> 南フランス旅行に行こう! 〜 コート・ダジュール編

2015年4月1日

南フランス

南フランス旅行に行こう! 〜 コート・ダジュール編

by café gourmand

© Rostislav Glinsky - Fotolia.com

パリ、モン・サン・ミッシェルと共にフランス旅行の目的地として人気の南フランス。一口に「南フランス」と言っても、西は大西洋、東はイタリアに接しており、各地方によってその特色はかなり異なります。けれども日本人が「南フランス」と聞いて思い浮かべるのはやはり、ニースに代表される紺碧の海がまぶしいリゾート地の「コート・ダジュール地方」か、ラベンダーやヒマワリに囲まれた素朴さが魅力の「プロヴァンス地方」ではないでしょうか?今回はこの2つの地方を初めて旅行する場合の、旅の計画のヒントとなる情報を、2回に分けてお届けします。

滞在都市はどこが良い?

南フランスの旅行を希望する方は、世界遺産がみたい、蒼い海で泳ぎたい等、それぞれ旅の目的があると思います。まずは目的を叶えられそうな滞在都市を決めましょう。南フランスを旅行する際におすすめの滞在都市は、コート・ダジュール地方ならニース、プロヴァンス地方ならアヴィニョンかマルセイユです。

10301098565_b9f7929d47_z
by tammylo, CC BY
13846782654_6385994c42_z
by Max In Pics, CC BY-SA
9215070062_eedfe2cd62_z
by tiseb, CC BY

なぜならこの3都市はパリ或いは他の主要都市からのアクセスが良く、都市そのものにも見所があり、また各都市周辺にも日帰りで行ける観光スポットが多く存在するからです。

この記事では、ニースとその周辺で訪問可能な魅力的な場所について、ご紹介してきましょう。

紺碧の海と白い砂浜がまぶしいニース

コート・ダジュール地方の中心都市ニースは世界的にその名を知られたリゾート地です。この街で何よりも人々を引き付けて止まないのは、目が覚めるような青い海と白い砂浜です。

2769217231_49610e4e63_z
by jimmyharris, CC BY

パリからTGVを利用しても約5~6時間かかりますが、この海の美しさを目前にすれば今までの長旅も忘れてしまう事でしょう。そしてこの美しい海を背景に、旧市街や城跡公園等ニース観光に欠かせない美しい場所が存在します。

5753490533_7f2f30af8f_z
by soaringbird, CC BY-SA

また、ニースの温暖な気候と美しい海に魅了されたのは芸術家も例外ではなく、ニースにはシャガール美術館、マティス美術館をはじめとして美術館も充実しています。

4712398165_bf6de88e1d_z
by janetmck, CC BY

ニース周辺の見所(1) 芸術家の愛した町

コート・ダジュール地方に魅かれた芸術家は数多く、ニースだけでなくその周辺にも彼らは足跡を残しています。

3754848498_8d501fb385_z
by Jérémy Couture, CC BY

印象派の巨匠ルノワールが晩年を過ごしたカーニュ・シュル・メール、ピカソ美術館のあるヴァロリスやアンティーブ、ジャン・コクトーゆかりのヴィルフランシュ・シュル・メールやマントン、色彩の魔術師マティスの代表作、ロザリオ礼拝堂のあるヴァンス等々。

by Harshil.Shah, CC BY-ND
4046737349_f41ce2e6a0_z
by Charlie Dave, CC BY
771291271_d5b6b114d5_z
by luc legay, CC BY-SA

どの町も南仏のカラッとした空気と強い日差しの下で、それぞれ魅力的な佇まいを見せてくれます。

ニース周辺の見所 (2) 鷲の巣村

ニース周辺は「鷲の巣村」と呼ばれる丘の上に寄り添うように家々が立てられた村がたくさんあります。観光客に人気のエズ、すみれの村として有名なトゥレット・シュル・ルー、「フランスの最も美しい村」にも登録されているグルドン、シャガールが住んだサン・ポール・ヴァンス等々。

5334164382_e2b80fbdef_z
by Valdiney Pimenta, CC BY
6214744625_aa96ff7bd9_z
by tmorkemo, CC BY

見所(1)で紹介したカーニュ・シュル・メールやヴァンスも鷲の巣村です。いずれも高い所に位置していますので、絵になる街並みを楽しんだ後は、村の頂上からの眺めを満喫して下さい。

5690727785_77ab7880c5_z
by delaere, CC BY
5308680807_ecebc79562_z
by Vosti Claudio, CC BY-SA

ニース周辺の見所 (3) 産業や工芸の町

この地方の産業や工芸に関心のある方には、グラースやビオットがお勧めです。グラースはフランスの香水産業を支えている町で、香水博物館を訪れたり工場見学をしたりする事も可能です。

15817496138_4cea490a2e_z
by archer10 (Dennis) REPOSTING, CC BY-SA

ビオットはガラス工芸で有名な町で、この町で生産される気泡の入った吹きガラスは涼しげで南仏のカラッとした夏には出番が多そうです。

1324321382_a6e320dad8_z
by DaffyDuke, CC BY-SA

また、ピカソゆかりの町ヴァロリスは陶芸の町としても有名で、南仏らしいカラフルな陶器を扱うお店やギャラリーがたくさんありますので、それらを巡ってみるのも楽しいでしょう。

この続きは「はじめての南フランス旅行 2 〜 プロヴァンス編」でご紹介します。ご期待ください。

筆者 : café gourmand

初めてのヨーロッパ旅行でフランスの魅力にはまる。その後フランス語を勉強し始め、留学を経て、1〜2年に一度のペースでフランスへ。有名観光地も好きだけれども、地方の小さな町、村を散策するのがお気に入り。現在はフランス地方都市在住。