2017年12月23日

フランス

南フランス【アルル】ゴッホの足跡をたどって

by Fish & Tips

Fotolia_146202697_Subscription_Monthly_M
by fotolia - ©Bernard GIRARDIN

ローマ帝国時代から商業都市として栄え、古代劇場や円形闘技場など世界遺産の史跡を残す。また、異国情緒に満ちた街はゴッホら多くの芸術家を魅了し、数々の名作を世に送り出した。

パリからのアクセス

パリのGare de Lyon リヨン駅からTGVで、Avignon アヴィニョン駅まで約2時間40分。急行でArles アルル駅まで20分。アルル行きバスは約45分。ほか、Marseille マルセイユからの急行で50分。

観光案内所

Bd. des Lices
04-90-18-41-20
9:00〜17:45(冬季は時期により終了時間変動、最も早くて〜16:45) 日曜は通年10:00〜13:00
1/1、12/25
www.arlestourisme.com

見どころぎゅっと!モデルコース

START●アルル駅

↓ 徒歩15分

円形闘技場 (見学時間●1時間)
闘技場が一望できるのは客席上段から。上から眺めたい

↓ 徒歩5分

サン・トロフィーム教会 (見学時間●30分)
ロマネスク様式の教会。回廊の柱には旧約聖書のさまざまな場面が刻まれているので必見

↓ タクシー10分

アルルの跳ね橋 (見学時間●30分)
街の中心から離れているので、タクシーがおすすめ。帰りも同じくタクシーを利用しよう

↓ タクシー15分

GOAL●アルル駅

613422

ゴッホが題材にした場所には、作品の写真と解説が入ったパネルが立つ

中心部から3㎞ほど離れた場所にある跳ね橋。絵をもとに復元されたもので、実際にゴッホが描いた橋はすでに現存しない

【COLUMN】狂気の天才画家、ゴッホが描いた風景をめぐる

ゴッホはアルル滞在中、みずから耳を切り落とし入院するなど失意の日々を過ごしたが、多くの傑作も輩出。跳ね橋やアリスカンなど、彼がイーゼルを立てた場所は名所になっている。

3664418789_1dbd518198_z
Vincent van Gogh, by jan.tito, CC BY-SA
614693

ローマ時代から存在する墓地、アリスカン。ゴッホと共同生活をしていたゴーギャンもこの場所を描いている

614787

ゴッホが入院していた療養所、エスパス・ヴァン・ゴッホ。ゴッホの絵をもとに、中庭が復元されている

614795

『夜のカフェテラス』のモデルとなったカフェ「ル・カフェ・ラ・ニュイ・ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ」は現在も営業中

まっぷるフランス(16年)

  • 発売日:2016年03月29日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるフランス」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2015年12月〜2016年1月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
フランスのツアー