2017年9月12日

台北

【宿泊経験者が語る】シーザーパークホテル台北をお薦めする「7つの理由」

by Fish & Tips

IMG_0089(1)

台北駅の目の前、交通量の多い通りの反対側に「シーザーパーク台北(台北凱撒大飯店 - CAESAR PARK HOTEL TAIPEI)」はあります。しかし、MRT(地下鉄)路線の台北駅から地下道でつながっているため、M6出口を出た少し先にホテルへのエレベーターがあり不便を感じません。移動に大変便利で、繁華街にも出やすい好立地にあるこのホテルは、もともと2003年からヒルトンから経営を受け継ぐ形でスタートしました。様々な改装や改築が行われ現在に至るが、やはり年代を感じさせるホテルです。今回は、シーザーパーク台北に宿泊した私が紹介したいと思います。

【公式サイト】
シーザーパークホテル台北 »

デパートみたいな建物!?エントランスは少し高級感も!

IMG_0175

街ビルに並んだホテルの外観は、まるで百貨店やデパートを思わせるような造りになっていてホテルには見えないという人が私以外にも多いのではないでしょうか。
駅前と大通りで”閑静な”とは程遠いですが、好立地を考えればそれはまた仕方がないと思えます。

IMG_0176

通り沿いから見える外壁は整ってはいるが、側面を見ると塗装のはがれや清掃不備が目立ちやはり建物自体は年季が入っていて随所に細かい傷や汚れが目についてしまいます。時代を感じます。

IMG_0089(1)

しかし、エントランスには常にドアマンがいて、丁寧な挨拶とドアを開けてくれます。荷物が多いと運んでくれるので助かります。

IMG_0104

エントランス内に入ると、スタッフが声をかけくれ、チェックインの案内をしてくれます。宿泊客は安心でき、温かく迎え入れてもらった気分になります。

IMG_0105

フロントは円形カウンターでスタッフも入り口近くに来やすく、正面で待ち構えているストレートなカウンターより親しみがもてます。チェックインの際にカウンター内に予約カードが整頓されていました。日本の大手旅行代理店のロゴが数多く見受けられました。

IMG_0106

案内板には中国語、英語と並んで日本語の説明書きがしてあります。日本人旅行客を対象としたホテルなのかなと感じました。エレベーターに乗った際も日本人旅行客を度々見かけました。

IMG_0107

各客室階へは、ルームカードをスキャンしなければ階ボタンを押せないため、宿泊者しか各階へ降りられません。セキュリティがしっかりしていると感じました。

IMG_0133

エレベータは6基稼働しており混雑していても待たされません。

いますぐ価格比較!
2018年のオススメ宿泊プランは?


客室は十分な広さ!そして落ち着く空間!

チェックインを済ませ、ルームキーをもらい客室へ向かいます。

IMG_0096(1)

廊下は絨毯敷で、照明は薄暗い感じでした。

IMG_0097(1)

客室の入り口は少々古めかしいドアです。

IMG_0076

ベッドルームにつきました。ツインベッドが置かれていて十分な大きさです。古さを感じて、心配になってしまいましたが、綺麗に掃除もされているし、これもまた落ち着く気がしました。絨毯は、古いので、室内シューズ、スリッパなどあれば良いです。

IMG_0078

間接照明はなく、置かれたすべてのスタンドライトが室内を明るくしていました。もう少し間接照明を増やし優しい明かりにしてくれるとゆっくり疲れが癒せるような気がします。

IMG_0085

ベッドは、枕が4つとクッション1つずつが置かれ、やや多い気もしましたが、その配慮がありがたいです。
掛け布団は1枚ですが空調を調節すれば快適です。寝心地はマットレスが若干硬めではありますが、ゆっくりと睡眠できました。

IMG_0083

薄型テレビが壁に貼り付けてあり無駄なコードなど見えないのがスタイリッシュで良いです。テレビの脇に小さな丸テーブルとチェアーがありますが、テレビを見る時はこの椅子に座って見るというよりは、ベッド側から見るような配置です。室内のテーブルや椅子などの家具にも古さを感じますが、それも「オールドスタイル」と認識してしまえば、悪くないです。

IMG_0080

大きめな開閉可能な窓がついていましたが、残念ながら目の前が建物でしたので、この部屋の窓からの眺望は良くないです。

客室を360°で見てみる

いますぐ価格比較!
2018年のオススメ宿泊プランは?


コンパクトで最低限のアメニティが揃うバスルーム

部屋の入口から左側にバスルームがあります。

IMG_0073

全体にやはり、年季を感じますが、必要なものはすべてそろっていました。コンパクトなバスルームで大理石の洗面台は広く使い勝手は良さそうでした。

IMG_0068

バスルームはタイル貼りでやはり年季が入っていましたが、比較的綺麗でした。シャワーカーテンは閉めると少々圧迫感があります。

IMG_0122

残念ながら、お湯をためてゆっくり浸かりたいとは思えない古い浴槽です。

IMG_0070

シャワーの水圧は十分あると思います。しかし、シャワーヘッドの形のせいかお湯の出方はいまいちな感じがします。

IMG_0069

浴槽内にタオルがかかっています。

IMG_0071

トイレの便器はまた古いタイプで、流すレバーが下の方にあるため流すときはちょっと面倒です。

IMG_0066

ドライヤーは、最近は日本の古いホテルでも見かけない固定型の備え付けものです。温風の風が弱いので、髪の長い女性はちょっと乾かすのが大変そうです。

アメニティ

IMG_0065

洗面台に置かれたアメニティーは、歯ブラシセット、ブラシ、コットンと綿棒セット、T字カミソリ、ヘアキャップが並び、シャンプーリンス、ボディソープも小さなボトルで用意されています。一通り揃えられて良いです。

バスルームを360°で見てみる

いますぐ価格比較!
2018年のオススメ宿泊プランは?


