2017年12月23日

エッフェル塔周辺

パリ散歩【パッシー】静かな住宅街のコース

by Fish & Tips

57857

1937年のパリ万国博覧会のパビリオンとして建てられたシャイヨー宮から、セーヌ川中洲の散歩道を歩いてアール・ヌーヴォーの装飾が美しい街並へ。

エッフェル塔を望む絶景スポットをたどる

第6回パリ万博の際に建てられたシャイヨー宮には、テアトル・ナシオナル・ド・シャイヨー国立海事博物館人類博物館建築・文化財博物館という施設が入っており、なかでもおすすめは建築・文化財博物館だ。フランス各地の名建築の彫刻やレリーフ部分の複製が展示されており、見応えがある。テラス部分からのエッフェル塔を望む眺めも素晴らしく、シャイヨーの丘上からなだらかに下っていくトロカデロ庭園越しに、均整のとれた姿を堪能したい。夜ライトアップされたエッフェル塔も美しい。

パッシーは、パリジャンも憧れる高級住宅街。街なかの店も裕福なマダムが訪れるような上品な店が多く、ノーブルな街の薫りが感じられる。パッシー通りからバルザックの家に立ち寄り、ビラケム橋から白鳥の小径へ向かう。ビラケム橋は映画『ラストタンゴ・イン・パリ』や『インセプション』のロケ地となったところで、この二重構造の橋もまた、エッフェル塔を望む絶好の展望スポット。白鳥の小径は四季折々、木々が美しく、のんびり散歩するのが楽しい。白鳥の小径の西南端には、フランスが贈ったニューヨークの自由の女神像の返礼に送られた自由の女神像が立つ。

60684

トロカデロ庭園の噴水の奥にはシャイヨー宮が建つ

繊細華麗なアール・ヌーヴォーの建築

ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ通り界隈には、アール・ヌーヴォー最大の建築家エクトール・ギマールの作品が随所に残る。ギマール建築群として、まず注目したいのがジャン・ド・ラ・フォンテーヌ通り14番地のカステル・ベランジェ。鉄細工の美しい門扉が有名だ。そのほか、カステル・ベランジェから少し南に下ったところには集合住宅が、さらに進めば、3階建ての戸別住宅であるメザラ邸が建っている。そのまま進んだ六差路を右折し、モザール大通りを少し行ったところにはギマール自邸の建物が残されている。

60164

旧メザラ邸

街歩きコース 移動時間 約55分

START M6・9号線 トロカデロ駅
↓ 1分
シャイヨー宮
↓ 25分
バルザックの家
↓ 10分
白鳥の小径
↓ 10分
ギマール建築群
↓ 7分
GOAL M9号線 ジャスマン駅

58134

シャイヨー宮 Palais de Chaillot
3つの博物館と国立劇場が入っている。テラスから美しいエッフェル塔が望める。

57238

バルザックの家 Maison de Balzac
フランスを代表する作家、バルザックが晩年を過ごした家を利用した博物館。

57857

白鳥の小径 Allée des Cygnes
マロニエやポプラの並木道が散歩するのにぴったりな人工の島。

57451

ギマール建築群 Hector Guimard
アール・ヌーヴォーの建築家、エクトール・ギマールの作品が集まる。

交通(地下鉄)

⑥⑨ トロカデロ Trocadéro 駅
⑥ パッシー Passy 駅
⑥ ビラケム Bir-Hakeim 駅
⑨ ジャスマン Jasmin 駅

シャイヨー宮 Palais de Chaillot

大きく弧を描く2つの翼棟
1937年に開催されたパリ万博のパビリオンとして、ボワロー、カルリュ、アゼマの手により設計された新古典主義様式の建物。テアトル・ナシオナル・ド・シャイヨー、国立海事博物館、人類博物館、建築・文化財博物館がある。2棟のパビリオンの間にはブロンズ像や噴水、池が配置され、夏には日光浴を楽しむ人々の姿が見られる。またセーヌ川を挟んでエッフェル塔が望めるカメラスポットでもある。

47764

列柱が並ぶ翼棟。新古典主義様式で設計されている

47750

敷地内には、映画スクリーンを備えた水族館、シネアクア・パリもある

47774
47779

両翼塔の間には広いテラスがあり、金色に塗られたブロンズ像が並ぶ。翼塔と階段部分は40人の彫刻家によるレリーフや彫刻群に彩られている

4771813134_d56b3060eb_z
Eiffel Tower view from Palais de Chaillot, by myhsu, CC BY-ND

庭園のブロンズ像とエッフェル塔のコンビ写真が撮れる人気スポット

シャイヨー宮

現地名:
Palais de Chaillot
住所:
17 Pl. du Trocadéro, 16e
地図を見る »
アクセス:
メトロ6・9号線Trocadéroトロカデロ駅からすぐ
TEL:
01-58-51-52-00
営業時間:
建物自体への入場は11:00~19:00(木曜は~21:00)、博物館は各館により異なる
定休日:
火曜、1/1、5/1、12/25 
Webサイト:
http://www.citechaillot.fr

パッシー通り Rue de Passy

パリ近郊ののどかな村だったパッシーは1859年にパリに編入され、バルザックに代表される文人が好んで住んだ。現在は16区高級住宅街としてその名を馳せており、そのメインストリートがパッシー通りだ。高級ショップや人気カフェ、レストランが軒を並べ昼夜を問わず賑わう。

58945
60688

高級店だけでなく、若者に人気のブティックなど入りやすい店も多いので誰でも楽しめる

パッシー通り

現地名:
Rue de Passy
アクセス:
メトロ6号線 Passy パッシー駅から徒歩3分

トラベルデイズ パリ

  • 発売日:2012年07月02日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ パリ」です。掲載している情報は、2016年5〜7月にかけての取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。 最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。