> 行ってないの!?富山旅行で必見の観光スポット53選!

2015年12月25日

富山

行ってないの!?富山旅行で必見の観光スポット53選!

by fishandtips

© norikazu - Fotolia

北陸新幹線が延伸し、東京まで最速わずか2時間8分で結ばれた富山。冬期の脂ののった「寒ブリ」や、春の富山名物「ホタルイカ」など、「天然のいけす」と言われる富山湾の海の幸はもちろんのこと、雄大な眺めが自慢の立山黒部アルペンルート、豪快な放水風景が楽しめる黒部ダム、合掌造りの集落群として近年外国人にも人気の世界遺産「五箇山」など多くの観光地があります。また、温泉好きな人には黒部渓谷の玄関口であり、無色透明ですっきりとしたお湯が特徴の「宇奈月温泉」や、秘湯「祖母谷温泉」など数多くのすぐれた温泉があります。東京からのアクセスが改善され、ますます魅力が高まった富山はいまオススメの観光地です。

黒部ダム

黒部ダム
© sunftaka77 - Fotolia

このダムは日本でも最大級のダムであり、総貯水量は最大時で2億トンです。また335,000kWの発電能力がある水力発電所でもあります。今は観光名所としての顔もあり、大勢の観光客がダム見学に訪れています。このダムの特徴はその巨大さと苦難の建設の歴史です。

22306890899_c2073ea0cc_z
by Kentaro Ohno, CC BY

黒部ダムはとかく巨大なダムであり、そのダムの高さは186mと日本一です。また、作るのに苦労したダムとしても知られており、述べ数で1,000万人を超える作業員が動員され、そのうち171人の労働者が事故で命を失いました。その苦難の歴史はプロジェクトXでも紹介されています。現在の黒部ダムは観光名所であり、毎年100万人以上がこのダムを訪れています。物凄い勢いで放出される水などが観光客の人気を博しています。

住所:
富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11国有林 (大きな地図で場所を見る
公式サイト:
http://www.kurobe-dam.com/index.html
Foursquare:
黒部ダム (Kurobe Dam)

相倉合掌造り集落

相倉合掌造り集落
by tsuda, CC BY-SA

この集落の大きな特徴は、32軒ある家のうち20軒が合掌造りで作られた家であるところです。この合掌造りとはかやぶきで作られた叉首構造で屋根が急傾斜している家の事です。これら合掌造りで作られた家が20軒もある相倉合掌造り集落は貴重な集落として国指定の史跡、重要伝統的建造物群保存地区に指定され保護されています。1995年には世界遺産にも認定されました。

相倉合掌造り集落, Foursquare.com

相倉合掌造り集落にある家の大半は幕末の頃に建てられたものですが、古い家になるとさらに昔、17世紀頃に建てられたといわれています。この貴重な合掌造りの家々がこの地で残った理由としては、近隣が豪雪地帯なので交通の便が悪く、それを打開するための道路整備もなかなか進まなかったことが原因ではないかといわれています。

住所:
〒939-1915 富山県南砺市相倉611 (大きな地図で場所を見る
営業時間:
8:30〜17:00
予算:
500円 世界遺産保存協力金(駐車料金)
普通車・軽自動車500円、二輪車100円、大型バス3,000円、中型バス2,000円
公式サイト:
http://www.gokayama-info.jp/
Foursquare:
相倉合掌造り集落

菅沼合掌造り集落

菅沼合掌造り集落
by tsuda, CC BY-SA

この地は田舎の集落のひとつなのですが、他の田舎の集落が近代化してその伝統的な景観を失っていったのに対し、この菅沼合掌造り集落は江戸時代から明治時代にかけて作られた伝統的な家屋が周囲の景観と共にそのまま残ったことが認められ、世界遺産に認定されました。
ここには合掌造りという伝統的な手法で作られた9棟の家屋があり他にも五箇山民俗館や塩硝の館という建物があります。

五箇山民俗館, Foursquare.com

五箇山民俗館は昔の山村の生活に使われた用具類がおよそ200点ほど展示されています。塩硝の館はかつてこの村の主要産業であった塩硝の作り方や材料の集め方などを紹介、展示しています。菅沼合掌造り集落は合掌造りの建物がメインですが、周りの山林や建物なども昔ながらの風景を残しているので、そこも見所のひとつとなっています。

