2017年12月24日

パリ

パリでピクニック!晴れた日は緑の中へ出かけよう!

by Fish & Tips

203257

パリには公園が多く、通りの隣で急に緑が青々と茂っていることも。パリジャンたちが愛する公園は、それぞれに特徴があって個性的。調べてみれば由緒正しい貴族の庭園だったりするから驚きだ。観光や買物で疲れたときに訪れて、小さな自然に癒されたい。

緑のなかへ。パリをピクニック

緑豊かなたくさんの公園には、のんびりとした素顔の、もうひとつのパリがある。都会の喧騒に疲れたら、公園を訪れて、それぞれの楽しみ方で身も心もチャージしたい。

パリの公園

パリ市民の日常に欠かせない公園は、みんなの憩いの場。芝生を駆けまわる子供たち、読書に興じたり、寝転んで肌を焼いたりしている若者や、広い公園だと、スポーツをする人も。公園とひとくちに言っても、いくつか種類がある。もともと王侯貴族の私有地だった庭園(Jardin)、比較的新しい市民のための公園(Parc)、市内各所にある小さな辻公園(Square)などだ。パリの東西の郊外には大きな森が2つあり、週末は家族連れで賑わう。

201232

公園のマナー

●トイレ
パリには公衆トイレが少ないので、カフェのトイレが便利。€0.50くらいのチップを渡すか、コーヒーを1杯注文するのを忘れずに。

●ゴミ
公園や道路など公共の場所には、緑の透明なゴミ袋が設置されている。楽しい時間を過ごしたら、きちんとゴミを捨てて帰りたい。

パリ・プラージュ Paris Plages

「パリの浜辺」という意味の、毎年夏の恒例イベント。バカンスシーズンの1カ月間、セーヌ河畔に砂を敷き詰め、都会にいながらビーチ気分を味わえる。無料でパラソルやデッキチェアを貸し出し、カフェやレストランも出店。無線インターネットや週末夜のコンサートも無料とあって大賑わいだ。

202655

晴れた日は、公園でピクニック・ランチ

長い冬を越えて、春が訪れると、誰もが日差しを求めて外に出かける。天気の良い日は公園でピクニックをするのがパリ市民のお気に入り。ワインやチーズ片手にわいわいおしゃべりしている。夏場は21時過ぎまで明るいので、うっかりして閉園時間を過ぎないように注意。公園によってはピクニックが禁止のところも。

202316

フォアグラ・ポエレ・オ・ポム Fois Gras Poêlé aux pommes

€17
豪華なフォアグラとリンゴのハーモニー

202672

ジェラール・ミュロ

現地名:
Gérard Mulot
住所:
76 Rue de Seine, 6e
地図を見る »
アクセス:
メトロ10号線 Mabillonマビヨン駅から徒歩4分
TEL:
01-43-26-85-77
営業時間:
6:45~20:00
定休日:
水曜、8月頃の1か月 
Webサイト:
http://gerard-mulot.com

サラダ Salade

€3.60〜
ベトラヴ(ビーツ)、ニンジン、リンゴ入りのサラダは食感がよい

214204

ボコ

現地名:
Boco
住所:
3Rue Danielle Casanova, 1er
地図を見る »
アクセス:
メトロ7・14号線 Pyramidesピラミッド駅から徒歩3分
TEL:
01-42-61-17-67
営業時間:
11:00~22:00
定休日:
日曜、一部祝日 
Webサイト:
http://www.boco.fr

ブリオッシュ・ナチュール Brioche Nanterre

€1.35〜
ほんのり甘くてふんわりした食感が楽しめる

202700

ル・ブーランジェ・デザンヴァリッド

現地名:
Le Boulanger des Invalides
住所:
14 Av. de Villars, 7e
地図を見る »
アクセス:
メトロ13号線 Saint-François-Xavier サン・フランソワ・グザヴィエ駅からすぐ
TEL:
01-45-51-33-33
営業時間:
7:30~20:00
定休日:
日曜、一部祝日 

