> 行ってないの!?横浜旅行で必見の観光スポット45選!

2015年11月26日

横浜

行ってないの!?横浜旅行で必見の観光スポット45選!

by fishandtips

© fpdress - Fotolia

都心から電車で約30分。潮風香る街横浜は、見どころが多くカップルからファミリーまで大人気のエリア。昔から港町として栄えてきた横浜には、レトロで異国情緒たっぷりの建築物が並び、はたまた、ランドマークタワーなどの都会的なスポットもあり。

横浜中華街ではできたての肉まんを頬張ることができますし、クイーンズスクエアでは開放感いっぱいのモールでショッピングが楽しめます。夏はみなとみらいで花火が打ち上がり、冬は赤レンガ倉庫前にキラキラ輝くツリーが並び…そんな横浜は、日本全国でも市民の愛郷心が強いのだとか。本記事では、そんな横浜のおすすめ観光名所を45箇所ご紹介します。

横浜中華街

横浜中華街
by Kabacchi, CC BY

「神戸南京町」「長崎新地中華街」とともに「三大中華街」の一つに数えられる横浜中華街。江戸時代、横浜が開港されると中国人の商人らがやってくるようになり、徐々にこの地区に学校などの建物をたてはじめ、これが今の横浜中華街の原型になっています。そのため、歴史は古く、日本最大かつ東アジア最大の中華街となっています。約0.2平方キロのエリア内に500店以上の店舗が軒を連ねています。

4789051351_af510705a8_z
by Kabacchi, CC BY

東西南北には、陰陽五行に基づく色である「青赤白黒」で彩られた異国情緒あふれる門が迎えてくれます。これらの門には、各方位を守る守護神が据えられ、繁華街の繁栄と安全をはかっています。中国の暦に合わせた行事やイベントが数多く開かれ、観光客を楽しませてくれます。

住所:
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町 (大きな地図で場所を見る
公式サイト:
http://www.chinatown.or.jp/
Foursquare:
横浜中華街 (Yokohama Chinatown)

赤レンガパーク

赤レンガパーク
by scarletgreen, CC BY

横浜と言えば赤レンガ!でも、「赤レンガ」という建物のイメージは湧くけど、実際は何があるのかわからない人もいるかと思います。実は、赤レンガの中には、様々なかわいい雑貨屋さんや、おいしい食べ物屋さんがたくさん並んでいます。

16935135586_8032bd7201_z
by Dai Dara Bocci, CC BY

赤レンガ2階のバルコニーには、幸せの鐘があり、恋人と鳴らすと二人の愛が永遠に続きます。また、赤レンガパークではイベントが行われることも多く、特に、クリスマスのドイツのお店が並ぶクリスマスマーケットは有名です。

綺麗なイルミネーションとドイツの雰囲気を楽しむことができます。また、赤レンガパークからみる海の景色は、落ち着いていてとても綺麗です。赤レンガ内の人ごみによってしまったら、外に出て海を眺めてみるのもおすすめです。

住所:
〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
045-227-2002
Foursquare:
横浜 赤レンガパーク (Yokohama Akarenga Park)

山下公園

山下公園
by naitokz, CC BY-ND

横浜でもっとも有名な公園で、関東大震災復興事業の一つとして1930年(昭和5年)に開園しました。横浜港沿いに約1キロ続いており、みなとみらい、大さん橋国際ターミナル、豪華客船、ベイブリッジ、港を行き交う船などロマンチックな光景を一望することができます。

緑豊かな芝生広場や清涼感溢れる噴水広場などがあり、たくさんのベンチが置かれ、夜になるとカップルのデートスポットにも人気です。たくさんの記念碑もあり、代表的なものには姉妹都市・米サンディエゴ市から贈られた「水の守護神像」、童話で馴染み深い「赤い靴はいてた女の子の像」などがあります。

少し奥に足を伸ばせば、スペイン・バルセロナのグエル公園からヒントを得た「水の階段」や「世界の広場」などもあり、人も少なくのんびりと過ごすことができます。また週末になると、インド噴水前では迫力満点の大道芸が開催され、たくさんの人たちで賑わいを見せます。

住所:
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町279 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
045-681-1860
公式サイト:
http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/park/yokohama/kouen008.html
Foursquare:
山下公園 (Yamashita Park)

