2017年12月21日

ドイツ

ミュンヘン【マリエン広場】人形が踊る仕掛け時計の広場と周辺

by Fish & Tips

DT-022_02

人形が踊る仕掛け時計の広場で待ち合わせ
新市庁舎のある広場は、旧市街の環状線の真ん中に位置し、ここから東西南北に特色ある観光スポットが広がる。人気のショップやビアホール&レストランも集中している。

バイエルン王国の遺産を感じる散歩道

旧市街の心臓部には、教会や歴史的建造物などの観光スポット、ショップ、ビアホールなどが密集する。そのなかのハイライト3つを、古い街並をたどりながら歩いてみたい。
ミュンヘン中央駅を出たら、正面に延びる歩行者道路を抜ける。目の前に見える豪華な噴水を過ぎ、カール門をくぐってまっすぐノイハウザー通りを進む。しばらく行くと、左手にバイエルン王家ゆかりの聖ミヒャエル教会があり、そこから間もなく出会うイノシシの像はドイツ狩猟漁猟博物館の目印だ。この博物館を左に曲がり、道なりに右にカーブして行くと玉ネギ頭の2つの塔を持つフラウエン教会にたどり着く。ここから裏通りを抜けて右折してすぐ、新ゴシック様式の繊細な建造物新市庁舎が建つマリエン広場に出る。1日3回、仕掛時計の動き出す人形を目当てに、広場周辺が塔を仰ぎ見る人でごった返す。新市庁舎内には観光案内所もあるので、ここで必要な情報やパンフレットも手に入る。
新市庁舎の角を曲がり北上するとマクシミリアン通りに交差し、巨大な建物が目の前に現れる。ここが観光のハイライト、バイエルン王家の居城だったレジデンツだ。

DT-IMG_0930

多くの地下鉄の交差駅でもあるマリエン広場は、いつも多くの人で賑わう街の中心

ミュンヘン中央駅観光案内所 Tourist Information am Hauptbahahof

ミュンヘン中央駅観光案内所

現地名:
Tourist Information am Hauptbahahof
住所:
Hauptbahnhof-Passage
地図を見る »
TEL:
089-23396500
営業時間:
9:00~20:00(日曜、祝日は10:00~18:00)※季節により異なる
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.muenchen.de

マリエン広場観光案内所 Tourist Information im Rauthaus am Marienplatz

マリエン広場 観光案内所

現地名:
Tourist Information im Rauthaus am Marienplatz
住所:
Marienplatz 2
地図を見る »
TEL:
089-23396500
営業時間:
9:30~19:30(土曜は9:00~16:00)、日曜、祝日は10:00~14:00※季節により異なる
定休日:
祝日の一部 
Webサイト:
http://www.muenchen.de

街歩きコース 移動時間 約40分

START U①②④⑤/S①②④⑤⑥⑦⑧ ミュンヘン中央駅
↓ 21分
1 フラウエン教会
↓ 3分
2 新市庁舎
↓ 11分
3 レジデンツ
↓ 4分
GOAL U③④⑤⑥オデオンスプラッツ駅

交通(Uバーン/Sバーン)

U①②④⑤/S①②④⑥⑦⑧ ミュンヘン中央 München Hauptbahnhof 駅
U④⑤/S①②④⑥⑦⑧ カールスプラッツ Karlsplatz(Stachus) 駅
U③⑥/S①②④⑥⑦⑧ マリエンプラッツ Marienplatz 駅
U③④⑤⑥ オデオンスプラッツOdeonsplatz 駅
U③④⑤⑥ イーザルトーアIsartor 駅

朝食に白ビールとソーセージが地元の流儀

「時間がない」「歩くのに自信がない」という人は、マリエンプラッツ駅を起点にしてもよい。ここから3大名所のレジデンツ、フラウエン教会、新市庁舎は歩いて10分ほどの範囲にある。そして、広場周辺には南ドイツの特産品の店や、伝統料理も楽しめる老舗のビアホールも点在する。カフェでは白ビール&ソーセージのバイエルン式モーニングセットを出す店も多いので、試してみたい。ビールはバイエルンの食文化のひとつ。バイエルン公ヴィルヘルム5世が16世紀に醸造所を開設して以来、国王が後ろ盾となった歴史がある。世界最大のビールの祭典オクトーバーフェストも、王家の遺産ともいえる。

DT-019_09

ミュンヘン市の名の由来は“ミュニヘン(小僧)”。小さなお坊さんの紋章は街のあちこちで見られる

カール門 Karlstor

中世商人が通った旧市街への入口
カール広場から旧市街へと続く歴史ある門。中世の商人たちが行き来した場所だ。ミュンヘン中央駅と旧市街の中間に位置する。ここから東側は歩行者天国のノイハウザー通りとなり、賑わいをみせる。

