2017年12月22日

パリ

フランスの世界遺産【ロワール渓谷】川面に映る古城が美しい

by Fish & Tips

Fotolia_176992606_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©pedrosala

川面に映る姿も美しい、世界遺産の古城たち。

ロワール渓谷 Val de Loire

風景美のなかに建つ歴史ある古城 ロワール地方
フランス西部に流れるロワール川は、全長約1020㎞のフランス最長の川。その流域に、100近くにものぼる大小の古城が残っている。これらの城は、15世紀以前に築かれた防衛目的の城と、16世紀以降に王族がその権力の象徴として築いた優美な城に二分される。ここで紹介するのは後者で、当時の一流の技術を集結させた城はどれも個性的で美しく、見ごたえがある。それぞれの城がもつ歴史的な背景や、住んでいた人物などを事前に調べてでかけたい。

アクセス

パリから約240㎞
トゥールまで電車で約1時間10分
ロワール地方は交通の便が悪いので、古城めぐりはレンタカーか、パリからのバスツアーが便利。列車を利用してまわるなら、Tours トゥールやBlois ブロワなどの都市が基点となる。

●トゥールへのアクセス
パリのMontparnasse モンパルナス駅からTGVでTours トゥール駅まで約1時間10分。駅前から発車するバスの運行時間は駅前広場にあるバス会社のオフィスで確認しよう。

●ブロワへのアクセス
パリのAusterlitz オーステルリッツ駅からTours トゥール行きかBordeaux ボルドー行きの特急で約1時間20分。シャンボール城などへのバスが出ている。ブロワからトゥールまでは在来線で約40分で到着。

観光案内所

02-47-70-37-37
8:30〜19:00(日曜、祝日10:00〜12:30 14:30〜17:00) 10〜3月9:00〜12:30 13:30〜18:00(日曜、祝日10:00〜13:00)
1/1、12/25休み

観光プラン

朝パリを発ち、2〜3の城を見学して、夕方にはパリへと戻るのがツアーやレンタカーでまわる場合の一般的な行程。電車でまわる場合は行動時間も限られるので時刻表は入念に確認を。多くの古城をめぐる場合は宿泊が必要。

●オプショナルツアー
パリシティヴィジョン(パリ発) ParisCityVision
01-44-55-61-00
1日コース 夏季€159〜(入場料込み) 冬季€185〜(入場料、昼食代込み) 2日コース 夏季のみ€425入場料、宿泊費込み)
www.pariscityvision.com

ACCO-DISPO(トゥール発)
06-82-00-64-51
半日コース€23、1日コース€54、午後コース€36
www.accodispo-tours.com

シャンボール城 Château de Chambord

広大な敷地にたたずむ
フランソワ1世が狩猟用の邸宅として建造を命じた城。約140年かけてルイ14世の時代に完成を迎えた。レオナルド・ダ・ヴィンチが設計したとされる城内中央の巨大な二重らせん階段が最大の見どころで、上る人と下りる人がすれ違わずに行き来できる仕組みになっている。

Fotolia_171356918_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©aterrom

シャンボール城はロワール渓谷の古城のなかでも最大規模。世界遺産に渓谷全体が登録される以前は単独で登録されていた

シャンボール城

現地名:
Château de Chambord
住所:
Domaine National de Chambord
地図を見る »
アクセス:
Blois ブロワ駅から車で20分
TEL:
02-54-50-40-00
営業時間:
9:00~18:00、11~3月9:00~17:00、入場は各30分前まで
定休日:
1月最後の月曜、一部祝日 
Webサイト:
http://www.chambord.org

ブロワ城 Château de Blois

人気の高い華やかな城
13〜17世紀に10世代の王族が暮らし、ゴシック、ルネサンス、古典様式など各時代の異なった建築様式が混在。アンリ3世の居室や礼拝堂など、見どころが多い。

Fotolia_88436626_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©nicou2310

趣の異なる4つの館が中庭を囲むように並んでいる。ジャンヌ・ダルクがランスの大司教から祝福を受けた場所としても有名

ブロワ城

現地名:
Château de Blois
住所:
Château de Blois
地図を見る »
アクセス:
Blois ブロワ駅から徒歩10分
TEL:
02-54-90-33-33
営業時間:
9:00~18:30(7・8月は~19:00、11・12月と2・3月は9:00~12:30、13:30~17:30)、入場は各30分前まで
定休日:
1/1、12/25 

シュヴェルニー城 Château de Cheverny

均整のとれた美しい城
狩猟の中心地として知られるソローニュの森のはずれに建つ優美な城。17世紀に建てられ、現在も城主一家が住む。1・2階のみ公開。

Fotolia_88290880_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©nicou2310

1階の大広間には、ラファエロ工房作の肖像画なども展示されている

シュヴェルニー城

現地名:
Château de Cheverny
住所:
Château de Cheverny
地図を見る »
アクセス:
Tours トゥール駅から車で1時間
TEL:
02-54-79-96-29
営業時間:
10:00~17:00、4~9月9:15~18:30、入場は各30分前まで
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.chateau-cheverny.com

