!世界最大のホテル予約サイト
Hotels.com ギリギリの予約でも大丈夫!直前割引がお得!
エクスペディア 会員価格でさらに10%以上お得!
アゴダ アジア最強ホテル予約!格安プラン多数
HotelsCombined 世界中のホテル予約サイトを一括検索

ホテル内の施設

プール脇の東屋の天井にはファンも付いていました。寝転がって暑ければプールに入るかファンを使って涼しくゆっくり過ごせます

グランドフロアに屋外プールがあり、6時から23時と夜遅くまで利用出来るのはポイントが高かったです。プールサイドにはデッキチェア以外に天井にファンの付いた東屋が並んでおり、こちらはプライベート感がありゆっくり過ごせました。

プールからスパのトリートメント施設が見えます

私は夜に行くのでいつも空いていたのですが、早い時間は東屋の場所取りがあるほど人気だそうです。夜は大人ばかりで大声を出す人もおらず、ライトアップされた対岸のホテルやクルーズ船を眺めながら寛ぐことが出来ました。

デッキチェアに1つずつバスタオルが置いてあります。これ以上欲しければスタッフに言えばもらえます

デッキチェアに1つずつバスタオルが置いてあります。これ以上欲しければ、スタッフに言えばもらえます。

中庭からプールへ向かう橋

中庭からプールへ向かう橋

グランドフロアにあるスパ『ザ・ペニンシュラ・スパ』

グランドフロアには、スパ『ザ・ペニンシュラ・スパ』があります。

スパの受付カウンター

スパ受付

サウナ。こちらも空いていて時間帯によると思いますが誰もいませんでした

ジムとスパ兼用で使えるサウナ。時間帯によると思いますが誰もいませんでした。

ジムとスパと兼用で使えるジャグジー

ジムとスパと兼用で使えるジャグジー

スチームサウナ入り口

スチームサウナ入口

ジムにはスタッフが常駐しており器具の使い方を説明してくれます

館内にはジムもありました。19時過ぎに行ったら誰もいませんでした。

ジムは19時過ぎに行ったら誰もいませんでした

ジムにはスタッフが常駐しており器具の使い方を説明してくれます。

ジムにある大型テレビ

ジムの中ではテレビを見ながら運動出来ます。

朝5時50分集合で早いですが無料でヨガが出来るので参加してきました。フロントでも申し込めると思いますがちょうどスパに行くところだったのでスパのスタッフにヨガの参加を申し出たところスパのカウンターでも受け付けてくれました

無料でヨガが出来るので、朝5時50分集合と早いですが参加してきました。スパに行った際に、ヨガの参加を申し出たところ、受け付けてくれました。フロントデスクでも申し込めると思います。

南国らしい雰囲気の中庭

ホテルには中庭がありました。レストランとその前にはチャオプラヤ川があり、中庭とは言え開放感がありました。

中庭は大きくはないですが川沿いなので風が通りホテルの日陰になるので涼しく過ごせます

プールへも中庭を通って行くことが出来ます。中庭は大きくはないですが川沿いなので風が通り、ホテルの日陰になるので涼しく過ごせます

中庭からホテルに入るにはこんな可愛いアーチもあります

芝生がメインでホテルへ入るアプローチには、可愛いアーチを作っている場所もあり、カップルや家族の写真スポットになりそうでした。

ホテル側から夜の中庭を覗くとライトアップされたレストランや川向こうのホテルが見えました

夜の中庭の様子。ライトアップされたレストランや向こう岸のホテルが見えました。

ホテル周辺環境

ホテル周辺は車での移動のみでしたが、道で寝ている人などもおらず、治安は悪くないのだろうなと感じました。無料のシャトルボートを使っての移動もペニンシュラ専用の船ですので、客層も悪くなく女性1人でも怖い思いはしませんでした。船にはサービスをする為の男性スタッフが乗っており、無料のミネラルウォーターを配りながら乗客一人一人に声をかけていたので安心感がありました。基本的に川を渡ることを前提とした造りのようで、正面玄関を出ても徒歩圏内にコンビニなどもなさそうです。車で出入りする時に見渡した限りでは、特にお店はなかったです。

