2017年12月25日

アンダルシア

アンダルシア世界遺産【アルハンブラ宮殿】イスラム建築の最高傑作

by Fish & Tips

Fotolia_82064755_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © joserpizarro

繊細な装飾、まぶしい緑の庭、輝く水辺。目に映るものすべてが。過去の栄華をしのばせる。美しさと、そこに潜む歴史の光と影を感じたい。

世界遺産
アルバイシンから見たアルハンブラ宮殿全景。要塞のような石造りの宮殿は街のシンボル

壮麗な宮殿は訪れる者を魅了する

「赤い丘」と呼ばれる高台に建つ、中世のイスラム建築を代表する宮殿。 

14世紀に建設された宮殿の中心である「ナスル宮殿」、グラナダ陥落後にカルロス1世によって建てられたルネサンス様式の「カルロス5世宮殿」、9世紀以降に要塞として築かれた「アルカサバ」、そして王家の夏の別荘の「ヘネラリフェ」の4つに分かれている。イスラム建築の粋を集めた建物や装飾は、長い歴史を経た今も、多くの人をひきつける。 

チケット売り場から最奥部の「アルカサバ」までは約1㎞を徒歩で行く。広大な宮殿なので、ルートを考えつつ時間に余裕をもってまわりたい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

獅子のパティオの周囲に並ぶ列柱。装飾の織り成す光と影が音楽のよう

560020

水と花が涼やかなパルタルの庭園

560028

どこまでもフォトジェニックなアラヤネスのパティオ

560561

カルロス5世宮殿の内部

グラナダ市街からのアクセス

アルハンブラ宮殿は丘の上にあるため、宮殿へと続く急な坂を上ることになる。行きだけでもバスかタクシーを利用したい。

バス
イサベル・ラ・カトリカ広場から宮殿の間をⒷC3線が8分間隔で運行している。Alhambara-Generalife 2 アルハンブラ-ヘネラリフェ2で下車するとすぐチケット売り場がある。

タクシー
グラナダ中心部から10分ほど。帰りはチケット売り場付近にタクシー乗り場があるので、そこから乗車する。

徒歩
ヌエバ広場から遊歩道になっているゴメレス坂を進む。グラナダ(ザクロ)の門まで約7分。チケット売り場まではさらに15分。

アルハンブラ宮殿

現地名:
La Alhambra
住所:
La Alhambra
地図を見る »
アクセス:
バスC3線Alhambra-Generalife2アルハンブラ-ヘネラリフェ2下車すぐ
TEL:
95-8027971
営業時間:
8:30~20:00(チケット売り場は8:00~20:00)、冬季は8:30~18:00(チケット売り場は8:00~18:00)※夜間公開もあり。金・土曜は22:00~23:30(チケット売り場は21:00~22:45)、冬季の金・土曜は20:00~21:30(チケット売り場は19:00~20:45)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.alhambra-patronato.es

アルハンブラ宮殿の全体像を把握する

559514

ヘネラリフェ Generalife
王家の夏の別荘として使われた離宮。ナスル宮殿と並んで、アルハンブラ宮殿のハイライトに挙げられる。庭園は広大なので、時間を多めに計画し、ゆっくりと楽しみたい。

 

パラドール・デ・グラナダ Parador de Granada
敷地の中央近くにあるホテル。宿泊者でなくても、レストランは利用でき、休憩に最適。

559438

パルタル Partal
ナスル宮殿の出口からヘネラリフェ方面へと続く庭園。階段状の土地にたくさんの花が植えられている。ナスル宮殿見学後にめぐるのがおすすめ。

559359

カルロス5世宮殿 Palacio de Carlos V
アルハンブラ宮殿を無血開城させたカトリック両王の孫、カルロス1世によって造られた宮殿。16世紀のルネサンス様式で建てられ、四角い建物の中に円形の中庭を配した設計が特徴。

559253

ナスル宮殿 Palacios Nazaríes
ナスル朝歴代王の居城で、イスラム芸術の極致が堪能できるアルハンブラ宮殿のメインスポット。入場時間の制限があるので注意。

559284

アルカサバ Alcazaba
9世紀頃に築かれた、アルハンブラ宮殿内で最も古い部分。塔からの眺望は素晴らしく、長い階段を上ったあとの疲れも吹き飛ぶ。

見学のアドバイス

事前予約を忘れずに!

アルハンブラ宮殿は入場人数に制限があり、チケットは基本的に予約制。当日券も8時から販売されるが、早朝から大勢の人が並んでおり、ハイシーズンにはその日のうちに入れないことも。ツアー会社などの代行業者や、アルハンブラ宮殿のチケット予約ページ(www.alhambra-tickets.es)を使って、事前に予約を。

チケットの発券方法

個人で手配した場合、入場までにチケットを発券する必要がある。宮殿入口やグラナダ中心部にあるアルハンブラ宮殿の直営ショップ、ティエンダ・リブレリア・デ・ラ・アルハンブラ、もしくは現地の銀行La caixaで。チケット発券には予約時のクレジットカードが必要なので、忘れないように。

557838

直営ショップはイサベル・ラ・カトリカ広場近くにある。前日までにここで発券するのがおすすめ

入場時間

チケットは午前と午後の部に分かれている。午前の部と午後の部の境目は14時。どちらのチケットでも宮殿敷地内の見学は終日可能だが、時間外になるとヘネラリフェとアルカサバの入口のチケットチェックを通れなくなる。さらにナスル宮殿は30分刻みの入場時間が決められている。

Horario de visita(見学時間)
De 14h a 20h(14時から20時まで)
Horario Pala. Nazaries(ナスル宮殿への入場時間)
15/5/17 15:30h(2017年5月15日の15時30分)

モデルプラン

午後の部のチケットで入場。ヘネラリフェから始め、次にナスル宮殿、最後にアルカサバへ。長い距離を歩くので、荷物はできる限り少なくして履き慣れた靴を履いて行こう。また、夏季は水筒やペットボトルなどを持参し水分を小まめに補給するとともに、日差し対策も万全にしておこう。

4時間プラン

14:00 チケット売り場

徒歩10分

14:10 ヘネラリフェ …  30分

徒歩20分

15:00 ナスル宮殿 …  1時間

出口からすぐ

16:00 パルタル …  15分

徒歩3分

16:20 パラドールで休憩

徒歩5分

17:05 カルロス5世宮殿 …  20分

徒歩3分

17:30 アルカサバ …  20分

徒歩10分

18:00 おみやげ売り場

559061

アルハンブラの装飾をデザインに取り込んだグッズは、日常でもおしゃれに使えるスグレモノ

まっぷるスペイン(16年)

  • 発売日:2016年11月14日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ パリ」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2016年7〜9月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので現在取り扱っていない可能性があります。
アンダルシアのツアー