2017年12月25日

アンダルシア

アンダルシア【グラナダ】アルハンブラ宮殿が伝える歴史

by Fish & Tips

Fotolia_169243903_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©takayuki_n82

かつて栄華を極めた、異国情緒あふれるイスラムの都。世界遺産アルハンブラ宮殿は国内外から人気を集め、多くの人に感動を与え続ける。ヘネラリフェからアルハンブラ宮殿を見下ろす。丘の上にそびえる要塞のような石造りの宮殿は街のシンボル。

グラナダ Granada

グラナダへのアクセス

空路
マドリードから約1時間5分、バルセロナから約1時間25分。グラナダ市街から約17㎞西にフェデリコ・ガルシア・ロルカ空港があり、空港から市街中心部へタクシーで約25分、バスで約45分。

鉄道
マドリードのAtochaアトーチャ駅からAltariaなどで所要時間約4時間30分でGranadaグラナダ駅に着く。1日3〜4本。駅からカテドラル前まではAv. de la Constituciónコンスティトゥシオン大通りのバス停からⒷ4・6・9・21番などで約10分(Gran Vía 1グラン・ビア1下車)。

バス
マドリードの南バスターミナルから約5時間でグラナダのバスターミナルへ。1日15〜18便運行。ここからカテドラル前までⒷ3・33番で約15分(Gran Vía 1グラン・ビア1下車)。

便利な交通機関

アルハンブラバス市内の観光名所をめぐる小型のバス。アルハンブラ宮殿へ向かうC3線はイサベル・ラ・カトリカ広場、アルバイシン地区へ向かうC1線はヌエバ広場で乗車できる。料金は€1.20でクレディブス利用で€0.79。

便利なチケット&パス

クレディブス Credibus
割引料金でバスに乗車できるプリペイドカード。デポジットは€2で、チャージは€5から。バス車内やキオスクで購入できる。長期タイプのもの以外は複数人での利用も可。払い戻しはデポジットのみで余ったチャージは戻ってこない。
www.lovegranada.com

グラナダ・カード・ボノ・トゥリスティコ Granada Card Bono Turístíco
アルハンブラ宮殿やカテドラルなどへの入場と、バス乗車を組み合わせたパス。インターネットから利用する日にちを決めて予約できる。
www.granadatur.com

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

街の歩き方

北西にコロン大通りが延びる、イサベル・ラ・カトリカ広場が街の中心。アルハンブラ宮殿やアルバイシン地区への起点となるヌエバ広場はすぐ北西にある。カテドラルなど中心部の観光スポットも徒歩圏内に点在する。

観光案内所

住所 C. Santa Ana 4
電話 958-575202
営業時間 9:00〜19:30(土・日曜、祝日は9:30〜15:00)
定休日 無休

アルハンブラ宮殿が物語るレコンキスタの歴史

グラナダの歴史は7世紀からのイスラム教徒の流入に始まる。13世紀にはナスル王朝の都として栄えるが、キリスト教徒によるレコンキスタの勢いに抗しきれず1492年に陥落し、その歴史に終止符を打つ。無血開城により残された、緻密な幾何学模様のアラベスクや花咲くパティオなど、イスラム芸術の粋を集めたアルハンブラ宮殿がこの街のハイライトだ。
ほかにも、宮殿の北側の丘に広がるアルバイシン地区に残るイスラム時代の面影が残る街並みや、街の中心部にそびえる巨大なカテドラルなど、見どころは多数。バルで飲み物を頼むと無料でタパスが付いてくる、独特の文化もぜひ楽しみたい。

506155

ヌエバ広場は、通りに沿って細長く続く。周辺はホテルやバルも数多いエリア

506150

街の中心となるイサベル・ラ・カトリカ広場。イサベル女王とコロンブスの銅像が目印

イスラム教とキリスト教の文化が交錯する街の遺産

アルハンブラ宮殿を見るだけで、グラナダ観光を終わるのはもったいない。中心部をめぐれば、きらびやかな教会や礼拝堂を観ることができる。

世界遺産 アルハンブラ宮殿 La Alhambra

丘の上にそびえる巨大なアラブ文化の遺産

グラナダにとどまらず、アンダルシア観光の目玉。広大な敷地にナスル宮殿、ヘネラリフェなどがある。

507199

夏の離宮として使われたヘネラリフェ。庭園には水路が張りめぐらされ涼しげ

509466

中央にライオンの噴水が配された獅子のパティオ

アルハンブラ宮殿

現地名:
La Alhambra
住所:
La Alhambra
地図を見る »
アクセス:
バスC3線Alhambra-Generalife2アルハンブラ-ヘネラリフェ2下車すぐ
TEL:
95-8027971
営業時間:
8:30~20:00(チケット売り場は8:00~20:00)、冬季は8:30~18:00(チケット売り場は8:00~18:00)※夜間公開もあり。金・土曜は22:00~23:30(チケット売り場は21:00~22:45)、冬季の金・土曜は20:00~21:30(チケット売り場は19:00~20:45)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.alhambra-patronato.es

カルトゥハ修道院 Monasterio de la Cartuja

チュリゲラ様式で施された内部の豪華な装飾は圧巻

16世紀に創設された修道院。教会や聖具室(18世紀)に見られる派手な装飾は、バロック様式から派生したチュリゲラ様式。イスラム美術の影響、またはアルハンブラ宮殿への対抗意識ともいわれる。サンチェス・コターンの連作画も必見だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高台にそびえ建つ荘厳な修道院

カルトゥハ修道院(グラナダ)

