2017年8月13日

シンガポール

シンガポールのナイト・サファリで野生を体感しよう!

by Fish & Tips

1434407

暗闇のジャングルをウォーキングやトラムで探検。 いつもとは違う動物の姿は最高にエキサイティング!

夜にだけ開かれる暗闇の中の密林世界

夜行性の動物たちがアクティブに動きまわる夜にのみオープンする動物園。トラムやトレイルという散策路で体験する、神秘的な夜のジャングルが大変な人気を博している。南北アメリカ、アジア、アフリカ、オーストラリアなど、世界各地の動物が集い、自然に近い生態を見せている。

ナイト・サファリの注目ポイント

●夜行性動物がイキイキ活動している
自然環境では夜間に活動する動物が多く、昼間のみ開園する通常の動物園ではなかなか見られない、活発に動く彼らのイキイキとした姿が見られる。

●生息環境をリアルに再現している
月明かりを思わせるほのかな照明、うっそうと茂った木々、満々と水をたたえる湖など、自然豊かな環境のなか、本当の探検に出るようなドキドキ感が味わえる。

●動物を隔てる檻がない
人と動物のボーダーは、フェンスではなく水路や木々で仕切るのが基本。動物によっては、人のすぐ足元を走ったり、みずからトラムに近づいてきたりして迫力満点。

ナイト・サファリを満喫するツボ!

●入場時間のセレクト
時間ごとに入場人数の制限があり、購入時に1時間ずつのスロットから選ぶ。着いたけれど入れないということのないように、必ず事前に予約しておきたい。十分に満喫するならば、もちろんいちばん早い19:15の入場を選ぶべき。

●トラムとトレイルどちらでまわる?
両方を体験するのがいちばんだが、雰囲気重視ならトラム、動物を間近で見たいならトレイルへ。トレイルはある程度進むと入口に戻るまで時間がかかるので注意。

●レストラン&ショップのセレクト
夕方から深夜に及ぶナイト・サファリ散策。どこで夕食をとるかを考えるのも重要。少し早めに到着し、ショーを見ながら食事を楽しむのもよい。

訪れるときは、ここに注意!

●フラッシュ厳禁!!
暗いところでいきなり強い光を浴びると、動物たちが失明するおそれあり。ショーを含めて、フラッシュは厳禁。携帯電話などを懐中電灯代わりに使用するのも不可。

●土着の野生動物に注意!!
園内には土着の生物も生息。ほとんどは危険なものではないが、ヘビ、サソリ、カニクイザル、オオトカゲに遭遇した場合や、助けが必要なときには近くのスタッフに知らせるか、緊急ホットライン6360-8612に電話する。

●衝突注意!!
暗くて視界があまりよくないので、動物に夢中になっていると、別の動物や人、トラムが近づいていることに気がつかないことがある。とくにトラム・ルートを横断する際は要注意。

●トラムから身を乗り出さない!!
動物たちの姿に、ついつい夢中になってしまうが、トラムから手を出したり、身を乗り出したりするのは危険。

●立ち入り禁止区域は厳守!!
立ち入り禁止区域は安全のために設けられたもの。絶対に入らないこと。

1436864

フラッシュ撮影は、動物を驚かせてしまうので厳禁

おすすめパーフェクトプラン

滞在時間の目安 3~6時間

18:00 入園 
開園時間は空が暗くなる19:00くらいだが、エントランス付近のレストランは17:30にオープン。

日本語トラムの予約
チケット購入後、専用カウンターで予約(S$10)。英語のトラムに乗る場合は予約不要。

18:10 ボンゴ・バーガー 
ハンバーガーで夕食。ステージ近くの席をとれば、座ったまま特等席でトライバル・ショーが観られる。

18:45 トゥンブアカ・パフォーマンス
最前列の席は炎の熱さも感じる迫力。子供も一緒なら、少し注意が必要。

19:35 トラムで出発
まずトラムで園内の様子をつかんでおくのがおすすめ。

21:30 クリーチャーズ・オブ・ザ・ナイト・ショー
人気のショーなので少なくとも開演15分前、できれば30分前くらいには会場に着いておきたい。

22:00 トレイルを歩く 
ゆっくりトレイルを歩いて動物たちとの出会いを楽しもう。停車駅での乗り降り自由な英語トラムを使って、中間地点のイースト・ロッジから入口近くまで戻ることもできる。

おみやげ購入
エントランス・プラザにあるギフトショップは24:00まで営業。

24:00 退園
タクシーでホテルへ。

 

1434111

ライドでお手軽密林めぐり!トラムでジャングルへ突入! Tram Safari Experience

見学ルートをトラムでまわり、多くの動物を見ることができる便利な乗り物でGO!

トラムでのサファリめぐりは、月明かりのもとで野生のように過ごす動物たちが見られ、じつにドラマチック。動物たちの名前や生態などはガイドが教えてくれる。乗り降り自由の「英語トラム」は予約不要だが、状況によっては長い行列ができている。日本語で案内してくれる「日本語トラム」は本数限定なので予約必須。予約してしまえば乗車待ちの列に並ばなくてもいいので時間の節約にもなる。

1429778

夜のジャングルへ出発進行!

ルート

所要時間 45分

トラムは一方通行で、時計回り。入口近くからトレイルに沿って進み、イースト・ロッジを経由してから一度入口に戻り、トラム専用のルートへ進む。日本語車両は計3.2㎞すべてを通して走るため、所要時間は45分程度となる。英語車両はイースト・ロッジでも乗り降りできるため、途中でトレイル散策を挟むことができ、また、トレイルの中間点から入口への移動手段としても利用できる。

1454687

ほのかな明かりに照らされ、暗闇の中でくつろぐ動物たちが浮かび上がる

こんな動物に出会えます!

トラムでの写真撮影は暗いうえ動いているため、通常のカメラではほぼ不可能。しっかり目に焼きつけよう。

1433269

アジアゾウ Asian Elephant

人の言葉や数の多寡を理解するなど賢く、人間との関係も密接なゾウ。

1433276

ホワイトライオン White Lion

世界にわずか300頭しかいないという。1900年代に入り、発見された。

1438194

マレーバク Malayan Tapir

ツートン模様が特徴。夜、肉食動物の目には白い部分しか映らないので敵に見つかりにくい。

1433285

ヒゲイノシシ Bearded Pig

顔に長いヒゲをもつ。多産、雑食でありながら森林の減少とともに激減。

シンガポールのおすすめホテル

まっぷるシンガポール’18

  • 発売日:2017年05月22日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるシンガポール’18」です。掲載されている営業時間や表記などのデータは、2017年1月〜3月の調査・資料に基づくものです。諸事情により変更になる可能性がありますので、ご利用の際にはご確認ください。
その他:
●掲載の商品は取材時のもので、売り切れなどで取り扱っていない可能性があります。 ●料金、価格の単位は原則としてシンガポール・ドル(S$)で表示しています。2017年3月現在、S$1=約81円です。なお、一部はアメリカ・ドル(US$)で表示しています。
シンガポールのツアー