2017年12月23日

上海

絶対失敗しない【上海】のおすすめ人気クラシックホテル選び

by Fish & Tips

61456

上品で美しいたたずまいが宿泊客を出迎えてくれる。アンティークな調度品に囲まれた客室で上海の歴史に思いを馳せたい。

首席公館酒店 (Mansion Hotel/ショウシーゴングワンジウディエン)

本物のラグジュアリーを体感する
1930年代、上海の裏社会を牛耳っていた黄金栄や杜月笙が経営する三鑫会社の本部として利用されていた洋館を、改装し高級ホテルとしてオープン。ロビーや廊下には梅蘭芳をはじめ、当時の有名人の写真やアンティーク調度品などが数多く飾られ、建物に秘められた過去の物語を今に伝えながら、オールド上海をしのばせている。館内にはフレンチ、和食(鉄板焼)、広東料理の3つのレストランがある。ロビーでは14時以降にハイティーも楽しめる。

〜ホテルの歴史〜
フランス人による1932年築の建物。秘密結社「青帮」の首領・杜月笙(1888~1951年)が邸宅として使用。ほかにも裏社会で暗躍した元マフィアたちがクラブハウスとして使っていた。

62178

テラス付きの部屋、マンションスイート。バスルームが2つある

60408

眺めの良い5階のレストラン

60425

気品ある白亜のたたずまいは、都市文化遺産の再確認をコンセプトに、再びふれあいの場となり人々を迎えている

首席公館酒店

現地名:
首席公馆酒店
住所:
新楽路82号
アクセス:
地下鉄一、十号線陝西南路駅から徒歩8分
TEL:
021-5403-9888
Webサイト:
http://www.mansionhotelchina.com

インターコンチネンタル上海瑞金 (上海瑞金洲际酒店/InterContinental Shanghai Ruijin/シャンハイルエイジンジョウジージウディエン)

歴史ある建築と広大な庭園を堪能 
イギリス人の大富豪、モリスの邸宅を利用したホテル。広い敷地内にはレンガ造りの臥茵楼や、三井物産館だった餐桜楼など、建築様式の異なる5つの宿泊棟が点在。イギリスの伝統的な建築様式が色濃く残る赤い瓦屋根や赤レンガを多用した建物は必見。

〜ホテルの歴史〜
1917年、競馬で財産を築き、当時の英字新聞社を経営するモリスが造らせた邸宅。敷地内の臥茵楼には、後年、蒋介石と宋美齢などの著名人も住んだ。

61456

クラブ・インターコンチネンタル・ルーム。1930年代の上海の趣を残しつつ、最新設備を備えてリノベーション

61402

広い敷地に異なるタイプの宿泊棟が点在

オークラ ガーデンホテル上海  (花园饭店/Okura Garden Hotel Shanghai/ホアユエンファンディエン)

格式ある一流ホテルで贅沢な滞在を
1926年に建てられた、ネオ・バロック様式の建物と緑豊かな庭園が印象的なオークラ系列のホテル。和食、フレンチなどレストランにも定評があり、1階には三越のギフトショップがある。客室はエレガントで落ち着いた雰囲気。全館で日本語が通じる。

〜ホテルの歴史〜
もとはセレブに人気のフランス・クラブの建物として誕生した。優美な曲線を描くアール・ヌーヴォーと直線的なアール・デコを融合した内部装飾も必見。上海の優秀歴史建築に指定。

SONY DSC

市街地の夜景を望む客室

64812

当時の豪奢な内装が今も残る

63605

ホテルは広大な庭園に囲まれている

浦江飯店  (浦江饭店/Astor House Hotel/プウジャンファンディエン)

あの有名人も宿泊した
1846年開業のクラシックホテル。レンガ造りの外観には、高級ホテルとして営業していた創業当時の面影が残る。一時は安宿として人気を集めていたが、近年内部をリニューアルし、最新設備を備えたリッチな客室が登場した。

〜ホテルの歴史〜
1846年、リチャード・ホテルとして誕生。上海を代表するホテルとして名を馳せ、過去にはチャップリンやアインシュタインも宿泊し、ロビーには記念オブジェがある。

103606

展示エリアは歴史の重みが感じられる空間だ

103616

改装された客室はいっそう重厚さを増し、豪華な雰囲気に

浦江飯店

現地名:
浦江饭店
住所:
黄浦路15号
アクセス:
地下鉄二、十号線南京東路駅から徒歩15分
TEL:
021-6324-6388
Webサイト:
http://www.astorhousehotel.com

衡山マーラー別墅飯店  (衡山马勒别墅饭店/Hengshan Moller Villa/ホンシャンマールービエシュウファンディエン)

おとぎの国のような外観に注目
1936年に建てられたイギリス人の富豪の私邸。2002年にホテルとしてオープンし、2008年にリニューアル。目をひくゴシック様式の建物はもちろん、きらびやかなシャンデリアやクラシカルな調度品など、内部にもこだわりが感じられる豪華な空間だ。

〜ホテルの歴史〜
イギリス国籍のユダヤ人資産家マーラーの邸宅。奇抜な外観は、彼の娘が夢で見たお城がモデルになったという噂もある。

104198

ゴージャスなシャンデリアに目を奪われる

104208

ライトアップされた夜の外観は幻想的なムードたっぷり。1階と5階にレストランがある

衡山マーラー別墅飯店

現地名:
衡山马勒别墅饭店
住所:
陝西南路30号
アクセス:
地下鉄一、十号線陝西南路駅から徒歩8分
TEL:
021-6247-8881
Webサイト:
http://www.mollervilla.com

金門大酒店  (金门大酒店/Pacific Hotel/ジンメンダージウディエン)

ネオ・ルネサンス様式の建物
パブリックスペースの天井や柱などに時代を感じさせる瀟洒な彫刻装飾が施され、ロマンティックな雰囲気。3~7階部分が客室で、スタンダードルームの設備はいたってシンプル。

〜ホテルの歴史〜
1920年代に建てられた、優美なイタリア風ネオ・ルネサンス方式の建造物。以前は上海の富裕層の社交場としても利用されていた。過去から現在までの上海の発展を見守ってきた。

%3CatariName%3E09109.eps%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

ネオ・ルネサンス様式の建築美を楽しめる

%3CatariName%3E09110.eps%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

スタンダードタイプの部屋は後楼が18㎡、前楼が25㎡

%3CatariName%3E09108.eps%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

屋上の時計台が特徴的

金門大酒店

現地名:
Pacific Hotel/金门大酒店
住所:
南京西路108号
アクセス:
地下鉄一、二、八号線人民広場駅からすぐ
TEL:
021-6327-6226
Webサイト:
http://pacific.jinjianghotels.com

この記事のタグ

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷる上海 蘇州」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2017年6〜8月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので、現在取り扱っていない可能性があります。

このホテルの価格をチェック