シェラトン ワイキキ ホテル

シェラトン ワイキキ ホテル
Sheraton Waikiki Hotel
ホテルグレード 4つ星
2255 Kalakaua Avenue, ワイキキ, ハワイ – オアフ(HI), アメリカ合衆国 96815

ブログや旅行記

全体

立地もプールも最高

オーシャンフロント / 女友達同士 - by yuca

2回目のハワイ。インフィニティプールに惹かれて、このホテルに宿泊してみました。部屋は指定なしで予約したのですが、オーシャンビューの部屋を用意して頂き、部屋から見る景色は最高でした。ロビーには色々なお店も入っていて、とても便利でした。

部屋のラナイからの景色です。青い海とダイヤモンドヘッドがとても綺麗です。ここから見る朝日も素晴らしかったです。波の音と青い海と綺麗なダイヤモンドヘッドの融合が最高です。

お目当のインフィニティプールも、とっても素敵で、年齢制限もあるせいか、落ち着いた雰囲気で居心地が良かったです。無料の浮輪?クッション?が浮かんでいるので、それに乗って浮かんでいるだけで、とても気持ち良いです。ただ、プールサイドのチェアは混んでいて、空きを探すのが大変でした。インフィニティプールで見た夕日、とっても綺麗で感動しました。空のグラデーションが素敵です。この時間になると、プールが空いてきます。

お部屋も清掃がいき届いていました。ベッドメイクも毎日しっかりしていただけました。広さも思ってたより広く、スーツケースが広げられるスペースはあります。

滞在時期は2015年10月頃です。JALで1泊30,000円ぐらいで予約しました。

全体

ハワイ初心者でも安心のホテル

デラックス・オーシャン・フロント / カップル・夫婦 - by さっちもに

初めてのハワイ、土地勘もなく、代理店担当者に勧められるまま決めたホテルでしたが、大正解でした!1階にローソン、おしゃれなハワイ雑貨が揃ってるサンド・ピープル、ハワイ土産として人気のザ・クッキー・コーナーなどのお店が入っていて、ちょっと何かを買いたいという時に便利でしたし、すぐ隣がロイヤルハワイアンセンターだったので、食事や買い物に困ることはありませんでした。立地の良さが、何より一番の魅力だと思います。

部屋からの眺め。眼下に広がるワイキキビーチと青い海、青い空、そしてダイヤモンドヘッド。まさにザ・ハワイな景色は、朝、昼、夜、それぞれ魅力的で、本当に素晴らしかったです。

こちらもまさに絶景。まるで海と一体となったようなインフィニティプール。大人限定ということで、リラックスして静かに過ごすことが出来ました。

毎晩夜8時、9時と2回行われる、プールをスクリーンにしたプロジェクションマッピング。映像はかなりリアルで迫力があって、見応え十分でした。ただし、感動!というほどではないので、あまり期待しないで見るぐらいがちょうどいいと思います。

滞在時期は2015年12月頃です。HISで1泊82,600円ぐらいで予約しました。

全体

快適!ラグジュアリー

10階以上オーシャンビュー / カップル・夫婦 - by kaorimgo

ハワイウエディングで渡航した際に4泊しました。 立地、景色ともに最高!です。 ホテル内にはローソン、バイキング、ピザ、お土産屋さんetcがたくさん入っているので、今日はプールとビーチ満喫してホテルから出ないぞ~なんて日も十分に楽しめます。 海外旅行が初めての父も朝からローソンのおにぎりなど食べて非常に満足していました(笑) 日本語デスクも入っているので、直接行くことも部屋から電話で問い合わせることも可能です。 ビーチではタオルや浮き輪など宿泊者には無料で貸してもらえました。 また近隣ホテルはモアナやロイヤルハワイアンなど豪華なホテルが軒を連ねています。 朝食だけでもと豪華ホテルに行くこともでき、またホテルのすぐ目の前にはロイヤルハワイアンセンターがあるのでとても便利。 ちなみにオプショナルツアーに申し込むと、だいたいがシェラトンワイキキにお迎えのバスが泊まってくれます。 少し残念だったのは1階にあるバー RUMFIREがこの時期はクラブ化していて、ゆっくりとカウンターでカクテルを…とはいけなかったことですね。 前の年に行った友人はそんなことはなかったというので不定期開催なのだろうか。。

