2017年12月25日

スペイン

バルセロナで建築家ガウディの世界遺産を観る

by Fish & Tips

Casa Batllo, Barcelona, Spain.
by fotolia - © Vladyslav Danilin

幻に終わった、ガウディ理想の公園都市計画 グエル公園
石と鉄で曲線を表現し、自然と融合した集合住宅 カサ・ミラ(ラ・ペドレラ)
地中海がテーマの住宅は自然の曲線美で表現 カサ・バトリョ
ガウディが手がけた小邸宅 グエル邸
イスラム様式の影響が見える建築 カサ・ビセンス

世界遺産 幻に終わった、ガウディ理想の公園都市計画 グエル公園 Parc Güell

ガウディの生涯のパトロン、グエルがガウディに依頼した都市開発プロジェクト。当初60戸の住宅を建設する予定だったが、売れたのは結局2戸。その後グエルの死などから未完に終わり、公園だけが残された。色とりどりのタイルを使った「トカゲの噴水」やベンチが有名。公園の敷地は斜面になっているので、見晴らしも最高だ。

着工 1900年
竣工 1914年

Fotolia_184858367_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © Vladyslav Danilin

高台の広場からの眺望は絶景

591354

正面エントランスを入ったところにある巨大な階段

593773

公園内の人気者「トカゲの噴水」は記念撮影に並ぶ人が後を絶たない

4629607935_2bc3408e4a_z
10, by allisonfender, CC BY-ND

広場ではたくさんの人が思い思いに過ごす

Fotolia_167162122_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © Sylvain LANDRY

公園を囲む外壁にあるタイルで作られた円形のシンボル。「Park」と「Güell」がある

見学のポイント1 バルセロナが一望できる公園の目玉の広場

列柱の上に広がる広場からはバルセロナの市内が一望できる。広場を囲うように設けられたベンチは人間工学に基づいて設計されたもの。ぜひ座ってみたい。ガウディ特有の破砕タイルで華やかにデザインされており、制作は助手のジュジョールによるもの。

Fotolia_129330315_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © Arpad

かわいらしいタイルの模様は必見

見学のポイント 2 公園の中心に位置するドーリア式列柱

ドーリア式の列柱86本が並ぶ空間は、この地が住宅地として計画されていた際に、住民が使用する市場になる予定だった。柱の中は空洞で、上の広場に溜まった水が流れるようになっている。

Fotolia_87648402_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © XtravaganT

天井にはさまざまなデザインのモザイク飾りが並ぶ

見学のポイント3 広場へと続く入口階段に「トカゲの噴水」

広場へと続く入口の階段なかほどで、公園でいちばん人気の「トカゲの噴水」が出迎えてくれる。この公園全体に見られる、破砕タイルで装飾されている。

Fotolia_87648605_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © XtravaganT

広場のベンチなどとと同じく、モザイクはガウディの弟子のジュジョールが手がけた

見学のポイント4 自然の地形を利用したアーチの回廊

公園内には3か所に回廊が設けられているが、これは高さの違う地形を生かしたまま、公園内を行き来しやすいようにするため。傾いたアーチは、土地の傾斜を利用し力を分散させるデザインとなっている。なかには女性の形をした柱も。公園の奥へ進むほど、自然に溶け込むようなデザインになっている。

SANYO DIGITAL CAMERA

柱の表面は石で覆われている

見学のポイント5 公園入口に並ぶお菓子の家のような建物

入口両側に並ぶメルヘンチックな建物が、この広大な公園に対する期待感を高める。それぞれ守衛所、公園事務所として造られたが、現在ではおみやげ売り場になっている。

Fotolia_94339113_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © Ivan Abramkin

屋根の上にはガウディ建築につきものの立体十字架

ガウディが晩年を過ごした家 ガウディ博物館 Casa Museu Gaudí

園内にある、ガウディが晩年を過ごした家を博物館として公開。巨匠の生活が垣間見られる。ガウディが使用していたものや、自身がデザインした家具が展示されている。

 

593570

2戸だけ売れた住宅。その買い手はグエルとガウディだった。

593561

それらの住宅は現在小学校、ガウディ博物館として利用されている

グエル公園

現地名:
Parc Güell
住所:
C. d'Olot s/n
地図を見る »
アクセス:
地下鉄3号線Lessepsレセップス駅から徒歩20分/バス24・92番でParcGüellグエル公園下車、徒歩5分
TEL:
90-2200302
営業時間:
8:00~20:30(3月下旬~5月上旬、8月下旬~10月下旬は~19:30、閉園は各1時間後)、10月下旬~5月下旬は8:30~17:30(閉園は18:15)※事前にHPで要確認、ガウディ博物館10:00~17:45(1/1・6、12/25・26は~13:45、4~9月は9:00~19:45、閉館は各15分後)※ガウディ博物館は無料区間にある
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.parkguell.es

