2017年9月17日

シンガポール

シンガポールのアクティビティって?オプショナルツアーやリゾート紹介!

by Fish & Tips

1447948-640×480

シンガポールにはアクティビティが充実!高い人気を誇るカジノをはじめ、ゴルフやマリンスポーツなども楽しめます。スパやレクリエーション施設の充実したホテルが並ぶビンタン島や、旅行に慣れていない人でも安心して利用できるオプショナルツアー人気ベスト3などもご紹介します!

シンガポールから気軽に行ける夢リゾートビンタン島!

シンガポールから気軽にアクセスできるビンタン島は、まさに南国の楽園。きらきら輝くコバルトブルーの海と白い砂浜、そしてここちよい海風が待っている。都会の喧騒を忘れ、極上のリゾート・アイランドで贅沢な一日を過ごしたい。

澄んだ海と手つかずの熱帯雨林が残るリゾート
インドネシアのリアウ群島に属するビンタン島。シンガポール海峡に面する北部沿岸は風光明媚なリゾートエリアとして、海外の観光客からの人気が高い。透明度の高い海と白い砂浜が美しく、1 9 9 0年代からリゾート開発が本格化し、現在ではビーチ沿いにスパやレクリエーション施設の充実したホテルが並ぶ。

1426062-640×631

自然豊かなリゾートでアクティビティを満喫「ビンタン・ラグーン・リゾート」
プール、テニスコートなどレジャー施設が完備されていて、なかでもジャック・ニクラウスとイアン・ベイカー・フィンチが設計したゴルフコースは好評。木々や花々に囲まれたプールはくつろぎの時間を与えてくれる楽園のよう。

1432719

クラブメッド・ビンタン
プライベートな休日を楽しもう!滞在費はプレミアム・オールインクルーシブ・システム(一部別途有料)なので、滞在中に食事などの追加料金がかからない。スタッフのサポート体制も万全だ。

1424700

充実のアクティビティとショップ & レストラン
海やマングローブを満喫するプランのほか、アジアで最も美麗と名高いゴルフコースでプレーするのもおすすめ。

ゴルフ
緑豊かな大自然をバックにゆったりとプレーを楽しむ。そんなゴルフ好きなら誰もが憧れる、最高のシチュエーションを提供。

マリンスポーツ
スキューバダイビング、サーフィン、シーカヤック、水上スキーなど、あらゆるウォーター・アクティビティが用意されている

シンガポールのオプショナルツアー人気ベスト3!

旅行に慣れていない人も心配無用! 日本の会社が主催するツアーに参加すれば簡単!

1447731

人気No.1 ナイト・サファリ

日本語トラムで満喫!
大人気のナイト・サファリを楽しむツアー。アニマル・ショーを楽しんだあとは、トラムで園内を見学。食事の有無や現地までの送迎付などさまざまなタイプから選べる。

Fotolia_164477960_Subscription_Monthly_M-640×427 (1)
by fotolia - © akekalak

人気No.2 セントーサ島

効率よくリゾートを一周!
水族館シー・アクアリウムを見学したり、セントーサ・マーライオンから絶景を眺めたり、セントーサ島をひとまわりする。

1447964

ジュエル・イルミネーションツアー
シンガポールのとっておき夜景スポットへ

その他にも、1時間程度のアクティビティから軽い市内観光、動物や自然観察までさまざまなツアーがめじろ押し。

シンガポールでカジノを楽しむための基本情報!

登場以来、高い人気を誇るシンガポールのカジノ。初心者でも簡単に遊べるゲームがあるので、気楽に大人の遊び場を楽しめる。レストランの利用で雰囲気を味わうのもよい。

9763708071_ca2eb74f09_k-640×424
Marina Bay Sands Casino, by Sarah_Ackerman, CC BY

大人だけの非日常世界を体験
シンガポールには24時間遊べるカジノが2つある。セントーサ島のリゾート・ワールド・セントーサはシンガポール初の政府公認カジノ。またマリーナ・ベイ・サンズにはラスベガス系の大型カジノが入る。地元客の入場は有料だが、外国人の観光客は無料。日本では経験できない華やかな世界へ足を踏み入れよう。

99562-640×426

カジノを楽しむための基本知識・注意点

基本的なルールやマナーをおさえておけば、あまり恐れなくても大丈夫。

● 入場は21歳以上
入場が許可されているのは21歳以上。乳幼児連れは見学のみでも入場できない。
● 手荷物、貴重品に注意
大きな荷物やペットボトルは館内に持ち込めないので、クロークに預ける。ソフトドリンクは無料スタンドなどで入手できる。
● 服装はスマートカジュアルで
ドレスコードが定められている。タンクトップなどノースリーブのシャツ、ビーチサンダル、ショートパンツなどカジュアルな服装では入場を断られる。冷房が効いているので、上着が1枚あるとよい。
● 写真撮影は禁止
写真撮影、携帯電話の使用、飲食物の持ち込みは禁止されている。
● 予算の上限は決めておこう
あらかじめ「ここまでは負けてもいい」という額を決めておけば、負けを取り戻そうと、旅の資金まで使ってしまうこともないはず。

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。