2017年12月22日

オペラ座&ルーブル周辺

パリの王道スポット【オペラ座】バレエとオペラの殿堂

by Fish & Tips

556962

舞台芸術の殿堂として知られる、絢爛豪華な巨大劇場。芸術家たちの技術が集結した装飾の数々に目を奪われる。

バレエとオペラの殿堂は壮麗な宮殿

宮殿を思わせる壮麗な劇場、オペラ座。建設構想が出たのは1860年のこと。ナポレオン3世の命によりデザイン・コンペが開かれ、当時38歳だった無名の建築家シャルル・ガルニエが選ばれた。ファサードをくぐり場内に入ると、中央には豪華な大理石の階段がある。絵画や彫刻を展示したグラン・フォワイエ、5層に分かれた馬蹄形の客席など、構造も装飾も素晴らしい。

オペラ座(パレ・ガルニエ)

現地名:
Opéra(Palais Garnier)
住所:
8 Rue Scribe, 9e
地図を見る »
アクセス:
メトロ3・7・8号線Opéraオペラ駅からすぐ
TEL:
01-75-25-24-23
営業時間:
見学10:00~16:30(7月中旬~9月初旬、学校の休暇期間は~17:00、午後に公演のある日は~12:30)、閉館は各30分後
定休日:
1/1、5/1、公演期間中 
Webサイト:
http://www.operadeparis.fr

アポロン像

堂々とたたずむ音楽神アポロン
中央のドーム屋根の上には、音楽の神アポロンの像。ミレー作。古代ギリシャの弦楽器リラを頭上に捧げ持っている。

559959

芸術の素晴らしさを讃えている

芸術の女神像

頭上に輝く芸術の女神
屋根の両脇には、ギュメリー作の光り輝く黄金像が。音楽家にインスピレーションを与える芸術神ミューズで、向かって右がポエジー、左がハーモニー。

560083

多くの芸術家に愛されてきた像

ここにも注目 オペラ座のブティック(La Galerie de L’Opéra de Paris)

養蜂が盛んなパリでは、オペラ座の天井でも養蜂をしていて、そこで採れた貴重なはちみつを販売。ほかにも、バレエをモチーフにしたグッズや、オペラ座限定のスイーツも見逃せない。

558059

オペラ座のブティック

現地名:
La Galerie de L'Opéra de Paris
TEL:
01-53-43-03-97
営業時間:
10:00~18:30(公演日は公演終了まで)
定休日:
無休 

7人の作曲家の像

オペラ座で音楽を紡いだ偉大な作曲家たちが見守る
正面ファサードには、7人の作曲家の金色に輝くブロンズ製胸像が設置されている。モーツァルト、ベートーベン、ロッシーニらこの劇場にかかわった人物だ。

561310

ラ・ダンス

フランスを代表する彫刻家の傑作
カルポー作のダンス群像。制作当時、不道徳的だということで大批判を浴びた。オリジナルはオルセー美術館にあり、現在壁面を飾っているのはポール・ベルモンドによる複製。

561272

舞踊の楽しさがあふれ出るよう

まっぷるフランス(16年)

  • 発売日:2016年03月29日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるフランス」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2015年12月〜2016年1月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
オペラ座&ルーブル周辺のツアー