2017年12月25日

スペイン

スペイン旅行出発前に知っておきたい基本情報あれこれ

by Fish & Tips

512165

メディアの発達で世界はかなり狭くなったとはいえ、国によって生活事情・常識はまったく違うもの

地理

国土面積は日本の約1・3倍。イベリア半島の大半と地中海上のバレアレス諸島、アフリカの大西洋側に位置するカナリア諸島、アフリカ大陸にある2か所の飛び地で構成されている。イベリア半島はヨーロッパの南西部にあり、アフリカ大陸とはいちばん近いところで14 ㎞しか離れていない。

言語

公用語は、マドリードを中心とする地域のスペイン語(カスティーリャ語)。バルセロナを中心とする地域のカタルーニャ語、北部のガリシア語、バスク語などがあるが、基本的に会話はスペイン語で通じる。

時差

日本との時差はマイナス8時間。日本時間から8時間引けばよい。ただし、3月の最終日曜午前2時から10月の最終日曜午前3時まではサマータイムを実施しているため、時差はマイナス7時間となるので注意。

気候と服装

マドリードを含む内陸部は夏の暑さと冬の寒さが厳しい大陸性気候で、昼と夜の温度差が大きい。北部は夏は涼しく冬は暖かい海洋性気候で、バルセロナなど地中海沿岸は温暖な地中海性気候だ。また、南部のアンダルシアは夏季は暑さが厳しく、乾燥している。基本的に日本の四季と同じだが、目的地によってプラスアルファの服装を考えたい。

512068

お金

通貨

通貨はEUの統一通貨であるユーロを使用。単位はユーロ(€)とユーロセント(¢)で、€1=¢100。紙幣は7種類、硬貨は8種類。現地での発音は€(エウロ)、¢(センティモ)になる。2016年9月現在、€1=約114円。

※5〜20ユーロ紙幣は旧紙幣も流通している。500ユーロ紙幣もあるが、ほとんど流通しておらず、2018年に廃止される予定

BILLET_200R

200ユーロ

BILLET_100R

100ユーロ

BILLET_50R

50ユーロ

509679

20ユーロ

509649

10ユーロ

ECB_5_euro_banknotes

5ユーロ

509975

[左列上から]
2ユーロ
1ユーロ
[中央上から]
50セント
20セント
10セント
[右列上から]
5セント
2セント
1セント

両替

両替は空港のほか、銀行や両替所、ホテルなどで可能。空港の両替所は飛行機発着時間内であれば営業しているが、銀行や両替所に比べレートが悪く手数料も高いので、当座の分だけ両替するのが賢明。比較的レートが良いのは銀行だが、営業時間が8時30分〜14時(土曜は〜13時)と短く、日曜、祝日のほか、6〜9月の土曜は休みとなることがあるので注意を。街なかの両替所は、レートや手数料がまちまちなので、何軒か比べてから利用したい。日本で両替したほうが、レートが良いこともある。

電話

公衆電話

携帯電話の普及で減っているが、使い方は日本とほぼ同じ。市内通話の場合、基本料金は¢20。主要都市の公衆電話からは国際通話も可能。コイン式とカード式がある。コイン式は¢2〜€2までの硬貨が使用可能。テレホンカードやプリペイドカードは、キオスクやエスタンコと呼ばれるたばこ店で販売されている。 

携帯電話・スマートフォン

日本で契約している機種を旅先で使う場合は、海外での設定方法や料金を確認しておこう。日本への国際通話は1分200円程度で、着信やSMS送信でも課金される。Wi-Fi対応機種なら、Wi-Fi接続でSkypeやLINEなどを利用するのがお得。 

注意!スマートフォンのデータ通信

海外でのデータ通信には国内の定額サービスは適用されないため、メールチェックやアプリの更新などを自動で行なうスマートフォンは、知らぬ間に高額の通信料になることが多い。日本を出る前にデータ通信機能をオフにしておき、現地ではホテルやカフェなどのWi-Fiを利用しよう。海外用Wi-Fiルーターのレンタルも便利。

IP電話

インターネット回線を利用して音声通話ができるIP電話を利用すれば、電話回線を利用するより割安。パソコンで利用できるSkypeやスマートフォンアプリのLINEが代表的。利用には、申し込みやダウンロードが必要。 

国内電話

スペインの電話番号は同じ市内への電話でも9桁すべての番号を押す必要がある。また、企業のお客様センターなどに多い901や902で始まる番号はフリーダイヤルとは限らないので注意が必要。

