2017年8月23日

アンコールワット

アンコール・ワット(シェムリアップ)のおすすめ「人気ホテル」

by Fish & Tips

378492

アンコール・ワットから南へ3㎞ほどのところにある、旅の拠点となる街。カンボジアグルメを堪能できるレストランやおみやげ探しにぴったりのショップ、旅の疲れを癒してくれるホテルなどが並んでいる。

シェムリアップって?

お楽しみ満載の街を遺跡観光とともに満喫しよう!

シェムリアップ空港から街の中心部へは車で約30分ほど。道路はアスファルトで舗装されており、バイクや車もそれほど多くないので、街歩きに不便さを感じることはない。かつてフランスの植民地だったこともあり、コロニアル風のレストランやカフェ、ブティックが点在。街全体が整備されているうえ、規模はコンパクトなので、旅行者が散策するにはぴったり。5ツ星ホテルも多いので、ホテルと街の観光だけでも十分満足できそう。

街のPROFILE

面積 約1万2105㎢
人口 89万6000人
市外局番 063
メインストリート シヴォタ通り
市内交通 街には普通のタクシーやシクロ、レンタサイクルはない。おもに足となるのはオートバイの後ろに4人乗りの荷台を付けたトゥクトゥクだ。料金は乗る前に交渉しなければならないが、市内〜アンコール・ワット往復がUS$8、1日チャーターはUS$20が目安。正規のドライバーはナンバーの入った公認ベストの着用が義務付けられている(ただし、近年は暑さなどを理由に脱いでいるドライバーのほうが多い)。

空港から市内への移動

市内中心部まで車で約25分

■ホテル・シャトル
中・高級ホテルを予約すればほとんどの場合、無料送迎バスや車を手配してくれる。格安ホテルやゲストハウスの場合も無料(もしくは有料)送迎は行なうので確認しよう。

■バイクタクシー
空港のチケット・カウンターでバイクタクシー・チケット(US$2)を購入して利用。荷物が少ないときは利用したい。ベストを着た公認のドライバーに頼むこと。

■エアポートタクシー
ホテルの送迎バスなどを利用しないときは、エアポートタクシーを利用する。空港のチケット・カウンターで一律料金のチケット(US$7)を購入して利用。ちなみに、メーター制タクシーはほとんどない。たまに割増料金を請求してくる悪質なドライバーもいるので注意。

創作料理から地元料理まで カンボジアグルメ

香草やスパイス、魚を発酵させた調味料が多く使われ、甘酸っぱい味付けが特徴のカンボジア料理。野菜たっぷりでヘルシーなカンボジアの庶民の味をいただこう。

カンボジアの人気料理!鍋

鍋料理全般は「 チュナンダイ 」と呼ばれ、観光客にも人気。バーベキュースタイルの鍋にも注目!

