2017年12月24日

パリ

パリの静かな墓地に眠る芸術家たちに会いに

by Fish & Tips

168855

パリの3大墓地は、よく手入れされており、まるで公園のようだ。画家や音楽家、俳優や思想家などが数多く眠っている。彼らの遺した作品を愛するファンが花を手向けに来ることも珍しくない。

モンマルトル墓地 Cimetière du Montmartre

並木道を散歩しながら偉人を探す
胸像が配置されていたり、立派なモニュメントが建ててあったりと、死してますます個性豊かな芸術家たちの墓。映画監督のフランソワ・トリュフォーや、作家スタンダールの墓碑銘は有名。

166393

入口脇に著名人の墓の場所を示した区画図があるので、確認してからまわりたい。くれぐれも墓地であることを忘れないようにしたい

169433

小説家のエミール・ゾラの墓

166871

作曲家のベルリオーズの墓

モンマルトル墓地

現地名:
Cimetière de Montmartre
住所:
20 Av. Rachel, 18e
地図を見る »
アクセス:
メトロ2・13号線 Place de Clichyプラス・ド・クリシー駅から徒歩5分
TEL:
01-53-42-36-30
営業時間:
8:00~18:00(冬季は~17:30)、土・日曜、祝日は9:00~
定休日:
無休 

モンパルナス墓地 Cimetière du Montparnasse

ユーモアのある墓参りがパリらしい
都会の真ん中でありながら緑豊かで明るい。フランスの国民的スター、セルジュ・ゲンズブールの墓には彼の曲にちなんで、メトロの切符が供えられている。マン・レイなど各界の巨匠が眠っている。

166945

入口の事務所で地図をもらっておくと、散策に便利

169540

歌手のセルジュ・ゲンズブールの墓には献花が絶えない

170763

哲学者のサルトルと作家のボーヴォワールは並んで眠る

モンパルナス墓地

現地名:
Cimetière du Montparnasse
住所:
3 Bd. Edgar Quinet, 14e
地図を見る »
アクセス:
メトロ4・6号線Raspailラスパイユ駅からすぐ
TEL:
01-44-10-86-50
営業時間:
8:00~18:00(11/6~3/15は~17:30)、土曜は8:30~、日曜、祝日は9:00~
定休日:
無休 

ペール・ラシェーズ墓地 Cimetière du Père-Lachaise

広大な敷地に世界的有名人が眠る
1803年にパリ市がこの土地を買い取り、墓地として整備した。パリでいちばん大きく、また重要な墓地で、この人なくしてはパリの歴史は語れないといった世界的著名人が多数永眠している。

169757

起伏のある緑地が美しい。ピアフ、ワイルド、バルザックなど、生きざまや人柄を思わせる個性的で美しい墓の数々

168855

作曲家ショパンの墓

169870

画家のモディリアーニの墓

ペール・ラシェーズ墓地

現地名:
Cimetière du Père-Lachaise
住所:
16 Rue du Repos, 20e
地図を見る »
アクセス:
メトロ2・3号線 Père-Lachaise ペール・ラシェーズ駅から徒歩5分
TEL:
01-55-25-82-10
営業時間:
8:00(土曜8:30、日曜・祝日9:00)~18:00(11月初旬~3月中旬は~17:30)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.pere-lachaise.com

文学者たちのパリ

ボードレールやヘミングウェイなど、国内外の偉大な作家や詩人を魅了し、実際に数多くの作品の舞台にもなったパリ。彼らが住んだ家やゆかりの場所が、今も往時の面影をしのばせたまま市内各地に残る、文学ファンには夢のような街だ。歴史を散策できる施設を紹介する。

ヴィクトル・ユゴーの家 Maison de Victor Hugo

文化人として栄華を極めた時代の拠点
ユゴーが1832年から1848年まで、アデル夫人と4人の子供たちと暮らした家。住んでいた3階には、家族の肖像画が飾ってある。数々の名作が生まれた書斎は必見。

173861

中国風サロンは独特の雰囲気

173854

食堂は中世風の趣

ヴィクトル・ユゴー記念館

現地名:
Maison de Victor Hugo
住所:
6 Pl. des Vosges, 4e
地図を見る »
アクセス:
メトロ1・5・8号線Bastilleバスティーユ駅から徒歩4分
TEL:
01-42-72-10-16
営業時間:
10:00~17:40(閉館は18:00)
定休日:
月曜、一部祝日 

バルザックの家 Maison de Balzac

晩年の静かな時を過ごした質素な家
パリで11回も引っ越したバルザックが、1840年から1847年まで過ごした場所。トルコ石で装飾した杖、金時計などの作家の愛用品、直筆の手紙などが所蔵されている。

174201
173935

彼にしては意外に慎ましい印象

173780

当時はのどかな場所、パリの市壁外にあった

バルザックの家

現地名:
Maison de Balzac
住所:
47 Rue Raynouard, 16e
地図を見る »
アクセス:
メトロ6号線 Passy パッシー駅から徒歩7分
TEL:
01-55-74-41-80
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
月曜、祝日 

トラベルデイズ パリ

  • 発売日:2012年07月02日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ パリ」です。掲載している情報は、2016年5〜7月にかけての取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。 最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。