Fish & Tips

2015年10月5日

イタリア

食べてみたい!イタリアの地方別パスタ料理 5選

by Reiserin

© stefania57 - Fotolia

パスタといえど、イタリアには何百にも及ぶ実に豊富な種類のものがあります。地方それぞれに違ったご自慢の郷土パスタ料理は、それぞれ風土を活かした美味しいものばかり!全てを紹介するには足らなすぎるもいいところなのですが、あまり日本では定番ではないパスタをここでは取り上げてみました。みなさんならどこの地方のどのパスタがお好みですか?

オレキエッテアッレチーメディラーパ (Orecchiette alle cime di Rapa) 〜 プーリア地方

オレキエッテとは南イラリアの都市バーリで知られるプーロア地方独特のパスタです。耳たぶのような小ぶりの少し厚みのあるパスタです。オレキエッテアッレチーメシラーパは最も人気のある定番のオレキエッテ料理。

4345389347_0ac82fc615_z

by 10Rosso, CC BY

カブの葉っぱをたっぷりと使い、ガーリックとチリを効かせたオリーブとアンチョビを合わせたあっさり風味のヘルシーな一品です。素材の風味を活かし、塩気はアンチョビからのみ。特にバーリでよく食べられる人気メニューです。

7155966537_23cd820c49_z

by StoryTravelers, CC BY-ND

トロフィエアルペスト (Trofie al Pesto) 〜 リグーリア地方

リグーリア地方とは、イタリア北西部、ジェノヴァのある地方です。世界遺産登録されるチンクエテッレなどもあり観光客からも人気のある有名な地方です。この地方でよく食されるのは、トロフィエという4cm程度に短く手で細く伸ばし両端を尖らせたパスタです。

9828569174_a375bed9b8_z

by pelican, CC BY-SA

最も一般的なトロフィエの一品は、新鮮なバジルをふんだんに使ったバジルペーストを絡ませるトロフィエアルペストです。とてもシンプルな一品ですが、トロフィエのアルデンテの絶妙な食感とバジルの豊かな香りとバルメザンチーズの風味とが絶妙に口の中で融合しリピートしたくなる味です。家庭でも簡単に真似できますね!問題はトロフィエが手に入るか。手打ちでやってみましょうか!?

9896668293_41e0b55777_z

by pelican, CC BY-SA

パスタアッラノルマ (Pasta alla Norma) 〜 シチリア島

イタリアのブーツの先につながる島、シチリア島。 パスタアッラノルマは、シチリア島で古くから伝わるおふくろの味として最も一般的で最もポピュラーな一品です。素揚げしたナスとトマトを絡ませ、お皿に盛った後にリコッタチーズをちぎって乗せるあっさりした一品。 太陽の味たっぷりな素材が生きた味わい深いパスタ料理です。

4057904603_c8bbf2c205_z

by K. B. R., CC BY-ND

パスタは、スパゲッティでもマカロニでもなんでもあり!重要なのは新鮮なナスとトマトとリコッタチーズです!リコッタチーズはボリュームが・・・とお思いかもしれませんが、チーズ屋さんからすぐに買う新鮮なリコッタチーズは皆さんが想像をするものとは全く別物です。お豆腐のようなさっぱりとした食感なのでスプーンでバクバクと食べられてしまうほど。シチリアのマンマの味をどうぞお試しあれ。

452666467_39d9a857aa_z

by cchen, CC BY-ND

ピッチコンレブリチョーレ (Pici con le Briciole) 〜 トスカーナ地方

ピッチは、太くてまるでうどんのようなトスカーナ地方特有のコシもありモチモチ感もある日本人好みのパスタです。ピッチコンレブリチョーレはサクサクのパン粉とアンチョビをガーリックオイルで絡めたさっぱりした食べ方です。ソースがさっぱりしている分、ピッチの食感をより楽しむことのできる一品です!他にもガーリックの効いたスパイシーなトマトソースやキノコ、イノシシ、カモ、うさぎのお肉と共に属する方法もあります。

PiciconleBriciole

© Stefano Neri – Fotolia

フレゴラサルダ (Fregola Sarda) 〜 サルディーニャ島

サルディーニャ島は、イタリア北西部の地中海に浮かぶ 離島のフレゴラというパスタをご存知ですか?北アフリカのクスクスにも少し似ているセモリナ粉を使う2~3mmほどに小さく丸めたパスタです。そのフレゴラを使用した最も一般的な一品、トマトソースベースにアサリを加えて煮る一品フレグラサルダを紹介しましょう。白ワインの香りとガーリックがとても効果的で 、またアサリのスープの味がトマトソースに染み渡り、とても美味しいパスタ料理です。パスタを使ったリゾット風、といえば皆さんにも伝わりやすい一品だと思います。

8650911272_7657c0a28e_z

by dprevite, CC BY

どれも日本人の舌にぴったりの、素材の味を 活かした余計なものが入らないあっさり目のパスタばかりではないでしょうか?イタリアに行ったらぜひ試してみてくださいね!どれも日本に居ても簡単に作れるパスタばかりです。それぞれの地方のパスタをお土産に買って帰り、 旅の思い出として食卓に花を添えてください。話も盛り上がることでしょう。

筆者 : Reiserin

大好きな欧州へ単独移住して15年。スコットランドに3年滞在後「住むように旅するReiserinスタイル」で北欧やドイツを約2年間転々とする。現在は、ヨーロッパを中心に旅をし続けならスイスに落ち着き11年目。