ホテルのビーチから撮った一枚。 ユニークな形のホテルですよね。

ホテル内のプールサイド。夜はバーからも行き来できてロマンチックです。

滞在時期は2014年11月頃です。JTB、ワタベウェディングで1泊32,000円ぐらいで予約しました。

全体

ワイキキを代表するホテル

オーシャンフロント / カップル・夫婦 - by kai

ワイキキビーチのど真ん中に位置しているシェラトンホテルは、とにかく利便性が素晴らしいホテルでした。もちろんホテルとしても古くからある老舗の一流ホテルなのでサービスもとても満足できるもので安心して宿泊できるホテルだと思います。建物は新しいわけではないのですが、きちんとリモデルをしてあって宿泊したお部屋はとても綺麗でした。お部屋は奮発してオーシャンフロントを予約しましたが、これが大正解で、ラナイからワイキキの海を独り占め出来たような満足感で一杯でした。ホテルのプールは二箇所あり、そのなかでもインフィニティプールは水平線とプールの水面が一体化したような感じで、いつまでもゆったりとバケーション気分を楽しむ事ができました。

滞在時期は2013年03月頃です。楽天トラベルで1泊40,000円ぐらいで予約しました。

全体

ロケーション最高、ワイキキの代表的ホテルのひとつで、どの世代も幅広く楽しめる

オーシャンフロントビュー / 女友達同士 - by tooko-88

初海外の友人が、初めて泊まるホテルは絶対ここ!ということでシェラトンワイキキホテルに。さすがの一言につきる感じで、部屋の清潔さやアメニティなどホテルの基本的な部分についていっさい問題ありません。そしてホテル内の施設がとても充実しています。プールやレストランお土産やさんなどおしゃれなものが多いです。食事はチケット券がついていて、1枚なら朝食、2枚使えば夕食が食べれるようになっていました。プールそばのバーなども雰囲気が良さそうでしたが行けなかったので、次回に挑戦したいです。ロケーションについても最高で、ビーチもすぐそば、ショッピングモールまでもすぐです。メイン通りがすぐ近くなので、ショッピングやホテル以外での食事も楽に気軽に行けました。

オーシャンフロントのお部屋です。とても清潔でした。友人の知り合いが予約をしてくれその時のサービスで部屋にフルーツがたくさん入った籠が置いてありました。水やコーヒーも清掃の都度追加してくれていました。が、記載ありますが有料です。

バルコニーからの眺めです。友人はこの眺めが見たかったのでこのホテルを選んだそうです。滞在中は何度かここで休憩をしたり、昼寝をしたりしました。ある晩は、周辺で惣菜や飲み物を購入し、このバルコニーで海を眺めながら食事をしました。

滞在時期は2010年08月頃です。友人の勤める旅行会社経由でで1泊50,000円ぐらいで予約しました。

ホテルの施設・アクティビティ情報

ホテルの設備
24時間対応フロントデスク 、 ATM 、 託児施設 、 バー 、 ビジネス設備 、 パーキング 、 コンシェルジュ 、 両替 、 エレベーター 、 エクスプレスチェックイン/アウト 、 バリアフリー設備 、 洗濯サービス 、 荷物預かり所 、 会議場、宴会・パーティー場 、 新聞 、 レストラン 、 ルームサービス 、 セーフティボックス 、 館内ショップ 、 ガイドツアー
部屋
スタンダード、オーシャンビュー、ラクジュアリー、シティビュー、オーシャンビュー(部分的)、1ベッドルーム、プレミアムスイート、デラックスオーシャンビュー、客室、マウンテンビュー、デラックスマウンテンビュー
駐車場
バレーパーキング、駐車場
フィットネス・運動
スパ、フィットネスセンター、ホットタブ、マッサージ、屋外プール

ホテルについて

ふりそそぐ太陽の光、白い砂浜、どこまでも続く青い海、青い空、ダイヤモンドヘッドの美しい稜線…。そんなワイキキビーチのリゾートを、あなたのイメージそのままにたっぷり味わえるのが、シェラトン・ワイキキ・ホテルです。

