2018年1月22日

イギリス

イギリスの「料理&レストラン・カフェ」事情を徹底解説!

by Fish & Tips

538438

イギリスのグルメはとってもバリエーション豊か。ロンドンを中心に、レトロやモダン、多国籍といった美食スポットが満載。香り高い紅茶とともに軽食をいただくアフタヌーンティーやフィッシュ&チップスなどの大定番はもちろん、ロンドンの新スタイル「ガストロパブ」も押さえておきたい。英国伝統料理をいただける由緒あるレストランから、遊びごころたっぷりのモダンなティールームまで、イギリスの料理とレストラン・カフェ事情をご紹介!

ロンドン アフタヌーンティーで優雅な時間を

香り高い紅茶とともに軽食をいただく至福の満たされた時間。これぞまさに英国文化の真髄!

516665-640×427

◆ アフタヌーンティーの始まり
17世紀後半、アフタヌーンティーを最初に始めたのは、第7代ベッドフォード公爵夫人アンナ・マリア。当時の食事は1日2回で、夕食前の空腹を紛らわすために、紅茶とバター付のパンを食べたのがきっかけ。

上段 色とりどりのケーキやスイーツ
中段 焼きたてのスコーン。冷めないようナプキンで包まれていることもある
下段 キュウリとクリームチーズをはじめとした、各種サンドイッチ

511883-640×427

イングリッシュ・ティー・ルーム The English Tea Room

ロンドン最古のホテルの由緒あるティールームでお茶を

アガサ・クリスティもここで執筆に励んだという、世界的にも有名なティールーム。17種類から選べる紅茶やスイーツにも格別なこだわりが。時間を忘れて優雅なひとときを過ごしたい。

◆予約が望ましい
◆ドレスコードあり
◆日本語メニューあり

download-2-640×480

キャラメル・ルーム The Caramel Room

遊び心たっぷりのファッショナブルなメニュー

アニヤ・ハインドマーチのバッグ、マノロ・ブラニクの靴など、ファッションアイテムをモチーフにしたかわいいケーキがずらりと並ぶ「プレタポルテ・ティー」は女性に人気。

◆予約が望ましい
◆ドレスコードあり

ロンドンの新スタイル「ガストロパブ」に注目!

おいしいお酒と料理が同時に楽しめるうれしいスポット。ミシュランの星を獲得したガストロパブもあるほど、料理の評価も高いことが特徴だ。

ガストロパブとは?
お酒を提供するパブの要素に加えて、シンプルな定番料理だけではなく、趣向を凝らした美食を提供する、レストランの要素を含んだパブスタイルのこと。

510050-427×640

「ガストロパブ」を広めた名店 イーグル The Eagle

1991年にオープンして以来、地元の素材にこだわり、日替わりでおいしい料理を提供するガストロパブの元祖。塩加減が絶妙な「ステーキサンド」は、売り切れ御免の看板メニュー。

513762-427×640

おいしいポークを食べるならここ ピッグス・イヤー The Pig’s Ear

ミシュラン等にも掲載されている評判のガストロパブ。フレンチテイストを取り入れたモダンな英国肉料理が、日替わりメニューで楽しめる。駅からは少し歩くが、それでも訪れたいお店。

514124-640×427

伝統料理をモダンにアレンジ プリンセス・オブ・ショーディッチ The Princess of Shoreditch

「イーストエリアのベスト・ローストビーフ」に選ばれるほど肉料理に定評がある。伝統料理も、こだわり素材と独自の調理法で新しいおいしさに変えて提供するのが人気の理由。

イギリス料理 王道フィッシュ&チップスから話題のメニューまでご紹介!

シンプルな味付けが多く、卓上の調味料で自分好みの味に仕上げるのがイギリス流。

521822-640×427

1914年創業の老舗本物を味わうならここ ゴールデン・ハインド The Golden Hind

その昔、パブより健全な溜まり場として繁栄したフィッシュ&チップス専門店。毎日漁港から送られる大ぶりの魚を薄めの衣でさっくりと揚げた、大満足の一皿が味わえる老舗だ。

【大定番】フィッシュ&チップス (Fish&Chipss) £6.10~
身の締まった新鮮な魚を薄い衣でサックサクに揚げている
これぞまさにロンドンを代表する味!

538438-640×427

ロンドン最古のレストランで英国伝統料理を味わう ルールズ Rules

新鮮でヘルシーな狩猟肉の伝統料理が味わえる希少なお店。1798年に創業した、ロンドン最古といわれるこのレストランは、さすが堂々たるたたずまい。おしゃれをして訪れたい。絵画のコレクションも圧巻の豪華な店内。

519581-640×426

新しいイギリス料理を次々に提案する若手集団 セント・ジョン St. John Restaurant

肉の部位それぞれを最大限に生かした料理を提案することで話題となり、食通からおしゃれっ子までが通いつめる人気店に。若手シェフたちが新英国料理のパイオニアとして活躍する。

ロースト・ボーン (Roast Bones) £8.90
「セント・ジョン」を一躍有名にした一品。骨ごと焼いて、髄をかき出してパンにのせて食べる。とろけた骨の髄は、初めて食べる人も多いはず

ロンドン ワンランク上のファイン・ダイニングの味!