住所:
〒939-1973 富山県南砺市菅沼 (大きな地図で場所を見る
予算:
500円 駐車料金※世界遺産保存協力金
普通車・軽自動車500円、大型バス3,000円、中型バス2,000円、二輪車100円
公式サイト:
http://www.gokayama-info.jp/
Foursquare:
菅沼合掌造り集落

高岡大仏

高岡大仏
by izunavi, CC BY

この大仏は全長15.85メートル、総重量65トンの巨大な大仏です。この高岡の地での大仏の歴史は古く、一番古い高岡大仏は源義勝が1221年に山の上に作らせたもので全長は5メートルほどだったと言われています。その大仏が災害により消失、別の場所に大仏を再建という行動を何度も繰り返したあと、最終的には1933年に今の高岡大仏が作られました。

14886941200_89a72f720c_z
by izunavi, CC BY

高岡大仏は歌人である与謝野晶子が奈良の大仏より端正な顔立ちをしていると評したほどそのシャープな顔立ちが特徴です。またこの大仏は奈良の大仏や鎌倉の大仏と違い人通りが多い市街地にあることも特徴のひとつです。町を歩いているといきなりあらわれるので大仏の存在を知らない地元民以外の人が街に入ると驚きます。

住所:
〒933-0039 富山県高岡市大手町11-29 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
0766-23-9156
予算:
無料
公式サイト:
http://www.takaoka.or.jp/viewpoint/archives/876
Foursquare:
高岡大仏 (大仏寺)

雪の大谷

雪の大谷 | JunZi F @Foursquare
雪の大谷 | JunZi F @Foursquare

この場所は標高2450メートルの立山室堂平にある雪で出来た人工の谷です。冬の間に積もった雪をブルドーザーが除雪した結果、道路を追い出された雪が道路の両側に固まっていきます。この時に出来る巨大な雪の壁、それが雪の大谷なのです。雪の大谷は基本的には車しか通ることが出来ませんが、雪の大谷ウォークというイベントが開催されている間だけ歩行者が歩きながら雪の大谷を見学する事が出来ます。この時、雪壁の高さは最大で20メートルに達し、圧倒的な高さとなります。

雪の大谷, Foursquare.com

なぜこれだけの雪の壁を作ることが可能なのかというと、この地域の雪は湿気を含んでいるので、雪ががっちりと固まるからです。その巨大な壁を見るために、毎年大勢の観光客が訪れる人気の場所です。

住所:
富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11国有林 (大きな地図で場所を見る
公式サイト:
http://www.tateyamakankoukyoukai.jp/
Foursquare:
雪の大谷

黒部峡谷

黒部峡谷
© hi_ro - Fotolia

トロッコでお馴染みの黒部峡谷は、富山に旅行で訪れた際には必ず外せない定番の観光スポットです。北アルプスの鷲羽岳から、およそ86kmの長さと、3000mもある標高差を流れ下る黒部川の上・中流域に形成する大峡谷となっています。また、「日本三大渓谷」に選ばれるなど、その壮大な自然が織りなす美しい景色は必見となっています。

16615040_475d0039ff_z
by tsuda, CC BY-SA

その渓谷を走る「トロッコ電車」に乗車すれば、富山有数の温泉地である宇奈月温泉から欅平までのおよそ20kmの距離を、風情あふれる橋やトンネルを走りぬけながら、四季折々の大自然を眺めることができます。トロッコの沿線には、温泉をはじめ遊歩道コースや美術館といったスポットもあり、観光客に人気のスポットとなっています。

住所:
〒938-0282 富山県黒部市宇奈月町 舟見明日音澤 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
0765-62-1011
公式サイト:
http://www.kurobe-unazuki.jp/?page_id=346
Foursquare:
宇奈月駅 (Unazuki Sta.)

