2016年11月30日

フランス

フランス旅行をオススメする11の理由

by Fish & Tips

【理由6】マルシェを楽しむ

9321505752_6923d8f1f7_z
by derekskey, CC BY

フランスでは、朝市や土曜日・日曜日など定期的に開催されるマルシェ(蚤の市・マーケット)が楽しめます。例えばパリですと各地区にマーケットがあります。特に新鮮な食品などを住民は買い求めることが多いようです。

2404943969_f2e413bed7_z
by yisris, CC BY

そこでは、チーズ、ワイン、パン、旬野菜からアンティークの小物まで買うことができます。スーパーなどで目にすることが出来ないユニークな物を発見できるかもしれません。

3320660692_b7f75549eb_z
by pdbreen, CC BY

【理由7】モン・サン・ミッシェル

12023482735_30435787f1_z
by freestock.ca ♡ dare to share beauty, CC BY

サン・マロ湾に浮かぶ干潮、満潮の差が激しい島にある修道院は世界遺産の1つとなっております。フランスに行く日本人にとってとても人気の場所となります。パリからTGVでレンヌ迄行き、そこからバスでモン・サン・ミッシェル迄行きます。

6702799639_b79959b0e4_z
by Romain Cloff, CC BY

丸一日使ってしまうので事前に予定を立てておきましょう。小さな島にもちろんホテルもありますが日帰りツアーで充分楽しめます。但し、冬はオフシーズンで店やレストランなどかなり多くが営業をしていません。モン・サン・ミッシェルがフランス旅行の目玉!としている人は充分リサーチをしてから旅行手配をした方が良いでしょう。

10876328794_aedc3f5c7b_z
by bortescristian, CC BY

【理由8】ディズニー好きは一度いくべし

7149477867_263fe089c2_z
by Rene Mensen, CC BY

1992年にオープンしたヨーロッパ唯一のディズニーリゾート。実は2つのテーマパークから成り立っている1つはディズニーランド、そしてディズニーのアニメなどをモチーフにしたウォルト・ディズニー・スタジオです。

5856114292_7d017e8578_z
by Castles, Capes & Clones, CC BY-ND

そして、ディズニーのシンボルの1つ、お城はシンデレラ城でなく眠れる森の美女のお城になっています。パリから電車で1時間弱で行けるので、もし時間に余裕があったりディズニー好きであれば行ってみるのも良いでしょう。

5883145277_ffbb2c098a_z
by Castles, Capes & Clones, CC BY-ND
5503422286_459f055569_z
by www.Paris-Sharing.com, CC BY

フランス(特にパリ市内)では大手チェーンのハイストリートブランド・ショップだけでなく、ユニーク小物や洋服などを集めたセレクトショップやブティックも沢山あります。

4908036177_e62118d905_z
by Groume, CC BY-SA

そこには、日本のセレクトショップでは目にすることがないようなセレクションなどが沢山あります。ファストファッション系のブランド服は日本でも買えるので、フランスに行ったのであればそこでしか見つからないような掘り出し物を見つけるのが良いでしょう。

【理由10】南仏も素晴らしい

3293122147_22bbe21376_z
by dalbera, CC BY

フランス旅行でまず行くのはパリ!という方が殆どですが2回目、3回目となると南仏のリゾート地も素晴らしくオススメです。プロバンス、ニース、コートダジュールが日本人も耳にすることが多いでしょう。地中海に面しているフランスなので海の色が真っ青、白い砂で本当に美しいです。

14529094126_bbd42aa241_z
by decar66, CC BY

日本のように湿気が高くない為カラッとした気候で過ごしやすいでしょう。世界のセレブが休暇に訪れる南仏リゾートは優雅にラグジュアリーホリデーを過ごせるでしょう。

この記事のタグ

フランスのおすすめホテル

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

フランスのツアー