2017年12月23日

パリ

パリ散歩【レ・アル】パリの胃袋から、アートの街へ

by Fish & Tips

47369

パリの中央市場であったこのエリア。1969年の市場移設以降、跡地は巨大な商業センターへ。パイプとガラスで構成されたポンピドゥー・センターは、この界隈のシンボルだ。

中央市場の名残が見られる商店街と道具街

エミール・ゾラによる『パリの胃袋』という小説で、その熱気と喧騒が描かれた中央市場。地名の由来ともなったその市場が移設したのち、現在はフォーラム・デ・アルという一大ショッピングセンターが建てられたが、商業地としての賑やかさは今も変わらない。

ルーヴル・リヴォリ駅をセーヌ川方面に歩くと左手にサン・ジェルマン・ロークセロワ教会がある。1572年、この教会の鐘の音を合図にサン・バルテルミの大虐殺が始まった歴史の舞台だ。教会をあとに、ルーヴル通りを北へ歩くと、右手に円形ドームが見えてくる。かつては麦の貯蔵庫、今は商品取引所として機能している。東へ進むと美しいたたずまいのサントゥスタッシュ教会があり、日曜に開かれる8000本のパイプオルガンの演奏がおすすめ。教会前の広場には、「聞く」という題の彫刻作品もあり 、のんびりした時間が流れる。

モントルグイユ通りはかつての中央市場の延長で、パリでいちばん古いパティスリーのストレールなど、昔からの食料品店やカフェが軒を連ねる商店街だ。南東に進むとエティエンヌ・マルセル駅。周辺は道具街として知られ、1814年創業の老舗モラをはじめ、お菓子やキッチン用品の卸売店が建ち並ぶ。

41143

フォーラム・デ・アル

35458

賑わうモントルグイユ通り

41109

イノサンの泉

世界遺産や現代アートを見てまわる

少し南下して、シャトレ駅へ。リヴォリ通りを東へ進むと世界遺産に登録され、キリスト教三大巡礼地としても有名なサン・ジャック塔がある。1797年、もともとあった教会部分が取り壊され、高さ62mの塔のみが残る形に。塔の周りには公園があり、地元の人や観光客の憩いの場となっている。北へ延びるサン・マルタン通りを歩くと右手に美しいゴシック建築のサン・メリ教会が現れ、その北側には、イゴール・ストラヴィンスキー広場がある。大きな噴水の中に立つ、ニキ・ド・サンファルなどのポップなオブジェがユニークだ。そして、広場から見えるのがポンピドゥー・センター。1977年に開館したフランス最大規模を誇る現代アート・センターは、所蔵作品6万点を超える国立近代美術館や図書館などが入っており、見どころ満載だ。前の広場は、パフォーマーで賑わう。

3471211023_8584779cdd_z
Centre Pompidou, by ktee1026, CC BY

むき出しになったパイプや鉄柵が印象的なポンピドゥー・センター

54085

ポンピドゥー・センター近くの時計、『時の守護者』は愉快なからくりを楽しめる

街歩きコース 移動時間 約50分

START M1号線 ルーヴル・リヴォリ駅
↓ 10分
サントゥスタッシュ教会
↓ 5分
モントルグイユ通り
↓ 30分
ポンピドゥー・センター
↓ 5分
GOAL M11号線 ランビュトー駅

465177428_fc9a874f03_z
Eglise St. Eustache - Paris, by Ruth L, CC BY-ND

サントゥスタッシュ教会 Église St-Eustache
ゴシック建築にルネサンス様式の装飾が華麗な教会。歴史あるパイプオルガンを有する。

46684

モントルグイユ通り Rue Montorgueil
エミール・ゾラに「パリの胃袋」と呼ばれたことで知られる、パリの三大グルメ通りのひとつ。

38398

ポンピドゥー・センター Centre National d’Art et de Culture G. Pompidou
1977年にオープンした総合現代芸術センター。国立近代美術館や映画館などが入る。

交通(地下鉄)

④ レ・アル Les Halles 駅
①④⑦⑪⑭ シャトレ Châtelet 駅
① ルーヴル・リヴォリ Louvre Rivoli 駅
①⑪ オテル・ド・ヴィル Hôtel de Ville 駅
⑪ ランビュトーRambuteau 駅
④ エティエンヌ・マルセル Étienne Marcel 駅

ポンピドゥー・センター Centre National d'Art et de Culture G. Pompidou

ルーヴルと競うパリの人気スポット
1969年、当時の大統領ポンピドゥーがパリ再開発計画の一環として発案。「パリは古いだけではいけない。現代的芸術創造センターが必要だ」という大統領の意図のもと、国際コンペティションを勝ち抜いた2人の建築家リチャード・ロジャースとレンゾ・ピアノが設計し1977年に完成した。鋼鉄の骨組みとパイプむき出しという超前衛的な外観は建設当初「パリにそぐわない」と酷評された。公共情報図書館、工業創作センター、国立近代美術館 、音響/音楽調査調整研究所などの諸施設を備えている。

