> 京都旅行で必見のオススメ観光地50選

2015年10月29日

京都

京都旅行で必見のオススメ観光地50選

by fishandtips

© 安ちゃん - Fotolia.com

京都は、およそ1200年の歴史のある都市で、かつて日本の政治や文化の中心として栄えていた平安京のあった場所です。平安京は、当時南北と東西が直交する道を基本とした碁盤の目状で作られており、現在も京都はその道の形体が都市全体に残っています。

世界文化遺産として1994年に登録された寺院・神社・城が17ヶ所あるほか、歴史のある神社・寺院が数多くあります。その為、世界各地から多くの観光者が訪れる地域でもあります。東・北・西の三方が山に囲まれており、秋には鮮やかに色付きます。また、寺院や神社には多くの木が植えられていることから、紅葉の名所としても有名です。

ここでは、そんな京都で是非行ってみたい、オススメ観光スポットを「50ヶ所」ご紹介いたします。

清水寺

清水寺
by reggiepen, CC BY

清水寺は、清水の舞台で知られる京都観光をする上で欠かすことのできない定番観光スポットです。延暦 17年(西暦798年)頃に、坂上田村麻呂により創建されたといわれています。前面を懸け造りとした本堂は、国宝となっており、本尊の十一面観音や仁王門、三重塔、鐘楼などは国の重要文化財となっています。

5884345843_fdcda2240f_z
by lightstars, CC BY-SA

本堂の下にある、音羽の滝の湧き水は、「黄金水」「延命水」と呼ばれ、参拝客が列をなします。随求堂(ずいぐどう)では、お堂の下を真っ暗闇の中進む胎内めぐりが体験できます。

11333318806_f9d117a72b_z
by Agnès Ching, CC BY

清水寺は、平成6年には「古都京都の文化財」の一つとしてユネスコ世界文化遺産にも登録されており、京都を訪れる観光客をはじめ修学旅行生や外国人観光客などにも人気のスポットです。

住所:
〒605-0862 京都府京都市東山区清水一丁目294 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
075-551-1234
予算:
大人 300円   子供(小・中学生)200円
公式サイト:
http://www.kiyomizudera.or.jp/
Facebook:
清水寺
Foursquare:
清水寺 (Kiyomizu-dera Temple)

京都水族館

京都水族館
by noriqnub, CC BY-SA

2012年にオープンした京都の新しい観光スポット、京都水族館。今まで京都というとお寺やショッピングなど、少し大人の街というイメージがありましたが京都水族館のオープンによりファミリーでも楽しめる街となりました。

9238272623_c9e5c599f7_z
by yuchinmchu, CC BY

京都水族館のイルカショーは背景に公園で親子が遊んでいる景色が見えたり、ストローで作られた笛でイルカと観客が一緒に鳴いたりとなんだかのどかで、とっても親しみのあるのが魅力的。2階のフードショップではカメやカクレクマノミなどの可愛い動物パンを食べながらアザラシを眺めたり、一番推しているのは特別天然記念物「オオサンショウウオ」グッズのオオサンショウウオも可愛い!

8541222067_4368d2739c_z
by m-louis, CC BY-SA

他にも、使用されている海水は日本初の人工海水100%使用されており、水族館の新しいスタイルとして注目を集めていて、メジャーな水族館とは一味違う楽しみ方ができる水族館です。

8380623864_6f15be541a_z
by nachans, CC BY
住所:
〒600-8835 京都府京都市下京区観喜寺町35-1 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
075-354-3130
定休日:
年中無休
公式サイト:
http://www.kyoto-aquarium.com/
Foursquare:
京都水族館 (KYOTO AQUARIUM)

嵐山

嵐山は見所が満載の観光地です。桂川が流れる渡月橋や大通りにある寺院を横目に見ながら歩くだけでも、嵐山の景色や雰囲気を楽しむことができるでしょう。その他にも竹林の道やトロッコに乗ることができます。

11298863835_fab3c7f051_z
by Takashi(aes256), CC BY-SA

何と言っても圧巻なのが竹林の道なのですが、すがすがしい気分で竹林のきれいさを味わいながら歩いて行きます。その先に行けばトロッコにも乗れます。大通りには、土産物を売っているお店や食事ができるお店が並んでいます。建物の造りを見ているだけでも満足できますが、少し休憩したくなったら食事をしていくのもいいでしょう。

13990918232_76c2d380c4_z
by othree, CC BY

京都は豆腐料理が有名ですが、こちらのお店でも豆腐料理を食べれるお店はありますのでおすすめです。景色から食事までをゆったりと過ごせるのが嵐山にあります。

5226033169_285c12420e_z
by ヨシキ, CC BY
住所:
〒616-8373 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町 (大きな地図で場所を見る

天橋立

天橋立
by xanday, CC BY

天橋立は日本三景の一つで、宮城県の陸前にある「松島」広島県の安芸にある「宮島」そして京都府の丹後にある「天橋立」これらの名勝地を日本三景と呼んでいます。

3289427062_76e28f7ba8_z
by merec0, CC BY

天橋立を一望できる「天橋立ビューランド」の展望台まではモノレールやリフトも出ており、頂上からは「飛龍観」と呼ばれる、まるで龍が天を舞っているように見える天橋立の絶景を眺めることができます。