現地名:
Monasterio de la Cartuja
住所:
Paseo de Cartuja
地図を見る »
アクセス:
カテドラル前からバス8番で10分
TEL:
958-161932
営業時間:
10:00~13:00、16:00~20:00、11~3月は15:00~18:00のみ
定休日:
無休 

王室礼拝堂 Capilla Real

カテドラルに隣接して建つきらびやかに飾られた霊廟

1504〜21年建造の後期ゴシック様式の建物。イタリアの彫刻家ドメニコ・ファンチェッリの手による豪華な墓には、祭壇の右側にフェルナンド2世とイサベル1世、左側に両王の次女フアナとその夫フェリペの棺が安置されている。

Fotolia_114184107_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©pacoparra

カテドラルの裏にまわったところに建つ。聖堂内部は撮影禁止

王室礼拝堂

現地名:
Capilla Real
住所:
C. Oficios 1
地図を見る »
アクセス:
ヌエバ広場から徒歩5分
TEL:
958-227848
営業時間:
10:15~13:30、16:00~19:30(冬季は15:30~18:30)、日曜は11:00~13:30、14:30~18:30(冬季は~17:30)
定休日:
無休 

カテドラル Catedral

絢爛たる近世の大聖堂

1518年からおよそ2世紀をかけて建設されたため、ゴシック様式とルネサンス様式が混在している。1704年に塔以外の部分が完成した。イスラム礼拝堂跡に建てられた大聖堂は、豪華な造りになっており、隣には荘厳な王室礼拝堂がある。

508899
509398

中央礼拝堂内部を飾る美しいステンドグラス。レコンキスタを達成したイサベル女王はこの地に眠ることを望んだ

509383

荘厳な中央礼拝堂の主祭壇。礼拝堂内部にある鉄格子の奥にはカトリック両王の墓が

カテドラル(グラナダ)

現地名:
Catedral
住所:
Gran Vía de Colón 5
地図を見る »
アクセス:
ヌエバ広場から徒歩5分
TEL:
958-222959
営業時間:
10:00~18:30(日曜、祝日は15:00~18:00)
定休日:
無休 

世界遺産 アルバイシン Albaicín

 夜のアルバイシンは、フラメンコ鑑賞を組み合わせたツアーで。

アルバイシン地区はタブラオが多い一帯。多くのツアー会社が、タブラオでのフラメンコ鑑賞とサン・ニコラス広場からの夜景観賞、送迎を組み合わせたツアーを開催している。治安の不安な地区なので、このようなツアーを利用するのがおすすめ。

街の歩き方

アルバイシン地区は、丘の上にあるため急な坂になっている。歩きやすい靴ででかけよう。また入り組んだ細い道が続き迷いやすいので、まずはアルハンブラバスC1線を利用してサン・ニコラス広場へ行き、それから周辺を散策するか、グラナダ中心部へ下りていくのがおすすめ。

治安に注意!
アルバイシン地区は、グラナダのなかでは治安があまり良くない地域。早朝や、ランチどきは人通りがほとんどなくなり、夜間は明かりがなくなる。この時間帯には、できるだけバスやツアーを利用したい。

511682
511675

ライトアップされたアルハンブラ宮殿と情熱的なフラメンコは、グラナダの夜のハイライトとなるトピック

 

アルバイシン地区ナイトウォーキング付 フラメンコ・ショー鑑賞ツアー(夕食 or ドリンク付/グラナダ発)

料金 €75
所要 約3時間
催行日 毎日
出発地 グラナダ市内
解散地 グラナダ市内
催行会社 GRANAVISION
代理店 ベルトラ
URL www.veltra.com

白壁の街並み、アルバイシン地区からアルハンブラを望む

ダロ川を隔てたアルハンブラ宮殿の北側の丘一帯に、イスラム支配時代の白壁の街並みが広がる古い地区が残る。迷路のように入り組んだ石畳の細い道を歩けば、素晴らしい眺望に出会うことができる。

509634

丘の上からはグラナダ市内も一望のもと。遠くに見えるシエラネバダ山脈の雪解け水がアルハンブラ宮殿の水源

509623

異国情緒たっぷりの、白壁の石畳の道が続く

サン・ニコラス広場 Plaza de San Nicolás

アルハンブラ宮殿が見える最高のパノラマポイント

アルバイシン地区のいちばん高所にあるサン・ニコラス教会の横にある広場。展望台から眺めるシエラネバダ山脈を背景にしたアルハンブラ宮殿の景観は有名で、多くの観光客が日々訪れる。

510350

広場の前に建つサン・ニコラス教会

509638

サン・ニコラス広場からは、さえぎるものなくアルハンブラ宮殿の全容が目に入る

510857

絶景を求めて大勢の人が集まる

サン・ニコラス広場

現地名:
Plaza de San Nicolás
アクセス:
ヌエバ広場からバスC1番Plaza de San Nicolásサン・ニコラス広場下車すぐ

アラブ街カルデレリア・ヌエバ通り C. Calderería Nueva

アラブ風のみやげ物店が並ぶ狭い路地

アルバイシン地区の入口ともいえる通り。テテリア(アラブ風カフェ)やモロッコ料理店、みやげ物店がズラリと並び、イスラム色の強いエリアだ。エキゾチックなアラブの雰囲気を堪能しよう。

511129

アラブのみやげ物店や雑貨店がひしめき、異国情緒あふれる街並みが続く

アラブ街 カルデレリア・ヌエバ通り

現地名:
C. Calderería Nueva
アクセス:
ヌエバ広場、カテドラルから徒歩3分

まっぷるスペイン(16年)

  • 発売日:2016年11月14日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ パリ」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2016年7〜9月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので現在取り扱っていない可能性があります。