ブーローニュの森 Bois de Boulogne

パリ西部に優雅に広がる、巨大な都会のオアシスに憩う
863haもの敷地面積を誇る、広大な森。フランス革命や、外国軍の野営などによる荒廃の歴史を経て、ナポレオン3世が1852年にパリ市に譲渡。県知事オスマンらの尽力によって、イギリス様式の公園が誕生した。多彩な庭園をはじめ、遊園地、動物園、競馬場に3ツ星レストランなど、数々の見どころがある。そのため、1日ですべてをまわるのは無理というもの。目的を決めて出かけるのが得策だ。日中の優雅な雰囲気とは違い、夜はあまり治安が良いとはいえない。レストランなどに出かける場合も車を使うなど注意したい。

201232

レンタルボートは1時間€12。借りるには€50ほどの保証金が必要。ATMもないので、現金を用意しておきたい

204078

思い思いに楽しんでいる

バガテル公園 Parc de Bagatelle

花が好きな人におすすめ。園内のいたるところで季節の花を楽しむことができる。とくに5月下旬から6月中旬のバラ園は美しさで名高い。

[時間] 9:30〜20:00(10月は〜18:30、冬季は〜17:00)
[休み] 無休
[料金] 夏季€6(そのほかは無料)

203630

ジャルダン・ダクリマタッション Jardin d'Acclimatation

開園150周年という歴史ある遊園地。子連れのパリ市民で賑わっている。動物園やノルマンディ風の農場、大人形館、さらにはボウリング場など多様なアトラクションを擁している。

[電話] 01-40-67-90-85 
[時間] 10:00〜19:00(10〜3月は〜18:00)
[休み] 無休 
[料金] €3 
www.jardindacclimatation.fr

203638

オートゥイユ温室庭園 Jardin des Serres d'Auteuil

19世紀末の建築家フォルミジェによって設計された広大な庭園。アザレアと菊の展示会で有名。温室ごとに多種多様な樹木、観葉植物、花が栽培される。

[時間] 8:00(土・日・月曜9:00)〜17:00(春季は〜19:30、夏季は〜20:30) 
[休み] 無休 
[料金] 無料、展覧会時€8

203994

プレ・カトラン庭園 Jardin du Pré-Catelan

暗殺された吟遊詩人、カトランにちなんだ庭園。高級レストランや野外劇場がある。その枝ぶりはパリ随一の、樹齢およそ200年の紫ニレの巨木が心地よい日陰をつくってくれる。 

[時間] 9:30〜20:00(10月は〜18:30、冬季は〜17:00)

ブーローニュの森

現地名:
Le Bois de Boulogne
住所:
Bois de Boulogne
地図を見る »
アクセス:
メトロ1号線 Porte Maillotポルト・マイヨー駅から徒歩7分
営業時間:
入場自由

ヴァンセンヌの森 Bois de Vincennes

歴史と自然がいっぱい 緑豊かな東の森に広がる庭園
パリの東に位置するヴァンセンヌの森は、西のブーローニュの森とともに「パリの肺」と呼ばれている。12世紀にはフィリップ・オーギュスト王の狩猟場だったこの森は、なんと995haもの敷地面積を誇り、花公園や湖などの豊かな自然のほか、競馬場、動物園、アフリカ・オセアニア博物館と、じつにバラエティ豊か。気取らない雰囲気が魅力だ。2種類の遊歩道(全周コースと小コース)があり、多くの人が散歩をしているが、人けのない場所へは行かないよう注意が必要だ。

ヴァンセンヌ城 Château de Vincennes

パリで最古の歴史的建造物。王宮、牢獄、陶磁器工房、武器庫として利用され、さらには第二次世界大戦下でドイツ軍に占領されるなど、数奇な運命を経てきた。現在は17世紀様式に修復され、主塔からは森の全景が見渡せる

[電話] 01-48-08-31-20 
[時間] 10:00〜18:00(9〜4月は〜17:00)
[休み] 一部祝日 
[料金] €8.50 
www.chateau-de-vincennes.fr

204784
204791

動物園 Parc Zoologique

2014年 4月にリニューアルした動物園。ライオンやキリンから鳥類、爬虫類、魚類などさまざまな動物に出会うことができる。

[電話] 08-11-22-41-22 
[時間] 9:30〜20:30 冬季10:00〜17:00 ※変動あり 
[休み] 無休
[料金] €22 
www.parczoologiquedeparis.fr

