2017年9月30日

ハワイ

絶対失敗しない【ハワイ・ホノルル ホテル選び】おすすめ人気ホテル – 2018年版

by Fish & Tips

38641

ホテル選びに迷っているなら、新オープンのホテルやリニューアルオープンしたばかりのホテルをねらってみて。きれいな部屋やていねいなサービスは、リゾート気分を盛り上げてくれそう。

Fish&Tips滞在!おすすめホテル
ザ グランド アイランダー バイ ヒルトン グランド バケーションズ

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジにあるラグーン

ザ グランド アイランダーは、とても綺麗なホテルでラグーンもありプールも良かったのと、アラ・モアナやワイキキビーチも近く、立地条件が良かったのでここに決めました。ヒルトンのホテル内にもショップがたくさん入ってるので、ぶらりと買い物ができるのも良いところです。そしてなによりも1番の決めては、毎週金曜に打ち上げられる花火が近くで綺麗に見られるので、その花火を楽しみにしていました。

金曜にあがるヒルトンの花火

楽しみにしていた、毎週金曜に行われる花火は、このラグーンから見ると最高です。ラグーンとプールの横側に広い広場があります。芝になっていてそこで横になって休憩している人もいました。花火の時にはその広場は人でいっぱいになります。パーティー会場としても使用されていたり多目的に使われている広場です。

寝室

広くきれいなベッドルーム。ただ、この部屋の窓は開けられなかったので、ちょっと残念でした。

ザ グランド アイランダー バイ ヒルトン グランド バケーションズ宿泊記»

Fish&Tips滞在!おすすめホテル
アウトリガー リーフ ワイキキ ビーチ リゾート

ハワイのビーチを一望できるオーシャンビューの部屋があるリゾートホテルです。ホテルの裏手にはすぐビーチがあり、朝は海沿いを散歩することもできます。またクロークに日本人のスタッフもおり、困ったことがある時に非常に助かります。海を眺めながら食事ができるレストランもあり、ゆっくりディナーを楽しむこともできます。

IMG_3313-480×640

客室は、全体的に落ち着いた雰囲気です。家具や寝具は茶色で統一されております。部屋の広さは、三人が宿泊するのにちょうどよい広さです。スーツケースを二個と、手荷物、現地で買ったものなどを置いても十分ゆとりのある広さです。照明はオレンジ色の柔らかい明りを使用しており、とてもリラックスできました。

IMG_3287-640×480

眺望は、澄み切った海や空、青々とした木々を眺められて最高でした。朝方の太陽が昇り始める景色も、日中の日差しが降り注いで輝く海面も、夜の夜景も、どれもとても美しかったです。

アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾートのリアル宿泊記»

Fish&Tips滞在!おすすめホテル
マリオット コオリナ ビーチクラブ

「豪華なホテル」という感じではないですが、非常に綺麗で大きなホテルだなという印象を私は受けました。全部で3棟あって部屋の数も多いです。エントランスもかなり開放的でベッド感覚でくつろげる椅子やお水のサービスがありました。ホテルに到着して、夫がチェックインしている最中にこれらのものでくつろぐ事ができました。

GOPR0111

ダブルベッドと言いつつ3人でも眠れるくらいのサイズでしたし、寝心地もとても良かったです。ベッドが硬いと眠れないという方でも、快適に眠る事ができるベッドだと思います。

GOPR0161

岩場の方には魚も多くいて、シュノーケルを付けている人もいました。ちょっとした屋根が付いた椅子もあるので、そこでのんびり海を眺めながら日焼けを避ける事もできますよ。

マリオット・コオリナ・ビーチクラブのリアル宿泊記»

ホノルルおすすめホテル情報1
ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ リゾート&スパ Hyatt Regency Waikiki Beach Resort and Spa

全室リニューアルしてパワーアップ!

部屋からの絶景も館内施設も魅力たっぷりのホテル
ワイキキの中心部にそびえる八角形のツインタワーが特徴的な40階建てホテル。上階からは息をのむほど美しいパノラマを一望できる。2015年に全室リニューアルし、ハワイの海や空を思わせるブルーの内装に生まれ変わった。全室ウォシュレットが完備され、洗面台が独立しているのもうれしい。ホテル内には多くのショップが並び、夜遅くまで買い物を楽しめる。海の見えるプールやスパ、ホテル内で開催されるファーマーズ・マーケットも評判。快適なホテルステイを満喫しよう。

山&海の見える 絶景view

オーシャンフロントからは、一面の海とダイヤモンド・ヘッドが見られる

24176

高層階からの眺めは圧巻! カラカウア通りも一望

リゾート気分が高まるインテリア!