3288688223_9474ee8d80_z
by merec0, CC BY

天橋立の近くには「三人寄れば文殊の智恵」で知られる智恩寺があり、文殊菩薩から知恵を授かるために受験生などが学業成就を願って数多く訪れたりもしています。

213130428_09c57ae538_z
by Zanpei, CC BY-ND

阿蘇海と宮津湾を結んだ珠水道(別名、天橋立運河)に掛かる廻旋橋は、船が通るたびに橋の中央部分が旋回する珍しい構造で、観光客や写真家達の絶好の写真スポットと言えるでしょう。

天橋立 (Amanohashidate), Foursquare.com
住所:
〒626-0001 京都府宮津市天橋立 (大きな地図で場所を見る
公式サイト:
http://www.amanohashidate.jp/
Foursquare:
天橋立 (Amanohashidate)

祇園祭

祇園祭
by Stéfan, CC BY-SA

7月に入ると、京都は最大のお祭りである、祇園祭が待ち遠しくなります。中でも、宵々山、宵山、山鉾巡行がメインです。何より、夜出かけると、すさまじい人です。でも、鉾から流れるお囃子の音色が、なんとなく寂しげでノスタルジックで、日本人ならぐっときてしまうのです。

816859951_d9bd6669f0_z
by MShades, CC BY

屋台もたくさん出ています。順路に逆行することはできません。小さいお子さんは押しつぶされてしまいます。鉾はどれもこれも素晴らしいのですが、長刀鉾の周辺は、とんでもない人ゴミです。長い間眺めることなどできません。お昼のうちに見物しておきましょう。

7568257504_19ee840bba_z
by Ryosuke Yagi, CC BY

祇園祭は1回ででは堪能できません。何度来てもいいので、疲れない程度に見物していください。

住所:
京都市東山区祇園町北側625 (大きな地図で場所を見る

下鴨神社(賀茂御祖神社)

下鴨神社は西殿に賀茂建角身命、東殿に玉依媛命を祭り、広大な糺の森の中にたたずむ京都の誇る世界遺産です。三条、四条といった京都の繁華街の喧騒とは無縁の落ち着いた雰囲気の中、ゆったり流れる時間を満喫することができます。

8248029971_fd6bf29d7b_z
by Norio.NAKAYAMA, CC BY-SA

毎年5月に行われ祇園祭・時代祭と並ぶ京都三大祭の1つである葵祭の行列は京都御所から出発して、ここ下鴨神社を通って上賀茂神社へと向かいます。また、葵祭に先駆けて下鴨神社にある馬場では、行列の無事を祈って流鏑馬神事が行われます。

8249083232_1800e52f33_z
by Norio.NAKAYAMA, CC BY-SA

下鴨神社の中にある重要文化財である大炊殿は、特別拝観として見学することができますが、その際には大学の歴史サークル等の有志による下鴨神社の歴史や神話についての説明を聞くこともできます。

住所:
〒606-0807 京都府京都市左京区下鴨泉川町59 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
075-781-0010
営業時間:
10:00〜16:00
予算:
境内は自由参拝、大炊殿・御車舎の拝観: 500円
公式サイト:
http://www.shimogamo-jinja.or.jp/
Facebook:
Shimogamo Shrine(Kamomioya Sharine)
Foursquare:
下鴨神社 (賀茂御祖神社) (Shimogamo-Jinja Shrine)

京都国立博物館

京都国立博物館
by ianfhunter, CC BY

京都国立博物館は、主に平安時代から江戸時間の京都の文化を中心とする文化財を収集・保管・展示しており、また、文化財に関する研究や普及活動も行っています。

16545230005_f88f75bc56_z
by Japanexperterna.se, CC BY-SA

博物館のコンセプトは「人に優しい博物館」であり「開かれた博物館」です。敷地には、「明治古都館」と「平成知新館」という全く趣の異なる2つの建物があります。「明治古都館」は、明治期のフレンチルネッサンス様式の赤レンガ造りの本館で、「平成知新館」は、ニューヨーク近代美術館新館などを手がけた世界的に有名な建築家、谷口吉生氏の設計による新館です。「平成知新館」は3階建てで、展示室の中心部分には、2層吹き抜けの空間が設けられています。

15730137745_e4e22c1c80_z
by Yuya Tamai, CC BY

主に本館で特別展覧会が開催されるほか、平成知新館の名品ギャラリーは、収蔵品を中心に定期的な展示替えが行われています。また屋外には、東西2つの庭園があり、野外展示を眺めながら散策できます。

21139344943_05dc06d620_z
by m-louis, CC BY-SA

さらに、敷地内にはカフェやレストランもありますので、喫茶や食事も楽しめます。レストランThe Musses(ザ・ミューゼス)のお料理は、京都の食材を取り入れたビストロスタイルで、京都の地酒や地ビール、ホテルメイドのスイーツも揃っています。