DT-カールス門_02

この門から西へ進めばアウクスブルクへ続く

カール門

現地名:
Karlstor
アクセス:
Uバーン・SバーンKarlsplatz カールスプラッツ駅から徒歩1分

ノイハウザー通り Neuhauser Straße

西のカール広場からマリエン広場のほうへと続く歩行者天国。通り沿いにはレストランやブティック、デパート、みやげ物店が並び、ドイツブランドから手ごろな値段のアイテムまで揃うので、ぜひのんびり歩きたい。

DT-P83-R

途中、通り名はカウフィンガー通りに変わる

DT-024_09

地元の人たちに愛される憩いの場にもなっている

DT-024_06

大道芸も楽しめる

ノイハウザー通り

現地名:
Neuhauser Straße
アクセス:
Uバーン・SバーンKarlsplatz カールスプラッツ駅から徒歩1分

聖ミヒャエル教会 Jesuitenkirche St. Michael

ルートヴィヒ2世が眠る教会
1597年にヴィルヘルム5世により反宗教改革の一環として建設されたイエズス会の教会。2つの正面入口の間では、デーモンと戦う大天使ミヒャエル像が訪れる者を出迎える。

DT-IMG_5877

後期ルネサンス様式の豪華な建築も見どころ

ココにも注目 ルートヴィヒ2世の棺 KÖNIG LUDWIG ⅡVON BAYERN

教会の地下にはヴィッテルスバッハ家の墓所があり、「メルヘン王」ことルートヴィヒ2世もここに眠る。

DT-IMG_2995

聖ミヒャエル教会

現地名:
Jesuitenkirche St. Michael
住所:
Neuhauserstraße 6
地図を見る »
アクセス:
Sバーン・UバーンMarienplatzマリエンプラッツ駅から徒歩4分
TEL:
089-2317060
営業時間:
8:15~19:00(月・金曜は10:00~、火曜は~20:15、日曜は7:00~22:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.st-michael-muenchen.de

フラウエン教会 Frauenkirche

玉ネギ形の屋根の2つの塔が目印
15世紀後半に建てられた後期ゴシック様式の教会で、2つの青い玉ネギ形の塔は、ミュンヘンのシンボル的存在。内部は堂内に光がいっぱい差し込むハレンキルヘという様式だ。

DT-S_Mドイツ-082-B

南塔はエレベーターで展望台に上ることもできる

DT-IMG_0502

ルートヴィヒ4世などヴィッテルスバッハ家の霊廟がある

ココにも注目 悪魔の足跡 Teufelstritt

教会の入口近くの床には、教会の完成式典前夜に悪魔が忍び込んだという伝説が残る黒い足跡がある。

フラウエン教会(ミュンヘン)

現地名:
Frauenkirche
住所:
Frauenplatz 12
地図を見る »
アクセス:
Sバーン・UバーンMarienplatzマリエンプラッツ駅から徒歩3分
TEL:
089-2900820
営業時間:
7:00~20:30(冬季は~20:00)※ミサ中は見学不可
定休日:
無休 

マリエン広場 Marienplatz

ミュンヘン観光の起点となる広場
マリエンプラッツ駅を降りると目の前に広がるミュンヘン観光の拠点。金の聖母マリア像の記念柱がシンボルで、周辺には新市庁舎や聖ペーター教会などの見どころをはじめ飲食店も多く、買物にも便利なエリア。

DT-022_02

新市庁舎に面し、Sバーン、Uバーン両方の駅がある

マリエン広場

現地名:
Marienplatz
アクセス:
Uバーン・SバーンMarienplatz マリエンプラッツ駅から徒歩1分

新市庁舎 Neues Rathaus

そびえる尖塔の仕掛け時計は必見
ルートヴィヒ1世の命により建てられた新ゴシック様式の建物で、そびえる尖塔と、その中央には32体の等身大の人形が踊る、ドイツ最大の仕掛け時計がある。仕掛けが動く時間になると、多くの人が広場に集まってくる。

DT-IMG_6913

11:00、12:00、17:00の1日3回、各約10分間動く仕掛け時計は、観光客にも大人気

DT-022_02

新ゴシック様式の建物は尖塔が印象的だ

新市庁舎

現地名:
Neues Rathaus
住所:
Marienplatz 8
地図を見る »
アクセス:
Sバーン・UバーンMarienplatzマリエンプラッツ駅からすぐ
TEL:
089-23300
営業時間:
入場自由、塔10:00~19:00(10~4月は~17:00)
定休日:
10~4月の土・日曜、祝日 

聖ペーター教会 St.Peterskirche

見事な眺望を誇る街で最古の教会
ミュンヘンで最も古い教会。11世紀に建てられて以来、増改築をするたびに建築様式が変わったため、ゴシック、ルネサンス、バロックが混在した造りになっている。塔の上ではぐるりと360度、街を眺めることができる。

