2018年3月31日

ドイツ

ドイツ【フランクフルト】を徹底解説!観光からグルメ・お土産までフランクフルトの楽しみ方を伝授!

by Fish & Tips

Fotolia_182625540_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©Tobias Arhelger

商業の街として有名で高層建築が多く、また趣ある景色が残るフランクフルト。マイン川の北側のハウプトヴァッヘから南岸の博物館通りにかけて観光名所が集まり、レーマー広場にはカラフルで可愛らしい木組みの家が建ち並ぶさまは壮観。高層ビルから眺めるフランクフルトの街並みは必見。特産の少し甘酸っぱいりんごのお酒・アプフェルヴァインはぜひ味わいたい。品質の良い商品を扱う一流デパートも多く、ショッピングも楽しもう。観光からグルメ・お土産までフランクフルトの楽しみ方をご紹介!

【フランクフルト】ってどんなところ?見どころは?

中世から商業の街として発展し続け、今や欧州指折りの金融都市として君臨している。高層ビル群が建ち並ぶ一方、旧市街にはレーマー広場を中心として趣ある景色が残る。

448778

フランクフルトのエリア案内

おもな観光名所はマイン川の北側のハウプトヴァッヘから南岸の博物館通りにかけてのエリアに集中。メッセ周辺はホテルが多い。

515950

街を楽しむためのQ&A
大都市だが、見どころはレーマー広場周辺に集中している

Q.名物グルメは何?

A.アプフェルヴァインと郷土料理
りんごのお酒・アプフェルヴァインが有名。少し甘酸っぱい特産のお酒はザクセンハウゼン地区の、地元の常連客が集う居酒屋でぜひ味わいたい。もちろんソーセージも名物なのでインビスや専門店を利用してみたい。大都会らしいモダンな料理も洗練されている。

467655

Q.定番の一日の過ごし方は?

A.午前は旧市街、午後は美術館へ
朝イチの観光客が比較的少ない時間にレーマー広場へ出かけて、開放感ある景色を。周囲を散策して教会など覗いたらゲーテハウスやシュテーデル美術館などで美術鑑賞、またはライン川クルーズを楽しむのもよい。ディナーはりんご酒居酒屋へ出かけて、マイン・タワーから夜景を見ればカンペキ!

【フランクフルト】旧市街は中世の歴史的な街並み

観光スポットが集中しているのは旧市街のレーマー広場周辺。見どころがコンパクトに集まっているのでゆっくり散策が楽しめる。

57523

旧市庁舎レーマーとレーマー広場

中世の賑わいが続く広場に面した歴史建築
歴史的建築物やカフェに囲まれた広場の西側に5棟並んだ、木組みの建物の左から2番目が市庁舎。1405年に市庁舎となる前は、貴族の館だった。内部は一般公開されている。

60900

クラインマルクトハレ

地元グルメが集結する市民の台所
屋内市場で、野菜や果物をはじめ、肉、ハム、ソーセージ、魚、チーズ、ワイン、パン、花などを扱う店が所狭しと並ぶ。

Fotolia_182625540_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©Tobias Arhelger

フランクフルトの絶景ビュースポット

マイン・タワー
市内でもトップクラスの人気を誇る絶景スポット
高さ200m、54階建てのヘッセン州立銀行ビル。市内で4番目に高いビルで、フランクフルトの街並みが一望できる屋上の展望台が人気。

【フランクフルト】の美術館・博物館でアート探訪!

個人の偉大なるコレクション群は、この街にしかない貴重な作品だ。土地にゆかりのある歴史に名を残す文豪の生家を訪ねれば、芸術が生み出された街への感じ方も新しくなる。

3144

シュテーデル美術館
中世から現代までのヨーロッパ絵画を収蔵
1816年、銀行家シュテーデルの遺志によって創設された美術館。約10万点もの収蔵数を誇り、14世紀から現代までのヨーロッパ絵画のコレクションが充実。フェルメールやデューラー、ピカソなどの大作も所蔵している。

