2017年12月25日

アンダルシア

アンダルシア【セビーリャ】スペイン文化の発祥地

by Fish & Tips

520430

荘厳な聖堂と大河が見守る街はスペイン文化の発祥地
国内第4の規模を誇るアンダルシアの州都で、政治や文化の中心。フラメンコや闘牛の本場として知られる、華やかな観光都市だ。

セビーリャ Sevilla

貿易で栄えたアンダルシアの中心都市

古くからアンダルシアの中心であったセビーリャは、現在もアンダルシア州の州都でスペイン第4の規模を誇る。 

その歴史は古く、紀元前のフェニキア人の植民都市に始まり、西ゴート王国やイスラム王朝の都として発展した。1492年のコロンブスによる新大陸到達後、その重要性はさらに増す。アメリカ大陸との貿易を独占する港湾都市となり大いに栄え、16世紀から17世紀にかけてスペインで最も人口の多い都市となった。ベラスケスやムリーリョといった、スペインを代表する画家を輩出する文化の中心地でもあった。 

また、セビーリャはフラメンコと闘牛の本場。4月に開催される春祭りの期間中は大いに盛り上がる。

セビーリャへのアクセス

空路
市内中心部から約10㎞東にセビーリャ空港(別名サン・パブロ空港)があり、マドリード、バルセロナからの便が到着する。フライトの所要時間はマドリードから1時間、バルセロナから1時間35分。空港から市内中心部へはタクシーで約20分、バスで約35分かかる。

鉄道
マドリードのAtochaアトーチャ駅からAVE、ALVIAで約2時間30分、セビーリャのSanta Justaサンタ・フスタ駅へ。1日18〜21便運行。駅からカテドラル近くへはⒷ21番で10分(Puerta de Jerezプエルタ・デ・ヘレス下車)。

バス
マドリードの南バスターミナルから約6時間でセビーリャのアルマス広場バスターミナルへ。1日9〜11便運行。カテドラル近くへは徒歩20分。アンダルシア各地からはプラド・バスターミナルで路面電車に乗り換え、Archivo de Indias アルチボ・デ・インディアで下車。

便利なチケット&パス

セビーリャ・カード Sevilla Card
カテドラルやアルカサルなど、セビーリャの主要観光スポットに自由に入れるカード。飲食店やショップでの割引もある。24、48、72、120時間の4種類あり、48時間以上のものは観光バスも利用できる。じっくり観光するならば活用したい。
www.sevillacard.es

516860

ランドマークであるヒラルダの塔からは、街全体を見渡せる

516867

とうとうと流れるグアダルキビール川。アラビア語で「大きい川」の意

街の歩き方

市バス、路面電車、地下鉄が運行しているが、ほとんどの観光スポットは徒歩で訪ねることができる。屋根なし2階建ての観光バスは2社が運営しており、黄金の塔やスペイン広場など、主要な観光地近くに乗り場があり、20〜30分間隔で運行。カテドラル周辺には観光用の馬車が客待ちをしているので、これを利用するのもいい。4人乗りで1時間€40程度。

516951 (1)

思い出づくりにはぴったりな観光用の馬車

 

観光案内所
住所 Pl. del Triunfo 1
電話 600-140745
営業時間 9:00〜19:30(土・日曜、祝日は9:30〜15:00)
定休日 無休

Sevilla, Andalusien, Spanien
by fotolia - ©etfoto

街のどこからも見つけることができるヒラルダの塔を目印に

イスラムの力と航海による富。世界遺産を訪れる

街の中心部に建つ3つの世界遺産。カテドラルとアルカサルは、キリスト教国により大幅な改造を受けているが、イスラム勢力の強大な権力を今に伝える。スペイン黄金時代の歴史を伝える古文書館も興味深い。

世界遺産 カテドラル Catedral

スペイン最大の規模を誇る教会

ローマのサン・ピエトロ大聖堂、ロンドンのセント・ポール大聖堂に次いで、世界第3の規模を持つキリスト教聖堂。「後世の人が正気の沙汰とは思えないというほどのカテドラルを建てよう」と聖堂参事会が決定。イスラム時代のモスクを取り壊して1402年から建設が始まり、約1世紀後の1519年に完成した。奥行116m、幅76m。16〜19世紀に造られた75枚のステンドグラスや聖杯室、コロンブスの墓など見どころは多い。主祭壇右奥からはヒラルダの塔に登ることができる。