国際電話のかけ方

スペインから日本へ

●ダイヤル直通電話
(例)東京03-4567-8901へかける場合
00⇨81⇨3⇨4567-8901

●携帯電話
(例)携帯電話090-1234-1234へかける場合
00⇨81⇨90⇨1234-1234

●その他の国際電話
クレジットカードや専用プリペイドカード利用の直通電話もある。日本語の音声ガイダンスに従って、カード番号、暗証番号、相手の電話番号などをダイヤルする。固定電話にかける場合の通話料は、1分200〜300円程度(時間帯や通話先によって異なる)。

KDDIスーパージャパンダイレクト
アクセス番号900-98-0981
※日本へのコレクトコール(料金受信人払い)は、KDDIジャパンダイレクト900-99-0981をダイヤルして、日本語オペレータに相手の番号と名前を伝える。3分2160円〜。

日本からスペインへ

●マイラインに登録している場合
(例)スペイン91-1234567へかける場合
010⇨34⇨91-1234567

●マイラインに登録していない場合
利用する国際電話会社の認識番号にかけてから、上記と同じようにダイヤルする。
KDDI 001 
ソフトバンク 0061
NTTコミュニケーションズ 0033

インターネット

ホテルで

多くのホテルでWi-Fi(無線LAN)が利用可能。有料の場合もあるので、予約時に確認しておきたい。スマートフォンなどの端末がない場合は、ホテルのビジネスセンターやロビーなどにあるパソコンを利用しよう。 

屋外で

都市部では、カフェやファストフード店、レストラン、バル、観光スポットなど、無料でWi-Fiを利用できる場所が多く、困ることは少ない。パスワードがわからないときはスタッフに確認しよう。インターネットカフェも観光地なら比較的見つけやすいが、基本的に日本語入力はできない。なお、街なかでスマートフォンを利用する際は盗難に注意したい。

郵便

スペインの郵便局Correosのマークは黄色地に青い王冠とラッパが目印。営業時間は場所によって異なるが月〜土曜9〜14時が一般的。日曜、祝日は休みとなる。日本へ送る場合の郵便料金は、はがきを含む定型20   g未満が€1・30。表に「JAPÓN」と大きく書けば、住所などは日本語で可。通常の郵便物は黄色のポストに投函すればよい。

511116

別送品の通関手続き

日本の空港に到着したら、税関で「携帯品・別送品申告書」を2枚提出する。うち1枚は税関でスタンプを押してもらい、別送品を受け取るまで保管する。別送品が日本に到着すると「外国から到着した郵便物の通関手続のお知らせ」というはがきが税関から送られてくるので「携帯品・別送品申告書」を提出(郵送可)。通関手続きが終了すると、荷物が送られてくる。

電圧とプラグ

電圧は220V、周波数は50 ㎐で、プラグの形は丸いピンが2本出ているCタイプが一般的。日本の製品を使用する場合は、差し込み型のプラグ変換アダプターと、製品により変圧器が必要になる。

511860

飲料水

水道水

スペインの水道水は衛生上問題なく飲むことができるが、石灰分を多く含んでいる硬水。味が気になる人や、胃腸が弱く心配な人は飲料水を購入したほうがよい。髪や顔を洗うと乾燥するので、保湿グッズも準備しておきたい。

ミネラルウォーター

硬水に慣れない人はミネラルウォーターを購入するほうがよい。一般的にヨーロッパではミネラルウォーターというとガス入りの炭酸水アグア・コン・ガス(Agua con gas)のことをいう。ガス抜きが欲しければアグア・シン・ガス(Agua sin gas)を買うとよい。

511849

トイレ

スペインではトイレのことをセルビシオ(Servicio)、またはラバボ(Lavabo)という。男性用はカバリェロス(Caballeros)、女性用はセニョーラス(Señoras)と表示されている。マドリードなどの大都市でも街なかで公衆トイレを見つけるのは難しい。あったとしても有料のコイン式トイレ。使い勝手が悪く、おすすめできないので、外出前や美術館、レストランに入ったときに必ず済ませておきたい。必要に迫られたときはデパートやショッピングセンターなどで利用できるほか、カフェやバルで借りることもできる。その際は何かドリンク程度の注文をしたい。

511871

習慣とマナー

あいさつ

コミュニケーションの基本はあいさつだ。ショップやレストランの店員には、店に入ったら「オラ(こんにちは)」とあいさつをしよう。店を出るときにも「グラシアス(ありがとう)」のあいさつを忘れずに。

飲酒

スペインでは飲酒とアルコールの購入ができるのは18歳以上。昼休みが長いため昼食時にワインを飲む人も多いが、たしなむ程度で酔っぱらうほど飲む人は少ない。飲み過ぎには注意したい。また、スペインでも飲酒運転は禁止。呼気中アルコール濃度0.25 mg /ℓまでであれば許されているが、1杯でも飲んだ場合は運転しないほうが賢明。

