> 行ってないの!?大分旅行で必見の観光スポット27選!

2016年2月10日

大分

行ってないの!?大分旅行で必見の観光スポット27選!

by fishandtips

© TOMO - Fotolia.com

大分県には、地獄があります。これを読んでピンときた方は、温泉がお好きでは?そうです、大分県は日本一の温泉県。でも、温泉だけじゃもったいない。大分県の魅力を探してみませんか?雄大な自然がつくる幻想的な景色の数々に圧倒されるのも気持ちが良いですし、古き良き歴史や伝統が受け継がれていることに触れるたび、ほっとするのは不思議な感覚です。

自然の形そのままのうみたまごやアフリカンサファリは迫力満点。たまには子どもの頃のように、思いっきりはしゃいでみませんか?地獄じゃなくて、楽しむには正に天国の大分県。ぜひ一度、いや何度でもお出かけください。

海地獄

別府温泉にある地獄めぐりの中でも最大級の大きさで、地獄池の色が鮮やかなコバルトブルーであることから、「海地獄」と呼ばれています。この海地獄は今から1200年前に鶴見岳の爆発によって誕生したとされており、池が青色に見えるのは、温泉中の成分である硫酸鉄が溶解しているためです。池の温度は98度にもなり、白い煙が絶え間なく立ちのぼっていて、その絵はさながら地獄のようです。

13937225298_10aab8d2b2_z
by Norio.NAKAYAMA, CC BY-SA

また、ここで栽培されている日本一の「大鬼蓮」も有名で、この蓮の葉は20kg程度の子どもが乗れてしまうほどの大きさになります。お盆になると、実際に子どもが蓮の葉の上にのることができるイベントも開催されます。他にも温泉たまごやまんじゅう、温泉の蒸気で蒸した地獄蒸し焼きプリンなどのおやつを楽しんだり、足湯でのんびりすることもできるスポットです。

住所:
大分県別府市鉄輪 (大きな地図で場所を見る

金鱗湖

由布院温泉にあり、大分川の源泉にあたる水深2mの池で、秋から冬にかけて外気との温度差により霧が発生する光景が、幻想的として広く知られています。フナた鯉のほかに、外来魚も生息しているようですが、周囲の景色は春の新緑、秋の紅葉などビューポイントとしても人気があります。池の周辺を人力車で観光することもできますので、のんびり時間を過ごせます。

7127549817_387f6701da_z
by Haya_BS, CC BY-SA

また、池の入り口だけでなく周回することで、いろいろな角度から景色を楽しむことができるのも特徴です。途中に公園や樹齢100年の大木がある天祖神社など見所もあり、由布院の原風景が今でも残されている場所です。湖畔には共同浴場や美術館があり、散策を楽しみながら由布院観光ができます。

住所:
大分県由布市湯布院町川上1561‐1 (大きな地図で場所を見る

九重“夢大吊橋

九重“夢大吊橋
by gtknj, CC BY

歩道専用としては「日本一の吊り橋」として、大自然の雄大な景色を楽しめる絶景スポットです。高さは下を流れる川の水面から173mと足がすくむほどの高さで、とてもスリリングです。吊り橋を歩けば、まるで空中を散歩しているような気分になれます。吊り橋の中央部の床は一部がフェンス状になっていて、下の景色をのぞくこともできます。

3503657707_cd9d004dfa_z
by gtknj, CC BY

吊り橋の長さは390mに渡り、日本の滝百選にも選ばれた、「震動の滝・雄滝」や「雌滝」や、遠くに見える「くじゅう連山」の美しい景色を大パノラマで楽しめます。四季折々の美しさを堪能できますが、特に秋の紅葉は見事です。吊り橋は2年半の工事期間を経て、平成18年(2006年)10月30日にオープンしました。近くには土産屋や地元の特産品が販売されているショップもあり、ご当地グルメの「九重”夢”バーガー」も味わえます。

住所:
大分県玖珠郡九重町大字田野1208 (大きな地図で場所を見る
公式サイト:
http://www.yumeooturihashi.com/

血の池地獄

別府温泉の地獄めぐりのうちのひとつで、池が血のように朱色に染まっていることから「血の池地獄」の名がついています。朱色に見えるのは、酸化鉄や酸化マグネシウムを含んだ赤い熱泥が噴き出し、堆積しているためです。池は広さ1300平方メートル、深さは粘土のため最深部が不明であるものの、30メートル以上と推定されます。温度は78度に達し白い湯気が朱色の池からもくもくと登っている様子は、まさに地獄のようです。

12470483835_7570e6d86f_z
by Travel-Picture, CC BY-ND

歴史的には、奈良時代に編纂された書「豊後国風土記」に「赤湯泉」として記されており、1300年以上前から存在する日本最古の天然地獄であり、歴史的にも価値のあるスポットです。国の名勝に指定され、多くの観光客が訪れます。すぐ隣には、血の池からひいた源泉掛け流しの「血の池足湯」もあります。

住所:
大分県別府市野田778 (大きな地図で場所を見る
公式サイト:
http://www.chinoike.com/

山地獄

こちらの地獄は他の地獄と違い、水蒸気がメインの地獄です。山地獄はあちらこちらから噴気が上がっているため、冬であっても暖かいです。その温泉熱を利用し、たくさんの動物や植物を飼育しており、小さな動植物園のようになっているのが特徴です。

