2017年8月24日

アンコールワット

アンコール・ワット遺跡群 完全攻略ナビ

by Fish & Tips

Angkor Wat Temple, Siem reap, Cambodia
by fotolia - ©Alexander Ozerov

初めての人も行ったことのある人も、出発前にアンコール遺跡群の基本を頭に入れておけば、旅の思い出もより良いものに。これさえおさえておけば下調べはバッチリ!

Q. アンコール遺跡群って何?

A. 9世紀から約600年続いたアンコール王朝の首都の跡

カンボジア北西部にある都市、シェムリアップの市街から7㎞ほど北に位置する遺跡群。1992年にユネスコ世界遺産に登録。遺跡群を代表するアンコール・ワットはヒンドゥ教の寺院建築。

291655

遺跡にからまる巨木の根の姿に、悠久の時を感じられるタ・プローム

アンコール王朝とは?

かつて東南アジアに存在していた王国で、現在のカンボジアの礎。7世紀頃からクメール人がアンコール地方に移り住み始め、802年、ジャヤヴァルマン2世の即位によって創建。シャム(現在のタイ)との戦いにより、1431年に滅亡した。クメール王朝とも呼ばれている。

ヒンドゥ教とは?

バラモン教から聖典を引き継ぎ、土着の神々や崇拝様式、また仏教の影響を受けて形成されてきた多神教。インドから伝来し、クメール独自の宗教観を築いた。

Q. ベストシーズンは?

A. 11月上旬〜1月下旬がおすすめ!

一年を通して高温多湿で、雨季が5〜10月、乾季が11〜4月。4月が最も暑い。観光におすすめなのは11月上旬〜1月下旬頃。

・2月~4月 乾季(暑季)
乾季は日中の日差しは強いが、からっとしていて過ごしやすい。しかし埃っぽいためマスクやサングラスがあると便利。

・5月~10月 雨季
日本の梅雨のように一日中降り続くわけでなく、スポット的に大雨(スコール)が降ることが通常。雷をともなうことも多いので傘よりもレインコートが便利。例年8~10月の降水量が多い。

・11月~1月 乾季(涼季)
日中は30度を超えることもあるが、一年を通じていちばん過ごしやすい時季。朝晩は冷え込むので長袖があるとよい。

Q. どうやって行くの?

A. 日本とベトナムからは飛行機の利用が一般的

●日本から
成田から首都プノンペンへの直行便は1日1便。そのほか、ホーチミンやハノイ、バンコクを経由するのが一般的。成田、羽田、関空、福岡、中部から便が出ており、所要時間はフライトによるが、8〜10時間ほど。

●ベトナムから
カンボジアの首都・プノンペンから北西へ約300㎞のシェムリアップ。ベトナム航空を利用するのが一般的。ホーチミンからは毎日5便、所要時間は約1時間。ハノイからは毎日3〜4便の運航で約1時間45分。ビザが必要。

Q. 服装や持ち物で気をつけることは?

A. 暑さ対策と神聖な場所だということを忘れずに!

カンボジアの気候は高温多湿。涼しい服装で臨みたい。ただし、神聖な場所なので、肩が出るような露出し過ぎた格好はひかえよう。また、足場が悪いところも多いので、歩きやすい靴がよい。暑さ・熱中症対策に帽子やタオル、飲み水なども持参しよう。暗い場所で役立つ懐中電灯などもあると便利。

服装&持ち物チェックリスト
□歩きやすい靴
□露出し過ぎていない服装
□日傘or帽子
□サングラス
□日焼け止め
□タオル
□雨具
□懐中電灯
□ミネラルウォーター

Q. 生水は飲める?

A. 生水は口にせず、ミネラルウォーターを購入しよう

街や主要遺跡のそばの売店などでUS$1前後で購入可能。熱中症対策にこまめな水分補給を。

まっぷるベトナム ホーチミン・ハノイ’18

  • 発売日:2017年06月07日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるベトナム ホーチミン・ハノイ’18」です。掲載した内容は、2017年3〜4月現在の取材・調査によるものです。諸事情による変更の可能性があります。ご利用の際は、改めて事前にご確認ください。
その他:
●料金の単位は、ベトナムドン(VND)またはUSドル(US$)で表示しています。※2017年4月現在、1万VND=約50円、US$1=約110円、US$1=約2万3000VND ●料金のほかに、別途付加価値税(VAT)10%がかかります。また、スパや中級以上のホテルやレストランでは、付加価値税(VAT)10%とサービス料5%〜がかかる場合があります。サービス料は店によって異なるので、事前にご確認ください。 ●アルファベット表記の発音記号は省略しています。カナ表記についても、日本語では表現しきれない微妙な発音があります。また、本書内でのベトナム語音の表記は、おもに北部地方の発音に従っています。 ●ショップやレストラン、ホテルとの個人的なトラブルに関して、弊社では責任を負いかねますのでご了承ください。
cset