2017年12月22日

フランス

南フランス【アヴィニョン】教皇庁がそびえ立つ中世都市

by Fish & Tips

Fotolia_184926977_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©giumas

1309年に教皇庁がこの地へと移転し、一時は「第2のローマ」と呼ばれるほど繁栄した街。1377年、教皇はローマに戻ったが、現在も教皇庁の威容はそのまま。街並みも中世の面影を残し、世界遺産に登録されている。教皇庁や美術館など見どころは数多い。

パリからのアクセス

パリのGare de Lyon リヨン駅からTGVでAvignonアヴィニョン駅まで約2時間40分。アヴィニョン駅から市街までバスで約15分。日に4本ほど、SNCF(国鉄)Avignon Centre アヴィニョン中央駅まで直通のTGVもある(所要時間3時間40分)。マルセイユのSt-Charles サン・シャルル駅からは、TGVで約35分。

観光案内所

41 Cours Jean Jaurès
04-32-74-32-74
4〜6・8〜10月9:00〜18:00 (日曜、祝日10:00〜17:00)、7月9:00〜19:00、11〜3月9:00〜18:00(土曜は〜17:00 日曜、祝日10:00〜12:00)
1/1、12/25
www.ot-avignon.fr

見どころぎゅっと!モデルコース

START●アヴィニョン中央駅

↓ 徒歩15分

教皇庁宮殿 (見学時間●1時間)
教皇庁が置かれた当時の威容が感じられる宮殿へ。教皇の寝室にわずかに残るフレスコ画に往時へと思いを馳せよう

↓ 徒歩5分

サン・ベネゼ橋 (見学時間●30分)
童謡にも登場する有名な橋。水面に映るアーチも美しい。

↓ 徒歩3分

プチ・パレ美術館 (見学時間●1時間)
展示作品はもちろん、部屋の装飾にも注目したい

↓ 徒歩17分

GOAL●アヴィニョン中央駅

622035
624121

中世の面影がたっぷり残る歴史的な街を散策するのも楽しみのひとつ

市内観光ツアー&パス

プチ・トラン・アヴィニョン Le Petit Train d'Avignon

観光名所を10か所まわるプチ・トラン。日本語のオーディオガイドもあり、気軽に楽しめる。

04-90-86-36-75
10:00〜19:00(7・8月は〜20:00) 11/1〜3/14の水・土曜14:00〜18:00
11/1〜3/14の月・火・木・金・日曜
不可
教皇庁宮殿前

623060

€8
10:00(冬季14:00)から30分間隔
約40分

アヴィニョン・パッション Avignon Passion

美術館や観光名所で使用できる割引クーポン。最初の施設は通常料金だが、2か所目からは割引に。15日間有効で、家族なら1枚で5人まで有効。観光局で声をかければ無料でもらえる。

教皇庁宮殿

要塞の雰囲気を持つ大宮殿

14世紀に教皇が暮らした宮殿。質素だったベネディクト12世の旧宮殿に対し、クレメンス6世は豪華な新宮殿を増築。その装飾も革命時にほとんど失われたが、礼拝堂や鹿の間に残るフレスコ画などは素晴らしい。日本語のオーディオガイドに耳を傾け、当時の名残を探してみたい。

download

サン・マルシャル礼拝堂の天井にはマテオ・ジョヴァネッティの作品が残っている

624049

ロマネスク様式のノートル・ダム・デ・ドン大聖堂。鐘楼の上に黄金のマリア像が輝く

教皇庁宮殿

現地名:
Palais des Papes
住所:
Pl.du Palaisdes Papes
地図を見る »
アクセス:
Avignon Centre アヴィニヨン中央駅から徒歩15分
TEL:
04-90-27-50-00
営業時間:
9:00~19:00(7月は~20:00、8月は~20:30)11~2月9:30~17:45※入場は各1時間前まで
定休日:
無休 

ノートル・ダム・デ・ドン大聖堂

旧宮殿

枢機卿会議の間
シモーネ・マルティーニのフレスコ画が見どころ

グラン・ティネル
宴が開かれた場所。教皇の戴冠式などに使われた

サン・マルシャル礼拝堂
修復された天井のフレスコ画が見事

新宮殿

大礼拝堂
長さ52m、幅15m、高さ20mの身廊

鹿の間
教皇の執務室や書斎として使われた。釣りや狩猟をテーマにしたフレスコ画で飾られている

教皇の間
青いフレスコ画の壁とモザイクの床がカラフル

サン・ベネゼ橋

童謡で有名な街のシンボル

12世紀にローヌ川に初めて架けられた橋で、童謡「アヴィニョンの橋の上で」に登場する橋としても有名。途中には、巨石を投じて礎を築いたという伝説をもつ羊飼いベネゼを祀る礼拝堂が建つ。昔は対岸まで続いていたが、現在は4つのアーチのみが残る。

