コツまでわかるホテル情報サイト

sub2

IHG

最終更新日:2022/04/20

【IHG ホテルズ&リゾーツ】がロイヤリティプログラムを刷新!より豊かな選択肢と価値、特典を提供する「IHG ワンリワーズ」を発表

by Fish & Tips 【News】

【2022年4月13日、米国アトランタ発】 IHG ホテルズ&リゾーツは、新たなグローバルロイヤリティプログラム『IHGワンリワーズ』の誕生を発表いたしました。

IHG ワンリワーズ

旅行業界は息を吹き返しています。楽しい夏休みから待ちに待った家族との再会まで、多くの人が失った時間や思い出を取り戻そうとしています。IHGはお客様の旅の新たな章の始まりをIHGワンリワーズでお迎えいたします。世界100か国以上で約6,000のホテルを展開するIHGホテルズ&リゾーツは、世界の動きが止まっていた間にも様々な取り組みを実施してまいりました。ポートフォリオの構築や、業界におけるポジショニングの再定義、新たなブランドやパートナーシップの導入、またロイヤリティを更に高めるための大規模な投資などを行いました。人々は、夢にまで見るバカンスや、充実したビジネス旅行を実現するための旅支度を始めています。そして今、IHGは全ての側面においてお客様を中心に考えた世界有数のロイヤリティプログラムとなるIHGワンリワーズを導入し、新たな最新テクノロジーを駆使したモバイルアプリを通じてより豊かな特典と多彩なポイント獲得方法をご提供いたします。

IHGワンリワーズのビデオはこちらをご覧ください。

IHGワンリワーズのプログラムは、会員の皆様と、世界最大のラグジュアリー&ライフスタイルコレクションを含むIHGホテルズ&リゾーツの17のブランドポートフォリオを繋いでまいります。今回の発表に先立ち、IHGは2022年1月に、プログラムの新たなステータスとボーナスポイントの獲得方法について発表を行いましたが、この変更により会員の皆様はポイントをより早く獲得し、より様々な方法でポイントをご利用いただけるようになります。IHGワンリワーズは業界で最も素晴らしい価値を提供し、お客様のご滞在をより良くするための様々な特典をご提供いたします。プログラムの主な特徴は下記の通りです:
◆ポイント獲得への近道:新たなステータスと新しいボーナス獲得システムにより、会員の皆様はより早く、より多くのポイントを獲得し、より早く特典を利用することができます。この新たなステータスとボーナス獲得システムは、2022年4月13日よりスタートし、2022年4月17日以前に会員登録した全てのアカウントに反映されます。
◆より豊かな特典内容:更なる強化策や会員特典として下記を含む内容が追加されました。
oダイヤモンドエリート会員を対象とした特典オプションとして無料朝食サービスを提供
oプラチナエリートならびにダイヤモンドエリート会員のみを対象とした無料宿泊特典ディスカウントプロモーションへのアクセス
oエリートメンバーを対象としたアーリーチェックイン、レイトチェックアウト(可能な場合)、ならびに客室アップグレード(可能な場合はスイートへ、またプラチナエリートならびにダイヤモンドエリート会員向けのプレミアムルームへのアップグレード)
◆格別な選択肢:ポイントの利用方法は会員によって異なることに着目し、IHGワンリワーズではマイルストーンリワーズを導入いたします。この新たなテクノロジーを駆使したプラットフォームの活用により、会員の皆様はご自身にとってよりよい方法で特典をお選びいただけます。20泊目からスタートし、10泊ごとに100泊まで、特典を選択することができます。このマイルストーンリワーズの選択肢は、ポイント、20ドル相当のフード&ビバレッジ特典、確認可能なスイートへのアップグレード、年間ラウンジメンバーシップなどです。

新モバイルアプリの導入

IHGホテルズ&リゾーツは、今後数週間の間にIHGワンリワーズの新モバイルアプリも導入します。このアプリを使うとIHGワンリワーズがより使いやすくなり、ロイヤリティの体験をお客様の手のひらで実現することが可能となります。このアプリはIHGワンリワーズの重要な構成要素であり、将来の成長に向けた基盤となります。新たな体験はよりパーソナライズされ、予約の合理化、最新情報の入手、迅速なチェックインなどが可能になります。またホテルと常にやりとりできることにより、フレキシブルな旅行が可能となるのです。IHGワンリワーズの会員の皆様には今後通知が届きますので、アップルストアまたはグーグルプレイストアでアプリのアップデートをお願いいたします。IHGワンリワーズの目的の核となっているのは、私たちが本当の意味で人々に配慮し、個性を大切にし、お客様にとってより良い方法で特典をご提供する、ということです。新たなブランド名は単数名詞である「One」のアイコンが入った新しいロゴと共に生まれ変わりました。IHGワンリワーズの「One」は、新しいプログラムが長期的な価値の提供をお約束するという意味になります。「One You」とはすなわち個性を賞賛するということであり、「One Feature」は人々、コミュニティ、そして地球に対してポジティブな影響を与えるという私たちのコミットメントが表現されています。