カップヌードルミュージアム

カップヌードルミュージアム
by {Amy_Jane}, CC BY-ND

インスタントラーメンの父と呼ばれた日清食品創業者・安藤百福のクリエイティブ・シンキング(創造的思考)を体感する事ができる施設です。カップのデザインや具材、スープの組み合わせで世界で一つだけの自分だけのカップヌードルを作れる「マイカップヌードルファクトリー」がやはり一番の目玉となっていて、他にもチキンラーメンを手作りできる「チキンラーメンファクトリー」や、自分自身が「麺」となってカップヌードルが出来上がるまでが体感できるアスレチック施設である「カップヌードルパーク」など、まさしく体を使って様々な体験をすることでクリエイティブ・シンキングが体感できるようになっています。

9054545606_eef1ef3f87_z
by *_*, CC BY

「百福シアター」や「安藤百福ヒストリー」、「インスタントラーメンヒストリーキューブ」ではインスタントラーメン発展の過程や百福のチキンラーメン開発に対する情熱や夢をひしひしと感じる事が出来、インスタントラーメンの発展もとい日本の食文化の発展を肌で感じる事が出来ます。「NOODLES BAZAAR」では世界の八か国の麺がハーフサイズで販売されていて、様々な国の麺を食べ比べることが可能です。まさしく大人から子供まで一日中楽しめる、カップヌードルを楽しめるスポットとなっています。

9052323677_54d9d19a8d_z
by *_*, CC BY
住所:
〒231-0001 横浜市中区新港2-3-4 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
045-345-0825
定休日:
火曜日 (祝日の場合は翌日)
年末年始
予算:
大人:500円
高校生以下:無料
公式サイト:
http://www.cupnoodles-museum.jp/
Foursquare:
カップヌードルミュージアム / 安藤百福発明記念館 / CUPNOODLES MUSEUM

みなとみらい21

恋人同士が集まる場所としても大変人気があるみなとみらい21。有名ホテルが多くあり、ランチビュッフェだけでも激戦区と呼ばれています。味が素晴らしいだけではなく、みなとみらい特有の景色の良さや、昼間から夜まで存分に楽しめるアクティビティの数々が人気の理由です。

駅に降り立っただけでテンションが上がる方も多いと思いますが、まずは横浜の雰囲気を存分に味わうため散策をして、タワーに上り景色を楽しんでいただけたらと思います。高いところからゆっくりと横浜・東京を眺めたら、ホテルで優雅にランチを楽しむことが出来ます。

ワシントンホテル5Fのビュッフェは、女性たちにもとても人気があり、この付近の会社では週末にビュッフェに出かける約束をする方も多くいる人気レストランです。カップルは昼間はカフェでランチをして、公園をゆっくり散歩、それからイルミネーションを見るのがお勧めです。ここでの思い出は一生残るというくらい、とてもロマンティックな場所です。

住所:
神奈川県横浜市西区みなとみらい (大きな地図で場所を見る
公式サイト:
http://www.minatomirai21.com/
Foursquare:
横浜みなとみらい21 (Yokohama Minato-mirai 21)

よこはまコスモワールド

狭い敷地内に、様々なアトラクションがつまっているため、とても周りやすい遊園地です。アトラクションは、絶叫系が一つのところにまとまっているので、絶叫系だけ乗りたい人はそこのゾーンのみ楽しめば良いので、とても遊びやすいです。

また、出入り口が色々なところにあり、入場料自体は無料なので、アトラクションに乗らずとも楽しむことができます。特に絶叫系のアトラクションは、みているだけでも楽しめます。

また、コスモワールドと言えば観覧車のイルミネーションがとても綺麗です。夜のコスモワールドへ行き、観覧車と記念撮影することをおすすめします。もちろん、夜の観覧車に乗れば、横浜の夜景を一望できます。外から見ても中から見ても綺麗なのが、コスモワールドの観覧車なのです。

住所:
〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-8-1 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
045-641-6591
営業時間:
11:00〜21:00(3月中旬〜11/30)
11:00〜20:00(12/1〜3月中旬)
定休日:
木曜日:2・3・6・9・12・1月(祝日の場合は翌日)
第二木曜日:4・5・7・10・11月(祝日の場合は翌日)
予算:
入園無料(各施設ごとに料金がかかります)
公式サイト:
http://www.senyo.co.jp/cosmo/
Foursquare:
よこはまコスモワールド / Yokohama Cosmo World

氷川丸

氷川丸
by naitokz, CC BY-ND

JR関内駅やみなとみらい線元町・中華街駅から徒歩で、山下公園を楽しみながら訪れることができます。名前の由来は、埼玉県にある氷川神社です。船内にも、そのつながりを確かめることのできるポイントが見所になっています。

