> 沖縄旅行で必見のオススメ観光地45選

2015年11月2日

沖縄

沖縄旅行で必見のオススメ観光地45選

by fishandtips

by doctorho, CC BY

沖縄は、亜熱帯海洋性気候で年間を通して気温が高く、12月でもTシャツで過ごせるまさに日本の南国リゾート。世界に誇れる、恵まれた風土の美しさ、海、希少価値のある珊瑚礁があります。食文化では、中国文化の影響により、肉などを食べる習慣があり、伝統工芸では、織物や焼酎などの伝統的なものがあります。ここでは、そんな沖縄に旅行する際に行くべき外せない45の観光スポットを紹介したいと思います。

国際通り

沖縄本島で一番賑やかな大通りでお土産購入などショッピングには最適な場所です。飲食店も多く立ち並びステーキ屋さんをはじめに沖縄料理屋さんそば店など、魅力的なお店がいっぱいあります。

22859408827_d96074b262_z
by Alan Wat, CC BY

ブルーシールアイスクリームなどデザート類のお店も多数あるのも魅力の1つ。古きよき沖縄らしい商店街となってる平和通りにも隣接してるので、新しい綺麗なショップから昔ながらの古めかしいお店など様々な所を楽しめます。

3674690725_81f24b2a61_z
by switchstyle, CC BY

公設市場もあるので沖縄ならではの魚や肉を買え、そのまま上の食堂へ持ち込むと料理してもらえて食べられるのでお薦めです。通りにはホテルの数も多く高級ホテルから格安ホテルまで選べるので不自由しません。コンビニや地元スーパーも近くにあるので何から何まで便利な通りです。

住所:
沖縄県那覇市松尾・牧志周辺 (大きな地図で場所を見る
Foursquare:
国際通り (Kokusai-Dōri Ave.)

古宇利島

古宇利島
© chokolia - Fotolia

2005年に全長2kmにもおよぶ古宇利大橋が架けられ沖縄本島から車で行く事が可能となりました。橋を渡ってすぐ見えてくるのが古宇利オーシャンタワーです。駐車場から展望台までカートに乗りスムーズに移動でき、海抜82mからの壮大な海の景色を堪能することができます。

古宇利オーシャンタワー (Kouri Ocean Tower), Foursquare.com

カフェや食事をすることも出来るのでエメラルドグリーンの海を眺めながら安らぎのひとときを過ごすのはいかがでしょう?古宇利島は、島一周8kmを車で10分程度で周る事ができる小さな島です。

古宇利島, Foursquare.com

島の北側にあるアダムとイブの伝説が残るテーヌ浜のハートロックは、CM撮影され有名になり観光客が多く訪れるようになりました。2つの岩が重なり合ってハートの形になる岩を夕日と共に眺める事が出来たらなんてロマンティックなんでしょう。

ハートロック, Foursquare.com

そんなテーヌ浜へは、小さな看板があるだけなので見落とさない様注意が必要です。古宇利島の橋のたもとやテーヌ浜で天気がいい日は、時間があれば海水浴をするのもおすすめです。

住所:
〒905-0406 沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利 (大きな地図で場所を見る
Foursquare:
古宇利島

ひめゆりの塔

ひめゆりの塔
by Hyougushi, CC BY-SA

ひめゆりの塔は、とても有名な言葉だと思います。しかし行ってみると案外と小さく、「塔」という印象は受けません。見た目は確かに予想より小さいものの、受ける印象は大きなものがあります。

9429971278_6a8df1efe4_z-2
by rapidtravelchai, CC BY

ひめゆりの塔の近くには小さな穴があります。これは、防空壕であり、沖縄で言う「ガマ」です。おそらく自然にできた穴ですが、この中で当時の人々は爆弾から身を守っていたわけです。

当時のモノがそのまま残っている姿をみると、本当に心打たれるものがあります。戦争は本当にあったのだと、改めて思わされます。沖縄に行くと色々なところにガマなどの戦時中のモノがありますが、一番メジャーで落ち着いた気持ちでみることのできる場所です。

住所:
〒901-0344 沖縄県糸満市伊原671-1 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
098-997-2100
Foursquare:
ひめゆりの塔

琉球村

琉球村 Ryukyu Mura, Foursquare.com

琉球村はリゾート地が多い恩納村にある昔の沖縄の風景をテーマとした人気のテーマパークです。昔ながらの赤瓦の古民家が並んでおり県内各地から琉球村に移設されています。

琉球村 Ryukyu Mura, Foursquare.com

築200年の旧仲宗根家、築120年の旧島袋家、国登録有形文化財の築115年の旧玉那覇家などがあり琉球村内は時間がゆったり流れているような雰囲気で三味線や太鼓の民謡音楽も聞こえ昔の沖縄に行ったかのような気分にゆったりすごすことができます。

