2018年1月6日

イタリア

失敗しない!イタリアの【お土産】攻略法&オススメ20選

by Fish & Tips

かわいらしい雑貨たち

ファッションの街ミラノで一歩路地裏へ入ると、ついつい足を止めたくなる魅力的なショウウィンドゥのディスプレイが。デザイン性のある文房具や目に鮮やかなインテリア、ブローチや髪飾りなどのファッション小物などなど、コレクターでなくとも手に取りたくなるものばかりです。

3223603793_eea69c84f4_z[1]
by anniejay, CC BY-SA
1402260924_826b304595_z[1]
by premus, CC BY
6521865247_30e5057ab2_z[1]
by Zygia, CC BY-ND

ペルニゴッティ ジャンドゥイオッティのチョコレート

高級感ある口どけの良いヘーゼルナッツが入った大人チョコレートです。チョコレートはどこに行っても、みんなが買ってくる無難なお土産セレクトでしょう。ミルクチョコレートはスイス、カカオの味わいが深いベルギーチョコレートが有名ですが、イタリアのチョコレートはこのヘーゼルナッツのチョコレートではないでしょうか。リッチな味わい、スムースな口どけのペルニゴッティ(Pernigotti Gianduiotti )のチョコレートは1860年からの歴史があるお菓子です。高級感あるパッケージですが、殆どのスーパーで買えます。

ムリーノ ビアンコのクッキー

どのスーパーのお菓子売り場でも絶対に見かけるこのムリーノ ビアンコ(Mulino Bianco)のクッキー。イタリアの家庭では必ずストックしてある程です。かなり種類が多いので、セレクションはスーパーによって異なるでしょう。どれを食べても美味しいです。イタリアのクッキーはあまりバターを使わないので、サクサクした食感で軽めに感じるでしょう。1袋にたくさん入っているので、会社に持って行って大勢で分けるには最適です。

マティルデ ヴィセンチのクッキー

イタリアの伝統的なお菓子を中心としたセレクションで大抵大きめのスーパーであれば取り揃えてあります。マティルデ ヴィセンチ(matilde vicenzi)は、 1905年から続くお菓子メーカーです。イタリアのホテルの朝食で並べてあったり、イタリアの家庭でも親しまれてます。ムリーノ ビアンコよりも少し洗練されたパッケージとなっているので、目上の方へのお土産としても渡しやすいでしょう。

KIKOのコスメ

12519400974_abce43b9c5_z[1]
by Nirvana (Nails by Nina), CC BY

最近、ヨーロッパ各地で販路を増やしているMade in Italyのミラノ発のコスメブランド。KIKO。かなりお手頃な価格から種類を取り揃えているので、複数の女性に配るには最適なお土産です。特に化粧品では、アイシャドー、チークなどのカラー物はなんと言ってもイタリアなんです。どの百貨店高級コスメブランドもカラーものは全てイタリア産なので、KIKOは安くてもクオリティーが全く落ちません。何色かまとめ買いをして気に入ったコスメを選んでもらうというのも良いでしょう。

イタリアのおすすめホテル

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

イタリアのツアー