517859

世界遺産の荘厳なカテドラル。細部までじっくり見たい

517280

ヒラルダの塔。長いスロープを上って見晴らし台へ

518013

ベンチに座ってじっくりと鑑賞したい

518198

コロンブスの墓 Una Tumba de Colón
1898年のキューバ独立後、ハバナ大聖堂から移された。棺はレオン、カスティーリャ、ナバーラ、アラゴンの4人の歴代国王が担いでいる。

 

主祭壇 Altar Alto
ひときわ目をひく豪華な装飾は、キリストと聖母マリアの生涯を浮き彫りで表したもの。ゴシック様式木彫の傑作といわれる。

518396

ヒラルダの塔 Una Torre de Giralda
鐘楼部分にある見晴らし台

16世紀、イスラム寺院のミナレットに鐘楼部が増築された。塔の上にある24の鐘が鳴り響く音には圧倒される。風見部分までの高さは96m。

カテドラル(セビーリャ)

現地名:
Catedral
住所:
Av. de la Constitución s/n
地図を見る »
アクセス:
プエルタ・デ・ヘレスからすぐ
TEL:
902-099692
営業時間:
11:00~17:00(月曜は11:00~15:30、16:30~18:00、日曜は14:30~18:00)、チケット売り場は各30分前まで
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.catedraldesevilla.es

世界遺産 アルカサル Real Alcázar

イスラム時代が垣間見えるムデハル様式の美しい宮殿

ローマ時代のアクロポリス、イスラムの要塞などを経て、14世紀後半「残虐王」もしくは「正義王」で知られるペドロ1世によって建築された宮殿。ムデハル様式の繊細な石膏細工や格天井が素晴らしく、世界遺産にも登録されている。

519088

庭園部分にはアラブ風の中庭や噴水、池などが美しく配置されており、涼を演出している

519164

ヤシがそびえるアラブ風のエキゾチックな庭園

519159

アラビア文様の美しいアーチ型の装飾

519154

内部にはあちこちに中庭がある

519041

透かし模様のアーチが多いペドロ1世宮殿

アルカサル(セビーリャ)

現地名:
Real Alcázar
住所:
Patio de Banderas s/n
地図を見る »
アクセス:
カテドラルからすぐ
TEL:
954-502323
営業時間:
9:30~19:00(10~3月は~17:00)
定休日:
無休 

世界遺産 インディアス古文書館 Archivo General de Indias

植民地交易の記録など貴重なコレクションが残る

1572年に建てられたルネサンス様式の交易会館。かつてはスペインの植民地であったインディアスとの交易を一括して行なっており、古文書館は1784年に創設された。15世紀の大航海時代の記録やコロンブスの直筆原稿など、貴重な文献を多数所蔵する。

519855

2階が展示室になっている

インディアス古文書館

現地名:
Archivo General de Indias
住所:
Av. de la Constitución s/n
地図を見る »
アクセス:
カテドラルからすぐ
TEL:
954-500528
営業時間:
8:00~14:30(9/15~6/15は~15:00)
定休日:
土・日曜 

オペラの舞台として知られる街をめぐる

タイトルに街の名が入った『セビリアの理髪師』をはじめ、多くのオペラの舞台となったセビーリャ。見どころが多い絵になる街は、徒歩で散策するにも手ごろで、馬車でまわるのも面白い。

スペイン広場 Plaza de España

セビーリャ市民が集う美しい半円形の広場

1929年のイベロ・アメリカ博覧会の会場として、建築家アニバル・ゴンサレスによって造られた。広場はレンガとタイルを組み合わせた半円形で、スペイン各県の特徴や歴史を描いたタイル画のベンチがある。噴水池ではボート遊びも楽しめる。

520722

『スターウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』のロケ地として使われたことでも知られる

520430

街歩きの途中、大きい広場でひと休み

スペイン広場(セビーリャ)

現地名:
Plaza de España
住所:
Av. de Isabel la Católica
地図を見る »
アクセス:
カテドラルから徒歩12分
営業時間:
見学自由