琉球村 Ryukyu Mura, Foursquare.com

体験プランが豊富で琉球村ガイドツアー、泡盛ラベル作り、三味線教室、織物体験、紅型体験、サータアンダギー作りなど沖縄ならではの様々な楽しみ体験をすることができます。琉球村の最大の見所は1時間おきのエイサー演舞が行われ迫力のエイサーが間近で見られます。

琉球村 Ryukyu Mura, Foursquare.com
住所:
〒904-0416 沖縄県国頭郡恩納村山田1130 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
098-965-1234
営業時間:
[夏]9:00〜18:00 最終受付 17:30
[冬]8:30〜17:30 最終受付 17:00
予算:
子供 600円 6歳から15歳
大人 1,200円 16歳以上
公式サイト:
http://www.ryukyumura.co.jp/
Foursquare:
琉球村 Ryukyu Mura

渡嘉敷島

渡嘉敷島
© yuuta - Fotolia

慶良間諸島の中でも一番大きな島で沖縄本島に一番近い島。美しいビーチがいくつもある島で、中でも阿波連ビーチととかくしビーチは島を代表する白砂が輝きが素晴らしく沖縄全体の中でもNo1と言って過言ではありません。

渡嘉志久ビーチ, Foursquare.com

一年中ハイビスカスが咲き、その色も赤・黄・オレンジ・ピンクなどとてもカラフルで癒されます。大きく集落が2つに分かれて民宿やペンションがいくつかあります。冬場はザトウクジラが島の近くにやってくるので春夏秋冬いつ行っても楽しめる島です。

阿波連ビーチ, Foursquare.com

スキューバダイビングも盛んな島なので、夏のマンタをメインに、年間通してアオウミガメ・ナポレオンフィッシュ・マダラトビエイ・イソマグロなど大型の魚を楽しむ事が出来ます。

住所:
沖縄県島尻郡渡嘉敷村字渡嘉敷 (大きな地図で場所を見る
公式サイト:
http://www.vill.tokashiki.okinawa.jp
Foursquare:
渡嘉敷島

斎場御嶽

斎場御嶽, Foursquare.com

沖縄県内で最も有名なパワースポットです。沖縄を代表する聖地でもあり、世界文化遺産に登録されています。御嶽内には数カ所の拝所があり、中を歩いて見学することができます。

斎場御嶽, Foursquare.com

メインとなる拝所は三庫理(サングーイ)と呼ばれ、大きな2枚の岩の間が、三角形のトンネルのようになっています。そこを通り抜けると、神の島「久高島」が見えます。とても神秘的な雰囲気で、不思議なパワーを感じられる場所です。

斎場御嶽, Foursquare.com

国道沿いにある駐車場で入場券を購入し、御嶽の入口までは徒歩5分程。御嶽の中は石畳の道になっているので、歩きにくい靴は避けた方がいいでしょう。人気のスポットなので、観光客は多いです。ゆっくり落ち着いて見学したいなら、朝がおすすめ。

住所:
〒901-1511 沖縄県南城市知念字久手堅 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
098-949-1899
営業時間:
9:00〜18:00 入館は17:30まで
定休日:
[2015年6月16日〜2015年6月18日] 旧暦5月1日〜3日
[2015年10月12日〜2015年10月14日] 旧暦10月1日〜3日
予算:
子供 100円 平成28年3月31日まで
平成28年4月1日から150円
大人 200円 平成28年3月31日まで
平成28年4月1日から300円
公式サイト:
http://okinawa-nanjo.jp/sefa/
Foursquare:
斎場御嶽

おきなわワールド

おきなわワールド 王国村 Okinawa World, Foursquare.com

沖縄の文化や特産を肌で感じて楽しめるアミューズメントパークです。沖縄衣装を着た方々が出迎えてくれて、入り口から沖縄の雰囲気を楽しむことが出来ます。中に入ると、色とりどりの南国の花が咲いており、いたるところでシーサーが守ってくれています。

おきなわワールド 王国村 Okinawa World, Foursquare.com

中はいくつかのエリアに分かれており、お勧めは玉泉洞、琉球王国城下町、お土産専門店です。入り組んだ形の鍾乳洞は、地上とは別世界の空間。マイナスイオンを感じながら水の透明度に圧倒されるばかりです。城下町は、昔から続く沖縄らしい建物が立ち並び、中で写真も撮れるので、観光には欠かせないスポットです。