204798

アフリカのサバンナを模した広々とした空間を、キリンがのんびり歩く

204805

温室風の建物の中には、側面から見える水槽もある

パリ花公園 Parc Floral de Paris

30haもの敷地内に数百種類の花が咲き誇る。ダリア園、睡蓮の池、花の谷や四季の園などがあり、季節ごとに訪れたい。

[電話] 01-43-28-41-59 
[時間] 9:30〜17:00(春・夏季は〜21:00) 
[休み] 無休 
[料金] 水・土・日曜は€6(そのほかは無料) 
www.parcfloraldeparis.com

204812

ヴァンセンヌの森

現地名:
Le Bois de Vincennes
住所:
Bois de Vincennes
地図を見る »
アクセス:
メトロ1号線Château deVincenneシャトー・ド・ヴァンセンヌ駅からすぐ
営業時間:
入場自由

リュクサンブール公園 Jardin du Luxembourg

気軽に散策できるパリ6区の公園
17世紀にアンリ4世が暗殺されたのち、王妃マリー・ド・メディシスの命令によって建造された宮殿の庭園として、リュクサンブール公園が造られた。一部を除いてフランス様式が採用された庭園には、人形劇場、メリーゴーランド、噴水のある池、マロニエの並木などがあり、パリ市民たちが憩う。園内には90もの彫像が立っており、なかでもスタンダール、ボードレール、ジョルジュ・サンドなど、文豪・詩人たちの像が有名で、文学好きなら探して歩いてみるのもよい。

204957

公園には学生や親子連れ、老夫婦までたくさんの人が訪れる

リュクサンブール宮殿 Palais du Luxembourg

フランスとトスカーナの折衷様式が特徴的な王妃の宮殿。現在はフランス養老院が入っており、内部は見学できない。

205205

メディシスの泉 Fontaine de Médicis

1624年に作られた、見事なイタリア様式の噴水。プラタナスの木陰には、パリジャンたちがくつろいでいる。

205213

リュクサンブール公園

現地名:
Jardin du Luxembourg
住所:
Jardin du Luxembourg, 6e
地図を見る »
アクセス:
RER B 線Luxembourgリュクサンブール駅からすぐ
TEL:
01-40-46-08-88
営業時間:
季節により異なる(開園は7:30~8:15の間、閉園は16:45~21:30の間)
定休日:
無休 

植物園 Jardin des Plantes

まるで自然の一大テーマパークのよう
1624年にルイ13世の侍医が、シテ島にあった王立薬草園を移転したことが始まり。この植物園では、それぞれの気候や地形に合わせた庭園で植物が栽培されている。たとえば温室庭園ではオーストラリアなどの熱帯植物が、高山植物園ではアルプスなどの山岳地帯の植物が見られる。植物教室にはなんと1万種以上の植物が、わかりやすく分類されていて興味深い。動物園や昆虫展示館、ロマンあふれる迷路庭園などもある。

204964

自然について楽しく学べる

ルイイ公園 Jardin de Reuilly

パリ初の炭酸水飲み場が設置された 
最近では美容にも良いとされ、人気の炭酸水が、この公園では無料で飲める。これはパリ市水道局が設置したもので、常温水、冷水、炭酸水の3種類を提供している。ゴミを出さないので、エコロジカルなのもうれしい。

205287
205294
205301

多くの市民が、容器を片手に水をもらいに来る

ルイイ公園

現地名:
Jardin de Reuilly
住所:
1 Rue Albinoni 12e
地図を見る »
アクセス:
メトロ8号線 Montgallet モンガレ駅から徒歩3分
営業時間:
8:00~20:30、閉園時間は季節により変更あり
定休日:
無休 

チュイルリー公園 Jardin des Tuileries

起伏のあるシンメトリーが美しい
東西をコンコルド広場とルーヴル美術館に挟まれ、南側をセーヌ川が流れる。16世紀に王太后カトリーヌ・ド・メディシスが、ゴミ捨て場だったこの土地を買い取り、イタリア様式の庭園を造らせた。これをのちに造園家ル・ノートルがフランス式庭園に生まれ変わらせた。公園の随所にロダンやカインなどの巨匠による彫刻群があり、見応えがある。

205636

土地の傾斜を巧みに利用して遠近感をつくり出している

205648

セーヌ沿いの水辺のテラスは、かつて王族の遊び場だった

チュイルリー公園

現地名:
Jardin des Tuileries
住所:
Pl. de la Concorde, 1er
地図を見る »
アクセス:
メトロ1・8・12号線Concordeコンコルド駅からすぐ
営業時間:
7:00~21:00(6・7月は~23:00)、冬季7:30~19:30
定休日:
無休 

