2017年12月21日

フランス

【モン・サン・ミシェル】神秘の島の見どころを紹介

by Fish & Tips

488480

堅牢な城壁が周囲を取り囲む島内へ入れば、かわいらしい看板が吊り下がり、石畳の小道が続く古き良き街の風景に出会える。

見学アドバイス

所要時間3〜4時間

島内には礼拝堂や修道院、塔などの観光スポットが散在している。メインスポットである頂上の修道院をめざして、石畳の道を散策するのも楽しい。修道院内をじっくり見学したあとは、西側の塔を見に行こう。

1.大通り門

門をくぐって大通りへ

島に入るための2つ目の門。この門を抜けると、島のメインストリートの大通りに出る。3つ目の王の門をガードするためのもの。

488314

島を守るため、門が何重にも造られた

島内にアクセスする門は3つあり、どれも村を外敵から守るために堅牢な造りになっている

大通り門

現地名:
Porte du Boulevard

大通り門を抜けるとすぐに右手に見える

2.王の塔

島を守った歴史ある塔

島内に入る手前、向かって右側、見張り塔のなかで入口に最も近い塔。この塔からいちばん上のクロディーヌの塔まで、8つの塔はすべて壁の内部でつながっている。塔の横にはノルマンディの赤い旗がはためいている。

490315

百年戦争当時の見張り塔。今もそのままの姿を残している

490388

青空に映える、ノルマンディの旗

王の塔

現地名:
Tour du Roi

↓王の塔の左側に、王の門がつながっている

3.王の門

侵入者を防ぐ跳ね橋

島の入口にあるのが突出門、次にあるのが大通り門、そしてその先にあるのがこの王の門。門の上のスペースは、モン・サン・ミッシェルの役所として使用されている。

488322

王の門をくぐり島のメインストリートへ

扉を鎖で吊った跳ね橋スタイルで、敵の侵入を防ぐために15世紀末に造られた

王の門

現地名:
Porte du Roi

↓王の門を抜けて右側にある、城壁への階段を上る

4.自由の塔

美しい眺めを満喫!

島の南の見張り塔。入口から王の塔の次に建っていて、グランド・リュを入ってすぐのところにある。ここから眺める修道院の姿は美しい。

488331

海側の干潟も見渡すことができる撮影ポイント

展望台のようになっていて、海に囲まれているのがよくわかる

自由の塔

現地名:
Tour de la Liberté

↓城壁から階段を下りればすぐ

5.グランド・リュ

修道院へ続く参道

島のメインストリート。細い坂道の両側には、ホテルやレストラン、おみやげを売るショップなどが建ち並ぶ。

491099

かわいいお店がいっぱいで散策が楽しい。食事やおみやげ探しはこのグランド・リュで

488505

ほぼ20世紀初頭に復元された建物だが、なかには15〜16世紀の姿のものも

グランド・リュ

現地名:
Grande Rue

↓グランド・リュが終わるあたりで、左手に見える

6.サン・ピエール教会

洞窟内にある珍しい教区教会

王の門からグランド・リュの先、左手の洞窟内にある珍しい教区教会だ。内部には銀製の大天使ミカエル像や、美しいステンドグラスもある。ロザリオやメダルなども手に入れることができる。

488512

岩山を削るかたちで11世紀から建設が始まり、17世紀に完成した

491206

親しみやすく、温かい雰囲気の教会。教会入口にはジャンヌ・ダルク像が立つ

サン・ピエール教会

現地名:
Église St-Pierre(モン・サン・ミッシェル)

↓グランド・リュから続く階段を上りきる

7.修道院

多くの巡礼者が訪れる

モン・サン・ミッシェルの頂上にそびえる、シンボル的な建物。内部は複雑な構造になっており、見どころも多い。

490911
490899

島を囲む城壁。城壁に沿って石の階段や坂道が続く

488480

1979年に世界遺産に登録されている。高台からの眺めも楽しめる

モン・サン・ミッシェル修道院

現地名:
Abbaye du Mont-Saint-Michel
住所:
Mont-St-Michel, 50170
地図を見る »
アクセス:
大通り門から徒歩10分
TEL:
02-33-89-80-00
営業時間:
9:00~18:00(閉館は19:00)、9~4月9:30~17:00(閉館は18:00)
定休日:
1/1、5/1、12/25 