みくりが池

みくりが池
© tenjou - Fotolia

標高2405mに位置する透明度の高い池で、通常の表記はかたかなで、ミクリガ池と表記されることが一般的なようです、水深はおよそ15mで、紅葉の時期には景勝地の一つになる場所です。周囲ハ600mを超えるが散策コースとしても人気があり、多くの観光客が訪れています。

5682362263_1eab7d5b22_z
by daipresents, CC BY

バードウオッチングを楽しむ人には最適で、雷鳥なども運が良ければ見ることができます。湖面に映し出される北アルプスの山々は壮大で、写真撮影場所としても知られています。標高が高いことから、雲海を眺めることができる場所としても知られており、自然美を堪能できるスポットといえます。室堂ターミナルからは徒歩でほど近く、アクセスも良好なので気軽に訪れることができます。

住所:
富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11国有林 (大きな地図で場所を見る
公式サイト:
http://www.tateyamakankoukyoukai.jp/
Foursquare:
みくりが池温泉

室堂平

室堂平 | crueza  @Foursquare
室堂平 | crueza @Foursquare

標高2450mに位置しており、観光や登山の拠点になる場所として多くの観光客が訪れる場所になっています。周辺の遊歩道は整備が行き届いており、売店などもありまる。ミクリガ池も近くにあり、自然美を堪能することができます。9月中旬以降には紅葉が深まり、絶景のビューポイントとなり、賑わいを見せる場所です。

22089033949_689d35916e_z
by Kentaro Ohno, CC BY

立山の湧水は、環境庁が設定した日本名水百選に選ばれているほどで、口当たりの柔らかい湧水であり室堂ターミナル前で飲むことができます。周辺にはホテルや温泉もあり、宿泊地としても人気のある場所になっています。登山の拠点でもあるため、アルピニストが多く利用しているようで、迫力ある景観が存分に楽しめる山岳リゾート地といえます。

住所:
富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11国有林 (大きな地図で場所を見る
公式サイト:
http://www.tateyamakankoukyoukai.jp/
Foursquare:
室堂平

瑞龍寺

瑞龍寺
© mtaira - Fotolia

高岡市にある曹洞宗の名刹で、高岡の礎を築いた加賀藩二代藩主・前田利長の菩提寺です。1614年、三代藩主・前田利常の開基による贅を尽くした荘厳な伽藍は、江戸初期の典型的な禅宗寺院建築となっています。総門の先に、山門と仏殿、法堂を直線的に配し、左右から取り囲むように回廊がめぐり、外側に禅堂と鐘楼、大庫裏が置かれています。

14026039019_eeb736843d_z
by ColdSleeper, CC BY

1654年に本格的な整備が始まったという伽藍は、茶道など日本文化に影響を与えた中国の仏教禅寺・径山万寿寺に倣った配置だといわれます。伽藍整備が完成したのが1663年、以降、加賀藩前田家の保護を受ける大寺でしたが、1746年には火災で山門などが焼失し、1820年に再建しています。そして、1985年には大規模修理が実施されました。さらに、1997年には、山門と仏殿、法堂の建物が国宝に指定され、総門と禅堂、大庫裏、大茶堂などが重要文化財となっています。

住所:
〒933-0863 富山県高岡市関本町35 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
0766-25-4479
営業時間:
9:00〜16:30 12月10日〜1月31日は9:00〜16:00
予算:
小学生 100円 団体70円
中学生 200円 団体150円
高校生 200円 団体150円
大人 500円 団体400円
備考 団体割引30名から
公式サイト:
http://www.zuiryuji.jp/
Foursquare:
瑞龍寺

立山 (立山連峰)

立山 (立山連峰)
by tsuda, CC BY-SA

立山連峰でもっとも有名な山にして主峰であり、中部山岳国立公園の一部でもある山、それがこの立山です。この立山ですが、実は立山と言う山はありません。これはどういうことかと言いますと、立山は雄山、大汝山、富士ノ折立の3つの山の総称なのです。なのでこの3つの山イコール立山なのです。

56455597_f34380005c_z
by xhsieh2, CC BY

また、この山は日本三名山に日本百名山、そして新日本百名山などいくつもの名山に指定されており、日本を代表する山のひとつでもあります。氷河がまだ残っている山としても知られています。高い場所にあるので山頂付近は非常に寒く、冬にはマイナス20度を超えることがあります。しかし山全体が植物のない不毛地帯というわけではなく、場所によってはたくさんの高山植物が生息しています。

住所:
富山県中新川郡立山町芦峅寺 (大きな地図で場所を見る
Foursquare:
立山ロープウェイ 大観峰駅 (Daikanbo Sta.)
行ってないの!?富山旅行で必見の観光スポット53選!
11件目以降も見てみよう!

筆者 : fishandtips

Fish and Tipsでは、海外在住の日本人が現地のオススメ情報を中心に、ホテル・便利アプリ等、次の旅のヒントになる情報を配信しています。