2017年12月24日

スペイン

【バルセロナの交通】を活用して楽しく観光!

by Fish & Tips

72502

バルセロナ市内は見どころが点在しているので、市内の交通機関を有効に利用することが観光のポイント。地下鉄をはじめバスやトラムなど交通網は発達しており、移動手段に困ることはないので、効率の良いまわり方を考えよう。郊外へ行くときは、スペイン国鉄RENFEや中・長距離バスが便利だ

エル・プラット空港から市内へのアクセス

空港バス Aerobús

スペイン広場とバルセロナ中央大学前などを経由して、カタルーニャ広場までを約35分で結ぶ。ターミナル1とターミナル2で運行時間が異なり、1からは5:35〜翌1:05の間に5〜10分間隔で、2からは5:35〜翌1:00の間に10分間隔で運行している。

TEL 902-100104
所要時間 約35分
料金 €5.90

7056

路線バス Autobús

バルセロナ市が運行する公共バス。ターミナル1とターミナル2の1階から出る46番がスペイン広場までの路線。運行時間はスペイン広場出発が4:50〜23:50、空港出発が5:30〜23:50。14〜20分間隔で運行。

所要時間 約60分
料金 €2.15

地下鉄 Metro

ターミナル1・2とも、2016年に開通した9号南線を利用。中心部に出るには、終点の2駅前のトラッサ駅か終点のソナ・ウニベルシタリアで乗り換える。切符は空港施設料が含まれた特別なものが売られている。

所要時間 約35〜45分
料金 €4.50

レンフェ(国鉄) RENFE

ターミナル2のエリアAとBの間にある連絡橋で、空港線のアエロポルト駅とつながっている。主要駅であるサンツ・エスタシオ駅(➡付録P.11)までを約20分で結ぶ。空港からの運行時間はだいたい6:00〜23:00、運行間隔は約30分。

所要時間 約20分
料金 €4.10

7161

タクシー Taxi

各ターミナルの1階に乗り場がある。カタルーニャ広場までは20分ほど。平日昼間と早朝・夜間、土・日曜、祝日では基本料金が異なり、空港料金や荷物の料金がかかるので注意を。チップは€1程度が目安。

所要時間 約20分
料金 €30前後

26127

バルセロナの市内交通

地下鉄 Metro

市内各所を結ぶ地下鉄の路線は1〜11号線の計11本。路線図や案内板は、路線ごとに色分けされている。駅を探す場合は赤いMマークを目印に。運行時間は月〜木曜と日曜、祝日5:00〜0:00(金曜、祝前日は〜翌2:00)、土曜と一部の祝前日は翌日まで終日運行している。

26183

切符の料金と種類

バルセロナの普通乗車券は、全線均一で€2.15。公共交通機関を頻繁に利用するなら10回分の回数券「T-10」がおすすめ。市内バス、トラム、カタルーニャ鉄道、RENFEで共用でき、複数人でシェアすることもできるので、とってもお得。使えるゾーンの範囲によって価格は異なる。駅構内の券売機で購入できる。そのほか、改札を通った日の終電まで何度でも使える、地下鉄やバスなどの乗り放題1日乗車券「T-Dia(タルヘタ・ディア)」€8.40〜もある。

切符の買い方

階段を下りていくと、改札の前に何台かの自動券売機が並ぶ。ほとんどの券売機にカタルーニャ語、スペイン語、英語、フランス語など各国語のガイダンスが表示されている。まず初めに言語を選択したら、切符の種類と購入枚数を選ぼう。液晶画面に料金が表示されるので、硬貨を投入する。硬貨のほか、紙幣やクレジットカードでの購入も可能だ。

