2017年12月24日

パリ

パリの多彩なエンターテイメントの楽しみ方

by Fish & Tips

201125

絢爛豪華な舞台で繰り広げられる一流のバレエやオペラは、パリのエンタメシーンに咲く大輪の花。おしゃれして出かければ、気持ちもぐっと盛り上がるに違いない。カジュアルに夜を遊ぶならバーやクラブ、キャバレーとさまざまな選択肢がある。日常のなかに芸術がしっかり根付いているパリでは、毎晩どこかで催し物が開かれる。そんなナイトライフの舞台となる劇場やキャバレー、コンサートホールを紹介する。

パリで楽しむエンターテインメント

オペラ╱バレエ

パリの舞台芸術の代表格。オペラ・ガルニエではバレエを、オペラ・バスティーユではオペラをおもに上演。チケットは高額なイメージがあるが、本場では良い席でも2万円程度、立見席なら数百円で観られることも。劇場のオフシーズンは7~8月。

演劇╱ダンス

王道のフランス古典劇で有名なコメディ・フランセーズ、前衛的な現代劇からミュージカル、人形劇まで上演する中小劇場。モダン・ダンスの殿堂テアトル・ドゥ・ラ・ヴィルまで、シーズン中は街中で質の高いプログラムが上演されている。

ライブ/コンサート

一年中音楽で賑わう街、パリ。とくに劇場が休業する夏季は野外ライブやイベントも多く、あまり来日しない有名アーティストが観られるかも。

キャバレー

一流キャバレーで華麗なレヴューを観れば、忘れられない思い出になるはず。紳士はもちろん淑女にも大人気。一人で行くのはちょっと、という人は、観覧付ナイトツアーを利用してみては。

オペラ・ガルニエ座席表

オペラ座のチケット料金は最高ランクのOptima(オプティマ)以下、グレードごとに定められている。また、演目によっても料金は異なる

Optima席 €130〜252
1等席  €25〜180
2等席  €20〜125
3等席  €18〜105
4等席  €15〜45
5等席  €10〜50
6等席  €5〜35

現地情報誌

キオスクや書店で買える『ロフィシエル・デ・スペクタクル』などの娯楽情報誌は、直近の映画、演劇、音楽、ダンスなどの情報をすべてカバー。フランス語ではあるが、演目・会場・時間などの単語だけわかれば便利。日本語新聞の『オヴニー』も使える。

●『ロフィシエル・デ・スペクタクル』 L’Officiel des Spectacles
毎週水曜発行 
[料金] €0.70 
www.offi.fr

●『オヴニー』 Ovni
月2回発行 
[料金] 無料 
www.ovninavi.com

●『リロ』 LYLO
月1回発行 
[料金] 無料 
www.lylo.fr

インターネット

観たい演目が決まっているなら、劇場の公式HPへ。演目や、日時、会場など多様な選択肢から選びたい場合は観光案内所か、上記情報誌のウェブサイトが便利。ほぼフランス語・英語のみだが、旅行期間中の公演を出発前に調べておくといい。

●パリ観光案内所 Paris Info
www.parisinfo.com

情報収集

チケットを予約、購入する

インターネットで予約する

確実にチケットを確保したいなら、オンライン予約がベスト。オペラ・ガルニエ/バスティーユをはじめ、各劇場の公式サイト、プレイガイドで買える。支払いはクレジットカードで。チケットの受け渡しは、予約時期や劇場にもよるが、日本まで郵送か、窓口で受け取りかを選べることが多い。窓口には予約確認ページを印刷して持って行くと安心。また、予約代行サイトは、多少の手数料がかかるが、語学が得意でない人には重宝する。

日本の予約サイトを利用する

チケットの申し込みは日本出発の10日〜2週間前までに。発行に際しては別途手数料が必要。

ワールドチケットガイド World Ticket Guide
www.world-ticket.jp
オペラ・ガルニエ、オペラ・バスティーユ、シャンゼリゼ劇場などの公演チケットの申し込みができる。

