2018年2月25日

ソウル

一度は行っておきたい!ソウルのナクサン公園

by RIN

image015
筆者撮影

ソウルの夜景を一望でき、現地ではデートスポットとしても人気の駱山(ナクサン)公園をご存知でしょうか?韓国ドラマの撮影地としても有名なので、韓国ドラマが好きな方は、ご存知かもしれませんね。ソウルの夜景を見ることができる場所と言えば、南山(ナムサン)公園内にある、Nソウルタワーをまず思い浮かべる方が多いと思います。おそらく、旅行者の間でもっとも知名度が高く、今でもNソウルタワーへ足を運ぶ、海外からの旅行者は、後を絶たないほど定番の観光名所と言えます。しかしながら「Nソウルタワーには行ったことがある」「Nソウルタワーよりももう少し静かな場所で夜景を見てみたい」「ソウルの綺麗な景色を見ながら夜の散策をしてみたい」そんな方には、ナクサン公園をオススメします。

ソウルを静かに一望できる夜景公園

24時間開放されているため、明るい時間帯に散策をするのも魅力的ではありますが、ナクサン公園は何と言っても夜がオススメです。Nソウルタワーに負けないくらいのキレイな夜景を眺望することができます。Nソウルタワーは海外旅行者に人気があり、定番の観光名所であるのに対し、ナクサン公園は現在のところ、それほどまで海外旅行者にとって知名度が高いとは言えません。そのため、観光名所ならではの活気あふれる騒がしさというのは軽減されるとも言えます。

image001
筆者撮影

奥の方にはNソウルタワーも見えています。写真では小さく見えますが、肉眼では写真以上にハッキリと見ることができます。

美しい城郭沿いを散策

城郭は、朝鮮時代に造られたのち一度取り壊されますが、1970年代に復元されたそうです。

image003
筆者撮影

また、史跡第10号に指定されています。

image005
筆者撮影

夜にはライトアップされ、とても幻想的な雰囲気の中、城郭や夜景を見ながらゆっくり散策することができます。

image007
筆者撮影

山の上にある公園のため、ナクサン公園のスタート地点となる中央広場から登って行くような形になりますが、きれいに舗装された遊歩道を歩くので、ゆっくり散策ができるのではと思います。とは言え、履き慣れた靴や運動靴で来られることをオススメします。

image009
筆者撮影
image011
筆者撮影
image013
筆者撮影
image015
筆者撮影
image017
筆者撮影

散策後は夜景を見ながらカフェタイム

城郭沿いを下り、再び中央広場まで戻ってくると、ちょうど駐車場の下の辺りに位置するエリアに、カフェやバーなどがいくつか点在しています。

image019
筆者撮影

そちらで夜景を見ながら散策後の一杯をするのもいいかもしれません。

アクセス

地下鉄4号線2番出口からマロニエ公園方面へ向かって徒歩10~15分と、距離的にはそれほど遠くはありませんが、駅周辺から上り坂になっています。
上り坂がちょっと不安だという方は、地下鉄1号線「鐘路(チョンノ)5街駅」や地下鉄1・4号線「東大門駅」などからマウルバスで行く方法もあります。その場合はマウルバス「チョンノ03」に乗車し、終点で下車します。

いかがでしたか?

夜景はNソウルタワーででしか見たことがない方も、ナクサン公園へはお昼間にしか行かれたことがない方も、ナクサン公園を知らなかった方も、一度夜の散策をしに行かれてみるのはいかがでしょうか。
韓国の冬は寒さが厳しいため、冬が終わる頃に行かれてみるのがいいかもしれません。

ソウルは日本から2〜3時間で行けるうえ、グルメもショッピングも思い切り楽しめる旅行先として大人気。明洞、東大門、江南など観光地の多いソウルでは、どのエリアを拠点にして旅行をするかがホテル選びで重要になってきます。今回は、多くのホテルから厳選して10のホテルを選んで紹介します!

この記事のタグ

ソウルのおすすめホテル

筆者 : RIN

198○年生まれ。
オーストラリアで出会った韓国人男性と結婚。
現在、ソウル在住。
趣味はカフェ巡り、美味しいものを食べること、旅行。
お隣の国とは言え、ここは外国。
リアルな現地情報を発信していきます!

ソウルのツアー