ホテルの特長

ワイキキビーチのほぼ中央に位置するシェラトン・ワイキキは、ビーチに出るのはもちろんのこと、ショッピングや観光、ナイトスポットへのお出かけにもとても便利なロケーションにある。2010年に5年の歳月と総工費168億円をかけた大々的な全館リニューアルが完了し、ワイキキを代表する人気ホテル・シェラトンがさらに内容をグレードアップしている。

ホテルの敷地内には、シェラトン・ワイキキの代名詞とも言える「インフィニティ・エッジ・プール」と、遊び心たっぷりの「ヘルモア・プレイグラウンド」の2つのプールがあり、館内各所にあるレストランでは、ハワイの伝統料理にトロピカルドリンク、そして夜毎繰り広げられるハワイアンミュージックやフラダンスのパフォーマンスがリゾート気分をさらに盛り上げてくれる。

Sheraton Waikiki, Foursquare.com
全部で1636室ある客室の3分の2以上がオーシャンビューで、部屋の大きな窓からワイキキビーチとダイヤモンドヘッドの眺めが一望。このうち128室がスイートルームで、また隣り合った2部屋を2つの家族やグループで使える“コネクティング・ルーム”も人気だ。

“未来の客室”というテーマでリノベーションされた客室内には、冷蔵庫、日本語チャンネルが観られるケーブルテレビ、高速インターネット接続(有料)、コーヒーメーカーなど、基本的なものは一通り完備。バスアメニティ“Shine”はシェラトンにしかないオリジナルのもので、マンダリンやミントの香りのシャンプーやローションは特に女性客に好評だ。ベッドには低反発素材の“シェラトン・スイート・スリーパー”が使用されている。

どんな人にオススメ?

Sheraton Waikiki, Foursquare.com
子ども連れで行く人に、ここシェラトン・ワイキキは絶対おすすめ。大人も子どもも一緒に楽しめる「ヘルモア・プレイグラウンド」があるほか、「キッズプログラムアクティビティー」(2歳半から12歳まで)が毎日開催されていて、ボディーボード教室やハワイアンクラフト、パジャマパーティからホノルル動物園や水族館、テディベアワールドへのツアーなど、子どもが夢中になるプログラムが盛りだくさん。

単に楽しいだけでなく、他国の子どもたちと一緒に過ごす時間は子どもたちにとって貴重な体験にもなりそう。託児所「キッズルーム、ポピンズ・ケイキ・ハワイ」もあり(生後3か月から12歳まで)、また、子どもの具合が悪くなった時には徒歩圏内にある診療所が年中無休で対応してくれる。

アクセス

ホノルル国際空港からシェラトン・ワイキキまでは宿泊客専用のシャトルバス“スターウッド・エアポート・シャトル”が便利。空港の出口からシャトルの乗り場までスタッフが案内してくれる。所要時間25分〜55分で料金は片道15ドル(往復28ドル)。1人につきスーツケース2つ、手荷物1つまで無料だが、大きな荷物には別料金がかかることもあるので注意。

タクシーは、セダンタイプだけでなくバンタイプのものもあるので、人数の多いグループ旅行ならこちらのほうが快適かもしれない。ホテルまでの料金は50ドルちょっと。他に、リムジンやレンタカーを利用する方法もある。

どんな部屋があるの?

客室は大きく分けてオーシャンビューとシティービューの2種類があり、部屋からダイヤモンドヘッドや太平洋が一望できるオーシャンビューのほうが人気だが、そういった眺めはビーチやプール、レストランのテラス席などからたっぷり楽しめることを考えると、部屋は市街の夜景が楽しめるシティービューにしたほうが二通りの眺めが楽しめる、という考え方もある。

部屋のタイプはシティービューとオーシャンビューを基本に、そのバリエーションとしてデラックスタイプ、パーシャルタイプ、スイート、プレジデンシャルなどがあって全部で12種類。ここでは代表的な客室として、オーシャン・フロント、シティービュー、マウンテンビュー・クラブの3タイプをご紹介しよう。