遠くに見える観覧車はアジアティーク(観光客向けの巨大なナイトマーケット)

スタッフ&客層

ホテルの宿泊客とスパ利用客の情報が共有されているようで、部屋番号を言うとすぐにパソコンでチェックし、早い対応を心掛けてくれているように思いました。残念だったのは、スパ予約の電話の際に、あるスタッフが「終日空いている」と言ったにもかかわらず、10分ほど後に電話を掛け直した時には「予約はフルで埋まっている」と別のスタッフに言われた事でした。結局、予約は取れたのですが、スタッフによって予約状況の把握具合に差があった事です。

日本人スタッフ2名がシフト制で常駐とインターネットでは表記されていました。タイミングの問題だと思いますが、私はチェックインの時もチェックアウトの時も出会いませんでした。直接お話はしていませんが、電話を掛けて出来るだけ上階の部屋をリクエストした際に、レイトチェックアウトについてタイ人スタッフに尋ねました。その際は、レイトチェックアウトは出来るが有料と説明されたのですが、後に日本人スタッフより18時まで無料でレイトチェックアウトが出来ると丁寧なメールを頂きました。こうやって日本人客の情報はきちんと日本人スタッフに伝わっているという安心感があったので、現地でもいざとなれば日本人スタッフを呼んでもらったら良いと気楽にしていました。しかし、特に呼んで頂く必要もなく、タイ人スタッフの英語で十分会話ができました。

こうやってあちこちに象が配置されてるのがタイらしい雰囲気を演出していました

ラウンジ、プールやレストランでは欧米人の小グループや家族連れを見かけました。チェックインカウンターでは韓国人カップルや日本人の女性小グループ、ロビー辺りでは50歳代以上と思われる日本人夫婦を何組も見かけました。

ザ ペニンシュラ バンコク    各予約サイトの価格比較
Booking.com 最安値保証!世界最大のホテル予約サイト
Hotels.com ギリギリの予約でも大丈夫!直前割引がお得!
エクスペディア 会員価格でさらに10%以上お得!
アゴダ アジア最強ホテル予約!格安プラン多数
HotelsCombined 世界中のホテル予約サイトを一括検索

アクセス

スワンナプーム空港からホテルまで1時間程度とインターネットで見ていました。実際には金曜の夕方だった事もあり渋滞に巻き込まれ、17時に空港を出てホテルに着いたのが19時で2時間もかかりました。ホテルからの無料シャトルボートでチャオプラヤ川を渡ると対岸にはBTS(高架鉄道)サパーンタクシン駅があり、ロビンソンという百貨店もありました。比較的観光客が多いように感じました。

船着場はマンダリンオリエンタルの宿泊者も利用するので「ペニンシュラ」とスタッフに伝えます。トランシーバーで「こちらに迎えの船を寄越してください」とすぐ連絡して船を呼んでくれます

ホテルから陸側へ歩いて出ることはなく、毎回シャトルボートでチャオプラヤ川の対岸へ渡っていました。船着場に行くと、スタッフがすぐにトランシーバーでシャトルボートを寄越すよう連絡してくれるので、待ち時間は少ないです。対岸には高架鉄道の駅やセブンイレブン、百貨店がありました。百貨店は大きくはないですが、地下にスーパーマーケットが入っていました。1階には24時間オープンのマクドナルドもあり、対岸と言っても不便さは感じませんでした。

