2017年9月10日

アメリカ

挙式ができる伝説の鍾乳洞!?歴史的な古城跡や岩窟をめぐるトレイル3選!

by シュローダー彩

1-640×480
筆者撮影

今回ご紹介するアトラクティブで気分はインディ・ジョーンズ(!?)になってしまう3つの厳選観光スポットは、ネイティブアメリカンの時代より続く「伝説の鍾乳洞」、ハードで起伏の激しいトレイルの先にある「古城跡」や大自然の作り出した「岩窟」など、無類の冒険要素をふんだんに織り込んだ、夏や秋の野外アクティビティにぴったりの情報を、日本人にはまだまだ人気も知名度も低く、かなりマニアックなアメリカ「ミズーリ州」から、名前もインパクトの強い「サンダーマウンテン」と「ハハ・トンカ山」をメインスポットに絞り込んでご紹介します!

先住民より引き継がれし「伝説の礼拝堂」!貴方も鍾乳洞で挙式?!

まず一番先陣を切ってご紹介すべきこのエリアの、最も度肝を抜かれる観光スポットとして、ご紹介したいのがこちら「ブライダル・ケーヴ(Bridal Cave)」です。

9-640×480
筆者撮影

「ブライダル?」と小首を傾げたそこの貴方、ご名答です!その名の通り、この鍾乳洞「ブライダル・ケーヴ」は、その歴史を語るために遡ること何世紀もの昔、アメリカ先住民であるネイティブアメリカンの人々が現在「サンダーマウンテン」と呼ばれるこの山の下に、この鍾乳洞「ブライダル・ケーヴ」を発見し「結婚式の礼拝堂として利用していた」のが伝説の始まりとして伝承されています。

3-640×480
筆者撮影

巨大なこの鍾乳洞の中はガイドさんが30分毎のツアーに常に同行し、洞窟内の各所に潜む見所やこの鍾乳洞にまつわる歴史や伝説を、丁寧にわかりやすく説明しながら案内してくれます。

5-640×480
筆者撮影

チートス(アメリカのチーズ味のお菓子。かりんとうのような形をしている)に似た形の石筍(せきじゅん)や、グリルされて溶け出したチーズのような、平坦で発色の良いオレンジ色のフローストーンなど、おもしろい表現での説明にツアー参加者である大人も子供達も、興味津々で聞き入っていました。

11-640×480
筆者撮影

最初にある礼拝堂のほか、見所は他にも数多く存在し「ナイアガラの滝」と称される圧倒のスケールの壁一面を、流れ落ちるような鍾乳石で出来た「フローストーン」や、この鍾乳洞の最奧近くに登場する「ウェディングケーキ」という名の石柱は必見です!真っ白で複雑な形は周囲の鍾乳石と対照的で異彩を放っており、まさにこの鍾乳洞のテーマにぴったり!と当てはまっていました。

13-640×480
筆者撮影

探検の最後には美しくも妖しい輝きを放つ、クリスタルのような底抜けの透明度の地底湖「ミステリーレイク(神秘の湖)」が待っています。実は探索によって発見された、この湖の先にもうひとつの鍾乳洞によって形成された空間があるそうですが、そこへと繋がる道は現在、この湖の下を潜って進むという方法のみ。よって、ツアーではこの先は行き止まりの折り返し地点となっています。また、現在までこの鍾乳洞に関わった調査隊の中でも、この先を知るものはごく一部の限られた者だけなのだとか。
この比類なき透明度を誇る神秘の水がどこから来て、どこへと繋がっているのか、この湖の先の先にまだ謎に包まれた新たな鍾乳洞の出入り口が続いているのかなど、現在もその大半が、未だ大いなる謎に包まれているそうです。泳いでこの向こう側に存在する前人未到の空間へと最初に足を踏み入れた調査隊の気持ちに自分を重ね、高鳴る冒険心を揺さぶられたツアーになりました。

15-640×480
筆者撮影

また、アメリカのユニークな結婚式会場としてTOP10入りした、というこの鍾乳洞のチャペルでの挙式、実際に興味のある方はその予約方法や料金、形式など、詳しい情報を公式HPから確認することができますので、ご覧になってみてはいかがでしょうか?