sub2

IHGホテルズ&リゾーツのグローバル・チーフ・カスタマー・オフィサーであるClaire Bennettは次のように語っています。「今回の投資はIHGホテルズ&リゾーツがここ数年間で行った投資の中でも最大規模かつ非常に包括的な投資です。また業界初のロイヤリティプログラムの導入以降に行ったロイヤリティの開発としても最大規模の開発です。私たちは本当の意味でお客様の体験を大きく変えていきます。ロイヤリティの会員の皆様が望むものを提供し、より多くの価値ならびによりワクワクするような特典を新しいモバイルアプリを通じたテクノロジーを使ってお一人おひとりにお届けしてまいります。IHGワンリワーズは、お客様、ホテルチーム、オーナーの皆様からのフィードバックをもとに一新されます。お客様の旅をお客様ご自身が管理できるようになります。私たちは、一人として同じ会員の方はいらっしゃらないことを理解し、それを賞賛いたします。お客様がご自身の思い通りにご旅行をお楽しみいただけます。ホテルでは毎日多くのお客様をお迎えします。旅を愛する気持ちは万国共通ですが、ご旅行の目的や方法はそれぞれです。IHG ワンリワーズにより、会員の皆様はご自身に合った特典を作り上げることが可能となるのです。」

既存の会員の皆様に対しては、2022年1月1日以降の宿泊から新たに導入されたステータスが適用されます。新たなステータスとボーナスポイント獲得システムは、2022年4月13日からスタートし、2022年4月17日以前に会員となった方の全てのアカウントに反映されます。 マイルストーンリワーズを含む全ての会員の皆様への特典は、2022年6月上旬より利用可能となります。
詳細についてはこちらをご参照ください。

追記:新しいロイヤリティプログラムを作成するにあたり、IHGは何千人もの旅行者、インフルエンサー、メディア、オーナー様、オペレーターの話を聞き、世界レベルで大規模な消費者研究を行いました。調査によると、2018年以降に全体として最も人気のある特典は、部屋のアップグレード、無料朝食、続いて会員割引、柔軟性とボーナスポイント、食事や朝食のクレジット、ラウンジへのアクセスでした。

IHG ホテルズ&リゾーツ / IHG・ANA・ホテルズグループジャパンについて:
IHG ホテルズ& リゾーツ [LON:IHG, NYSE:IHG (ADRs)]は、True Hospitality for Good を提供するグローバルホスピタリティーカンパニ
ーです。
下記の 17 ホテルブランドを展開し、世界 100 ヶ国以上に約 6,000 ホテルを有し、約 1,800 軒のホテルが開発中となっています。
また、IHG ワンリワーズは、世界最大級のロイヤリティプログラムで、様々な特典をお楽しみいただいています。
• ラグジュアリー &ライフスタイル: シックスセンシズ ホテルズ リゾーツ スパ, リージェント ホテルズ&リゾーツ, インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ, ヴィニエット コレクション, キンプトン ホテルズ&レストランツ, ホテル インディゴ
• プレミアム: HUALUXE ホテルズ&リゾーツ, クラウンプラザ ホテルズ&リゾーツ, EVEN ホテルズ, voco ホテルズ
• エッセンシャルズ: ホリデイ・イン ホテルズ&リゾーツ, ホリデイ・イン エクスプレス, avid ホテルズ
• スイーツ: Atwell スイーツ, ステイブリッジ スイーツ, ホリデイ・イン クラブバケーションズ, キャンドルウッド スイーツ

InterContinental Hotels Group PLC は、グループの持株会社で、英国に設立、英国およびウェールズで登録されています。世界中のIHGのホテルとコーポレートオフィスには、約325,000人の従業員がおり、日々世界中のお客様をお迎えしています。

日本国内では、2006年12月に、IHGとANAの業務提携によるジョイントベンチャー会社、IHG・ANA・ホテルズグループジャパンを設立。2022 年 3 月現在、6 ブランド(インターコンチネンタル、キンプトン、ANA クラウンプラザ、ホリデイ・イン及びホリデイ・インリゾート、ホリデイ・インエクスプレス、ホテルインディゴ)、44 ホテル、10,000 室超を展開しています。