伝統的なフランス料理やイギリス料理、中国料理に創作性を加えたシェフ自慢の一品を心ゆくまで楽しんで。

545634-640×480

ロンドン最高のグルメ体験 ゴードン・ラムゼイ Gordon Ramsay

テレビの料理番組でも知られるスターシェフ、ゴードン・ラムゼイの店。トップクラスのモダン・フレンチが楽しめるとあって、連日満席の超人気店。服装はスマートカジュアルで。

546020

コンラン卿プロデュースの名店 バトラーズ・ワーフ・チョップ・ハウス Butlers Wharf Chop House

ローストビーフやフィッシュ&チップスなど、厳選素材を用いた代表的なイギリス料理がそろう。店内は温かみがあり落ち着いた雰囲気。テラス席からはタワー・ブリッジが眺められる。

547662-640×427

星付の一軒家レストラン ピエダ・テレ Pied à Terre

フランス語で「隠れ家」という名の3階建てのモダンフレンチレストラン。ロンドンの星付レストランのなかで最高コスパ賞を受賞したお得なランチコースは試す価値あり。 Du Jourランチ £29.50、テイスティング10コース £105。

ロンドンで世界の味を楽しむ!多国籍グルメいろいろ

世界中から集まる移民たちが、この国の食文化に多大な影響を与えたことは言うまでもない。本場よりもおいしいと噂の各国グルメを堪能!

569967-640×427

リピーター多数の地中海風料理 10グリーク・ストリート 10 Greek Street

地中海料理にインスピレーションを得たイギリス料理で、リピーターの多い人気レストラン。余計な装飾を省いたシックな空間では、工夫を凝らした料理が手ごろに味わえる。【地中海】

おすすめメニュー
キャロット・クミン・スープ £7
スモールプレート £3〜
グロスター・オールドスポット・ポークチョップ £21

566415-640×427

本場の味をていねいに再現 キュー・ヴィエト Que Viet

シェフはじめスタッフは全員北ベトナム出身で、本場の味と雰囲気が楽しめる。素材はその日のうちにすべて使い切るため、つねにフレッシュ。料理に合う豊富なワインリストもうれしい。【ベトナム】

おすすめメニュー
ソフトシェルクラブ £8.80
シェイキングビーフ £8.80
スティッキースチームロール £7

563392-640×427

自然派ワインを広めた老舗 テロワーズ Terroirs

ロンドン最初の自然派ワインレストラン。常時200種類の充実したワインリストのなかから好みに合うものをチョイスしてくれる。料理もワインも無添加にこだわり、素材の味が楽しめる。【フランス】

ダイナーは1階、地下はバーと使い分けられる

ロンドンで今話題のカフェ!コーヒーブーム継続中!

紅茶の印象が強いイギリスだが、最近では本格的なコーヒーを提供するカフェが注目を集めている。

512459-427×640

こだわりのエスプレッソが美味 バー・イタリア Bar Italia

50年以上前のGaggiaエスプレッソマシンで提供されるコーヒーは、しっかり濃くておいしい。カウンターのみの店内や店の前に並ぶテラス席は、まさに古き良きイタリアのカフェ。ロンドンコーヒーショップ・オブ・ザ・イヤー受賞。

513582

上品な味とテーブルウエア パーラー The Parlour

フランスの有名シェフ、ピエール・ガニェールの総合食スポットのカフェ部門。味はもちろん、品のあるインテリアやテーブルウエアも魅力。買い物の合間のひと休みにも。

512689

本格派のコーヒーを飲みたくなったら ヌード・エスプレッソ Nude Espresso

2人のコーヒー好きのニュージーランド人男性が始めた、本格コーヒーのお店。落ち着いた店内で、こだわりのブレンドや、アートのかわいいラテやカプチーノをお試しあれ。

ロンドンのかわいいスイーツ!カップケーキが定番

ロンドナーは甘いものに目がない。色とりどりのカップケーキやジェラートブームで心癒される。

512426-640×427

女の子好みのデザインで大人気 プリムローズ・ベーカリー Primrose Bakery

ママ友2人が始めたカップケーキ屋さん。4テーブルのみの小さな店内はロンドンの若い子からおばあちゃんたちにまで大人気でつねに混んでいる。カラフルなキャンディやパンもある。定番のほかに月替わりで新しいケーキが登場。

510520-640×426

20年愛され続けるベーカリー コンディトール&クック Konditor & Cook

お店に並ぶのは、奥のキッチンで作られる焼きたてのスイーツやさまざまな朝食。オーガニック素材を使用し、おいしさや楽しさはもとより健康的な商品を提供する老舗ベーカリー。

download-5-480×640

ホームメイドの正統派カップケーキ ハミングバード・ベーカリー The Hummingbird Bakery

ロンドンでカップケーキ旋風を巻き起こしたベーカリー。チェーン店でありながらホームベーキングにこだわり、各店舗で必要な分だけをその日に焼いて販売する。レシピ本はベストセラーになった。

この記事のタグ

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。