改装後のゲストルームは海を思わせるような薄いブルーを基調とした造り

24178

部屋には美しい波の写真も飾られ、居心地のよい空間

館内施設も充実している

高級スパやレストランなどが入り、1〜3階にはショッピングモールも

HI398145119

数々の賞を受賞している「ナ ホオラ スパ」

24511

「ジャペンゴ ステーキ&シーフード」ではワイキキの街並みを眺められるテラス席が人気

67609

アヒポケ$20などが味わえる

編集者のココもレコメン♪

ホテル1階にある「UGG」は絶対行くべし
1階には「UGG」が入っていて、日本人観光客に大人気。定番のブーツからサンダルまで商品の種類も多く、日本よりも安く買える。家族や友達のぶんまでまとめ買いする人も多い。

26072

夕方のファーマーズ・マーケットが便利
毎週火・木曜の16時から開催しているワイキキ・ファーマーズ・マーケット。ワンハンドで食べられるテイクアウトグルメやおみやげなどが並び、毎回観光客でにぎわっている。

26090

ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ リゾート&スパ

現地名:
Hyatt Regency Waikiki Beach Resort & Spa
住所:
2424 Kalakaua Ave.
地図を見る »
アクセス:
カラカウア通り沿い、ワイキキ交番前
TEL:
808-923-1234
Webサイト:
http://waikiki.hyatt.jp

ホノルルおすすめホテル情報2
ハイアット セントリック ワイキキ ビーチ Hyatt Centric Waikiki Beach

2017年1月OPENのスタイリッシュホテル

どこを切り取ってもフォトジェニック!
ハイアットグループの新コンセプトホテルがワイキキのど真ん中に誕生!モダンでカジュアルな雰囲気のロビーには大きなハンモックやソファが。ロビーの先にはオープンテラスとプールがあり、都会の中のオアシスを感じられる。部屋は木製のベッドであたたかみを演出するなど、スタイリッシュながらも安らげる空間。フラレッスンやストーリーテリングなど、カルチャーレッスンも毎日開催。ビーチへ行く際にも、タオルやチェア、パラソルなどをレンタルできる。

インスタ映えする おしゃれなロビー

元オフィスビルとは思えない洗練された空間。インテリアにもこだわっている

HI403037331

メインロビーは8階にあるので、間違えないようにしよう

空と海をイメージしたインテリア

ハワイらしいさわやかなインテリアをアクセントとして取り入れている

24183

アメニティはホテルのオリジナルプロダクトを使用

24182

ロビーに置かれている巨大なハンモックソファ

66464

ロビー階には24時間営業のバーカウンターもある

レストラン&プールもすてき

レストラン「ザ・ラナイ」とプールは隣同士。アーバンな雰囲気が若者に人気

24184

ププ(おつまみ)などタパススタイルの料理を提供

24185

ワイキキの喧騒を忘れてリラックスしよう

編集者のココもレコメン♪

水素水がいつでも飲める!
日本でもブームの水素水。ホテル内のフィットネスジムには水素水サーバーが設置されている。宿泊客には専用のボトルが用意されており、ジムへ行けば何度でも水素水を補充できる。

26233
27522

ノードストローム・ラックやインタマが徒歩すぐ!
ホテルの近所には、2016年9月にオープンしたノードストローム・ラックやインターナショナル マーケットプレイスなどがあり、買い物に便利。

26237

ハイアット セントリック ワイキキ ビーチ

現地名:
Hyatt Centric Waikiki Beach
住所:
2255 Kuhio Ave.
地図を見る »
アクセス:
クヒオ通り沿い、ノードストローム・ラックの上
TEL:
808-237-1234
Webサイト:
http://waikikibeach.centric.hyatt.com

ハワイのおすすめホテル

まっぷるホノルル’18

  • 発売日:2017年06月22日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるホノルル’18」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2017年2〜5月の調査・取材によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので、現在取り扱っていない可能性があります。
その他:
※レストランやバーなどでは、乳幼児の入店ができない場合があります。本誌では子どもに関する情報を掲載しておりませんので、ご利用の際は事前にご確認ください。
ハワイのツアー