劇場窓口で買う

窓口では、座席表を見て好きな席を選べるので安心。前売りはだいたい2週間前から販売開始する。人気の公演は発売当日までに売り切れてしまうことも。劇場や公演によっては、窓口限定の割引チケットもある。たとえばオペラ座では、当日の立見券を開演1時間半前から窓口だけで販売する。

203085

電話で予約する

劇場やホールに直接電話して席を取ることも可能。ただ、ほとんどフランス語での対応になるので、ホテルのコンシェルジュにお願いするのが得策。その際は€2前後のチップを忘れずに。

プレイガイドで買う

大型メディアショップに入っている、情報収集もできるプレイガイド(チケットオフィス)。フランス語に自信がない場合は、公演名と日時、枚数のメモを持っていき、スタッフに見せるとよい。

●フナック fnac 
書店チェーン。レ・アル店が最大規模。見やすい掲示板で公演情報が一目瞭然。
[所在地] Forum des Halles 1-7 Rue Pierre Lescot, 1er
[時間]  10:00〜20:00 
[休み]  日曜 
www.fnac.com

●キオスク・テアトル Kiosque Théâtre
市内に3店舗あり、提携劇場の当日券が半額で買える。人気公演のチケットはお早めに。
[所在地] 15 Pl. de la Madeleine, 8e 
[時間]  12:30〜19:30(日曜は〜15:45) 
[休み]  月曜 
www.kiosquetheatre.com

劇場のマナー

●服装 
劇場やキャバレーは、公演初日か、ガラ(特別公演)でなければ、ドレスコードはとくにない。着飾りすぎても浮いてしまうので、ある程度上品な格好をしていけば問題ないだろう。

●マナー 
上演中のおしゃべりや居眠りは慎みたい。拍手の長さやタイミングは聴衆と合わせたい。奥の座席の場合は早めに着席を。

●チップ 
係員に座席まで案内してもらった場合は、€1前後のチップを渡すのがマナー。ただしオペラ座などの国立劇場では不要。クロークで荷物を受け取る際にも€1程度支払う。

203312
203313

Cinéma パリで映画を観る

ステュディオ・ヴァンテュイットStudio 28

アート系の作品を上映するレトロな館

ステュディオ・ヴァンテュイット

現地名:
Studio 28
住所:
10 Rue Tholozé, 18e
地図を見る »
アクセス:
メトロ12号線 Abbesses アベス駅から徒歩4分
TEL:
01-46-06-36-07
Webサイト:
http://www.cinemastudio28.com

シネマテーク・フランセーズ La Cinémathèque Française

映画博物館併設の名画シアター

シネマテーク・フランセーズ

現地名:
La Cinémathèque Française
住所:
51 Rue de Bercy 75012
地図を見る »
アクセス:
メトロ6・14号線 Bercy ベルシー駅から徒歩7分
TEL:
01-71-19-33-33
営業時間:
12:00~19:00、土・日曜10:00~20:00(木曜~21:00)
定休日:
火曜、一部祝日 

エムカードゥー・ケ・ド・セーヌ MK2 Quai de Seine

大手MK2系列の倉庫風シネコン

エムカードゥー・ケ・ド・セーヌ

現地名:
MK2 Quai de Seine
住所:
14 Quai de la Seine, 19e
地図を見る »
アクセス:
メトロ2・5・7号線 Stalingrad スターリングラード駅から徒歩4分
TEL:
08-92-69-84-84
Webサイト:
http://www.mk2.com

マックス・ランデール・パノラマ Max Linder Panorama

質のいい映像と音響が評判のシアター

マックス・ランデール・パノラマ

現地名:
Max Linder Panorama
住所:
24 Boulevard Poissonnière,9e
地図を見る »
アクセス:
メトロ8・9号線 Grands Boulevards グラン・ブールヴァール駅から徒歩3分
TEL:
01-48-00-90-24
Webサイト:
http://maxlinder.com

トラベルデイズ パリ

  • 発売日:2012年07月02日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ パリ」です。掲載している情報は、2016年5〜7月にかけての取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。 最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。