世界遺産 石と鉄で曲線を表現し、自然と融合した集合住宅 カサ・ミラ(ラ・ペドレラ)Casa Milà (La Pedrera)

独特の形状からバルセロナ市民に「ラ・ペドレラ(石切り場)」の愛称で親しまれるガウディ後期の作品。地中海の巨石を思わせる造形は、カタルーニャの聖地である、モンセラットの奇岩をモチーフにしたもの。本来は実業家ペレ・ミラの結婚に際して受注設計した邸宅。最上階は現在、ガウディ建築についての博物館となっている。

着工 1906年
竣工 1910年

Fotolia_78311690_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © oben901

通りの角に位置するカサ・ミラだが、角の部分も曲面で表現されている

当初は、建物上部にマリア像の設置が予定されていた。しかし1909年当時、宗教建築物が放火されるという暴動が起こり、施主のミラ夫妻が設置に反対したため設置されることはなかった。

Fotolia_137967283_Subscription_Monthly_M
by fotolia- © ronnybas

波打つ外壁は夜にライトアップされるとより幻想的

596034

内部は吹き抜けになっていて、開放感たっぷり

596042

曲線と奇妙な煙突で構成された、まさに空中庭園

596047

建設当時のブルジョワ階級の居住空間を再現したもの。いくつかの部屋は、現在もなお住居として使用されている

見学のポイント1 バルセロナの街を見渡すテーマパークのような屋上

6階建ての邸宅の屋上からは、バルセロナの街が一望に収められる。ここから望む山々の傾斜を模して造られたといわれる建物の屋上には、山の峰をかたどったような形や、兜をかぶった兵士のような奇妙な形の煙突が並ぶ。

594957

見学のポイント2 内側にも驚きの設計が施された中庭

入口を入って最初に通るのが円形の中庭。広い敷地内に2か所設けられた。ガウディ建築によく見られるように、建物全体の採光を考えた設計となっており、上層階に比べ自然光を採り込みにくい下層階は、窓が大きく設計されている。真下から見上げると楕円形に切り取られた空が劇場効果を生み出している。

594813

建物の中心の中庭はスペインの伝統的な様式

見学のポイント3 ガウディが考えた理想の住空間を見る

住居部分は当時のまま保存されており、実際にカサ・ミラ内部での生活の様子がうかがえる造りになっている。ガウディ・デザインのイスも置かれていて実際に座ることもできる。中庭を囲むように造られた廊下には明るい日差しが入る。

594975

人間工学に基づいて作られたイスは座りごこちがいい

見学のポイント4 ガウディ・デザインが集まる屋根裏の回廊

採光と空間の広がりを重視した大小さまざまなアーチが連なる屋根裏空間は、カサ・バトリョにも見られるガウディ建築の特徴。現在はカサ・ミラのミニチュアやイスなどが置かれたギャラリースペースになっている。

594809

懸垂曲線のアーチが屋上階の床の支えとなっている

595026

ガウディ作品の精巧な模型を展示

ガウディ建築で食事する カフェ・デ・ラ・ペドレラ Café de la Pedrera

カサ・ミラの見学のあとは、邸内のカフェでひと休みを。いかにもガウディ建築らしい波打つ天井をはじめ、内装のほとんどはオリジナルのまま。優雅な空間でゆったりした時間を楽しめる。カフェとしてだけでなく、レストランとしてもおすすめ。

595845

波打つ天井。大きな窓から差し込む光の角度で微妙にその表情を変える

622548

カフェオレ€2.50とフルーツ盛り合わせ€6.50

カフェ・デ・ラ・ペドレラ

現地名:
Café de la Pedrera
住所:
Passeig de Gràcia 92
地図を見る »
TEL:
93-4880176
営業時間:
8:30~23:00
定休日:
無休 
日本最大の海外レストラン予約サイトでは、
「日本語」で安心して予約できます。
カフェ・デ・ラ・ペドレラをネット予約 »

カサ・ミラ(ラ・ペドレラ)

現地名:
Casa Milà (La Pedrera)
住所:
Passeig de Gràcia 92
地図を見る »
アクセス:
地下鉄3・5号線Diagonalディアゴナル駅からすぐ
TEL:
902-202138
営業時間:
9:00~20:00(閉館は20:30)、11/3~2/26は~18:00(閉館は18:30)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.lapedrera.com

世界遺産 地中海がテーマの住宅は自然の曲線美で表現 カサ・バトリョ Casa Batlló

もとは1877年に建てられた集合住宅。自邸のデザインが気に入らなかったオーナーのバトリョが、隣接するカサ・アマトリェール(⇒P.21)に対抗すべく、ガウディに増改築を依頼。地中海にインスピレーションを得て造られたといわれている。入場料にはオーディオガイドも含まれる。日本語もあり。