ほっと一息できる、備え付けカフェバー!

IMG_0072

玄関脇の棚に、台湾製のお茶ティーパックとミネラルウォーター2本があり、マグカップが常備されています。電気ケトルもあって、お湯がいれられます。

IMG_0118

棚の下には備え付け冷蔵庫もありました。

IMG_0087

中には飲み物が多少入っていました。

IMG_0145

これは飲み物の料金表です。近くのコンビニで買ってきた方がお得ですね!

いますぐ価格比較!
2018年のオススメ宿泊プランは?


クローゼットとセーフティーボックスは完備!

IMG_0088

玄関の脇にクローゼットがあります。コートやジャケットをしまうのに十分なスペースがあります。

IMG_0120

クローゼット内にはセーフティーボックスもあります。

IMG_0090(1)

好きな数字を押して開閉する一般的な金庫タイプのものです。英語表記の説明があります。

IMG_0092(1)

クローゼット内にローブも入っていました。

いますぐ価格比較!
2018年のオススメ宿泊プランは?


レストランでは、日本人にも優しいビュッフェスタイルの朝食も!

ホテルのレストラン「チェッカーズ」では、ビュッフェスタイルの朝食ができます。他にランチやディナーも一日を通して、食事ができます。朝食ビュッフェを紹介します。

IMG_0149

メニューは全て中国語、英語、日本語表記されていて分かりやすいです。全体的に朝食のビュッフェとしては満足度が高く、子供から大人まで十分楽しめます。朝食の時見かける宿泊客も日本人が多いです。

IMG_0148

パスタやワッフルなどの洋食や和風麺料理もあり多彩です。

IMG_0165

サラダバーも種類があります。

IMG_0152

中華料理だけでなく鯖の塩焼きやいなり寿司などの和食が並んでいます

IMG_0157

和食に合うよう炊飯器の白米や味噌汁もあり、細部に渡った心遣いが嬉しいです。

IMG_0156

パンも選べます。

IMG_0162

フルーツもあります。

IMG_0146

タピオカミルクにはたくさんのトッピングも選べて楽しいです。

IMG_0150

飲料はソフトドリンクが充実しています。オレンジやブドウだけでなく色々なフルーツジュースのサーバーも揃います。

IMG_0161

コーヒーも本格的マシンが配置されエスプレッソからカフェラテ、カプチーノ、またココアやホットミルクまでバラエティに富んでいます。

その他のレストランは「王朝レストラン」があります。

HI353687922

ここではランチとディナー時間に上海料理と本格的な香港料理の中華が楽しめます。

いますぐ価格比較!
2018年のオススメ宿泊プランは?


さらに、ジムや日本食レストランも充実!

ホテル内には、ビジネスセンターや、シーザースパがあり、屋上ガーデンで気分転換もできます。

HI380823733

フィットネスジムがあり、ビジネスでのリフレッシュや美味しいものを食べ過ぎた際のダイエットにも有効活用できます。そんなに広いエリアではないですが十分トレーニングできます。

IMG_0134

ホテル地下には日系ファースト店や数店舗があり簡単な食事が出来ます。

IMG_0135

台湾駅(新幹線駅)の目の前で、MRT(地下鉄)の駅と直結しています。移動には便利な場所にあり悪天候の際影響を受けないこともここの利点ではないでしょうか。

いますぐ価格比較!
2018年のオススメ宿泊プランは?


アクセス良好、桃園国際空港まで有料送迎あり!

桃園国際空港からホテルまでの区間を有料で送迎してくれます。片道50分くらいかかり、料金はNTD1,880です。事前に予約が必要です。

IMG_0091

台北MRTでは台北駅まで来ればホテルが駅前にあるので便利です。ホテルからの観光地へは駅から自由に向かえます。ホテル周辺は中心街なのでどこへ行くにもアクセスが便利です。

いますぐ価格比較!
2018年のオススメ宿泊プランは?


スタッフは、海外旅行初心者にも嬉しい日本語対応ぶり!

日本人客が多いホテルですので、簡単な日本語が出来るスタッフが多いです。日本語だけでも大丈夫な感じがしました。言葉に不安な海外旅行初心者には良いかもしれないです。

いますぐ価格比較!
2018年のオススメ宿泊プランは?


周辺には、コンビニや日本人に馴染みある店舗が!

ホテルの周りにコンビニもあり便利です。

IMG_0088(1)

ホテルの目の前は、台北駅です。

IMG_0095

ホテル周辺には三越百貨店やユニクロなど日本のアパレル企業が進出している。

IMG_0099

くら寿司や銀だこなどの飲食店の出店もあり日本人にとっては馴染みのある店が多く安心できるエリアです。

IMG_0097

もちろん台湾料理の人気店もあるのでグルメに関して自由に楽しめるエリアです。

IMG_0092

ホテル1Fに、お茶屋やお土産によさそうなお店も並んでいます。

IMG_0140

夜の台北駅はライトアップされていて綺麗でした。

いますぐ価格比較!
2018年のオススメ宿泊プランは?


シーザーパーク台北に宿泊してみて

今回紹介したホテル シーザーパーク台北は、なんともベストロケーションがポイントのホテルなだけあり、駅を前にビジネスでも、買い物、観光でも十分活用できるホテルでした。古くから営業しているホテルであるため、古さやもう少し改装をして欲しいと感じてしまう点もありますが、オーソドックスでレトロ感残るホテルと認識していれば、全く問題なく、言ってしまえば快適に過ごせるかもしれません。

いますぐ価格比較!
2018年のオススメ宿泊プランは?


台北のおすすめホテル

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

このホテルの価格をチェック