2017年8月19日

シンガポール

シンガポール発!とれたての最旬NEWS情報!

by Fish & Tips

1460360

新スポットや交通関連の変更点など、最新の情報をお届け。日々進化していくシンガポールの変化を見逃さずに!

デジタルアートブーム到来2つのスポットを要チェック

チームラボの常設展示が相次いでスタート 2016年3・12月
最新テクノロジーを利用した、インタラクティブな「デジタルアート」を発表し続けている、日本のチームラボ。「シンガポール・ビエンナーレ2013」、「Art Stage Singapore 2014」と続けて出展した新作が人気を博していたが、2016年には日本国外初となる常設展示が、3月にマリーナベイ・サンズのアートサイエンス ミュージアム、12月にシンガポール国立博物館と、相次いで開始された。

シンガポール国立博物館 National Museum of Singapore

1460279

歴史建築のシティ・ホールを利用した博物館。チームラボの作品は中央のドーム部分を利用した大規模なもの

1446440

『Story of the forest』。鑑賞者が近づくと、美しい森が現れ動物たちが動きだす

シンガポール国立博物館

現地名:
National Museum of Singapore
住所:
93 Stamford Rd.
地図を見る »
アクセス:
MRTブラス・バサー駅から徒歩5分
TEL:
6332-3659
営業時間:
10:00~18:30(閉館は19:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.nationalmuseum.sg

アートサイエンス ミュージアム ArtScience Museum

1460360

蓮の花をモチーフとした巨大な建物内では、15のインスタレーションが展示されている

1446725

コンピューターで制御した無数の水の粒が美しい滝を出現させる『憑依する滝』

1446716

『光のボールでオーケストラ』。叩くと音が出て色が変わったり、周囲へ影響を与えるボールが、不思議ながらも楽しいアート空間をつくり出す

アートサイエンス ミュージアム

現地名:
ArtScience Museum
住所:
10 Bayfront Ave.
地図を見る »
アクセス:
MRTベイフロント駅からザ・ショップス・アット・マリーナベイ・サンズまですぐ
TEL:
6688-8826
営業時間:
10:00~18:00(閉館は19:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.marinabaysands.com/museum/future-world.html

ハローキティのカフェがチャンギ国際空港に登場 ハローキティ・オーキッド・ガーデンHello Kitty Orchid Garden Café

2016年5月チャンギ国際空港のターミナル3に、ハローキティのテーマカフェがオープンした。メニューやインテリアはキティちゃん尽くし。24時間営業なので、到着の際やフライトまで時間があるとき、いつでも気軽に訪れることできる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アジア中で大人気! キティ好きにはたまらない

1448263

キティちゃんモチーフのメニューがずらり

ハローキティ・オーキッド・ガーデン

現地名:
Hello Kitty Orchid Garden Café
住所:
チャンギ国際空港ターミナル3 1F到着ターミナル
地図を見る »
TEL:
6241-6127
営業時間:
24時間
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.hellokittyorchidgarden.com

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイに岩の庭園が登場

新しいエリアは日本人造園家が制作 2016年11月
マリーナエリアの名所として定着した今も、年々新しいエリアが完成するガーデンズ・バイ・ザ・ベイ。2016年に登場した岩をテーマにした「キャニオン」は、日本人造園家・稲田純一氏がデザインした。

14133347940_312928814d_z
Gardens by the Bay, Singapore, by mark and delwen, CC BY

中国山東省から集められた花崗岩が置かれている

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

現地名:
Gardens by the Bay
住所:
18 Marina Gardens Dr.
地図を見る »
アクセス:
MRTベイフロント駅から地下通路へ向かい、ドラゴンフライ・ブリッジを渡リ入園。タクシーの場合は、マリーナ・ガーデン・ドライブ沿いにあるメインゲートに到着
TEL:
6420-6848
営業時間:
5:00~翌2:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.gardensbythebay.com.sg

ミシュランガイドシンガポール版発行!

高級レストランもホーカー屋台も網羅 2016年7月
東南アジア初となるレストラン格付け本『ミシュラン』のシンガポール版が発行された。シンガポールのグルメ事情を反映して、ホーカーやストリートフードも掲載され、なかには星が付いたものも。世界で最も安く食べられるミシュラン星付き店といわれている。シンガポールの書店で見かけたら購入して、食べ歩きの案内にするのもよいだろう。

1460498

ジョエル・ロブション

リゾート・ワールド・セントーサにある、世界的なシェフがプロデュースしたフランス料理店。フランスや日本など各地での成功に続き、シンガポールでは唯一の3ツ星を獲得した。

1459044

ジョエル・ロブション

現地名:
Joel Robuchon
住所:
ホテル・マイケル(TM)内
地図を見る »
TEL:
6577-6688
営業時間:
18:00~22:30
定休日:
日・月曜 
ジョエル・ロブションを予約する »