モンソー公園 Parc de Monceau

閑静な住宅街にあり、高級感が漂う
もともとはオルレアン公爵が1778年に造らせた庭園があった。当時はピラミッドやオランダの風車、ローマの模擬海戦場など世界中の建物のミニチュアが共存した幻想的な空間だった。のちにイギリス風に改造されたが、往時の建物の一部は現在でも残っている。スズカケやイチョウなどの美しい木々や、随所に配置された彫刻を眺めて歩きたい。

205642

昔から裕福な地区であり、静かでエレガントな雰囲気

205654

歴史的建造物のロトンド・ド・モンソーは元入市税徴収所

モンソー公園

現地名:
Parc de Monceau
住所:
Bd. de Courcelles, 8e
地図を見る »
アクセス:
メトロ2号線Monceauモンソー駅からすぐ
TEL:
01-42-27-39-56
営業時間:
7:00~22:00(冬季は~20:00、9月は~21:00)
定休日:
無休 

アンドレ・シトロエン公園 Parc André Citroën

気球に乗って空の散歩が楽しめる
15区のセーヌ左岸にある、大手自動車メーカーの創業者の名を冠した公園。1970年代までこの場所にはシトロエンの製造工場があった。その後、首都の都市化計画によって1992年に公園として一般公開された。

205667

天候がいい日は気球に乗ってパリを一望したい。最高で上空150mまで上がることができる

205660

歴史のあるほかの公園とは異なり、ほとんどの建物が近代的で新しい

モンスリ公園 Parc Montsouris

オスマン改造で造られたイギリス庭園
起伏をうまく利用したこの回遊庭園は、1878年に完成した。グリニッジと子午線を争った旧パリ子午線を示す標識や、現在はなくなっているが中近東風の建物バルドもあった。またこの界隈は、モンパルナスに近いこともあり、20世紀初めにはジョルジュ・ブラックや藤田嗣治など多くの画家たちが実際に住んだ、アトリエ建築群が存在する。

206491

地下にはかつての採石場がなんと3kmも走っている

206507

曲がりくねった道を、建物を見ながら散歩するのも楽しい

ビュット・ショーモン公園 Parc des Buttes Chaumont

採石場跡の名残がそこかしこに
パリの北東、ベルヴィル地区にある公園。当時は採石場であり、石を切り出した穴にはゴミが打ち捨てられ、ひどい状態だった。しかしオスマンらは1864年から3年の月日を費やし、この起伏をまるごと利用して変化に富んだユニークな公園として生まれ変わらせた。池の中央にある、50mの岩山の展望台からは、郊外まで見渡すことができる。

206153

地面に開いた巨大な穴に、サン・マルタン運河から水を引き入れて造成された池は、公園の中心的存在だ

206160

「自殺者の橋」というあまり穏やかでない名前がついている

ビュット・ショーモン公園

現地名:
Parc des Buttes Chaumont
住所:
1 Rue Botzaris, 19e
地図を見る »
アクセス:
メトロ7B号線ButtesChaumontビュット・ショーモン駅からすぐ
営業時間:
7:00~22:00(10~4月は~20:00)
定休日:
無休 

ラ・ヴィレット公園 Parc de la Villette

広大な緑と近未来のコラボレーション
ここには1974年まで食肉処理場・食肉市場があったのだが、故ミッテラン首相のパリ再開発計画により巨大な公園へと姿を変えた。都市公園としては最大規模の55haの敷地内には、ガラスと鋼鉄の外観が目をひく科学産業博物館、迫力満点の3D映画館、多目的ホールを含む音楽の複合施設などがある。カフェやレストランも揃っている。

206500

夏季には野外コンサートも

206514

公園と現代アートの融合

ラ・ヴィレット公園

現地名:
Parc de la Villette
住所:
221Av. Jean Jaures, 19e
地図を見る »
アクセス:
メトロ5号線 Porte de Pantin ポルト・ド・パンタン駅から徒歩2分
TEL:
01-40-03-75-75
営業時間:
入場自由(いくつかの施設は異なる)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://lavillette.com

この記事のタグ

トラベルデイズ パリ

  • 発売日:2012年07月02日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ パリ」です。掲載している情報は、2016年5〜7月にかけての取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。 最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。