着工 1904年
竣工 1906年

34688618070_55263c9e7f_z
Window of Casa Batlló, 2017, by ElleFlorio, CC BY-SA

グラシア通りに面した2階のサロンはバトリョ邸最大の見どころ。ガラスや手すりの曲線美を堪能しよう。改築ではあるものの、まったく違う建物に変貌を遂げたカサ・バトリョ。ガウディが手がけたのは、地下と1階の拡張、6階と屋根裏部分の増築、内装の全面的な変更など。

見学のポイント1 一切の直線、平面を排除した有機的な曲線・曲面の館

徹底して曲線だけでデザインされた建物の内部は、壁と天井の境界線もわからない。照明を中心に渦を巻くようにデザインされた天井、波打つようなラインの窓枠など、建物全体を取り巻く曲線美に注目しよう。

598111

渦巻くようなかたちのメインフロアの天井

見学のポイント2 ドラゴンの背を彷彿させる屋根裏空間

階段の手すりから続く、生き物の背骨のようなデザインはそのまま屋根へと続く。鱗のような屋根瓦と相まって、まるでドラゴンが屋上で舞っているよう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

曲線を多用した屋上

見学のポイント3 色であふれる外壁と骨を思わせるバルコニー

バルコニーや柱は動物の骨を連想させるデザイン。外壁には円形タイルと色ガラスを使用。タイルを貼る位置などは、ガウディが石工に直接指導した。タイルのまわりは鮮やかに、タイルから離れるほど、建物の地色である灰色に近い色が採用された。

Fotolia_88684373_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © rbkelle

かわいい淡い色合いのタイルで外壁は飾られている

Casa Batllo, Barcelona, Spain.
by fotolia - © Vladyslav Danilin

外から見た2階のサロン

カサ・バトリョ

現地名:
Casa Batlló
住所:
Passeig de Gràcia 43
地図を見る »
アクセス:
地下鉄2・3・4号線Passeig de Gràciaパセッチ・ダ・グラシア駅から徒歩5分(3号線からは徒歩すぐ)
TEL:
93-2160306
営業時間:
9:00~20:00(閉館は21:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.casabatllo.es

世界遺産 ガウディが手がけた小邸宅 グエル邸 Palau Güell

グエルのためにガウディが増改築を行なった豪華な邸宅は2011年に修復を終えて全館公開に。2階の礼拝堂は、まさにガウディならではの小宇宙を構成している。

着工 1886年
竣工 1889年

599341

中央部分は吹き抜けになっており、豪華な装飾の礼拝堂がある。天井のドーム部分には、採光のために小さな穴が開けられている

見学のポイント1 カラフルに屋上を彩る20本の煙突

カサ・ミラやカサ・バトリョにも見られる奇抜な煙突のデザインは、グエル邸から始まった。煙突は全部で20本立っているが、すべて違うデザインが施されており、とても鮮やか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

煙突は大理石やタイルでできている

見学のポイント2 ガウディが内装を手がけた邸宅

簡素な外装とは対照的に、内部の装飾は細部までとても豪華で目をひく。天井も各部屋ごとに違う意匠が施されているので注目したい。地下は馬小屋、中2階は書斎、2階は応接サロン、3階が寝室となっている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

美しい木製の格子が天井を飾る

グエル邸

現地名:
Palau Güell
住所:
C. Nou de la Rambla 3-5
地図を見る »
アクセス:
地下鉄3号線Liceuリセウ駅から徒歩3分
TEL:
934-725775
営業時間:
10:00~19:00(閉館は20:00)、11~3月は~16:30(閉館は17:30)
定休日:
月曜 祝日の場合は開館、1月にメンテナンスのための休館あり
Webサイト:
http://www.palauguell.cat

世界遺産 イスラム様式の影響が見える建築 カサ・ビセンス Casa Vicens

タイル業者だったマヌエル・ビセンスの依頼でガウディが建てた邸宅。アルハンブラ宮殿やムデハル様式の影響を受けている。完成して10年後にビセンスは死去。ジョベル家に売却された。2014年にモラバンクが購入し、博物館として整備。公開は2017年4月。

着工 1883年
竣工 1885年

599948

市松模様にタイルを使った直線的デザイン

カサ・ビセンス

現地名:
Casa Vicens
住所:
C. de les Carolines 18-24
地図を見る »
アクセス:
地下鉄3号線Fontanaフォンタナ駅から徒歩5分
営業時間:
外観のみ見学自由(内部公開後は2016年9月現在未定)
Webサイト:
http://www.casavicens.org

まっぷるスペイン(16年)

  • 発売日:2016年11月14日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ パリ」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2016年7〜9月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので現在取り扱っていない可能性があります。
スペインのツアー