2017年12月25日

スペイン

スペイン【闘牛】生と死の間にある真実とは?

by Fish & Tips

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

美しい衣装に身を包んだマタドールと、牡牛の対峙の瞬間を目に焼きつける。熱いドラマの行方に夢中!

目が離せない闘牛士と牛の命の輝き

闘牛は3部構成のオムニバス劇。1回の闘牛で3人の闘牛士が2回ずつ牛に挑み、計6回の闘いが繰り広げられる。競技の進行は3階席に陣取るバンダ(音楽隊)の音楽が合図。ラッパが鳴ると場面が変わる仕組み。闘牛士の華麗な技には、動きに合わせて観客席から「オレ!」のかけ声が。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

観客が白いハンカチを振るのは、よい演技をした闘牛士に褒賞を与えるよう主催者に求める合図

闘牛士のこと

マタドールを筆頭に、それぞれの役割を持った闘牛士たちが、登場する。

マタドール (Matador)

闘牛の主役で、牛にとどめを刺す役目を負う。選ばれた闘牛士だけが許される。

ピカドール (Picado)

馬上から槍を突き、牛を弱らせる。その具合で闘牛の成否が決まり、深い知識が求められる。

バンデリリェーロ(Banderillero)

助手が引き受けることが多いが、マタドールみずから行ない見せ場のひとつになることもある。

牛との闘いの展開

闘牛では一連の流れが決まっている。前もって展開をおさえておけば、さらに楽しめる。

1 パセイーリョ(入場行進)

楽団の演奏するパソドブレの音楽とともに、マタドール、ピカドール、バンデリリェーロの順で厳粛な入場行進を行なう

544716

2 牛の入場

音楽が止まり、牛が飛び出してくる。牛はすべて4歳の牡牛で体重は500kg前後。このときに牛の習性を見極める

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ポーテ
厚手の布地でできており重さは5kgほどもある。通常は黄色とピンク色

3 テルシオ・デ・カバリョ

ピカドールの登場。牛が馬に突進し、角を突き立てようとした瞬間を狙い、筋肉が集中する肩甲骨の隆起部分を刺す

544979

4 テルシオ・デ・バンデリーリャ

さらに突進を続ける牛の攻撃を、バンデリリェーロが巧みにかわしながら接近。紙飾りの付いた2本の銛を3回、計6本ピカドールと同じ場所に突き立てる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バンデリーリャ
飾りの付いた銛。赤と黄色、 緑と白などスペイン国旗、アンダルシア州旗と同じ色が使われる

5 マタドールの登場

モンテラと呼ばれる帽子をとり、これから仕留める牛を捧げる相手に帽子を渡す。観客全員に捧げる場合、砂場の中央に出て観客に挨拶をしたあと、肩越しに帽子を放り投げる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6 テルシオ・デ・ムレタ

闘牛のハイライト。持ち時間は15分。マタドールがムレタを片手に、華麗に牛をあしらう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ムレタ
赤いフランネル製の布とそれを支える棒のこと。ムレタの中には剣を隠している

6 エストカダ

牛の頭が下がり、首筋が正面に見える状態になると、マタドールは剣を取り出してとどめを刺す。これを「エストカダ=真実の瞬間」という

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

闘牛場に行こう

開催される時期

全国各地に500以上の闘牛場が点在するスペイン。闘牛場には1〜3級の等級があり、等級が高いほどレベルの高い闘牛を見ることができる(下記の闘牛場はどちらも1級)。闘牛シーズンは3月のバレンシアの火祭りから、10月のサラゴサのピラール祭まで。たいてい1日1回公演で日曜の夕方から開催され、所要時間は日没までの2時間ほどだ。

チケットを買う

チケットは競技の4日前から闘牛場のチケット売り場にて販売。また、事前にWeb予約もできる。闘牛の有無は観光案内所などであらかじめ確認を。

座席の種類

闘牛場の座席は日の当たり具合によってソル(日向席)Sol、ソンブラ(日陰席)Sombra、ソル・イ・ソンブラ(中間席)Sol y Sombraに分かれており、さらに1〜3階がある。ソンブラ(日陰席)のアレーナに近い席が、いちばんよいとされている。

観光客にもおすすめの闘牛場

マドリードはシーズン中、毎週末開催。セビーリャでは4月の祭り期間に連日開催される。

ラス・ベンタス闘牛場(Plaza de Toros de Las Ventas)

スペイン3大闘牛場のひとつ
1931年に創設されたスペイン国内最大級の闘牛場。闘牛シーズンは3〜10月で、5、6月のサン・イシドロ祭で最高潮を迎える。

542852

世界第3位の規模を誇る

ラス・ベンタス闘牛場

現地名:
Plaza de Toros de Las Ventas
住所:
C. de Alcalá 237
地図を見る »
アクセス:
地下鉄2・5号線Ventasベンタス駅からすぐ
TEL:
91-3562200
営業時間:
3~10月の日曜(要問い合わせ)、博物館は月~金曜9:30~14:30(闘牛開催日は~13:00)
Webサイト:
http://www.las-ventas.com

マエストランサ闘牛場(Plaza de Toros de la Maestranza)

闘牛の聖地。歴史ある闘牛場
18世紀に建てられた目にも鮮やかな外観の闘牛場。併設の博物館では闘牛に関する展示がある。

544470

闘牛場に併設されている博物館

マエストランサ闘牛場

現地名:
Plaza de Toros de la Maestranza
住所:
Paseo de Cristóbal Colón 12
地図を見る »
アクセス:
カテドラルから徒歩5分
TEL:
95-4210315
営業時間:
4~10月の日曜、祝日(要問い合わせ)、博物館は月~金曜9:30~21:00(11~3月は~19:00、闘牛開催日は~15:00)
Webサイト:
http://www.realmaestranza.com

この記事のタグ

まっぷるスペイン(16年)

  • 発売日:2016年11月14日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ パリ」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2016年7〜9月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので現在取り扱っていない可能性があります。