7410

裏面に印字されるので、回数を確認しよう

7356

券売機はタッチパネル式なので使いやすい

7361

有人の切符売り場が設置されている駅もある

地下鉄の乗り方

❶改札からホームへ
切符の矢印の向きに従って自動改札機に通し、切符を取ってからバーを押し下げる。切符の投入口は、新型は日本と同じ右側、旧型は左側にある。

103130

新型の自動改札機

7509

スリに注意

❷乗車&降車
地下鉄のドアはほとんどが自分で操作して開閉する。手動ドアは、ボタンとレバーの2タイプがある。

7703

ボタンタイプ
停車してから中央のボタンを押す

7708

レバータイプ
停車してから中央のボタンを押す

❸乗り換える場合
電車を降りたら案内板に従い、乗り換え路線の方向へ。通路などに路線名と終着駅が表示されているので、迷うことはほとんどない。

26712

案内板の表示に従って進めばOK

26715

❹出口へ向かう
Sortida/Salida/Exit(出口)とある案内板に従って進もう。改札で切符を入れる必要はなく、バーを押して出るだけ。

7892

出口を示す案内板

7897

出る際は切符を改札に通す必要はないが、稀に検札があるので、最後まで携帯しよう

路線バス Autobús

約120のルートがあり、地下鉄の通っていない場所までカバーしている。運行時間はルートによって異なるが、だいたい4:30〜23:00頃が目安。23:00〜翌6:00頃にはナイトバスも運行している。バス路線図は、サンツ・エスタシオ駅などにあるTMB(バルセロナ交通局)オフィスや観光案内所で入手可能。バス停には路線案内が表示されているので、確認してから乗ろう。

67822

バスの料金

市内バスの料金は1回の利用で一律€2.15、メトロやトラムなど公共交通機関で使えるT-10も利用可能。

路線バスの乗り方

❶停留所を探す
ほとんどのバス停には経由するバスの路線番号が表示され、市内全域の路線図とその停留所に停車するバスの路線図がある。乗車したいバスが来たら少し前に出て手を挙げて合図を。何もしないと通過してしまう。

67938

右側に並ぶ数字の書かれたプレートがそのバス停を経由する路線番号。赤が普通路線、青がナイトバスを表している

67932

バスの前面上部に路線番号と行き先が表示されている

❷乗車&降車
車両前方のドアから乗り、運転席横の台に料金を置くと切符を発行してくれるので、車内前方にあるチェッカーに入れよう。停留所のアナウンスはとくにないので、目的地の近くまで来たらブザーを押して合図を。

67925

手前にあるのが切符チェッカー。地下鉄との共通券、T-10もそのまま差し込む

バス・ツリスティック Bus Turístic

市内巡回バス。北(青)と南(赤)と、ビーチ沿い(緑、冬季休み)のルートがあり、バルセロナ市内の主要な観光スポットに停まる。1日券が€28、2日券が€39(いずれも博物館や美術館の割引クーポン付)で乗り降り自由。始発は9:00から9:30の間、最終は20:00(冬季は〜19:00、12/25と1/1は休み)。5〜25分間隔で運行している。

URL www.barcelonabusturistic.cat

68162

切符の購入や路線図の入手は、車内や観光案内所で

トラム Tramvía

近未来的なボディが印象的な最新式の路面電車。現在、ディアゴナル大通りのフランセスク・マシア広場からバルセロナ西の郊外へ向かうT1〜3と、シウタデリャ公園を出発するT4、グロリエス・カタラネス広場出発のT5(ゴルグ駅行き)、T6(サン・アドリア駅行き)の全6路線がある。振動もほとんどなく乗りごこちは快適だ。約4〜20分間隔で運行している。

68406

窓が大きく広々とした車内

68399

トラムの乗り方

❶切符を購入する
道路脇のプラットホームに自動発券機がある。料金は地下鉄と同様€2.15だが、券売機は紙幣が使えないので小銭の用意を。共通回数券T-10も使用可能。

68391

❷乗車&降車
ホーム上部にある掲示板で行き先と出発ホームを確認したらホームへ。トラムが来たらボタンを押してドアを開け、乗車後は必ず車内にあるチェッカーに切符を通そう。

68664
68658
68653

ブルートラム Tramvia Blau

アビングーダ・ティビダボ駅とプラサ・デル・フニクラ駅間を走る、レトロな青いトラム。運行は土・日曜と祝日の10:00〜19:30が基本だが、3月下旬と夏季は毎日運行で、冬季は〜18:00と短縮される。片道€5.50

72502

バルセロナ北部のティビダボ遊園地に行くフニクラの駅までゆったりと走る

カタルーニャ公営鉄道 Ferrocarrils de la Generalitat de Catalunya

FGCと呼ばれ、カタルーニャ広場を起点に、S線(高速鉄道)、R線(通勤列車)、L線(地下鉄)と運行しており、バルセロナ市民の足になっている。

68382

フニクラ Funicular

バルセロナに3路線あるケーブルカーで、ティビダボやモンジュイックなど丘陵地を行き来するのに便利だ。モンジュイック行きは地下鉄パラレル駅で直結しており、改札を通らず乗り換え可能。

▶モンジュイック行き
パラレル駅とパルク・ダ・モンジュイック駅を約3分で結ぶ。7:30(土・日曜、祝日9:00)〜22:00(冬季は〜20:00)で運行。料金は€2.15

