2017年12月23日

フランス

フランスの美しい村【ブーヴロン・アン・オージュ】りんご畑に囲まれて

by Fish & Tips

473070

木組みの家とあちこちに見えるリンゴの木。どこか懐かしい風景に心が癒される。

シードル街道沿いに現れる木組みの民家の美しい村

フランスの北西部、バス・ノルマンディ地方、カルヴァドス県、カーンの近くにある村。ここは「最も美しい村」のほかに、「花の咲く村」というタイトルを持つ。約230人が住む村には、1本のメインストリートしかない。通りの両脇には、ノルマンディ独特のコロンバージュ(木骨組み造り)の民家が並び、家々の窓には競い合うように美しい季節の花々が飾られている。

村の入口から通りに入っていくと、木組みの家々に圧倒される。通り沿いには、シードル屋やパン屋が点在し、真ん中あたりの広場の周辺には、アンティークショップや雑貨店、1ツ星のレストラン、クレープ屋が集まり、旅の楽しさを盛り上げてくれる。時折ツアー観光客で村全体に人があふれるが、その一行が帰ってしまうと、村はもとの日常に戻る。一人旅で訪れてみたい。

454299

多種類の木組みの家が建ち並ぶメインストリート

474553

村の真ん中に建つ1ツ星レストラン「ル・パヴェ・ドージュ」は建物も立派

473070

人気のメインストリートを抜ければ特産品であるリンゴの果樹園や牧草地が続く

474605

自転車もかごもすっかり村になじんで、絵になる風景が多い

473133

村の中ほどにある雑貨屋さん。小物も充実

アクセス

パリから
パリのSt-Lazareサン・ラザール駅から在来線(Corail Intercitésコライユ・アンテルシテ)でCaenカーン駅まで約2時間。本数は平日で9本程度。カーン駅から約30㎞ 、タクシーかレンタカーで約35分。

オプショナルツアー

パリから
7時10分パレ・ロワイヤル広場から出発、ノルマンディの村、ブーヴロン経由モン・サン・ミッシェル島の見学。20時30分頃にルーヴル界隈に到着・解散。所要時間約13時間30分。

●催行会社 エミ・トラベル・パリ Emi Travel Paris
TEL 01-85-76-00-40(日本語予約)
料金 モン・サン・ミッシェルとノルマンディの田舎村(曜日によって村が異なる)ツアー€110〜(日本人アシスタント同行) 詳細、催行日は要問い合わせ
URL www.emitravel.jp
日本での予約先 TEL 03-6907-3907

観光案内所

住所 2 Esplanade Woolsery
TEL 02-31-39-59-14
時間 10:00〜13:00 14:00〜18:00(日曜・バカンス時期・11〜2月は〜17:00、5・7・8月は〜19:00)
休み 11〜2月の日・月・水・金曜
URL www.beuvroncambremer.com

特産のリンゴ酒を味わう

特産のリンゴを使った「シードル」やその蒸留酒「カルヴァドス」が有名

474162

リンゴ酒、シードル
ノルマンディ特産のリンゴ酒、シードル。アルコール分が少なく、さっぱりしていて飲みやすい。

アルチザンな本場のガレットにトライ ラ・コロンブ・オージュ La Colomb'Auge

木組みの建物も見事でかわいいクレープ屋さん。村の真ん中の広場に面していて、木の梁の天井や壁が、典型的なノルマンディ様式の建物だ。そば粉のクレープ、ガレットとリンゴのお酒シードルを賞味。

download

看板や窓のカーテンなど、すべてがかわいらしいクレープ屋の外観

472785

ハムとトマト、ジャガイモ、チーズが入ったガレット。シードルもよく発酵していて、美味

ラ・コロンブ・オージュ

現地名:
La Colomb'Auge
住所:
Colomb'Auge Le Bourg
地図を見る »
アクセス:
観光案内所から徒歩3分
TEL:
02-31-39-02-65
営業時間:
10:30~21:00
定休日:
木曜、1月 

フランスのおすすめホテル

まっぷるフランス(16年)

  • 発売日:2016年03月29日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるフランス」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2015年12月〜2016年1月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
フランスのツアー