624679

橋の上には船頭の守護聖人を祀る礼拝堂が

624624

戦争や川の氾濫で何度も被害を受け、17世紀以降は現在のような形に

サン・ベネゼ橋

現地名:
Pont St-Bénézet
住所:
Rue Ferruce
地図を見る »
アクセス:
Avignon Centre アヴィニョン中央駅から徒歩20分
TEL:
04-90-27-51-16
営業時間:
9:00~19:00(7月~20:00、8月~20:30)、入場は各30分前まで
定休日:
無休 

南仏の自慢の品をおみやげに

南仏のまぶしい太陽を連想させるグッズを手に入れよう。

ピュール・ラヴァンド

プロヴァンスのビューティケア

ラベンダーの効用を生かしたナチュラル・コスメ製品やボディケア用品、フレグランスなどを販売。ラベンダーの効能などの説明もしてくれる。

625264

ラベンダーの香水やポプリ、石鹸などプロヴァンスの香りが漂う

624953

ラベンダーのエッセンスボトル€25/15㎖〜€197/250㎖

624944

足の疲れやむくみを取るジェル€40/250㎖

624817

白やパープルの袋に入ったラベンダーのポプリ

ピュール・ラヴァンド

現地名:
Pure Lavande
住所:
61 Rue Grande Fusterie
地図を見る »
アクセス:
Avignon Centre アヴィニョン中央駅から徒歩15分
TEL:
04-90-14-70-05
営業時間:
9:00~19:00(11~3月は~17:30)
定休日:
11~3月の日曜、1月 

パトリック・マラー

伝統菓子、パパリーヌを求めて

親子2代のパティスリーが2015年3月から新店舗に移転して営業。チョコレートにリキュールを加え、ローズで色づけしたパパリーヌのほか、ケーキやマカロンがおいしい。併設のサロン・ド・テで軽食も楽しめる。

624983

店自慢の菓子、パパリーヌを持つパティシエのパトリック・マラーさんとお父さん

625047

アプリコットとラベンダー入りのケーキ

625055
625040

人気のマカロン

パトリック・マラー

現地名:
Patrick Mallard
住所:
22 rue du Vieux Sextier
地図を見る »
アクセス:
Avignon Centre アヴィニョン中央駅から徒歩13分
TEL:
04-90-82-42-38
営業時間:
10:00~19:00
定休日:
日・月曜 夏季、冬季に長期休みの可能性あり

地元に愛される名店へ

気さくなレストランやビストロで、地元の味を楽しみたい。

フー・ド・ファファ

ネットの口コミで大人気

イギリス人のシェフとマダムで営むおしゃれな雰囲気のレストラン。前菜とメインのコースは€22とお手ごろで、いつも満席なので予約がベター。

626865

仲の良いカップルで経営。工夫を凝らした料理に人気がある

626873

赤が基調の店内はランプとキャンドルでムード満点

フー・ド・ファファ

現地名:
Fou de Fafa
住所:
17 Rue des 3 Faucons
地図を見る »
アクセス:
Avignon Centreアヴィニョン中央駅から徒歩10分
TEL:
04-32-76-35-13
営業時間:
18:30~23:00(LO21:30)
定休日:
月・火曜、1月中旬~2月中旬 

ジネット&マルセル

レトロなビストロ

アンティークなインテリアがセンスのいいビストロ。スペシャリテはバゲットパンに具をのせるタルティンヌ。シンプルながら味わい深い。

626951
627008

シェーヴルチーズがのったタルティンヌやサラミ、テリーヌなどの盛り合わせ

ジネット&マルセル

現地名:
Ginette & Marcel
住所:
25 Place des Corps Saints
地図を見る »
アクセス:
Avignon Centre アヴィニョン中央駅から徒歩5分
TEL:
04-90-85-58-70
営業時間:
11:00~24:00
定休日:
12/25 

【MUSÉE】博物館&美術館

プチ・パレ美術館

ボッティチェッリの作品を所蔵

パレ広場の北側、教皇庁宮殿に隣接する美術館で14〜15世紀には、大司教の邸宅として使われていた建物。装飾が施されたいくつもの小部屋を進むと、ボッティチェッリの『聖母子』をはじめとする13〜16世紀のイタリア絵画に出会える。

625956

300点以上の作品を所蔵

プチ・パレ美術館

現地名:
Musée du Petit Palais
住所:
Pl. du Palais des Papes
地図を見る »
アクセス:
Avignon Centre アヴィニョン中央駅から徒歩17分
TEL:
04-90-86-44-58
営業時間:
10:00~13:00、14:00~18:00
定休日:
1/1、5/1、12/25 

まっぷるフランス(16年)

  • 発売日:2016年03月29日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるフランス」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2015年12月〜2016年1月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。