13937273439_9998100c24_z
by Norio.NAKAYAMA, CC BY-SA

カバやフラミンゴ、カピパラなど20種類近くの動物がいます。カバは温泉につかっています。近いところからカバの姿をみることができ、お腹を空かしたカバがお客さんに口を大きくあける仕草を見れるかもしれません。カバのえさやりも見ることができ、迫力がありますよ。地獄巡りの中でも、子供が一番喜ぶ地獄であります。周辺には温泉施設もありますので、歩き疲れた体を一休みさせるのにもってこいです。

住所:
大分県別府市鉄輪 (大きな地図で場所を見る

竹瓦温泉

別府温泉のシンボル的な存在の市営共同温泉であり、登録有形文化財に登録されており、2009年には近代化産業遺産に認定されている施設となっています。温泉の泉質は炭酸水素塩泉であり、砂湯は単純温泉となっています。現存している建物は昭和13年に建設されたもので、レトロな雰囲気が特徴となっています。切り傷、やけどや神経痛、筋肉痛、五十肩など効能も幅広く、多く天井の人に利用されています。

3353313143_b3d0df7465_z
by kawanet, CC BY

天井が高いロビーでは、昭和初期の雰囲気をそのまま残しており、湯上り客がくつろげる空間となっています。砂湯利用により、毒素が排出でくきるようで、女性にはひときわ人気があるようです。事前予約しておけば順番がくれば呼び出してくれるようです。体はぽかぽかになる砂湯体験を気軽に楽しめる温泉です。

かまど地獄

おんせん県おおいたの中でもひときわ有名な別府温泉。そこでの観光と言えば『地獄めぐり』ですね。『かまど地獄』はそのうちの一つで、一度に色々な種類を見て回れることからも一番有名な地獄です。この地獄のシンボルとも言えるかまどの鬼がいる2丁目の地獄からは100℃の蒸気が噴き出していて、ドロドロの熱い泥が茶褐色の地獄を作る1・4・6丁目、日によってお湯の青色が変化を見せる5丁目に、美しいコバルトグリーンの3丁目地獄と見どころはたくさんあります。

3540874372_95a5a4bd12_z
by TANAKA Juuyoh (田中十洋), CC BY

このほかにも実際に温泉の湯を飲むことの出来る『のど・肌の湯』に、地獄と同じお湯で旅の手足の疲れをとることの出来る『手・足の湯』と地獄を満喫できること間違いなしです。

住所:
大分県別府市大字鉄輪 (大きな地図で場所を見る
公式サイト:
http://kamadojigoku.com/

龍巻地獄

龍巻地獄 (Tatsumaki-Jigoku), Foursquare.com

海地獄、血の池地獄、白池地獄と合わせ4つの地獄は、「別府の地獄」として国の名勝と指定されています。泉質は含食塩酸性泉で、泉温は105度です。龍巻地獄には別府市の天然記念物にも指定されている日本でも珍しい間欠泉があります。屋根で止められているとはいえ、豪快に噴出する熱水は50mほど噴き出していて、とても迫力があります。

龍巻地獄 (Tatsumaki-Jigoku), BY

地中の圧力の変化によって30、40分間隔で周期的に6?10分ほどの間噴き出しています。龍巻農園の果樹園でとれたみかんを絞ったジュースやジェラートもあり、この地方の商品も売店で売られています。この龍巻地獄を始め、自然に湧き出している源泉を観光して周る別府地獄めぐりは、別府温泉の定番な観光で有名です。

住所:
大分県別府市野田 (大きな地図で場所を見る

鬼山地獄

鬼山地獄 (Oniyama-Jigoku), Foursquare.com

大正12年から温泉を利用して世界各国のワニを飼育されています。現在およそ70匹のワニが暮らしています。こんなにたくさんのワニを近くで見ることはなかなか無い貴重な体験です。たくさんのワニがいるため、ワニ地獄とも呼ばれています。飼育員による餌やりを見学することもできますので、餌やりの時間を確認して訪れると良いと思います。

鬼山地獄 (Oniyama-Jigoku), Foursquare.com

ワニはジャンプしながら餌を食べることもあるので迫力があります。迫力がありすぎて少し怖く感じますが楽しめます。温泉の温度は約98度で、噴気が110度もある蒸気が噴き出しています。その蒸気をくぐると肌がスッキリとするのを感じられると思います。この蒸気は長寿のご利益があるのではないかとも言われています。

住所:
大分県別府市鉄輪 (大きな地図で場所を見る

宇佐神宮

宇佐市にある全国に数多くある八幡様の総本宮で、昔々、勅使である和気清麻呂がここで神様のお告げを聴き、皇族存続の危機を回避したことで有名なスポットです。また、応神天皇を御祭神として725年に建設され、日本書紀にも載っているとても歴史の深い神社でもあります。第二の宗廟(伊勢神宮に次ぐ二番目の神宮)と言われる境内は非常に広くパワースポットとしても有名な所で、朱色の大きな鳥居がより一層その荘厳さを引き立たせています。

16572704032_b06ee2d3fd_z
by senngokujidai4434, CC BY

また、夫婦で踏むと円満にご利益があると言われている夫婦石や樹齢八百年ほどの御神木もあります。お参りの際には通常の方法(2礼2拍1礼)とは異なる2礼4拍1礼で行い、参拝者数は1年間で180万人以上と言われています。

住所:
大分県宇佐市南宇佐 (大きな地図で場所を見る
行ってないの!?大分旅行で必見の観光スポット27選!
11件目以降も見てみよう!

筆者 : fishandtips

Fish and Tipsでは、海外在住の日本人が現地のオススメ情報を中心に、ホテル・便利アプリ等、次の旅のヒントになる情報を配信しています。