2018年1月6日

イタリア

失敗しない!イタリアの【お土産】攻略法&オススメ20選

by Fish & Tips

ムラノ硝子工芸品

別名:ベネチアンガラス製品。そうです、ベネチア土産になりますが、ベネチアのムラノ島がこの有名なムラノ硝子工芸品を生み出しています。恐らくその他イタリアのセレクトショップなどで見受けられることもあります。硝子工芸品なので、例えばグラスやお皿などの食器類から細かい硝子を使ったアクセサリー、定番のキーホルダーなど観光土産様に様々生産しています。

革製品

9279873592_212547edf5_z[1]
by Nirvana (Nails by Nina), CC BY

フィレンツエでは革製品の生産が有名です。やはりMade in Italyだけあって、クオリティーが良く、カラーが豊富、そして日本で買う革製品よりお手頃な価格です。ペローニ(Peroni)の小銭いれは日本でも持っている人が多いですが、その他手袋、カードケースなどであればお値段が張らずに購入できます。

ヴェネツィアン硝子

硝子細工で有名なヴェネツィアには、何とも美しい硝子細工の土産物店が多数軒を連ねています。食器としての用途の物はもちろん、ネックレスやピアスなど女性にも喜ばれそうな商品も多くお土産には持ってこいです。スーツケースの中で割れてしまわないように、しっかり梱包して持ち帰りましょう。

12324530423_1f57003c09_z[1]
by Mark Hintsa, CC BY
12324377685_1883cb2f87_z[1]
by Mark Hintsa, CC BY

ランジェリー

イタリアでは街中でもよくランジェリーショップを目にします。(洋服屋さんの店舗内にランジェリーコーナーを設けてある場合も含め)上質なシルクやレースをあしらったものもあれば、刺激的なデザインのもの、デイリーユースのものまで、レディース・メンズ共に品揃えが豊富です。キャミソールやナイティなども含め、日本にはないデザインのものも多いのでオススメです。

10457370__7dSTg4fAbRH65Wj23CZgEm3-8D2h6vnvrdL9R1vW44[1]
Intimissimi Duomo, Foursquare.com
4192274_t7U-pF0r9ECwH6uoDKZSzB-5daNA5yqq1iex7MawJ2A[1]
Intimissimi Duomo, Foursquare.com
15164896_wWEvzw_ZR3kkIhMiLoBpjX2W9rAZbUQgQiru_FyM16E[1]
Intimissimi Duomo, Foursquare.com

ヌテラ

ヌテラはイタリア生まれのパンなどに塗るチョコレート味のクリーム。子供たちの大好きな瓶詰めの商品です。

4495015694_0a04f4ca4e_z[1]
by notfrancois, CC BY
2341580658_5ecb8982eb_z[1]
by ninacoco, CC BY

イタリアのおすすめホテル

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

イタリアのツアー