47369

鉄鋼所を連想させる巨大な平行六面体建築

38376

館内の移動はエスカレ-ターで

38388

隣接するイゴール・ストラヴィンスキー広場もモダン

ポンピドゥー・センター

現地名:
Centre Georges Pompidou
住所:
Pl. Georges Pompidou, 4e
地図を見る »
アクセス:
メトロ11号線Rambuteauランビュトー駅からすぐ
TEL:
01-44-78-12-33
営業時間:
11:00~22:00(木曜は~23:00)、施設により異なる
定休日:
火曜、5/1 
Webサイト:
http://www.centrepompidou.fr

サン・ジャック塔 Tour St-Jacques

パスカルの実験で名高い塔
1802年に焼失したサン・ジャック・ラ・プーシュリー教会の鐘楼。教会はスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラへ向かう巡礼者の出発地でもあった。1648年に気圧の実証実験を行なったパスカルの彫像がある。

38859

今はなきゴシック教会を彷彿させる塔の頂上(52m)には気象観測所が置かれている

download

この塔で実験を重ねたパスカル

サン・ジャック塔

現地名:
Tour St-Jacques
アクセス:
メトロ1・4・7・11・14号線 Châtelet シャトレ駅から徒歩1分

サン・ジェルマン・ロークセロワ教会 Église St-Germain l'Auxerrois

サン・バルテルミの虐殺の合図の鐘
教会の起源は8世紀にさかのぼる。現在の建物は5世紀という長い歳月をかけて建築されたため、ロマネスク、中期ゴシック、フランボワイヤン、ルネサンスなど各時代の教会建築様式が混在している。15世紀に造られた翼廊のステンドグラスと2つのバラ窓は必見。

39009

内陣は中期ゴシック様式が見られる

サン・ジェルマン・ロークセロワ教会

現地名:
Église St-Germain l'Auxerrois
住所:
2 Pl. du Louvre, 1er
地図を見る »
アクセス:
メトロ1号線 Louvre Rivoli ルーヴル・リヴォリ駅から徒歩1分
TEL:
01-42-60-13-96
営業時間:
8:00~19:00、日曜9:00~20:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.saintgermainauxerrois.cef.fr

アンリ4世が暗殺されたフェロヌリ通り Rue de La Ferronnerie

フェロヌリ通り11番地。40年もの宗教対立を終結させるなど優れた施政者だったアンリ4世が1610年5月14日ここで暗殺された。該当場所は敷石で示されている。

51643

ユリの花とアンリ4世の文字が刻まれている

フェロヌリ通り

現地名:
Rue de La Ferronnerie
アクセス:
メトロ1・4・7・11・14号線 Châtelet シャトレ駅から徒歩3分

サントゥスタッシュ教会 Église St-Eustache

逸話に事欠かないパリ屈指の教会
ノートル・ダム寺院を模して17世紀に建てられた教会はゴシック様式とルネサンス様式が混在しており、パリで最も美しい教会のひとつと讃えられている。ベルリオーズやリストが演奏したこともあるパイプオルガンと聖歌隊の美声でも有名。ポンパドゥール夫人はここで洗礼を受け、1778年にはモーツァルト参列のもと、彼の母親の葬儀が執り行なわれた。

47642

1637年完成。外観はゴシック様式

39994

聴く人々を魅了するパイプオルガン

40534

数々の逸話が残る教会内部はルネサンス様式

サントゥスタッシュ教会

現地名:
Église St-Eustache
住所:
2 Impasse St-Eustache, 1er
地図を見る »
アクセス:
メトロ4号線 Les Halles レ・アル駅から徒歩2分
TEL:
01-42-36-31-05
営業時間:
9:30(土・日曜10:00)~19:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.saint-eustache.org

イノサンの泉 Fontaine des Innocents

共同墓地から活気あふれる広場に
1549年アンリ2世のパリ入市を記念して建設、18世紀末に移転された。当初からある3面の装飾はルーヴルを手がけたグジョンによるもので、エレガントな5つのニンフ像や繊細な彫刻はフォンテーヌブロー派ならではの表現だ。

39416

建築当初は壁に設置された3面の建物だった

イノサンの泉

現地名:
Fontaine des Innocents
アクセス:
メトロ1・4・7・11・14号線 Châtelet シャトレ駅、メトロ4号線 Les Halles レ・アル駅から徒歩4分

サン・メリ教会 Église St-Merri

パリ最古の鐘と聖水盤が残る
7世紀にこの地で他界したと伝えられる聖メリは捕虜たちの守護神。現在の教会堂は1612年完成だが、小塔の鐘は1331年製。聖水盤には聖女アンヌ(聖母の母)に関するレリーフが施されている。かつてサン・サーンスが奏者を務めたパイプオルガンは装飾が見事だ。

40873

サン・メリ教会

現地名:
Église St-Merri
住所:
76 Rue de la Verrerie, 4e
地図を見る »
アクセス:
メトロ1・11号線 Hôtel de Ville オテル・ド・ヴィル駅から徒歩1分
TEL:
01-42-71-93-93
営業時間:
14:00~18:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.saintmerri.org

トラベルデイズ パリ

  • 発売日:2012年07月02日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ パリ」です。掲載している情報は、2016年5〜7月にかけての取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。 最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。