17-640×480
筆者撮影

【 Bridal Cave 】
所在地:526 Bridal Cave Rd Camdenton, MO 65020
年間の営業時間:AM9:00 – PM4:00(1/2 – 3/11)
     AM9:00 – PM5:00(3/12 – 6/10)
     AM9:00 – PM6:00(6/11 – 8/14)
     AM9:00 – PM5:00(8/15 – 10/15)
AM9:00 – PM4:00(10/16 – 12/31)
ツアー開催時間:30分毎
参考価格:大人(13歳以上)…$18/子供(5歳〜12歳)…$9/幼児(1歳〜4歳)…無料/
HP: https://bridalcave.com/
(※無料の駐車場、湖畔に接しているためボート用の駐艇場もあります)

その名も「悪魔の台所」!大自然の脅威が生み出す層になった岩窟は必見!

さて、今度は地質学的にも非常に興味深い地形を形成し、大自然が生み出す脅威と驚きの美しさを内包する「ハハ・トンカ山」へと向かいます。

19-640×480
筆者撮影

そしてここで待っているのは、その名を聞いただけでも思わず尻込みしてしまう登山道「デビルズキッチン(悪魔の台所)」。さあ、思い切ってかなりアドベンチャーなトレイルを体験してみましょう!

21-640×480
筆者撮影

この山に幾つも存在するトレイルにはそれぞれ「初心者向け」「中級者向け」などの3段階の評価があるのですが、この「デビルズキッチン」はその名を裏切ることなく、この格付け評価の中でも最高ランクの「上級者向け」に当たる「Rugged(起伏が激しい、岩だらけ、無骨、荒削り、などの意)」が付いています

23-640×480
筆者撮影

ルートの序盤から、ゴツゴツと荒々しい、岩だらけの道を進むと、早速現れるのが大きな岩石そのもので出来た、飛び石状態になった岩々や、突き出した岩の間を抜ける岩の道。ここでは、単独でない限り、パートナーとお互いに手を貸しあって進むのが重要ですよ!その難関を抜けるとそこに待っているのは半円形状のコロシアムのような岩窟が。

25-640×480
筆者撮影

大自然の生み出す脅威的な美しさに圧倒され、皆さんもきっと言葉を失ってしまうことでしょう。他にも息を呑むような美しい縞模様の岩が断層になり折り重なる芸術的な岩盤や、底の見えない洞穴が地中へと続く荒削りな洞窟など、この「ハハ・トンカ山」固有の地形が生み出す、他では決して味わえないスリリングな感動を体感できます!

27-640×480
筆者撮影

ところで、ここでこの「ハハ・トンカ山」の名前の由来について気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?名前から、母なる大地の恵みを一身に抱え込んだ想像を膨らませるこの名前、実はこの言葉の意味はネイティブアメリカン達の言語で「微笑みの水」という意味を持っています。これはこの山で、かつて最初に訪れたネイティブアメリカンの人々が天然の泉を発見したことから名付けられたのだそうです。

29-640×480
筆者撮影

現在は、この「ハハ・トンカ山」はミズーリ州の州立公園として指定されており、 この公園の管理局ではマップやルートを使って、初めての方にもわかりやすくオススメのトレイルを紹介してもらうことができます。初心者の方や体力に自信の無い方は無理せず、なだらかに舗装されたルートなどを選んで楽しむのも一つの手ですし、それぞれのルートによって、また違った美しい景色が楽しめるのも、この山の魅力の一つと言えるでしょう。

31-640×480
筆者撮影

【 Ha Ha Tonka State Park 】
所在地:1491 State Road D, Camdenton, MO 65020
開園時間:24時間
休園日:なし
HP: https://mostateparks.com/park/ha-ha-tonka-state-park
トレイル情報: https://mostateparks.com/trails/ha-ha-tonka-state-park