↓修道院を出たら、道を西側へ

8.ファニル塔

牢獄として利用された

島の入口のすぐ西側に建つ、円錐形の屋根を付けた見張り塔が印象的。地理的な条件から要塞化した。フランス革命の際には、政治犯などの牢獄として使用されたという歴史をもつ。

488498

潮が引くと海の上から全体を見渡せる

島の西側を守った塔。堅牢そうで、牢獄に使われたのも納得

ファニル塔

現地名:
Tour des Fanils

↓さらに島の西へ向かうと見えてくる

9.ガブリエル塔

頑強な西の見張り塔

1524年に建設された西側の見張り塔。当時の最新兵器であった大砲にも耐えうる強固な構造で、敵の攻撃を許さなかった。現在は灯台の役目を果たしている。名前は、設計をした建築技師のガブリエル・デュ・ピュイに由来する。

488488

万全の防衛設備で襲撃に備えた

17世紀には高台に風車が設置され、ファニル塔を守る重要な役割を担っていた

ガブリエル塔

現地名:
Tour Gabriel

〜カフェ&レストランでひと休み〜

カフェ・ラ・メール・プラール

湾沿いにたたずむカフェ

おしゃれなカフェのたたずまいながら、料理は本格的。カフェでひと息つくのもいいし、ランチやディナーに、新鮮なシーフード料理もおすすめ。

490774

開放感のあるテラスがここちよい

カフェ・ラ・メール・プラール

現地名:
Café la Mère Poulard
住所:
Grande Rue
地図を見る »
アクセス:
大通り門から徒歩6分
TEL:
02-33-60-14-08
営業時間:
12:00~14:30、19:00~21:00
定休日:
無休 

ラ・ヴィエイユ・オーベルジュ

修道院と海を望むテラス

巡礼者の宿屋だったところで、歴史的建築物に指定されている。海に面したテラスが気持ちよく、修道院も仰ぎ見られるロケーション。伝統料理も充実。

490713

サラダやオムレツからムール貝、仔羊料理などメニューも充実

ラ・ヴィエイユ・オーベルジュ

現地名:
La Vieille Auberge
住所:
Grande Rue
地図を見る »
アクセス:
大通り門から徒歩6分
TEL:
02-33-60-14-34
営業時間:
11:00~19:00(冬季は~18:00)
定休日:
12/24・25 

もっと知りたいモン・サン・ミッシェル

島の博物館へ

歴史や周辺の環境を学べば、散策がより面白くなる。鑑賞は共通チケットがお得。

歴史博物館

島の歴史を知るために

修道院が監獄として使用されていたときの牢獄の様子などを、ろう人形でリアルに再現している。

544150

歴史博物館

現地名:
Musée Historique
住所:
Grande Rue
地図を見る »
アクセス:
大通り門から徒歩8分
営業時間:
10:00~17:30
定休日:
11~3月 

アルケオスコープ

島の歴史をショー形式で紹介

島の歴史や建築を、イラストや模型、映像などを使用したショー形式で説明する。ショーの時間は20分。

544320

アルケオスコープ

現地名:
Archéoscope
住所:
Grande Rue
地図を見る »
アクセス:
大通り門から徒歩7分
営業時間:
10:00~17:30
定休日:
11~3月 

海洋環境博物館

船の模型の展示が見もの

戦争や漁業用など250のアンティークの船の模型を展示。潮の満ち引きなどを説明した映像もある。

543802

海洋環境博物館

現地名:
Musée de la Mer et de l'Écologie
住所:
Grande Rue
地図を見る »
アクセス:
大通り門から徒歩5分
営業時間:
10:00~17:30
定休日:
11~3月は不定休 

ティフェンヌの館

中世の生活様式を垣間見る

14世紀のフランスの大元帥のゲクランと、その妻で占星術家だったティフェンヌの館を公開している。

543975

ティフェンヌの館

現地名:
Logis Tiphaine
住所:
Rue Principale
地図を見る »
アクセス:
大通り門から徒歩8分
営業時間:
9:30~18:00(7・8月は~19:00)、11~3月の土・日曜11:30~21:00
定休日:
11~3月は不定休 

まっぷるフランス(16年)

  • 発売日:2016年03月29日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるフランス」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2015年12月〜2016年1月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。