2018年1月22日

ペナン

マレーシア「ペナン」を徹底解説!観光からグルメ・お土産までペナンの楽しみ方を伝授!

by Fish & Tips

699988

小さな島ながら多彩な魅力が凝縮したリゾートアイランド「ペナン」。世界遺産の街ジョージタウンはイギリス統治時代の面影を残す多数のコロニアル建築や民族色豊かな宗教建築が点在。リノベーションされたカフェやおしゃれなショップも多く、街歩きやショッピングが楽しい。また、ペナンはマレーシア屈指の屋台街もある美食の街。洗練されたヨーロピアンからローカルなアジアンフードまで多彩なグルメが楽しめる。ペナンの楽しみ方を一気にご紹介!

【ペナンの基本情報】小さな島に自然と調和する世界遺産の街並み

多彩な魅力が小さな島に凝縮された、イギリス統治時代からのリゾート島。中心となるジョージタウンは世界遺産に登録されており、多文化が薫る街並の散策が楽しい。美しいビーチやマレーシア屈指の屋台街なども有名だ。

848591-640×427

基本情報
面積  約295万㎞²(ペナン島)
人口  約70万人(ペナン島)
アクセス
日本からの直行便はない。クアラルンプール国際空港(KLIA)で国内線に乗り継ぐか、他国から国際線の乗り継ぎを利用する。KLIAからは飛行機で所要約1時間。バスや鉄道でペナン島対岸のバタワースまで行き、フェリーに乗り換える方法もある。

92200265_274991_1-640×480

ジョージタウン Georgetown

英領時代の面影が残る
18世紀末にイギリス東インド会社に譲渡された歴史を持ち、名称は英国国王ジョージ4世にちなんだもの。街には多数の英国コロニアル調建造物をはじめ、極彩色の中国寺院やモスクなどが建ち並ぶ。

[アクセス]ペナン国際空港から車で40分

864936

街の散策はトライショーでも楽しめる。

ペナン【ジョージタウン】で街歩きショッピング!

英領時代のコロニアル建築とともに、中国やインドなどの文化が薫るジョージタウン。個性的なエリアを巡りながら、買い物も楽しんじゃおう!

88164

ショップ・ハワード Shop Howard

ローカルの作品が多数
地元在住のカメラマン、ハワードさんの店。彼が撮影したペナンのポストカードのほか、石けんやバッグなど、多彩なペナンみやげを販売する。

88320

ジョナサン・ユン・スカルプチュラル・ジュエリー Jonathan Yun Sculptural Jewelry

自然がモチーフのアクセサリー
海やジャングルの動植物など、マレーシアの自然をモチーフにしたアクセサリーがそろう。どれも手作りで、価格はRM80~5000と手頃。

88348

ボントン・ザ・ショップ Bon Ton The Shop

マレーシアのかわいいが一堂に!
ピーター・ホーやナラなど、マレーシアに関わりの深いアイテムを集めたショップ。アクセサリーから、布製品、文具など、種類豊富にそろう。

ペナン【ジョージタウン】世界遺産を歩く!美しきコロニアル建築

イギリス海峡植民地の要衝として繁栄した日々の面影が今おな残る

かつてイギリスの海峡植民地だったジョージタウン。なかでも英国統治の面影を色濃く残すコロニアル建築は、ジョージタウンを東西に走るチュリア通りの北側に集中している。18~19世紀の建造物がほとんどだが、エドワーディアン・バロック様式、パッラーディオ様式など、多彩な建築様式が狭い範囲に点在しているのがジョージタウンの特徴だ。往時に思いを馳せながら、優美な建築群を見てまわりたい。

699357-640×427

イースタン&オリエンタル・ホテル Eastern & Oriental Hotel

英領時代から街のシンボル
1885年、シンガポールのラッフルズ・ホテルと同じイラン出身のアルメニア人、サーキーズ兄弟によって創業。白く輝く壮麗な建物とそれを彩る格子窓が美しい。

695053-640×427

ペナン市庁舎 City Hall

ペナン屈指の傑作建築
1903年に完成した行政庁舎で、エドワーディアン・バロック様式で建てられている。柱や窓枠、飾り屋根など細部まで美しく、1982年には国の文化財に制定。

699988-640×427

パンタイ通り(ビーチ・ストリート)Lb. Pantai (Beach St.)

ノスタルジックでおしゃれな通り
ジョージタウンの建設当初に造られた歴史ある通り。1世紀ほど前に建てられたコロニアル様式の洋館が並ぶ。名前は当時、この通りが海に面していたことに由来する。

ペナン【ジョージタウン】世界遺産を歩く!リトル・インディア

通りごとにさまざまな顔を見せ多彩な民族がともに暮らす街

ジョージタウンでコロニアル建築とともにぜひ見学したいのが、民族色豊かな宗教建築。なかでもマスジッド・カピタン・クリン通りは、中国、イスラム、ヒンドゥなど各民族の寺院が寄り添うように建つ通称「ハーモニー通り」。マレーシアのミックスカルチャーを肌で感じとれる。また、周辺にはカラフルなショップハウスが建ち並び、リノベートされたおしゃれカフェやショップもある。街歩きの途中、休憩がてら立ち寄ってみたい。

712854-640×427

カピタン・クリン・モスク Masjid Kapitan Keling

ムガール様式の優美なモスク
1801年建造。南インド系ムスリムのカピタン(リーダー)により建てられ、何度も改築を重ねて市内最大のモスクになった。礼拝堂内部には入れないが、敷地内は見学可能。

712827-640×427

クー・コンシー(Khoo Kongsi/邱公司)

ペナンで最も豪華な中国寺院
中国・福建省からの移民であるクー一族が祖先を祀るため1901年に建造。中国本土から多くの職人や材料を集めて造られた精緻な装飾は絢爛豪華と呼ぶにふさわしい。

ペナンの歴史 華麗なるプラナカンの美に触れる

豊かな財産を持つ人々により優雅な屋敷が多く建てられたペナンの歴史。現在、いくつかの邸宅で当時の豪奢な暮らしぶりをうかがうことができる。

2112-426×640

華麗な暮らしを今に伝えるプラナカンの博物館

もとは19世紀末に建てられた中国系部族のカピタン(リーダー)の邸宅で、近年改装されてプラナカン様式の博物館に。館内には国内各地から集められた骨董品1000点以上が展示され、当時のヨーロッパから輸入された調度も多い。プラナカンタイルがはめ込まれた贅沢な空間に浸りたい。

8577-640×481

セブン・テラシズ・アンティーク・ショップ Terraces Antique Shop

高品質なプラナカン陶器が手に入る店
セブン・テラシズに併設されているプラナカン食器を購入できるショップ。カラフルなもの以外に、藍色の模様が施された日常使いの品も手に入る。

ペナンのおすすめホテル

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。