2018年1月7日

パリ

パリのビオ生活を味わえる素敵なお店たち

by Azuki31

image011
筆者撮影

フランスでは半世紀以上前にBIO(ビオ:オーガニックを表すフランス語)の動きが始まり、今ではフランスの街中のあらゆるところにビオ製品を扱うお店があります。消費者の関心も高く、40%以上の国民が月に一度はビオ製品を購入するのだそうです。

パリの街中にもビオ製品を取り扱うお店がたくさんあります。今回はパリのビオ生活を味わえる素敵なお店たちを紹介します。

Welcome bio(ウェルカム ビオ)

フランス全土にチェーン店を持つビオ専門店Biocoop(ビオコープ)と提携しているお店で、食品を扱うお店と、その目と鼻の先に生活用品や植物を扱う雑貨店があります。不定期でイベントやワークショップなどを催し、ビオの動きを広める活動を行っています。

ここの生鮮食品店は他のオーガニックスーパーよりも品揃えが豊富で、ひとつひとつじっくり見て回っていると、たちまち時間がすぎてしまいます。

image001
筆者撮影
image003
筆者撮影

Welcome bio Magasin(食品店)
住所:10 Rue Boulle, 75011 Paris
最寄り駅:Bréguet-Sabin
営業時間:10:00~20:00
定休日:日曜日
HP:https://welcomebio.fr/

Welcome bio Bazar(雑貨店)
住所:13 Rue Boulle, 75011 Paris
最寄り駅:Bréguet-Sabin
営業時間:11:00~19:30
定休日:日曜日
HP:https://welcomebio.fr/

Marché bio Raspail(マルシェ ビオ ラスパイユ)

いわずと知れた、毎週日曜日、ラスパイユ通りに立つビオ専門のマルシェ。野菜や果物の他に、パン、焼き菓子、スパイス、ジャムなど生産者自らが立って販売するスタンドも並んでいて、ひとつひとつ見ているとあっという間にお昼になってしまいます。11時頃になると地元の人に加え観光客もたくさん訪れるので、できるだけ朝早く行くのがおすすめです。

image005
筆者撮影
image007
筆者撮影

Au bout du champ

産地直送の野菜や果物を、忙しいパリジャンたちでも買うことができるようにとここ最近パリででき始めた無人販売所です。インターネット上で買いたい食材を選び、用意ができるとお店まで取りに行くというシステムです。直接お店に足を運び、買いたいを食材を自分で自動販売機で買うこともできます。ここのこだわりは、地元で生産されたオーガニックの食材。野菜や果物はパリ近郊100キロ圏内の契約農家からその日収穫されたものたちです。農家直送の卵やスープ、ジャムなどもあります。アパートに滞在した場合は、自動販売機でビオの野菜を買って料理をしてみるのも楽しいかもしれません。

image009
筆者撮影

5店舗
住所:4 rue Camille Pelletan, 92300 Levallois-Perret
住所:28 bis rue gabriel peri, 92300 Levallois-Perret
住所:20 rue des Dames, 75017 Paris
住所:118 rue Caulaincourt, 75018 Paris
住所:16 rue des Martyrs, 75009 Paris(無人ではなく販売員がいます。)
HP:http://www.auboutduchamp.com

Mademoiselle Bio(マドモワゼル ビオ)

パリ市内に8店舗を展開するオーガニックコスメ専門店。成分の合計95%以上が天然由来、成分の合計10%以上がオーガニック原料、合成香料、着色料、防腐剤を使用しない、動物テストをしない、などの厳しい基準をクリアしたビオコスメのみを扱っています。ヴェレダやメルヴィタ、ドクター・ハウシュカなどのおなじみのオーガニックコスメから新しいブランドまで、スキンケアやメイク用品、アロマオイルなど約2000点以上の商品が並び、ベビー向けや男性向け商品も揃っています。

image011
筆者撮影

Hôtel de Ville店
住所:28 rue des Archives 75004 Paris
最寄駅:Hôtel de Ville
営業時間:10:00~19:30 (日13:30〜)
定休日:不定休
HP:http://www.mademoiselle-bio.com

AROMA ZONE

手作りコスメに使う材料や用具がほとんど揃うお店。自分で使うものは自分で作りたいと足を運んで来たパリジャン、パリジェンヌたちで店内はいつもいっぱいです。広い店内、棚にずらりと並んでいるのは、スキンケアはもちろん、口紅やマスカラ、歯磨き粉や石鹸、シャンプーやヘナ、アロマオイルなどたくさんのコスメに使う材料たち。保存容器も豊富に揃います。店内に設置された液晶画面で作りたいコスメのレシピを調べることができ、真ん中のカウンターに置かれているレシピ本で自由に作り方を調べることができます。全てのアイテムがビオというわけではありませんが、ビオ製品もたくさん並んでいます。

image013
筆者撮影
image015
筆者撮影
image017
筆者撮影

住所:25 Rue de l’École de Médecine, 75006 Paris
最寄駅:Odeon
営業時間:10:00~20:30
定休日:日・月
HP:http://www.aroma-zone.com

パリ滞在中、フランスの美味しいビオ食材で料理を楽しみ、お土産にビオコスメを選んでみるのはいかがでしょうか?

パリのおすすめホテル

筆者 : Azuki31

現在フランス人の夫とともに南仏ニースでふたり暮らし。食べることが大好きなベジタリアン。雰囲気のよいカフェ、美味しいレストラン、赤ワインがあれば幸せ!