アンボワーズ城 Château d’Amboise

6世紀からの歴史がある城
503年に西ゴート族のアラリック王とフランク王国のクローヴィス王が接見するなど、古い歴史をもつ。16世紀には宗教戦争の舞台にもなった。

download

古代の要塞を、15世紀末にシャルル8世がルネサンスの粋を集めた華麗な城に改築した

アンボワーズ城

現地名:
Château d’Amboise
住所:
Château d'Amboise
地図を見る »
アクセス:
Amboise アンボワーズ駅から徒歩10分
TEL:
02-47-57-00-98
営業時間:
9:00~18:30※変動あり、昼休みが入る場合あり
定休日:
一部祝日 

シュノンソー城 Château de Chenonceau

愛憎劇の舞台になった城
アンリ2世の愛人であったディアーヌ・ド・ポワチエをはじめ、代々女性の城主が続き、「6人の奥方の館」とも呼ばれる。河畔に建つ美しいたたずまいは白鳥に例えられる優美さ。18世紀にはルソーやヴォルテール、モンテスキューなど啓蒙思想家が招待され集まった。

Fotolia_132311525_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©aterrom

城内の礼拝堂には美しいステンドグラスが施されている。また聖母マリアのレリーフが描かれた16世紀の扉は必見

シュノンソー城

現地名:
Château de Chenonceau
住所:
Château de Chenonceau
地図を見る »
アクセス:
Chenonceau シュノンソー駅から徒歩5分
TEL:
02-47-23-90-07
営業時間:
9:00~19:30(4・5月は~19:00、7・8月は~20:00、10月上旬~下旬は~18:30、10月下旬~11月上旬は~18:00)、11月中旬~3月9:30~17:00(2月中旬~3月中旬は~17:30、3月中~下旬は~18:00)、宗教祝日9:00~19:30
定休日:
一部祝日 

ヴィランドリー城 Château de Villandry

名庭園を目当てに訪れる
中世の要塞跡に建てられた16世紀のルネサンス様式の古城で、城内にはスペイン風の装飾が施されている。幾何学模様に配された美しい庭園が有名で、最上段の「水の庭園」、中段の「装飾樹木庭園」、最下段の「装飾菜園」の3つで構成されている。塔やテラスから俯瞰すると、庭園の造形がよくわかる。

Fotolia_180360227_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©aterrom

城そのものよりも庭園を見るために訪れる観光客のほうが多いといわれる

542607

城内はスペイン風の装飾が施されている

ヴィランドリー城

現地名:
Château de Villandry
住所:
Château de Villandry
地図を見る »
アクセス:
Tours トゥール駅から車で30分
TEL:
02-47-50-02-09
営業時間:
9:00~18:00(庭園は~17:00)
定休日:
秋季・冬季に各1カ月 HPを確認
Webサイト:
http://www.chateauvillandry.fr/en/

アゼ・ル・リドー城 Château d’Azay-le-Rideau

川面に映る美しい姿も必見
16世紀に現在の形になった。外観はブロワ城を手本としたフランス・ルネサンス様式。館内には貴重な装飾品が並び、イギリス式庭園もある。
※2017年末まで一部工事中

Fotolia_176992606_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©pedrosala

フランス・ルネサンスの最高傑作のひとつといわれており、水面に映る姿は「ロワールの真珠」とも称される

541688

旧通路の天井装飾も美しい

アゼ・ル・リドー城

現地名:
Château d’Azay-le-Rideau
住所:
Château d'Azay-le-Rideau
地図を見る »
アクセス:
Azay-le-Rideau アゼ・ル・リドー駅から徒歩30分
TEL:
02-47-45-42-04
営業時間:
9:30~18:00(7・8月は~19:00)、10~3月10:00~17:15、入場は各30分前まで※2017年春頃まで一部工事中(見学は可能)
定休日:
1/1、5/1、12/25 

ユッセ城 Château d’Ussé

童話の世界そのままの城
シャルル・ペローの童話『眠れる森の美女』はこの城を舞台にしている。15世紀ゴシックなど多彩な建築様式が混在する。

7839849020_63118be5d9_z
Château d'Ussé, by bortescristian, CC BY

城は2つの川を望む高台に位置する。城内の各所で、ろう人形によって『眠れる森の美女』のシーンを再現

ユッセ城

現地名:
Château d'Ussé
住所:
37420 Rigny Ussé
地図を見る »
アクセス:
Chinon シノン駅から徒歩20分
TEL:
02-47-95-54-05
営業時間:
10:00~18:00(4~9月は~19:00)、入場は各1時間前まで、12/22~31は9:30~14:30、1/1・2は9:30~16:30(庭園は~17:00)
定休日:
11月中旬~2月中旬 

まっぷるフランス(16年)

  • 発売日:2016年03月29日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるフランス」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2015年12月〜2016年1月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。