玉泉洞, Foursquare.com

たっぷり見学した後でも、ついつい見てしまうのがお土産コーナー。紅芋や黒糖など、沖縄の名産を使ったお菓子が沢山あったり、ミミガーなど今ではメジャーになってきた沖縄お土産も揃っていて、最後まで楽しませてくれます。

おきなわワールド 王国村 Okinawa World, Foursquare.com
住所:
〒901-0616 沖縄県南城市玉城前川1336番地 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
098-949-7421
公式サイト:
http://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/
Foursquare:
おきなわワールド 王国村 Okinawa World

ガンガラーの谷

ガンガラーの谷
© sharaku1216 - Fotolia

沖縄本島南部の南城市にあり、ほとんど東京ドームと同じ面積約4万7500平方メートルを誇るガンガラーの谷。ここには鍾乳洞と一体化した森にさまざまな動植物が息づいています。

ガンガラーの谷, Foursquare.com

観光名所として一般公開されたのは2008年のこと、ダイナミックな鍾乳洞が崩壊して出来た上がった谷間に川や森が広がるという自然たっぷりなスポット。この名前の由来は、昔の人々が谷底に向かって投げた石が転がっていった音からだそうです。

ガンガラーの谷, Foursquare.com

この近くには人気の観光スポットでもある、玉泉洞や世界遺産となってる斎場御嶽もあるので合わせて楽しむのもお薦めです。大自然にふれあいリフレッシュしたい人や、一味違う沖縄の魅力を体感してみたいという沖縄リピーターには見逃せないスポットです。

住所:
沖縄県南城市玉城字前川202番地 (大きな地図で場所を見る
定休日:
年中無休
公式サイト:
http://www.gangala.com/index.php
Foursquare:
ガンガラーの谷

ビオスの丘

ビオスの丘
by fujikinoko, CC BY

広大な敷地広がる、沖縄ならではの美しい森「ビオスの丘」。亜熱帯特有の植物や動物と触れ合い、学び、そして癒される、子供から大人まで自然を楽しめる体感型植物園です。

ビオスの丘, Foursquare.com

園内には様々な体験コースがあります。水牛車に揺られながら緑あふれる景色を眺めたり、湖水観賞舟に乗りジャングルクルーズを楽しむ事も出来ます。カヌーにチャレンジするのもいいですね。他にも、子供達に人気のヤギ・ウサギなどの小動物と触れ合える施設もあり、珍しい島ヤギとお散歩なんてどうでしょう。

ビオスの丘, Foursquare.com

遊び疲れて一休みしたくなったら、園内にあるお店で沖縄そばを堪能するも良し、芝生にゴザを敷いて大の字になるも良し、気持ちのいい風を感じながら、ハンモックでお昼寝するのも、いい旅の思い出になるのではないでしょうか。

ビオスの丘, Foursquare.com
住所:
〒904-1114 沖縄県うるま市石川嘉手苅961-30 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
098-965-3400
営業時間:
9:00〜18:00
定休日:
無休
予算:
入園:大人(中学生以上)690円、子供(4歳から小学生)350円
公式サイト:
http://www.bios-hill.co.jp/
Foursquare:
ビオスの丘

久高島

久高島
by konitomo1027, CC BY

その昔に神が降臨し神が宿った島とされている、周囲約8キロで人口わずか200人ほどのみの細長い久高島。ウミヘビ漁が盛んな島で豚肉や昆布で出汁をとったイラブ—汁(ウミヘビ汁)が有名な島です。

4028879663_97a4fc7631_z
by shig2006, CC BY

ウミヘビ以外にはモズクや海ぶどうの収穫が多い島です。島の東側にリーフが広がり沖縄らしい美しいビーチも魅力的な島。島内にはダイビングショップも一軒あるのでタンクを借りてスキューバダイビングを楽しむ事も出来て体験ダイビングをすることもできます。

4028878393_0e186b100f_z
by shig2006, CC BY

島にはホテルはありませんが民宿があるので宿泊する事も可能です。島の食堂ではイラブ—汁定食や海ぶどう定食がお薦めメニューにあり、沖縄そばやもずく丼なども人気メニューにあります。

住所:
〒901-1501 沖縄県南城市知念字久高 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
098-835-8919
公式サイト:
http://www.kudakajima.jp/
沖縄旅行で必見のオススメ観光地45選
11件目以降も見てみよう!

筆者 : fishandtips

Fish and Tipsでは、海外在住の日本人が現地のオススメ情報を中心に、ホテル・便利アプリ等、次の旅のヒントになる情報を配信しています。