2017年12月24日

パリ

フランス・パリ出入国ガイド&空港からのアクセス

by Fish & Tips

Fotolia_179303016_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©sasakiken

パリへのアクセス ACCESS

東京からパリへは12時間を超すロングフライト

フライト・スケジュール(FLIGHT SCHEDULE)

東京・大阪からパリへの所要時間約12時間30分〜13時間
2016年10月現在、日本からパリへの直行便は、成田空港から毎日2〜3便、羽田空港からは毎日3〜4便、関西国際空港から水・金曜以外の毎日1便のノンストップ直行便が運航している。運航会社は、日本航空(JAL)、ANA、エールフランス航空の3社だ。一般的なフライト・スケジュールは午前中に出発して夕方にパリ着。深夜便はエールフランス航空の羽田発があり、早朝にパリに着く。直行便以外では、ヨーロッパの都市との経由便が乗り継ぎの待ち時間も少なく、利用しやすい。日本の地方都市からパリへのフライトは、羽田や成田など国内で乗り継ぐか、ソウルや上海、北京などアジアの都市で乗り継ぐルートが便利。どちらも所要16〜18時間ほど。

直行便がある航空会社の連絡先
エールフランス航空
[電話] 03-5767-4143 
www.airfrance.co.jp
日本航空(JAL)
[電話] 0570-025-031 
www.jal.co.jp
ANA
[電話] 0570-029-333 
www.ana.co.jp

パリへのノンストップ直行便

成田(NRT)-シャルル・ド・ゴール空港(CDG)
エールフランス AF 1便 12時間45分
日本航空 JL    1便 12時間45分

羽田(HND)-シャルル・ド・ゴール空港(CDG)
日本航空 JL    1便 12時間45分
エールフランス AF 1~2便 12時間50分
ANA NH       1便 12時間45分

関西(KIX)-シャルル・ド・ゴール空港(CDG)
エールフランス AF(KLMオランダ航空 KL) 週5便 12時間45分

2016年10月現在。運航便数は1日あたり。運航便数や所要時間は季節により変動あり。( )はおもな共同運航会社。AF(KL)の場合、予約した便がKLMオランダ航空でも、機材や乗務員、チェックインカウンターはエールフランス航空になる。

パリへの乗り継ぎ便の目安

成田(NRT)-シャルル・ド・ゴール空港(CDG)
エールフランス航空 AF/KLMオランダ航空 KL アムステルダム経由 14時間20分(待ち時間55分)

大韓航空 KE ソウル経由 17時間20分(待ち時間2時間10分)

ルフトハンザドイツ航空 LH フランクフルト経由 14時間55分(待ち時間1時間10分)

ブリティッシュ・エアウェイズ BA ロンドン経由 17時間10分(待ち時間3時間5分)

ANA/エールフランス航空 AF デュッセルドルフ経由 16時間5分(待ち時間2時間40分)

アエロフロート・ロシア航空 SU/エールフランス航空 AF モスクワ経由 16時間40分(待ち時間2時間10分)

フィンランド航空 AY ヘルシンキ経由 14時間15分(待ち時間45分)

2016年10月現在。所要時間は時期により変更があります。

機内への持ち込み禁止・制限物

●液体物
液体物(ジェル、クリーム、ペースト、エアゾールなども含む)は100mℓ以下の容器に入れ、総容量1ℓ以下のジッパー付のプラスチック製の袋に入れなければならない。1ℓを超える場合はスーツケースなど機内に預ける荷物に入れる。漬物、缶詰、歯磨き粉なども対象になるので注意したい。直行便であれば免税店で購入した化粧品、酒類などの液体物は容量にかかわらず持ち込み可能。

●刃物
包丁、カッターなど刃物は、どんな形状でも持ち込み禁止。スーツケースなどに入れ、機内に預けなければならない。

●ライター 
1人1個に限り持ち込み可能。内燃式のトーチライターなどは禁止。預ける荷物に入れるのは不可。

手荷物として機内に持ち込める液体物

ジッパー付のプラスチックの袋。容量1ℓ以下、X+Y≦40㎝
各容器の容量は100mℓ以下に。容器が100mℓを超えるものは中身が100mℓ以下でも持ち込めない

対象となる液体物
シャンプー・リンス
歯磨き粉
缶詰
漬物

出入国の手続き IMMIGRATION

スムーズに動くために流れを確認

日本出国(DEPARTURE FROM JAPAN)

➀空港ターミナルへ

出発2時間前を目安に空港へ着くようにしたい。成田や関空の場合は、利用する航空会社のターミナルを確認しておく。

➁チェックイン

航空会社のカウンターや自動チェックイン機で、パスポートと航空券(Eチケット控え)を提出。大きな荷物を預けて、荷物引換証と搭乗券を受け取る。フライトによっては、事前にオンラインでチェックインすることも可能。100mlを超える水分を含む荷物や、刃物類は、機内持ち込みが制限されているので、預ける荷物の中に入れておく。

➂セキュリティチェック

機内へ持ち込む荷物のX線検査と、検査ゲートでのボディチェックを受ける。小さいものでも刃物類は持ち込めない。

④税関申告

高価な外国製品を持ち出す場合は、税関の窓口で、外国製品の持出し届を提出、承認を得る必要がある。申告する品物は同時に提示するので、手荷物の中へ。

➄出国審査

日本国のパスポート所有者はパスポートと搭乗券を審査官に提示。

➅搭乗ゲート

搭乗券にあるゲート番号を確認し、両替や買物などが済んだら搭乗ゲートへ。

231075

シャルル・ド・ゴール空港は近代的な造りが話題になった

フランス入国(ENTRY INTO FRANCE)

➀空港ターミナルへ

長いフライトを終えてシャルル・ド・ゴール空港に到着し、飛行機を降りたら、「Contrôle des Passeports」の案内板に従って入国審査カウンターに並ぶ。

➁入国審査

ブースはEU諸国内パスポート保持者と、それ以外(Autres Passeports)に分かれているので、EU以外に並ぶ。必要な書類はパスポートだけ。念のため、帰りの航空券も用意しておきたい。滞在期間や目的について英語で簡単な質問をされることもあるので、「Sightseeing」「One Week」などと答えればOK。シャルル・ド・ゴール空港の入国審査では、スタンプが押されないこともよくあるので、必要ならきちんと伝えたい。入国カードは不要。

➂預けた荷物の受け取り

搭乗した飛行機の便名が書いてあるターンテーブルで、機内に預けた荷物を受け取る。破損や紛失の場合は荷物紛失カウンター(Services Bagages)にクレーム・タグを提示して、申し出る。

④税関検査

免税範囲なら検査はなし。「Rien à déclarer(申告なし)」と書かれた緑のランプの出口へ向かおう。範囲外なら「Objets à déclarer(申告あり)」と書かれた赤いランプのブースで持ち込む品物を申告する。

フランス入国時の免税範囲

●酒類 
アルコール分22度を超える酒類1ℓ、または22度未満の酒類2ℓおよび、非発泡ワイン4ℓ、ビール16ℓなど

●たばこ
紙巻たばこ200本、葉巻50本など

●その他 
空路、海路入国は€430、陸路は€300以下の品物(15歳未満は€150)

※ユーロ、外貨の持ち込み制限はないが、€1万以上の現金や有価証券などを持っている場合は出入国時に申告が必要
※17歳未満の酒、たばこの持ち込みは禁止

トラベルデイズ パリ

  • 発売日:2012年07月02日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ パリ」です。掲載している情報は、2016年5〜7月にかけての取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。 最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。
パリのツアー