2017年12月25日

スペイン

スペイン旅の基本情報Q&A 知っておきたい滞在の常識

by Fish & Tips

Fotolia_152631730_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © Evan Frank

国が違えば習慣もさまざま。トラブルを避けるためにも、スペインならではの注意点をおさえておこう。

チップは必要?

基本的に不要なので神経質にならずに
チップはあくまで心づけという位置付け。良質なサービスを受けたと思ったら渡せばよい。目安はタクシーやバルならおつりの小銭、レストランは料金の5%程度(サービス料が加算されている場合は不要)。ホテルで荷物を運んでもらったら€1など。

「シエスタ」って?

店舗や公共機関は14〜16時は昼休み
昼食後にとる長時間の昼休み「シエスタ」。とくに大都市ではすたれつつある習慣だが、この時間帯に閉まる観光スポットや店舗はまだ多い。休憩にあてるなど、うまく対応したい。

喫煙事情は?

公共の場の屋内は喫煙は禁止されている
禁煙法により、空港や駅などの公共交通機関、レストラン、バルの店内など、公共の屋内施設は全面禁煙。屋外でも子供の通う学校、児童公園、病院などとその出入口付近は禁煙。そのほかの屋外は基本的には喫煙可能だが、吸う前に確認するほうがよい。

食事の時間が違う?

昼は13〜15時、夜は21〜23時と遅め
レストラン利用の際は、営業時間に注意。日本と同じ時間にとろうとすると、開いていないことも多い。バルのタパスなど、終日用意されているものをうまく利用したい。

バルってどんなところ?

一日中利用できる旅行者の強い味方
バル=BAR、ということで日本ではお酒を飲める場所、夜のイメージがあるが、スペインのバルは朝から晩まで開いており、いつでも楽しめる。お酒以外の飲み物も豊富で、カフェとして利用してもよい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スペインのおすすめホテル

まっぷるスペイン(16年)

  • 発売日:2016年11月14日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ パリ」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2016年7〜9月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので現在取り扱っていない可能性があります。
スペインのツアー