2018年1月7日

エストニア

中世の面影が残る街エストニア・タリンの観光スポット7選

by 西崎莉緒

image021
筆者撮影

北ヨーロッパのバルト海に面するエストニアは、ラトビア、リトアニアと共にバルト三国と称されます。ヨーロッパの中でも物価が安く、中世の街並みが状態よく保存されているエストニアの首都タリンは、近年注目を集めている観光地の一つ。とんがり屋根が可愛い城壁の中へ一歩足を踏み入れると、そこはまるでお伽の国のよう。今回はタリンの観光スポット7選をご紹介します!

旧市街観光の中心地のラエコヤ広場

タリン旧市街で最も賑わうエリアは、旧市庁舎のあるラエコヤ広場周辺です。

image001
筆者撮影

カラフルな建物に曲がりくねった細い石畳の続く道を歩いていると、まるでタイムスリップしたような気分。中世の装いをしたレストランのスタッフが呼び込みをしていたり、お土産物屋さんがずらりと並びとても華やかな雰囲気です。タリン旧市街観光は、ラエコヤ広場から始めるのがおすすめ!

聖オレフ教会の展望台

緑の尖塔が印象的な聖オレフ教会は、タリン旧市街で最も高い建物。その高さは124メートルでタリンの絶景スポットです。

image003
筆者撮影

幾度もの改築を繰り返す中で15世紀頃は塔の高さが159メートルもの高さとなり、当時の世界で一番高い建物だったと言われています。

image005
筆者撮影

展望台からは、旧市街をぐるりと囲む城壁や山の手のエリアを一枚の写真に収めることができます。

HP:http://www.oleviste.ee/

とんがり屋根の城壁を歩く

旧市街をぐるりと囲むように作られた城壁は、かつてこの街を守っていた名残。ヨーロッパの中でも非常に良い状態で残されており、当時の面影を感じることができる場所です。

image007
筆者撮影

一部の塔や城壁は現在も登ることができるので、ぜひ散策してみましょう。

アレクサンドル・ネフスキー聖堂

おとぎの世界のような町並みが残るタリン旧市街の中で異色を放っているのは、ロシア正教会のアレクサンドル・ネフスキー聖堂。

image009
筆者撮影

ハンザ同盟都市として繁栄したタリンですが、1991年に独立を宣言するまでに何度も周辺国に支配される時代が続きました。

New Image
筆者撮影

アレクサンドル・ネフスキー聖堂は帝政ロシア統治時代に建てられた建築です。個性的な外観に内部のきらびやかな内装が印象的。

HP:http://tallinnanevskikatedraal.eu/en/

カドリオルク宮殿

image013
筆者撮影

タリン旧市街から少し離れた静かなエリアにあるカドリオルク宮殿は、ロシアのピョートル大帝によって建てれました。現在は美術館になっており、ヨーロッパ各国から集められたコレクションが展示されています。

image015
筆者撮影

地元の人が集う公園は、観光客が多い旧市街とはまた違った魅力です。

HP:https://kadriorumuuseum.ekm.ee/

筆者 : 西崎莉緒

スウェーデン在住の30代フリーライター。20代はバックパッカー旅行に情熱を注ぎ、現在は週末にヨーロッパ各国を気ままに一人旅しています。最新のスウェーデンやヨーロッパ情報をお届けします。
筆者のブログ:http://travelholic30.com/