住所:
〒605-0931 京都府京都市東山区茶屋町527 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
075-525-2473
営業時間:
毎日9:30〜17:00 (特別展覧会開中は延長あり)
定休日:
月が祝日の場合は翌日
年末年始
【全館休館の予定】
9月14日(月)〜10月9日(金)
11月24日(火)〜12月14日(月)
12月26日(土)〜2016年1月1日(金)
2016年3月22日(火)〜4月11日(月)
予算:
大学生 260円 ※特別展覧会は別料金
大人 520円
高校生以下および、満18歳未満、満70歳以上無料
公式サイト:
http://www.kyohaku.go.jp/
Foursquare:
京都国立博物館

伏見稲荷大社

伏見稲荷大社
by themonnie, CC BY-SA

全国各地にある「お稲荷さん」の総本山です。赤い鳥居の回廊で有名で、外国人観光客にもとても人気があります。まるで無限につづくかのように見える鳥居の道は登山道になっていて、稲荷山の頂上まで約1時間ほどで登ることができます。

12306429916_d3fceb16bc_z
by Инариский, CC BY

入口周辺は混みますが、上へ登るほどひとけは少なくなっていき、神秘的な静けさに満ちています。稲荷山には、目や腰、脳や呼吸器など、身体の部位ごとに病気から守護してくれる小さなお社がたくさんあります。体に不安のある人はその部位を守ってくださる神様にとくに念入りにお参りしましょう。

5253764612_c8e322e144_z
by tataquax, CC BY-SA

また、お社ごとにいろんなポーズのお狐様がいるので、そちらも見逃せません。お気に入りのキュートなお狐様を探してみてはいかがでしょうか?

12305670635_447d91c2b4_z
by Инариский, CC BY
住所:
〒612-0882 京都府京都市伏見区深草藪之内町68 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
075-641-7331
公式サイト:
http://inari.jp/
Foursquare:
伏見稲荷大社 (Fushimi-Inari-Taisha Shrine)

八坂神社

八坂神社
by Kentaro Ohno, CC BY

八坂神社は地元京都では「祇園さん」の愛称でも親しまれています。その愛称の由来である夏の祇園祭だけでなく、年間を通して祭事が行われ賑わいが途切れることはありません。

5502509248_59ae73f787_z
by runmizumushikun, CC BY-SA

元々は祗園精舎を守る牛頭天王を祀っていたのですが、神仏分離令のあとは牛頭天王と同一視されるスサノオノミコトを祭神としています。建物は本殿だけでなく西の楼門、末社蛭子社社殿、本殿南の正面に立つ石鳥居も重要文化財に指定されています。

17403811811_d17b457e50_z
by runmizumushikun, CC BY-SA

また境内には身も心も美しくするという美容水、大国さまと白ウサギの像など面白いスポットも隠れています。刃物の神様や疫病除けの神様などが祀られた小さな社も多く存在していますので、本殿をお参りしただけで満足するのは勿体ないかも知れません。

11578946734_df6572d270_z
by chinnian, CC BY-SA
住所:
〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側625 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
075-561-6155
予算:
無料
公式サイト:
http://www.yasaka-jinja.or.jp/
Foursquare:
八坂神社 (Yasaka-Jinja Shrine)

北野天満宮(天神さん)

北野天満宮は、平安時代中頃の天暦元年(西暦947年)に多治比文子や近江国(滋賀県)比良宮の神主神良種、北野朝日寺の僧最珍らが神殿を建て、菅原道真公をおまつりしたのが始まりとされます。

5481007196_3b6ff84038_z
by cyesuta, CC BY-SA

菅原道真公が「学問の神様」として広く知られるようになった所以は、江戸時代に、読み書き算盤を教える寺子屋が普及し、学業成就や武芸上達が祈って、その寺子屋に天神さまがおまつりされたり、道真公の「御神影」が掲げられたりしたことから学問・芸事の神様として有名になります。それ以来、菅原道真公をおまつりする天満宮、天神社は学問・芸事にご利益がある神社として有名になり現在に至ります。

6143054203_5e30a55fb2_z
by Dick Thomas Johnson, CC BY

全国各地に道真公をおまつりした約1万2000の神社の多くは北野天満宮から御霊分けをした神社で、北野天満宮はその全国に約1万2000社ある天満宮、天神社の総本社です。天神信仰の発祥の地であり、近隣の人々からは「北野の天神さん」、「北野さん」と呼ばれ親しまれています。

住所:
〒602-8386 京都府京都市上京区北野馬喰町 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
075-461-0005
営業時間:
【夏】5:00〜18:00
【冬】5:30〜17:30
予算:
大人 300円 宝物殿(毎月25日に開館)9:00〜16:00
境内は無料
公式サイト:
http://www.kitanotenmangu.or.jp/
Facebook:
北野天満宮
Foursquare:
北野天満宮 (Kitano-Tenmangū Shrine)
京都旅行で必見のオススメ観光地50選
11件目以降も見てみよう!

筆者 : fishandtips

Fish and Tipsでは、海外在住の日本人が現地のオススメ情報を中心に、ホテル・便利アプリ等、次の旅のヒントになる情報を配信しています。