利苑

修道院を改装した施設・チャイムス内にある本格広東料理店。発祥である香港の本店と同様、ここでも1ツ星を獲得。広東料理店はほかにも多数掲載されている。

1460934

利苑

現地名:
Lei Garden
住所:
#01-24 Chijmes, 30 Victoria St.
地図を見る »
アクセス:
MRTシティ・ホール駅から徒歩3分
TEL:
6339-3822
営業時間:
11:30~14:30、18:00~21:30(閉店は22:30)
定休日:
無休 
利苑を予約する »

松發肉骨茶

地元客、旅行者ともに多く集う、スペアリブを煮込んだローカルフード・バクテーの人気店。安くておいしい店を示すビブグルマンに選ばれた。

1460766

松發肉骨茶

現地名:
SONG FA bak kut teh
住所:
17 New Bridge Rd. #01-01
地図を見る »
アクセス:
MRTクラーク・キー駅から徒歩2分
TEL:
6533-6128
営業時間:
9:00~21:15
定休日:
月曜 

天天海南鶏飯

チャイナタウンのマックスウェル・フード・センター内、連日行列ができるチキンライスの店。ホーカー内の店ながらビブグルマンに選ばれた。

1460850

天天海南鶏飯

現地名:
Tian Tian Hainanese Chicken Rice
住所:
マックスウェル・フード・センター #10/11, 1 Kadayanallur St.
地図を見る »
アクセス:
MRTタンジョン・パガー駅から徒歩7分
TEL:
9691-4852
営業時間:
10:00~19:00(売り切れ次第閉店)
定休日:
月曜 
Webサイト:
http://www.tiantianchickenrice.com

チャンギ国際空港新ターミナルオープン

東南アジア随一のハブ空港がさらに充実 2017年下半期(予定)
世界空港ランキングでナンバーワンに君臨するチャンギ国際空港だが、さらなる充実のための工事が続いている。新しいターミナル4は、チェックインや手荷物預けの自動化により大幅な効率化を行ない、快適な空港体験を実現。キャセイパシフィック航空、大韓航空、ベトナム航空、エアアジアグループが使用する。

6902138664_e0fa9a331c_z
Changi Airport, by Kobetsai, CC BY-ND

2020年にはターミナル5、2019年にはターミナル1に続く複合施設「ジュエル」も建設される©Changi Airport Group

空港での指紋認証始まる

すべての旅行者から指紋を採取するように 2016年4月
バイオスクリーンと呼ばれる出入国時の両手親指の指紋採取が、2016年4月からまず陸路・海路で、続いてチャンギ空港でも始まった。短期旅行者を含むすべての外国人に義務付けられている。スキャンの機械に両手の親指をのせるだけ。テロ対策などのために、日本でもとられている措置なので、とまどわずに協力しよう。

交通機関の料金について

MRTとバスは値下げ早朝割引は延長 2016年
2016年12月の料金改定では、燃料費の減少を受けてMRTとバスの料金は全体的に値下げになった。また、これまで路線によって違った料金体系が、距離を基準に統一され、わかりやすくなった。中心部の駅で8時までに改札を出ると割引になる早朝料金は、2016年6月までの予定だったが、1年間延長され2017年7月までとなっている。

Attention!! 楽しみにしていた人はご注意を!

シンガポールを代表するホテルラッフルズは全面改修中!

ラッフルズ・ホテルでは2017年2月〜2018年中頃にかけて、修復のため大規模な改修工事が行なわれる。2017年8月からはハイティーが人気のティフィン・ルームや客室の一部がクローズ。2017年12月には施設全体がクローズとなる。憧れのホテルでの宿泊や食事を楽しみにしている人は多いと思われるが、生まれ変わったラッフルズに期待して次の機会を待とう。

1451657

ラッフルズ

現地名:
Raffles Hotel Singapore
住所:
1 Beach Rd.
地図を見る »
アクセス:
MRT City Hallシティ・ホール駅から徒歩5分
TEL:
6337-1886
Webサイト:
http://www.raffleshotel.com

アラブ・ストリートの名物シーシャ(水たばこ)が禁止に

アラブ・ストリートのカフェなどで提供されていたイスラム圏の嗜好品、シーシャ(水たばこ)。2014年に輸入や販売が禁止されていたが、2016年8月からは店での提供も全面禁止になった。シーシャをメインにしていた店は廃業したところも多いそう。なお、近年日本で広まっている電子たばこは持ち込み禁止なので注意。

1451656

この記事のタグ

まっぷるシンガポール’18

  • 発売日:2017年05月22日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるシンガポール’18」です。掲載されている営業時間や表記などのデータは、2017年1月〜3月の調査・資料に基づくものです。諸事情により変更になる可能性がありますので、ご利用の際にはご確認ください。
その他:
●掲載の商品は取材時のもので、売り切れなどで取り扱っていない可能性があります。 ●料金、価格の単位は原則としてシンガポール・ドル(S$)で表示しています。2017年3月現在、S$1=約81円です。なお、一部はアメリカ・ドル(US$)で表示しています。