▶ティビダボ行き
プラサ・デル・フニクラ駅とティビダボ駅間を走る。3〜12月は毎日、2月は週末運行している。運行時間はスカイウォークのオープン15分前からスカイウォークのクローズ15分後、または遊園地閉園まで。料金は片道€4.10、遊園地に入場しない場合は€7.70

68765

フニクラの乗り方

❶切符を購入する
切符は地下鉄などと同じで€2.15。共通回数券T-10も使える。駅には地下鉄と同じ利用方法の自動券売機と有人の切符売り場がある。

69095

❷乗車&降車
10分間隔で2駅間を往復する。途中の停車駅はなく、各駅での停車時間も長い。車内は広々としているが座席数は少なめ。

69126

レンタサイクル Alquiler de Bicicletas

バルセロナ市内には多くのレンタサイクル店がある。料金は店によって異なり、自転車で観光名所をまわるツアーを組んでいる店も多い。
※写真はレンタル・バイク バルセロナ(www.bikerentalbarcelona.com 営業時間10:00〜20:00、秋・冬は時間短縮)のもの。

69701

タクシー Taxi

バルセロナのタクシーは黄色と黒のツートンカラーが目印。料金は日本より安めだが、曜日や時間帯で異なる。平日8:00〜20:00の基本料金は€2.10で、1㎞ごとに€1.10が加算される。平日20:00〜翌8:00と土・日曜、祝日の6:00〜20:00は基本料金は同じで、1㎞ごとの加算料金は€1.30に。これらの料金区分はメーター横に数字で示されており、「1」が平日の日中、「2」が平日夜間と土・日曜、祝日の日中、「3」が土・日曜、祝日の夜間を表す。また空港発着で€3.10、駅発着で€2.10、大きな荷物は€1といった追加料金も。チップはおつりの小銭や€1を目安に。

69456

タクシーの乗り方

❶空車を探す
フロントガラスの上部に出ているプレートに赤い文字で「LLIURE」、もしくは「LIBRE」とあれば空車だ。夜間は屋根の上の緑ランプが点灯。

69511

❷乗車&降車
日本と違い、自分でドアを開閉して乗り降りする。走行中のメーター表示は乗車料金のみで、追加料金がある場合は到着時に加算される。

69518

ロープウェイ Teleférico del Puerto Aeri del Port

モンジュイックの丘とバルセロネータの間を約10分で結んでいる。バルセロナ港や市街地を望むパノラマが楽しめる。運行時間は10:30〜19:00(季節により変動あり)。料金は片道€11往復€16.50。天候によっては運行中止も。

69268

ゴンドラ Telefèric de Montjuïc

パルク・ダ・モンジュイック駅から展望台のあるミラドール駅を通り、モンジュイック城に到着。約7分の空中散歩が楽しめる。運行時間は10:00〜21:00(季節により異なる)。料金は片道€8往復€12

69605

バルセロナ近郊・郊外へのアクセス

レンフェ(国鉄) RENFE

スペイン全土に幅広い路線網を持つスペイン国鉄。バルセロナと近郊の街を走る近郊列車(セルカニアス)のほか、地方の小都市を結ぶ中距離列車、全国の主要都市へ行く長距離列車がある。

69915

レンフェの乗り方

❶切符を購入してホームへ
近郊列車には自動券売機がある。料金はゾーン制なので、目的の駅が含まれるゾーンを指定して切符を購入。

69974
69987

❷乗車&降車
自動改札に切符を通してホームへ向かう。列車のドアは自動ではなくボタン式のタイプが多いので、自分で開閉して乗り降りを。座席は指定席制ではないので自由に座ってOK。

69981

中・長距離バス Autobús de Linea

鉄道よりもリーズナブルで、スペイン全土に細かい路線網を持つ中・長距離バスは、本数も多く、各地へ移動する際に便利。座席が広く空調設備も整っているので快適だ。ハイシーズン中は満席になることもあるので、予約が望ましい。主要都市行きの便を網羅している大手バス会社のALSAでの予約は上記HPから。

URL www.alsa.es

70081

中・長距離バスの乗り方

❶切符を購入してホームへ
中・長距離ともバスターミナルにあるバス会社の窓口で購入するのが一般的。行き先や出発日時はメモしておこう。

70125
70115

❷乗車&降車
案内板などで自分が乗るバスの乗車番号を確認し、その乗場へ。出発時間が近づくと運転手が改札を始めるので、チケットを見せて乗車する。車内は自由席。

70120

この記事のタグ

まっぷるスペイン(16年)

  • 発売日:2016年11月14日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ パリ」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2016年7〜9月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので現在取り扱っていない可能性があります。
スペインのツアー