338384
338432
338392
338408
338400
338425
338417

ソップ・チュナンダイ
牛骨スープの鍋に卵、野菜、揚げ湯葉などが入った水炊き鍋 US$13 Ⓑ

マイルドな甘さ×辛さ!カレー

カンボジアのカレーは、ココナツミルクを入れるのが定番。スパイスの風味も良く、やみつきに

336919

カンボジアカレー
甘みがありながらピリっとスパイシー。野菜がたっぷり入っている US$5 Ⓐ

336220

アモック
ココナツベースのカレーとナマズの一種を蒸した料理 US$6.50 Ⓑ

サラダや炒め物で味わう!野菜

十数種類もの野菜を混ぜ、たっぷりいただくのがカンボジア流。日本では珍しいバナナの花に挑戦

336205

空芯菜炒め
オイスターソースで炒めたシンプルな味。副菜としてオーダーしよう US$3 Ⓐ

336197

鶏肉とバナナの花のサラダ
バナナの花を千切りにして、鶏肉と和えたサラダ。酸味が効いている US$5 Ⓐ 

トンレサップ湖産を堪能!シーフード

雷魚などの白身魚が中心で種類は少ない。調理された雷魚は、さほど臭みもなく食べやすい

338650

雷魚のしょうが焼き
素揚げした雷魚をしょうがで炒めた料理。魚の身に弾力がある US$5 Ⓐ

336188

小エビと春雨のサラダ
トッピングのピーナッツが香ばしい。エビのうまみが効いている US$5 Ⓐ

定番料理は種類豊富!スープ

カンボジアはスープの種類が数え切れないほどある。食欲のないときは酸味のあるスープで元気回復

336912

鶏肉と塩漬けライムのスープ
ライムの塩漬けが入った爽やかな香りのスープ US$5 Ⓐ

336905

地野菜と豚肉のごった煮スープ
かぼちゃがたっぷり入っている。甘みがマイルド US$5 Ⓐ

336896

ヌードルスープ
太い米粉麺はほうとうのような食感。野菜の甘みがやさしい味わい US$4.50 

上記のメニューを味わえるレストラン

Ⓐニュー・バイヨン New Bayon

豊富なレパートリーはどれも当たり。クメール料理店。アモックやバナナの花のサラダなど、代表的なカンボジア料理を手ごろな料金で味わえる。

396003

ニュー・バイヨン

現地名:
New Bayon
住所:
No.98, Wat Bo St.
地図を見る »
アクセス:
オールド・マーケットから徒歩15分
TEL:
012-855-209
営業時間:
5:00~10:00、11:00~14:00、17:00~21:00
定休日:
無休 

Ⓑスープ・ドラゴン The Soup Dragon

観光客にも人気の老舗レストラン。あっさりとしたフォーは朝食の定番で、在住外国人の常連も多数。3階は夕日の観賞スポットとしても有名。

スープ・ドラゴン

現地名:
The Soup Dragon
住所:
No.369, Group 6
地図を見る »
アクセス:
オールド・マーケットからすぐ
TEL:
012-731-152
営業時間:
6:00~24:00
定休日:
無休 

Ⓒクメール・キッチン Khmer Kitchen Restaurant

やわらかな麺に定評あり。不動の人気を誇る店。ポットに入れたかぼちゃや肉などをオーブンで焼くメニューはこの店ならでは。

クメール・キッチン

現地名:
Khmer Kitchen Restaurant
住所:
Near Old Market
地図を見る »
アクセス:
オールド・マーケットからすぐ
TEL:
012-763-468
営業時間:
9:00~22:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.khmerkitchens.com

ご当地スイーツBest 10

カンボジアの人は甘いものが大好き。レストランやカフェ、屋台などで食べられる定番スイーツを楽しみたい。

①かぼちゃのプリン

「ロッパウ・ソンクチャー」と呼ばれる、かぼちゃの中に甘いココナツミルクを注いでまるごと蒸したプリン。素朴な甘さでほっとする味

336305

②バナナのタピオカ&ココナツがけ

煮込んだバナナにタピオカとココナツミルクをかけた「チェイク・クティ」

336295

③緑豆入り白玉しるこ

「バン・チャヌー」と呼ばれる、緑豆入り白玉をしょうがとココナツミルクで煮込んだおしるこ

336286

④仙草ゼリーのココナツミルクがけ

仙草でできたゼリーにココナツミルクをかけた「チャー・フォーイ・クマウ」。仙草は体の熱を冷ます効果がある

336277

⑤タピオカととうもろこしのココナツミルクがけ

食感が違う2つの食材を使っていて、食べごたえ十分。「ボッボー・ボオット」と呼ばれている

336267

⑥緑豆のぜんざい

「ボボ・チャーエ・ダァヴ」と呼ばれる緑豆とココナツミルクを甘く煮込んだ、カンボジア版のぜんざい

336259

⑦揚げバナナ

カンボジアの揚げバナナ「チェーク・チェン」は黒ごまをまぶしてカラッと揚げている

336243

⑧緑豆のドーナツ

ペースト状にした緑豆を、丸めて揚げ、砂糖をまぶした「ノム・ポーン・アンソーム」

336251

⑨トロピカルフルーツのかき氷

フルーツたっぷりのトロピカルかき氷は「ボンアエム・プラエ・チュー・クロウモック」。ココナツミルクと練乳をかけて食べる

336235

⑩バナナのちまき

バナナの葉に包まれたバナナともち米の甘いちまき。「オンソーム・チェーク」と呼ばれる

336227

散策中にちょっとひと息…シェムリアップのカフェ

街には自然を満喫できる素敵なカフェが多くある。のびのびと過ごせるテラス席や、ヘルシーなメニューを楽しもう。

ピース・カフェ Peace Cafe

ロハスな西洋人が集まる、川沿い近くにあるガーデンカフェ。料理はすべてベジタリアンメニュー。ヘルシーなハンバーガーや全粒粉の自家製パンを使ったパニーニやサンドイッチが人気。寿司やおにぎりなど日本食もある。2階ではヨガなどの講座も催している。