名作ガイド
14〜19世紀の作品が約400点
市外への避難によって戦災を免れた、さまざまな時代のヨーロッパ絵画がある。絵画のテーマや年代によって展示室の壁の色が異なるのでわかりやすい。

1832

ゲーテ・ハウス
若き日のゲーテが暮らした家屋を復元
1749年にフランクフルトの裕福な家庭に生まれたゲーテが、26歳までの青春時代を過ごした家。第二次世界大戦で倒壊したが、現在は完全に復元され、肖像画や直筆原稿などを展示している。

名作ガイド
4階建ての愛らしい建物へ
中庭付の木造の屋敷は名家だったことを思わせる豪華な造り。ゲーテが過ごした日々に思いを馳せつつ、かわいらしい部屋をめぐりたい。

download

興味に合わせて選ぼう!おすすめ美術館・博物館
駅方面からマイン川を渡った先の博物館通りも歩いてみたい。

ゼンケンベルク自然博物館
展示が楽しいドイツ最大の自然博物館
恐竜をはじめとするさまざまな動物の骨格や剥製のほか、植物や鉱物に関する展示も充実。初心者からマニアまで幅広く自然科学が楽しめる。

【フランクフルト】地元で人気のレストランで料理&地酒りんご酒を楽しむ

国際都市フランクフルトには多彩なレストランがそろっている。地酒のりんご酒居酒屋はマイン川を隔てたザクセンハウゼン地区に多く、通称フレスガスと呼ばれるグロッセ・ボッケンハイマー通りにもおいしい名店が集まっている。

23855

ライプ&ゼーレ

郷土料理をカジュアルな店で
オーソドックスなドイツ料理が食べられる店。ひと皿のボリュームが多く、値段も手ごろなので地元のファミリー客も多い。
【おすすめメニュー】
フランクフルター・グリューネ・ゾーセ €9.80 (Frankfurter Güne Soße)

24862

カフェ&バー・セロナ

ドイツ料理に南欧風エッセンスを
朝食から夜のバーの営業まで、地元の人々で賑わう人気のカフェ&バー。南欧風料理を取り入れたメニューと明るいスタッフが人気の秘密。
【おすすめメニュー】
グランデ・ポル・ドス €17.95 (Grande Por Dos)

download

りんご酒居酒屋へ
フランクフルト近郊はりんご酒の醸造所が多く、昔からりんご酒を出す庶民的なお店が親しまれている。賑やかに楽しい夜を過ごそう。
りんご酒って?
「Apfelweinアプフェルヴァイン」はザクセンハウゼンで名物のりんご酒のこと。酸味と甘みのバランスが良く、比較的軽くて飲みやすい庶民のお酒。

アドルフ・ワーグナー
本場のドイツ酒場の気分が楽しめる
1902年創業の歴史ある酒場。日替わりや週替わりのメニューもあり、料理も充実。店内ではりんご酒専用の壷やカップ、Tシャツなどおみやげも販売されている。
【おすすめメニュー】
アプフェルヴァイン(0.3ℓ) €2 (Apfelwein(0.3ℓ))
フランクフルトグリーンソース €13.50 (Frankfurter Grühe Sosse)

【フランクフルト】注目ショップの一押しみやげは?

品質の良い商品を扱う一流デパートも多く便利。ハイブランド店が建ち並ぶゲーテ通りや歩行者天国のツァイル通りがショッピングゾーン。

26950

【雑貨】デポ

小物からアウトドア用品までそろう
ドイツ各地に支店を持つショップ。広い店内にはキッチン用品やインテリア雑貨から、カード類、ラッピンググッズなどまで品ぞろえも豊富。

10301

【キッチン用品】ローライ

人気のブランドが集まる
伝統的・機能的な製品のほか、キッチンタイマーやコルク栓抜きといった小物、ユニークなデザインの水筒など、面白い品がそろう。

6625

【雑貨】バトラーズ

おしゃれな小物が見つかるショップ
色使いがきれいなインテリア小物やキッチン雑貨がそろう。ドイツ人なら誰でも知っているアニメキャラ・ロリオットのグッズはおみやげにおすすめ。

ドイツのおすすめホテル

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

ドイツのツアー