DT-L-82

約300段の階段を上って展望台へ

DT-S_Mドイツ-083-C

「年寄りペーター」の愛称で親しまれている

DT-S_Mドイツ-083-D

第二次世界大戦で破壊されたが1954年に再建された

聖ペーター教会

現地名:
St. Peterskirche
住所:
Rindenmarkt 1
地図を見る »
アクセス:
Sバーン・UバーンMarienplatzマリエンプラッツ駅からすぐ
TEL:
089-210237760
営業時間:
9:00~12:00、14:00~16:00(火~木曜は~12:00)※ミサ中は見学不可、塔は9:00~18:30(土・日曜、祝日は10:00~、閉館は19:00、冬季は~17:30、土・日曜、祝日は10:00~17:30、閉館は18:00)

旧市庁舎 Altes Rathaus

木製の丸天井が見どころ
1470~80年にかけて建築された歴史的建造物だが、第二次世界大戦で大部分が破壊され、のちに修復されて美しい姿を見せている。木製の丸天井は後期ゴシックの至宝として名高く、一見の価値あり。内部はおもちゃ博物館になっている。

DT-029_04

マリエン広場の東端に建つロマンティックな建物

旧市庁舎(ミュンヘン)

現地名:
Altes Rathaus

レジデンツ Residenz

バイエルン王家の華麗な暮らしがうかがえる広大な宮殿
バイエルンを統治したヴィッテルスバッハ家が1809~1918年にかけて住んでいた宮殿。建物は14~19世紀にかけて造られたもので、王宮、旧王宮、大広間の3つの館からなる。音楽や芸術を好んだ王家の、130室にも及ぶ部屋には、豪華な調度品や宝飾品があふれている。内部は博物館や宝物館、劇場として公開されており、世界最大のフレスコ画をはじめ、先祖代々の肖像画など、見どころ満載だ。

DT-G-82

広大な内部は4つの博物館と劇場になっている

DT-IMG_0838

マックス・ヨーゼフ1世像
マクシミリアン1世の像。バイエルン王国のシンボルとして、マックス・ヨーゼフ1世の愛称でミュンヘン市民に親しまれている。

DT-IMG_0831

バイエルン州立歌劇場
芸術を愛したマクシミリアン1世が1811~18年にかけて建てたオペラ劇場。毎年7月にオペラ・フェスティバルが開催される。

DT-IMG_0182

祖先画ギャラリー
ヴィッテルスバッハ家の歴代当主121人の肖像画が壁一面にずらりと並んだギャラリー。金色の豪華な装飾が施された立派な肖像画が並ぶ様子は圧倒的。

DT-IMG_7554

グロット宮殿
インドや東南アジアの神々を彷彿させる像などが、びっしりと埋め込まれた貝殻で装飾されたアジア風の雰囲気漂う異色の宮殿。

DT-IMG_7824

ライオン
レジデンツの入口に立つ楯を持つライオン像。地元ではこの楯に触ると幸せになるといわれ、道行く人たちがよくなでていく。ぜひ真似してみたいもの。

DT-IMG_7557

アンティカリウム
ルネサンス様式の丸天井に描かれた世界最大のフレスコ画。その下には古代ローマの彫像が並んでいる。

DT-レジデンツ_07

建物の中にはいくつもの美しい庭園がある

芸術を愛したヴィッテルスバッハ家

12世紀から20世紀にかけて、バイエルン地方を支配した一族。1806年にバイエルン王国が誕生すると、その君主としてミュンヘンに都が置かれた。ルートヴィヒ2世をはじめ、歴代の国王は芸術を奨励。19世紀半ばになると、ミュンヘンの街には美しい建築物や美術館が並び「イーザル湖畔のアテネ」と称されるようになった。

DT-IMG_6017

ミュンヘンのアート散策はアルテ・ピナコテークから

レジデンツ(ミュンヘン)

現地名:
Residenz
住所:
Residenzstraße 1
地図を見る »
アクセス:
UバーンOdeonsplatzオデオンスプラッツ駅から徒歩3分
TEL:
089-290671
営業時間:
9:00~17:00(閉館は18:00)、10月下旬~3月は10:00~16:00(閉館は17:00)※季節により異なる
定休日:
無休 

テアティナー教会 Theatinerkirche

壮麗なバロック様式の教会
1663年に着工され、6年の歳月をかけて完成した、ドイツにおける最高のバロック様式と評される美しい教会。内部は水漆喰で塗られ、白一色の荘厳な雰囲気に満ちている。

DT-IMG_0810

鮮やかな黄色い外観はひときわ目立つ

テアティナー教会

現地名:
Theatinerkirche
住所:
Theatinerstraße 22
地図を見る »
アクセス:
UバーンOdeonsplatz オデオンスプラッツ駅からすぐ
TEL:
089-2106960
営業時間:
8:30~13:30、15:00~16:30(金曜は13:00~16:00、土曜は9:00~12:00)※礼拝中は入場不可
定休日:
日曜、祝日 
Webサイト:
http://www.theatinerkirche.de

トラベルデイズ ドイツ

  • 発売日:2013年03月15日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ ドイツ」です。掲載されているデータは、2015年12月〜2016年3月の取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。 最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。