33-640×480
筆者撮影

【ハハ・トンカ山州立公園・ビジターセンター】
所在地:Ha Ha Tonka State Park Visitor Center Camdenton, MO 65020
営業時間:(夏時間/4月〜8月)AM7:00 – 日没まで
(冬時間/9月〜3月)AM8:00 – 日没まで
HP: https://mostateparks.com/location/56517/visitor-center

儚い悲劇の運命に翻弄された城、「魔法の竜」と呼ばれし形の湖は圧巻!

35-640×480
筆者撮影

龍のように蛇行する、大蛇のような複雑で摩訶不思議な地形を有す「Lake of the Ozarks(オザークス湖)」は、ミズーリ州を代表する有名な観光名所としてとても名高く、別名「The Magic Dragon(魔法の竜)」という名の異名を持つほど。なので、この湖の周辺では、あちこちにこの名を関したお土産ショップが存在します。

37-640×480
筆者撮影

さてその、この有名な「オザークス湖」に繋がる、エメラルドグリーンの美しいTrout Glen Poolや、この山の地質学的特徴であるカルスト地形によって現れる、可溶性岩盤の長い歳月を経て形成された縞模様の岩の断層、巨大な洞窟などを管理、保有している「ハハ・トンカ山州立公園」にはもう一つ、大きな見所があり、それがこの山の切り立った崖にそびえ立つ古城跡「ハハ・トンカ城( Ha Ha Tonka Castle)」なのです。

39-640×480
筆者撮影

このお城は1905年、Robert McClure Snyder氏によって建設が始まりましたが、翌年の1906年に彼が自動車事故により亡くなり、その後を引き継いだ息子の Robert Jr.によって完成に至ります。しかし、その後の1920年後半に起きた株式市場の崩壊により、続く1930年後半にはこの城はホテルとして運用されるようになりました。そしてついにこの城が原型を留めていた最後の年となったのは1942年。この城がホテルとして利用され始めてからまだそう長くないこの日、「ハハ・トンカ城」は遂に、この城を覆い尽くす大規模な火災によって頑強な城壁を残し、それ以外を完膚無きまでの姿に焼失させられてしまいます。

41-640×480
筆者撮影

その後、ミズーリ州によって購入されたこの城跡と敷地は1978年、一般に開放されるようになり、この城跡の近くに建設されていた「ウォータータワー(給水塔)」も2004年になって新しく屋根を付け替え、修復されて大切に保管し、人々の目に一般公開されています。わずか40年にも満たない間で悲劇の連続に見舞われたこのお城とその家族にまつわる歴史は、果たして本当に偶然でしかなかったのか、それとも…。今はただ、ハハ・トンカ山とそこに流れるオザークス湖の寄り添う雄大な景色が、その懐(ふところ)に主なき城の亡き骸を優しく抱きかかえているように思えたのでした。

43-640×480
筆者撮影

【 Ha Ha Tonka Castle Ruins 】
所在地:Natural Bridge Rd, Camdenton, MO 65020
古城跡エリアのゲート開放時間:AM8:00 – 日没まで
(※参考:城跡のかなり入り口付近に駐車場があり、
舗装されたなだらかな斜面の道のり約159mで城跡まで辿り着きます)
HP:https://mostateparks.com/location/56481/castle-ruins

アメリカのおすすめホテル

筆者 : シュローダー彩

ルコルドンブルー卒業後、ピエールエルメ、赤坂のイタリアンレストランでディオールやイタリア大使館などのパティシエを務める。 現在はシアトルに在住。『地球の歩き方』でも記事を執筆。食べる事が趣味。HPはこちら

ホテルの料金は予約サイトによって違います!

↓ここに「行き先」と「宿泊日」を入力するとその宿泊日で泊まれるホテルの最安価格が表示されます。 ホテルズコンバインドではホテルを先着順に予約できます。