2017年11月25日

ハワイ

ハワイ「ワイキキ」を徹底解説!観光からグルメ・お土産までワイキキの楽しみ方を伝授!

by Fish & Tips

Fotolia_108556805_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©yuruphoto

ハワイ観光客が最も長い時間を過ごすアクティビティ天国ワイキキ! ハワイの代名詞ともいえるにぎやかなワイキキビーチをはじめ美しいビーチが点在、意外にゆっくりと過ごせる穴場ビーチや公園もあります。ワイキキビーチウォークやインターナショ ルマーケットプレイスなどショッピングやグルメを満喫できるスポットから、ハワイの歴史をたどる街歩きまで、ワイキキの楽しみ方をたっぷり伝授しちゃいます!

ワイキキスーパーはこんな時に役立つ!?観光客必見!

多くの観光客は、ワイキキにいる時間がいちばん長いはず。車がなくてもすぐ行けるスーパーの便利アイテムを、シーン別に紹介!いざというときに、賢く使おう。

112198-640×427

使い勝手のよいコンビニ ABCストア 37号店 ABC STORES #37
ワイキキのいたるところにあるコンビニで、深夜まで営業しているため使いやすさは抜群。おみやげにしたい菓子類からTシャツなどの衣類まで、幅広い商品をそろえる。

105975-640×426

色とデザインが種類豊富なTシャツ。もう一着欲しいときに役に立つ

105802-426×640

サラダやスパムむすびなどの軽食から、がっつりめのパスタまで販売

ワイキキ【インタマ】って?新ランドマークを攻略!

2016年8月にインターナショナル マーケットプレイスが大規模工事を終え、ワイキキの新たなランドマークとしてリニューアルオープン。フロアある吹き抜けの建物に、約75の店が入り、多くの観光客でにぎわう。

9048-640×426

話題のSHOPをチェック!
かわいい雑貨がそろうアンソロポロジーや日本でも話題のイソップ、日本未出店のフリーピープルなど、気になる店がいっぱい!

9177-640×426

注目のレストランがそろう
有名店のシェフによる、レベルの高いレストランが多いと話題。今後はフードコートもオープン予定で、ますます注目度UP!2017年2月オープンのヤウアチャ Yauatchaでは、星付きシェフが作る点心が評判。

9529-640×426

毎晩見られるショー
1階の中央広場にあるステージでは、毎晩19時頃から30分ほど、無料のショーを開催。

ハワイワイキキスポット!気持いいビーチ!意外な穴場!

いつもにぎやかで、大勢の人であふれているイメージが強いワイキキ。だけどあちこち歩いてみると、比較的人の少ないビーチや意外な穴場など、のんびりできる場所を発見! 喧騒に疲れたら、ほっとひと息つきに訪れてみて。

3938-640×427

喧騒から逃れてビーチでまったり気分
サンセットがきれい。ニューイヤーや金曜の花火もここで鑑賞します
ワイキキ・ショア内「ステーキシャック」の弁当を食べれば、即席&激安の海ビューランチが叶う

3978-640×427

ビーチ沿いの遊歩道を散策したい カピオラニ・ビーチ・パーク Kapiolani Beach Park
芝生ではヨガレッスンやバーベキューをしている人も。観光客というよりロコのための公園という雰囲気が◎

ホノルル空港 ワイキキ移動はタクシー?エアポートシャトル?

ワイキキへの移動はタクシーかエアポート・シャトルが便利。

空港から市内へ ACCESS FROM THE AIRPORT
タクシー 20~30分 約$40〜50
ザ・バス 60分 $2.50
エアポート・シャトル 20~40分 約$15
レンタカー 20~30分

222550-e1504089914839

タクシー
最も利用しやすい交通手段。到着ロビーを出ると黄色いシャツを着たタクシーの案内係がいるので、行き先を告げれば、乗車する車を案内してくれる。

222553

エアポート・シャトル 
空港と主要ホテルを結ぶ乗り合いタクシー。ミニバスまたは大型のバンで、数社が運行している。

ワイキキビーチウォーク ビーチ帰りに立ち寄りたい!

ストリートを挟んで人気店が立ち並ぶ

有名ブランドやローカルショップ、レストランなど40以上もの店舗が集結した、ワイキキの定番人気スポット。店が連なるルワーズ通り沿いにはヤシの木が並び、トロピカルな雰囲気のなかで食事や買い物を楽しむことができる。ビーチ帰りに気軽に立ち寄りたい。

20326-640×427

帽子の専門店から人気のビーチウエアの店まで、南国リゾート感満載のショップが豊作!