まとめ

是非、また泊まりたいと思いました。ちょっと対岸に行くのに船で移動するのも、外国に来た気分を盛り上げてくれました。そして何よりも、部屋からの夜景は毎日見ても飽きなかったです。チャオプラヤ川を行き交う電飾で縁取られたクルーズ船や近くの橋を渡る車の流れ、向かい側のホテル群など、何枚写真を撮っても足りない気がする程でした。部屋の造りはさすがペニンシュラだけあり、冷蔵庫やテレビ台、ワークデスクの引き出しの中のファックス付きプリンターなど、全てが造り付けでした。こういったこだわりをもって部屋をデザインしているのがペニンシュラらしく、気分が盛り上がりました。このクラシカルなデザインが、かえって映画の中にいるような非日常を演出してくれるからです。今回は、仕事の都合でホテル内のレストランを試すことができなかったので、次回は評判の高い中華料理のお店『メイジャン』に晩ご飯を食べに行きたいと、今から既に次の予定まで考えています。

中庭への出入り口脇にも可愛らしい象さんがいました
ザ ペニンシュラ バンコク
次は部屋タイプごとの詳細をチェック!
デラックス・キングルーム この客室には、薄型ケーブル/衛星テレビ、ソファ、シーティングエリア、専用バスルーム(バスタブ、ヘアドライヤー、シャ​​ワー設備付)が備わります。客室か...
グランドデラックス・キングルームnn 豪華な客室で、薄型ケーブル/衛星テレビ、ソファ、シーティングエリア、専用バスルーム(バスタブ、ヘアドライヤー、シャ​​ワー設備付)が備わります。客室か...
キングルーム・バルコニー付 広々とした客室で、川が見える専用バルコニー、薄型ケーブル/衛星テレビ、ソファ、シーティングエリア、専用バスルーム(バスタブ、ヘアドライヤー、シャ​​ワ...
デラックス・キングスイート 広々としたスイートで、リビングルーム(ソファセット、ダイニングエリア付)、専用バスルーム(バスタブ、ヘアドライヤー、シャ​​ワー設備付)が備わります...
グランドデラックス・キングスイート 高層階に位置する広々としたスイートで、リビングルーム(ソファセット、ダイニングエリア付)、専用バスルーム(バスタブ、ヘアドライヤー、シャ​​ワー設備...
ザ ペニンシュラ バンコク    各予約サイトの価格比較
Booking.com 最安値保証!世界最大のホテル予約サイト
Hotels.com ギリギリの予約でも大丈夫!直前割引がお得!
エクスペディア 会員価格でさらに10%以上お得!
アゴダ アジア最強ホテル予約!格安プラン多数
HotelsCombined 世界中のホテル予約サイトを一括検索
ザ ペニンシュラ バンコク    基本情報
ホテル名:ザ ペニンシュラ バンコク
概要:チャオプラヤー川の川岸にあるバリアフリー対応のホテルThe Peninsula Bangkokは、チャオプラヤー川の景色を見渡す設備の整った豪華な客室、屋外プール、フィットネスセンター、館内全域での無料Wi-Fiを提供しています。 BTSサパーンタークシン駅から無料フェリートランスファーでわずか5分、スワンナプーム国際空港から車で45分、王宮、ワット・アルンから車で20分以内です。 客室にはドレッシングルーム、ソファ、シーティングエリア、電動カーテン、ムード照明、薄型ケーブル/衛星テレビ、専用バスルーム(無料バスアメニティ、バスタブ、シャワー設備付)が備わっています。客室にフルーツバスケットを毎日用意しています。 スパ、サウナ、ビジネスセンターなどの施設を併設し、外貨両替、レンタカー、ランドリーサービス、観光手配をお手伝いするツアーデスク/チケットカウンターも利用できます。 The Lobbyでは朝食、ランチ、ディナーを提供しています。Mei Jiangレストランでは洗練された広東料理のランチ、ディナーを楽しめ、川の景色を望む古代タイ様式で内装されたThiptaraでは本格的なタイ料理のディナーを用意しています。
住所:333 Charoennakorn Road, Klong-Tonsai, Klongsan(バンコク)
地図はこちら
ホテルクラス:5つ星ホテル
部屋数:370部屋
宿泊者の評価:9.3点(754件のレビュー)
オフィシャル写真:69枚(下のスライドショーで見れます)

タイのおすすめホテル

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。