360182317_00dff0c0dc_z
by くーさん, CC BY

アールデコ様式の美しいインテリアに非日常的な船旅の醍醐味を感じながら、さまざまな資料で貨客船としての歴史に思いを馳せます。戦時中の用途も非常に興味深く、船に寄せられた人々の想いとともに心に響きます。広々としたデッキに出て山下公園の景色を眺めることができるので、晴れの日には特におすすめです。隣接するショップでは氷川丸グッズの他さまざまな横浜みやげを求めることもできます。

住所:
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町山下公園地先 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
045-641-4362
定休日:
月曜日 (祝日の場合は翌平日)
予算:
入館料:200円
公式サイト:
http://www.nyk.com/rekishi/
Foursquare:
日本郵船 氷川丸 (NYK HIKAWAMARU)

横浜港大さん橋国際客船ターミナル

横浜港大さん橋国際客船ターミナル
by naitokz, CC BY-ND

スペイン・マドリードの有名な設計者が手がけた印象的なデザインが特徴のおすすめ観光スポットです。木材と芝生で形成されたそのデザインは奇抜で、今までも様々なDCのジャケットになったり撮影の舞台として利用されています。にぎやかなみなとみらい地区からこちらまで歩いてくると、海に突き出したかたちのその橋では街の喧騒がなくなります。

海風が心地よく、友人や恋人と来るとゆっくりと話ができます。お勧めは夕方と夜遅くなってから。とても人気のスポットなので夜中もちらほらと語り合う人がそのひと時を楽しんでいます。橋の内側はホールになっており、定期的にコンサートなどが行われています。ちょっとした喫茶スペースやお土産やさんもあります。山下公園まで来たら絶対に寄って欲しい一押しスポットです。

住所:
〒231-0002 神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
045-211-2304
公式サイト:
http://www.osanbashi.com/
Foursquare:
横浜港 大さん橋 国際客船ターミナル

横浜ランドマークタワー

横浜ランドマークタワー
by naitokz, CC BY-ND

横浜ベイエリアに広がる横浜みなとみらい21の中で高く聳える横浜ランドマークタワーは、日本で2番目の高さを誇る超高層ビルとして知られています。タワー棟は地上70階・地下3階建てで、プラザ棟は地上5階・地下4階建てになっていてショッピングモールのランドマークプラザやホテル、オフィスとして利用されています。

6823789010_88a86149d1_z
by Zengame, CC BY

69階のスカイガーデンからは、東に横浜ベイブリッジ北にみなとみらい21、西南方向には富士山と360度の展望を楽しむことが出来ます。夜にはライトアップされたベイブリッジや色とりどりに煌めく港の夜景が望めます。地下2階にある屋外スペースのドックヤードガーデンは、旧横浜船渠第2号ドックを復元して創られたもので、プロモーションやコンサート開場として利用されています。

住所:
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
045-222-5015
営業時間:
【9/1〜7/19&日〜金】10:00〜21:00
【7/20〜8/31&土】10:00〜22:00
定休日:
なし
公式サイト:
http://www.yokohama-landmark.jp/
Foursquare:
横浜ランドマークタワー (The Landmark Tower)

横浜中華街関帝廟

横浜中華街関帝廟
by duke.yuin, CC BY

1862年に一人の中国人が三国時代にかけて活躍した実在の武将である關羽の木像を祀るための祠を開いたのが横浜中華街の関帝廟の始まりと言われています。故郷から遠く離れた異国で暮らす華僑の人々にとっては心の拠り所となり、1871年に祠に変わる關帝廟が建立されました。ですが、1923年の関東大震災により中華街一帯も災害に見舞われ、多くの華僑の人々がこの地を去る事となりました。

その後中華街の復興再興を願う為に二代目となる關帝廟が再建されましたが、1945年の横浜大空襲によりまたしても焼失してしまいます。日本各地の華僑の人々の浄財により關帝廟は復興を遂げました。1986年に又しても火災に見舞われるという災難を乗り越え現在4代目となる関帝廟は、信仰に訪れる華僑の人々以外からも横浜中華街の名所として親しまれています。

住所:
神奈川県横浜市中区山下町140 (大きな地図で場所を見る
公式サイト:
http://www.yokohama-kanteibyo.com/
Foursquare:
横浜中華街 関帝廟通り
行ってないの!?横浜旅行で必見の観光スポット45選!
11件目以降も見てみよう!

筆者 : fishandtips

Fish and Tipsでは、海外在住の日本人が現地のオススメ情報を中心に、ホテル・便利アプリ等、次の旅のヒントになる情報を配信しています。