24048

安カワアイテムが充実 マヒナ Mahina
ロコからも大人気のショップ。リーズナブルな価格設定ながら、エレガントからカジュアルまで幅広いテイストのアイテムが手に入る。アクセサリーも豊富なのでじっくり好みのものを探したい。

26230

パナマ帽をカスタムメイドできる トゥルーフォー Truffaux
セレブも愛用のパナマ帽の有名ブランド。すべて手編みのエクアドル製で、通気性に優れており、一度手にすると手放せないと評判。頭の形に合わせて、サイズや形も調整してくれる。

ワイキキビーチで遊ぶ!誰もが愛するハワイの代名詞!

白い砂に青い海と空、緑のヤシの葉の影。ここから見る夕日は格別に美しい。ハワイで最も有名なビーチには、アクティビティもあり楽しみ方は多彩。

Fotolia_108556805_Subscription_Monthly_M-640×428
by fotolia - ©yuruphoto

世界中の人に愛されるビーチ!
白い海岸線沿いに広がる紺碧の海。青い空とダイヤモンド・ヘッド。周囲には高層のリゾートホテルが建ち並び、ゆったりくつろぐ水着姿の人々。これぞハワイという光景が広がるのがココ。ひとくちにワイキキ・ビーチといっても結構広く、全長は約3㎞。

208046

美しい水辺のサンセットが背景 フラ・ショー
日が沈む頃になると、海辺やホテルのプールサイドなど、あちこちでハワイアン・ミュージックやフラが始まる。その多くは無料で、曜日、時間などが決まっていて定期的に開催されている。

Fotolia_102115196_Subscription_Monthly_M-640×427
by fotolia - ©beeboys

ハワイのビーチなら楽しさも倍増 マリン・アクティビティ
ほとんどのマリン・アクティビティが体験できる。レンタルのカウンターがある場合は、ビギナー向けのレッスンも開催しているので安心。バナナボートやカヤック、シュノーケル、最近人気のパドルサーフィンなどはビギナーでも楽しみやすい。

ワイキキのメインストリート!カラカウア通りを歩く!

東西約2.5kmにわたってワイキキを縦断する大通りはカラカウア王にちなんで名付けられた。ホテルやブランド、ショップ、レストラン、ビーチまで、ハワイの魅力が詰まっている。

177295-640×427

カラカウア通りが最も賑わうのは、ビーチから帰った人々がディナーやショッピングに繰り出す夕方以降。早朝、昼間、サンセットなど、歩く時間によって通りはさまざまな顔を見せる。

176366

カラカウア王銅像 King Kalakaua Statue
通り名の由来にもなった王の像。「メリーモナーク(陽気な王様)」と民衆から慕われた。

175555

ワイキキ 魔法の石 Wizard Stones of Waikiki
タヒチから渡ってきた4人の祈祷師が、1カ月かけて万病を治す力を注ぎ込んだといわれる。

ワイキキイースト!都市型リゾートと自然が同居の街

東西3kmにわたって広がるワイキキのなかでも、ダイヤモンド・ヘッドに近い南東側はビーチと公園が隣接し、開放感あふれるエリア。公園内の水族館と動物園にも訪れてみたい。

153408

ダイヤモンド・ヘッドの雄姿をめざして歩く
ワイキキのメインストリート、カラカウア通りを南東へ向かうと、交番から先は海側の建物が途切れ視界が開けてくる。山側に軒を連ねるショップにも心ひかれるが、散歩には海側がおすすめ。海を背に立つデューク・カハナモク像の近くには、芝生の広場や座って休めるベンチがある。

152585

カピオラニ公園
70万㎡の広大な敷地に、テニスコートや野外劇場があり市民の憩いの場。週末のイベントも多い。

ワイキキウェスト!王朝とワイキキの史跡の街を散歩!

ヤシの木と運河が街の歴史を物語る
ロイヤル・ハワイアン・センターB館とC館の間にある、ヤシの木やハワイ固有の植物が植えられたオープンスペースのロイヤル・グローブ(王家の庭園)。かつてこのあたりには1万本以上のヤシが茂り、王族たちの邸宅があったという。

176081

アラ・ワイ運河
ワイキキとアラモアナを二分する運河。朝夕や週末、カヌーを楽しむローカルを見かけることが多い。ジョギングや散歩を楽しむ人たちが行き交う通りからは、山側にかかる虹が見えることも多いので、見逃さないようにしたい。

Fotolia_122425065_Subscription_Monthly_M-640×427

ヨット・ハーバーに沈む夕日を堪能
アラ・ワイ運河の河口にあるアラ・ワイ・ヨット・ハーバー。周辺がオレンジ色に染まる夕暮れどきに訪れたい。

ハワイのおすすめホテル

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

ハワイのツアー