512100

喫煙

禁煙法が施行されており、空港や駅といった公共交通機関、バルやレストランなど屋内施設は全面禁煙。屋外でも病院施設や子供が通う学校、児童公園とその周辺は禁煙。その他の屋外、ホテルの許可された場所では喫煙できる。違反者には罰金が科せられる。

512081

シエスタ

スペインでは、「シエスタ」と呼ばれる昼寝を含む長時間の昼休みをとる習慣がある。大都市ではすたれつつあるが、一般的に14〜16時の間は多くの店舗が閉まっており、公共機関の窓口も同様。営業時間には注意を。

食事の時間

基本的には朝食が8〜10時、昼食は13〜15時、夕食は21〜23時と、日本と比べてかなり遅め。レストラン利用の際には注意したい。

チップ

最近はチップの習慣がなくなりつつあり、サービス料が込みのレストランなども多いため、基本的には必要ない。気持ちのよいサービスを受けたときや、特別なお願いをしたときにお礼として渡せばよい。

祝祭日

2017年のおもな祝祭日

1月1日 元日
1月6日 主顕節
4月14日 聖金曜日*
4月15・16日 イースターホリデー*
5月1日 メーデー
8月15日 聖母被昇天祭
10月12日 イスパニアデー
11月1日 諸聖人の祝日
12月6日 憲法の日
12月8日 無原罪の宿りの日
12月25日 クリスマス

*は移動祝祭日

情報収集

観光や文化、歴史、グルメ、イベント、最新ニュースなど、スペインの情報が幅広く入手できる。また各地方、各都市についても詳しく紹介されており、旅行に必要なアドバイスもある。

スペイン政府観光局
[所在地]東京都港区虎ノ門3-1-10第二虎ノ門電気ビル6F
[電話] 03-3432-6141(テープ案内)
[FAX]   03-3432-6144
[時間] 9:30〜16:00(夏季の金曜は〜15:30)
[休み] 土・日曜、祝日、一部スペインの祝日
www.spain.info

512468

トラブル対策

病気とけが

気候の変化や無理なスケジュールで、旅行中に体調を崩すことは意外に多い。無理をせず、早めに休息をとるなどして十分に注意したい。また、万一の病気やけがに備え、あらかじめ海外旅行保険には加入しておきたい。

●病院 
スペインは大小、公私含めて医療機関が充実している国。24時間の緊急体制が整っている病院もいくつかあり、病院間の連携も整っている。緊急のときには112で救急車を。もしくはホテルで最寄りの病院を調べてもらおう。救急車を呼ぶと、使用料がかかることもある。日本語の通じる病院はほとんどないと考えてよいが、英語は通じる場合が多いので安心を。

●薬局
薬局(Farmacia)では、医師の処方箋がなくても、風邪薬や胃腸薬など一般的な薬は購入可能。営業時間は10〜14時、16時30分〜20時が一般的。この時間以外はそれぞれの地区の薬局が交替で営業している。その当番リストは新聞に毎日掲載されているので確認を。

512165

治安状況

一時期多発していた、日本人を狙った首締め強盗や車上荒らしなどの犯罪は減少傾向にある。しかし、夜の一人歩きをひかえたり、貴重品や大量の現金は持ち歩かないようにするなどの心構えは忘れずに。また、スリやひったくりが多発しているので、市場や繁華街、駅、空港などの人混みのなかではバッグを抱きかかえるなどつねに用心したい。とくにスーツケースを持った状態での交通機関利用時は狙われやすいので、タクシーでの移動がおすすめだ。

紛失・盗難

紛失や盗難に遭ってしまったときは、速やかに警察(902-102112/英語可)に連絡して、最寄りの警察署で「盗難・紛失届出証明書」を発行してもらう。これは海外旅行保険の請求のほか、パスポートの盗難・紛失届にも必要な書類。万一に備えて、パスポートの顔写真のページ、クレジットカード、航空券などのコピーをとり、別の場所に保管しておこう。

パスポートの紛失と盗難

速やかに近くの警察に被害届を出す。その後、日本国大使館(マドリード91-5907600)か日本国総領事館(バルセロナ93-2803433)に連絡し、盗難・紛失の届出と新規旅券の申請手続きを。帰国を急ぐ場合は「帰国のための渡航書」を申請する。

パスポートなど再発行の流れ

① 発行(航空)会社に連絡
⇩盗難・紛失の連絡を入れる。

② 警察に届ける
⇩盗難・紛失届出証明書を発行してもらう。

③ 再発行の手続きをする
⇩パスポートや盗難・紛失届出証明書と必要書類・情報を提出。

④ 再発行

まっぷるスペイン(16年)

  • 発売日:2016年11月14日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ パリ」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2016年7〜9月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので現在取り扱っていない可能性があります。