361690

ボリューム満点のベジバーガーUS$4とウォーターメロンシェイクUS$1.50

401295

シェムリアップ川沿いの閑静な場所にある。木々の中に点在するテラス席で自然を満喫

ピース・カフェ

現地名:
Peace Cafe
住所:
Achar Sva St.
地図を見る »
アクセス:
オールド・マーケットから車で7分
TEL:
063-965-210
営業時間:
7:00~21:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.peacecafeangkor.org
日本最大の海外レストラン予約サイトでは、
「日本語」で安心して予約できます。
ピース・カフェをネット予約 »

コンサバトリー The Conservatory

ラッフルズ・グランド・ホテル・ダンコール内にある、英国式とクメール式のアフタヌーンティーセットが味わえるカフェ。在住外国人やウォークイン客の利用も多い。一流パティシエが創作した数々のスイーツはどれも美味。屋外テラス席もある。優雅な午後を過ごしたい。

357981

アフタヌーンティーセットの紅茶は数種類から選べる

357999

クメール式にはエビのフリッターなども

357990

庭を眺め、優雅なひとときを過ごせる

コンサバトリー

現地名:
The Conservatory
住所:
No.1, Angkor Wat Rd.
地図を見る »
アクセス:
オールド・マーケットから車で5分
TEL:
063-963-888
営業時間:
7:00~23:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.raffles.com/siem-reap/
日本最大の海外レストラン予約サイトでは、
「日本語」で安心して予約できます。
コンサバトリーをネット予約 »

カフェ・プカプカ Cafe Puka Puka

南国フルーツたっぷりのデザートが魅力。アンコール・クッキーと同じ敷地にある日本人経営のカフェ。新鮮なトロピカルフルーツを使ったシェイクやアイス、かき氷などは安全な水や氷を使用しており、ローカルフードが安心して楽しめる。日本語メニューも用意している。

カフェ・プカプカ

現地名:
Cafe Puka Puka
住所:
Opposite to Sofitel Angkor Phokeethra Golf & Spa Resort, Angkor Wat Rd.
地図を見る »
アクセス:
オールド・マーケットから車で6分
TEL:
017-976-660
営業時間:
9:30~19:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.angkorcookies.com
日本最大の海外レストラン予約サイトでは、
「日本語」で安心して予約できます。
カフェ・プカプカをネット予約 »

ラ・ブーランジェリー・カフェ La Boulangerie Cafe

おすすめは自家製フランスパン。パブ・ストリートの裏手にあるベーカリーカフェ。毎日焼きたてのホームメイドパンは在住者のリピーターも多い。いちばん人気のパニーニは好みの具を選んで注文でき、値段も手ごろ。座席はオープンエアとエアコンルームが選べる。

359338

エクレアやマカロンなど、スイーツの種類も豊富

359346

正面のショーケースには人気のパンが並ぶ

359355

地元の常連さんも多く、くつろげる店内

ラ・ブーランジェリー・カフェ

現地名:
La Boulangerie Cafe
住所:
Near Old Market
地図を見る »
アクセス:
オールド・マーケットから徒歩3分
TEL:
063-690-1501
営業時間:
6:00~22:00
定休日:
無休 

この記事のタグ

まっぷるベトナム ホーチミン・ハノイ’18

  • 発売日:2017年06月07日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるベトナム ホーチミン・ハノイ’18」です。掲載した内容は、2017年3〜4月現在の取材・調査によるものです。諸事情による変更の可能性があります。ご利用の際は、改めて事前にご確認ください。
その他:
●料金の単位は、ベトナムドン(VND)またはUSドル(US$)で表示しています。※2017年4月現在、1万VND=約50円、US$1=約110円、US$1=約2万3000VND ●料金のほかに、別途付加価値税(VAT)10%がかかります。また、スパや中級以上のホテルやレストランでは、付加価値税(VAT)10%とサービス料5%〜がかかる場合があります。サービス料は店によって異なるので、事前にご確認ください。 ●アルファベット表記の発音記号は省略しています。カナ表記についても、日本語では表現しきれない微妙な発音があります。また、本書内でのベトナム語音の表記は、おもに北部地方の発音に従っています。 ●ショップやレストラン、ホテルとの個人的なトラブルに関して、弊社では責任を負いかねますのでご了承ください。
アンコールワットのツアー