サンタ・クルス街 Barrio de Santa Cruz

かつてはユダヤ人街だった入り組んだかわいい旧市街

アルカサルの北側に広がる旧ユダヤ人街。アンダルシア地方の典型的な家々が並び、花をあしらった白壁や鉄柵の奥にのぞく美しい中庭などがあり、歩いているだけでも楽しい。レストランやみやげ物店も点在している。

520727

細い路地にはおみやげ物店が並ぶ

521431

強い日差しに映える白と黄色のコントラストが美しい街並み

521505

カテドラルのヒラルダの塔から望む、サンタ・クルス街

サンタ・クルス街

現地名:
Barrio de Santa Cruz
アクセス:
カテドラルから徒歩5分

黄金の塔 Torre del Oro

静かにたたずみ街を見守る監視塔

1220年、グアダルキビール川の岸辺の防衛を目的として建てられた。当時は黄金のタイルで覆われていた。

521986

かつては金色に輝いて見えたという

黄金の塔

現地名:
Torre del Oro
住所:
Paseo de Cristóbal Colón s/n
地図を見る »
アクセス:
カテドラルから徒歩10分
TEL:
954-222419
営業時間:
9:30~19:00(土・日曜は10:30~)
定休日:
祝日 

セビーリャ大学(旧たばこ工場) Universidad (Fábrica de Tabacos)

ビゼーの傑作オペラ 『カルメン』にも歌われた

王立のたばこ工場として1757年に建造。現在はセビーリャ大学法学部の校舎として利用されており、開いていれば校舎内は自由に見学できる。『カルメン』をオペラ化する際、ビゼーはこの工場をカルメンの勤め先として選んだ。

522180

ファサードはバロック様式

セビーリャ大学(旧たばこ工場)

現地名:
Universidad(Fábrica de Tabacos)
住所:
C. San Fernando 4
地図を見る »
アクセス:
カテドラルから徒歩7分
営業時間:
見学自由(大学の開校時間内)

セビーリャ美術館 Museo de Bellas Artes de Sevilla

修道院だった建物はセビーリャ派傑作の宝庫

中世から現代にかけてのスペイン絵画を中心に所蔵しており、セビーリャ派のコレクションが充実している。とくにセビーリャ市民が愛してやまないムリーリョのコレクションは世界一。そのほか、エル・グレコやスルバランなどの重要な作品も展示している。

523037

中庭のアズレージョ、礼拝堂の天井装飾など建物自体も芸術性が高い

セビーリャ美術館

現地名:
Museo de Bellas Artes de Sevilla
住所:
Pl. del Museo 9
地図を見る »
アクセス:
カテドラルから徒歩15分
TEL:
95-5542942
営業時間:
9:00~20:30(日曜、祝日、夏季は~15:30)
定休日:
月曜 

 本場で楽しむスペインエンタメ!

スペインの情熱にたっぷりと触れるスポットへ

アンダルシアは、闘牛とフラメンコの発祥の地。そのなかでも随一の大都市セビーリャでは、とくにレベルが高いものに出会うことができる

フラメンコ

各地からレベルの高い踊り手が集まるフラメンコの本場で、公演が行なわれるタブラオの数も多い。セビーリャの夜には欠かせない楽しみのひとつだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロス・ガリョス

現地名:
Los Gallos
住所:
Pl. de Santa Cruz 11
地図を見る »
アクセス:
カテドラルから徒歩5分
TEL:
954-216981
営業時間:
20:00~、22:30~
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.tablaolosgallos.com

闘牛

セビーリャにあるマエストランサ闘牛場は、スペインでも有数の歴史をもつ、闘牛の聖地。オフシーズンでも博物館などで闘牛に触れることができる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マエストランサ闘牛場

現地名:
Plaza de Toros de la Maestranza
住所:
Paseo de Cristóbal Colón 12
地図を見る »
アクセス:
カテドラルから徒歩5分
TEL:
95-4210315
営業時間:
4~10月の日曜、祝日(要問い合わせ)、博物館は月~金曜9:30~21:00(11~3月は~19:00、闘牛開催日は~15:00)
Webサイト:
http://www.realmaestranza.com

まっぷるスペイン(16年)

  • 発売日:2016年11月14日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ パリ」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2016年7〜9月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので現在取り扱っていない可能性があります。