部屋に関する詳細な情報は、シェラトンワイキキ公式サイトをご覧頂きたい。
以下、代表的な客室をご紹介しよう。

【オーシャン・フロント】 ホテルの海に面した側にあり、バルコニーからは太平洋が一望できる。キングベッド1台またはダブルベッド2台、オットマン付きアームチェア、デスク、映画チャンネル付きテレビなどが完備。部屋の広さは約22㎡。隣の部屋とコネクティング・ルームにすることができる。

【シティービュー】 ホテルの正面玄関側、低層階に位置していて、ホノルルの街の夜景を楽しむことができる。室内の設備はオーシャン・フロントとほぼ同じ。部屋の広さは約26〜27㎡。隣の部屋とコネクティング・ルームにすることはできない。

【マウンテンビュー・クラブ】 ホテルの正面玄関側、中層階に位置していて、バルコニーからはホノルルの街並みとコオラウ山脈が一望できる。室内の設備はオーシャン・フロントとほぼ同じ。部屋の広さは約26〜27㎡。隣の部屋とコネクティング・ルームにすることができる。また、クラブタイプの客室の特典として、30階にある「レヒアクラブラウンジ」を無料で利用できるほか、特別アメニティのシャワージェル、バスローブ、マウスウォッシュ、バニティ・パック、バススポンジなども、このタイプの部屋だけについている特典。

どんな施設があるの?

4階のスパ「カカラ」では、最先端のスチーム&サウナとマッサージが楽しめる。カップルルームが4室、トリートメントルームが8室、男女別のスチームルーム、リラクゼーションエリアがあり、ハワイ式マッサージによるボディトリートメントとフェイシャルマッサージも受けられる。

旅先でもエクササイズをしたいという人には4階の「シェラトンフィットネス」。最新の有酸素運動マシンと筋力トレーニングマシンがあり、24時間営業している。部屋で使えるワークアウト用の運動器具の貸し出しもある。

また、クラブルームの宿泊客には30階に専用クラブラウンジ「レアヒクラブラウンジ」があり、高級感のあるゆったりとしたスペースでダイヤモンドヘッドを眺めながら、エグゼクティブ・シェフによるアイランドスタイルの朝食や午後のオードブル、ドリンクなどが楽しめる。

まとめ

シェラトン・ワイキキはゲストサービスも充実しており、1階フロントデスク隣の日本語ゲストサービスには日本語が話せるスタッフが。また、客室からの電話の問い合わせにも日本語が話せるオペレーターが24時間対応してくれる。初めての海外旅行でもこのホテルなら安心して泊まれる。

ホテルについてのまとめ

ホテルの特徴

ワイキキビーチにあるハワイ最大級のリゾートホテルである。カラカウア通りのほぼ中心にあるため利便性も抜群に良い。

アクセス

ワイキキの中心エリアにあるので、ビーチはもちろんショッピング、観光、食事にも最高の立地でどこへ行くにも便利である。

スタッフ

全体的に明るく元気だがサービス的にはあまり期待しない方がいい。日本語対応カウンターも常設されているが場所が分かりにくい。

清潔感

建物が古いせいもあり清潔感を感じにくい。全体的な見た目は整えてあるが、掃除に関してやや不満が残る場合がある。

価格

他のアジア地域のシェラトンと比べるとコスパが悪いが、ラグジュアリー感で割高感をカバーできる。

部屋

清潔感はそれなりにあるが、同地域、同金額のホテルと比べると部屋の広さが狭くて古さを感じる。

バスルーム

シャワーの水圧が低く、お湯の出が少ないので使いにくい。部屋によってトイレとお風呂が使いにくい作りになっている。

アメニティー

シェラトンにしては貧弱で、シャンプーはあるが歯ブラシが無く、スリッパやバスローブ、ローション、バスソルト等も無い。

館内施設

ホテル内のローソンやレストランは日本語対応されているので便利。インフィニティプールは年齢制限があるのでゆっくり楽しめる。

周辺エリア

ロイヤルハワイアンセンターが隣接しているので、食事や買い物がとても便利。ワイキキの中心地なのでとにかく便利である。

ネット環境

無線や有線(有料)含めて数種類プランがあるが、室内で使いにくい場合があるので注意が必要である。

レストラン

朝食が豪華で美味しいが、周辺にも様々なホテルやレストランがあるので外で楽しむのもおススメである。